今週も札幌競馬!☆

今週も札幌競馬場で応援してきました!

サムソンズプライドは夏に弱いことを強調する結果となりましたね。

それとは対照的にモンドインテロ君は強かったですね。
愛馬ではないですけれど、いい馬です。

今日はゴールデンスランバの復帰戦もありましたが、やや急仕上げ気味でもあり、直線パタリ。
でも、骨折明けでいきなり好走を期待するのも無理な話なので、叩いた次に期待します。

小倉では、アステロイドがチームタジの二歳馬で最初のデビュー戦に挑みました。
結果は6着でしたが、使いながら良くなってきそうな雰囲気でしたから、納得。

何だかんだで今週一番頑張ったのが、一番の巨漢で一番の年長であるシルクブルックリン。
暑さに負けず、ジリジリ伸びて4着。
偉いな~。

今週も札幌にて現地応援だったのですが、仕事のあまりの多忙さで口取り申込を失念。
土曜日になって気付く有り様でしたが(笑)、当面、シビアな状況で頑張らなくてはいけませんので、とにかく気合いで打ち勝っていきたいと思います。

今年は色々ある年です。
多忙だけれど、運命ってヤツが動いているのを感じますね。
どうせ大変なんだから、いい方向に流れを持っていくぞと言い聞かせる今日この頃です。
スポンサーサイト

腐っても鯛☆

今年の凱旋門賞はトレヴの連覇に終わりました。

日本勢は三頭出しで、歴代の遠征の中でも最も栄冠に近いと思われましたが、いやはや、甘くはなかったか。
でも、自分の型に徹した競馬で悔いはなかったのではないでしょうか。
よく頑張ったと思います。
特に、ハープスターの追い込みは迫力ありましたけれどもね。

しかし、トレヴ。
凱旋門賞連覇ですね。これは凄い。
今年は敗戦を重ねて、昨年のような走りを期待するのは難しかったのですが、大一番で底力を発揮するんですから、さすがです。

腐っても鯛なんだなあ。

哲三騎手ありがとう&お疲れ様でした☆

落馬事故で大怪我を負い、長らく復帰が待たれていた佐藤哲三騎手が、とうとう引退を決意されたようですね。

幾多のタイトルを制した、ガッツ溢れる名騎手という面ばかりではなくて、愛馬プレノタートをクラシックに乗せるお膳立てをしてくれたように、騎乗する馬を稽古の段階から、とても丁寧に教え込んでくれたのが私には印象的でした。
ダービー馬キズナもそうでしょうし、哲三騎手によって素質が開花した馬はたくさんいたことでしょう。
まさに人馬一体を体言する騎手であったと言えます。

怪我の後遺症などが心配されますが、山あり谷ありの苦労の多い騎手生活でしたから、せめて今後が穏やかな人生になることを願っています。

哲三騎手、お疲れ様でした!
そして、どうもありがとうございました!

ペルセウス作戦☆

今週のチーム・タジは、恐らく下半期最大になるであろう戦いを迎えます。

そして、日曜日には注目のお仲間シルクシンフォニーちゃんやジューヴルエール君も出走しますので、みんなの応援を含めた一連の戦いに特別な思いを込めて、流星群の名前「ペルセウス」を付して私も熱烈応援したいと思います!

作戦目標は大胆に「現級突破とクラシック制覇」とします。
恐れ知らずでしょう?私もそう思います(笑)

まず土曜日に新馬「くるみ」ことティックルゴールドがチーム・タジの攻勢の口火を切ると、翌日曜日には京都9Rにプレノタート、東京10Rにレッドレイヴン、そして菊花賞にラストインパクトが出走します。

新馬エクセレントビューが大事を取って今週の出走を回避しましたが、それ以外は至って順調。
ここで気合いを入れて応援せずして、いつやるの?というレベルの戦力投入なので、お仲間さんの活躍にも大いに期待しつつ、作戦を遂行したいと思います。

富男さんが来たお店☆

金曜日の夜は、DMFを満喫した後に居酒屋にてお食事をしました。
お食事と言っても、私は専ら「飲む」ことが中心でしたけれどね!(笑)

会社の上司や先輩・後輩で和気あいあいと楽しいひと時を過ごしました。
久しぶりにお会いする方が多かったのですが、みんな疲労困憊という様子もなく、ひとりひとりの表情を見ていると、楽しい中にも安心を覚えましたね。
ストレスがないと言えば嘘になる、そんな社会で頑張っているのですから、気楽に、普通に話せることって、とっても大事なことだなと思いました。

さて、その後は上司が最近行き始めたというお店に行きました。
お互いに、まだ飲み足りないということでしょうね、きっと(笑)

競馬好きな方が集まる、賑やかなお店(お仲間のリオ氏さんが以前話していたお店ですね)と同じフロアに、その店はありました。
ママさんが一人で切り盛りしているお店です。
聞けば、上司がまだ若かった頃にも、何度かこのお店に来ていたのだそうです。
上司がまだ駆け出しの頃、当時の上司(つまり上司の上司ってことですね)に連れて来られたのがきっかけだったそうで、ママさんも上司も当時を楽しく振り返っておりました。
あれからもう何十年…?でも、移り行く歳月の中で変わるものもあれば、変わらないものもあるんだなあ、と感じましたね。

若い人たちは若いお店に行き、そこでまたこのような歴史を作る訳ですよね。今、こうしている時にも、色んなお店で色んな歴史が作られているんだよなあ、と思いました。
そうそう、私もそういう歴史の中にいる訳ですよね。何気ないことだけれど、ちょっと不思議な気分でした。

ところで、このママさんのお店の歴史の中で、競馬と関わる機会があったそうなんです。
上司はほとんど競馬に興味がないので、何のことやらさっぱりだったと思うのですが、現役バリバリの頃の安田富男元騎手がこのお店に来ていたとのことでした!
なーにー!!酒豪で名の通った富男騎手ではありますが、まさか意外なところでその話を聞くことになりました。
上司同様、ママさんも競馬が好きとか興味がある訳ではなく、あくまで安田富男元騎手を通して知った競馬の世界なんです。
でも、それだけに人物の話が聞けて面白かったですよ!

でも、やっぱりお酒が強かったんですねえ。本当に好きだったという話を聞けるだけで、もうウキウキ!(笑)
また、オフサイドトラップが皐月賞に挑んだ時の、願掛けの断酒の話に触れると、「皐月賞以外でも、富男さんはここぞの勝負の時には断酒をしていた」そうです。
そんな願掛けなんて、と思う方もいるかもしれませんが、厳しい勝負の世界で飯を食う人間であれば、我々とはきっと心掛けも違うのでしょうね。そんな話で盛り上がりましたよ。

また、富男騎手と言えばやはり全場重賞制覇ですよね。
最後に達成したのが札幌競馬場でしたから、その時の喜びようと言ったら!とママさんは楽しそうに当時を振り返っていました。
さぞや嬉しい、勝利の美酒を味わったのでしょう、富男騎手。

意外なところで、意外な人間模様が交錯しているんだと感じながら、その夜は歴史の味がするお酒を堪能いたしました。