こんな時代が来るなんて…☆

長らくゼロ金利で落ち着いていた我が国に、空前絶後のマイナス金利が導入されましたね。
早速、一部の銀行が反応し、ローンの金利が下がった他、預金の金利も下がったらしいですね。

「まだ金利が下がるということがあり得るのか!!」
私の正直な気持ちであり、驚きです。

即効性のある政策とは思えないのですが、これからどんな影響が出てくるのでしょうか…。
スポンサーサイト

危機意識と自然の力☆

昨日、ご年配のお客さんと大雨について話をしておりました。

災害っていうのは、どうしようもなく人智を超えた力で襲ってくるわけですが、何にせよ、自分たちには無関係とは絶対に思ってはいけないなと、お話をしていて改めて感じました。

しかし今朝、起きてテレビを見ると衝撃的な映像が…
おいおい、一口馬主のお仲間Hさんは大丈夫なのかと、大変な状況に置かれているに違いないとは思いつつも、とりあえずメール。
夕方にメールが返ってきましたので一安心しましたが、この低気圧は今、北に向かっていますから、今度は北海道に住んでいる私が身構える番です。

ところで私が住んでいる静内でも、先日に堤防が決壊した地域がありました。
確かに沿岸部ではありましたし、高波による被害ではあったのですが、強い風雨があった訳でもなく、同じ静内にいながらピンと来ない方も少なくなかった出来事でもありました。
災害への我々の一般的な認識が、よく表れている実例と言えるでしょう。

ピンと来ないのが悪いと言いたいのではなくて、むしろそれは当たり前の話であり、非日常的なことに、それだけ私たちは不慣れだということなんですよね。
しかも、年齢に関係なく不慣れというのが、厄介。

危機意識や備え、そしてピンチへの即応力って、日頃から養っておきたいですね。

人のふり見て何とやら、っていうことか?☆

人付き合いには、それぞれに得手不得手があります。
人それぞれに感情表現も違います。
行動が積極的な人もいれば、消極的な人もいます。
それは至極当然のことだと思います。

しかし、営業職で仕事をしている人間ならば、いついかなる時でも、ちゃんと挨拶くらいはできなければいけないと思いますし、その場に応じて世間話だってできるようでなければならないと思うのです。

いや、別に営業の人でなくても、それくらいはできるんじゃないの?と思うそこのあなた。
全くそのとおり(笑)

ただ、仕事としてお金をいただく以上は、それができませんでは済まされません。
百歩譲って今はできない、苦手だと言っても、それは克服していかなければならないと思うのです。
できません、そればかりの営業が、営業なんかできないでしょうから。

自分らしい挨拶でいいんだから、ちゃんとやろうよ。

私自身の誕生日に、何でこんなことで叱らなければならないのか、すっごい悲しかった。

善意と利便性の侵害☆

昨日は、新幹線の中で焼身自殺が発生と言う衝撃的な事件がありました。

その巻き添えで犠牲になってしまった方、被害に遭われた方を思うと、単に自殺と表現することが適当なのかどうなのかと考えてしまいました。とにかく、ひどい事件です。

また、セキュリティの問題、ということも指摘されていました。
それは一理あるにせよ、それだけでこの事件を片付けるのはどうか、とも思います。
皆が良識ある行動をとることで社会が成り立っている訳だし、全てに悪意を想定した対策を講じるとすれば、私たちの社会は、色々な意味で高くつくことになりますよね。

しかし、この事件によって、皆の良識、善意を前提にした社会の利便性は、侵害されたと言ってもよい。
この自殺が病的なものによるのか、自分本位であったのかは、もはや問題ではなくなってしまうほどに。

世の中は複雑だと改めて思うと共に、犠牲になった方のご冥福をお祈りし、被害に遭われた方には心より御見舞い申し上げます。

どうしてこんなことに☆

…一体どうしてこんなことになるんだろう。

後藤騎手がまさか急に世を去ることになるとは。
世を去る後藤騎手の心中や、残されたご家族の心中はいかばかりのものか。
明るく楽しく競馬を伝えてくれる人物であり、そして不屈の闘志を競馬で見せてくれた、素晴らしい人物と、こうして突然お別れしなければならないのは悲しみにたえませんが、今はただ、静かにご冥福をお祈りします。

それにしても、中1男子の悲しく痛ましい事件があったばかり。
どうして?どうしてこんなことになってしまうんだろう。

とても悲しいことが立て続けに起こってしまい、何とも重苦しい心境です。