案の定☆

愛馬レッドコーストがレースを走りましたが、予想どおりの展開で後方に敗れています。

まともに砂を被ったのか、アゴを上げていましたし、外に出そうにも次々に外から来られて位置取りを下げざるを得ない形になりましたね。
ダート競馬の厳しさを思い知らされたことでしょう。
まだまだ先かと思いますが、実戦慣れしながら持てる能力を発揮できるようになればと思います。
スポンサーサイト

裏街道を行くコースト☆

新潟最終Rに愛馬レッドコーストが出走します。

使いつつ調子を上げていきたいところですが、レースを選んで使える身分でもないので、芝でもダートでも、入るなら使っていこうという構えですね。

ただ、ダート戦の内枠なので、外から速い馬に仕掛けられたら、ポジションがどうしても下がりますし、砂もまともに被るでしょうから、コーストには今回も厳しい競馬が予想されます。
新潟のダート1,800は、追い込みづらいという印象もありますし、その点でもスタートが上手くないコーストには不利でしょうしね。

まあ、見せ場があればいいかな~、というところでしょうか。
あくまで使いつつ、今後に期待していきたいと思います。

いい経験になったでしょうか☆

本日デビュー戦に挑んだレッドコーストでしたが、結果は10着でした。
まあ、だいたい予想どおりですし、レース後も無事なら私としてはそれでOKです。

トモがパンとしていないので、出遅れる懸念がありましたが、案の定出遅れ。
ただ、心配していたほどのものでもなく、後方二番手からレースを進めます。
前が飛ばす展開で、馬群からちょっと置かれ気味になりますが、まあデビュー戦ですから無理しないで…って、お?おおっ!?そんなところで捲るんかい!?と声が出そうになるほど、内田博騎手が3コーナー辺りから仕掛けていきます。
置かれたままでは気持ちが入らず、競馬にならないと思ったのか、もしくはどれだけの脚を使えるのか試してみたかったのか、まあそんなところだと思うのですが、速い流れを捲るのはさすがに無理がありまして、直線を向く頃には既に手応えはなくなっていましたね。
まあ、強引な競馬でシンガリ負けしなかったんですから、良しとしますよ。

相手はコーストのように未勝利(未出走)馬ではなく、このクラスの常連達ですから、そういう馬達に胸を借りて、コーストにはいい経験になったのではないでしょうか。
稽古だけでは、どうしても仕上がり切らない馬はいますから(特に大型馬)、レースを使いつつ、変わり身に期待するしかないでしょうね。
ただ、コーストは三歳馬ではなく四歳馬ということで、今後の処遇が難しいという見方もできますよね。
クラブの方針は読めませんが、ここまでせっかくデビューに向けて時間をかけたのですから、何とか辛抱して使って欲しいものです。

第三の出走馬は眠れる獅子☆

先週の降雪による福島競馬中止のため、急遽三日連続開催となった中央競馬。
三日目である本日、その降雪のためデビューが延期となっていた愛馬レッドコーストが出走します。

無意味となった福島競馬場への往復を挟んで、いきなり既走馬相手の特別戦に臨むのですから、常識から考えるとまずは無事競馬に参加して、元気にトレセンに帰ってきてもらえればそれで御の字というところでしょうか。
大きな馬ですし、使いつつ変わっていけばいいかなあ、と思っています。
四歳になるまでデビューできずに苦労していた訳ですから、結果より何より、とにかく無事に無事に…と願っています!

先週のデビュー直前に比べ、こうして冷静でいられるのは、青葉賞のレイヴンを目の当たりにしたからなんですけれどもね(笑)
それに加えて、昨日の天皇賞。やはり競馬は甘くないですから。

眠れる獅子は雪の中☆

今週一番の楽しみだった、今日の福島12R。
チーム・タジ最高の高馬レッドコーストの初陣だったのですが、何と季節外れの大雪で福島競馬自体が中止に…。
大自然の力にはかないませんよね(汗)

眠れる獅子が暁をおぼえるのは、いつの日になるのでしょうか。