天栄村からのお便り☆

昨日、天栄村ふるさと子ども夢学校からお便りが届きました。
大きな大きなお便りでして、これはもしかして…と思って開けてみると、平成23年産の天栄米30キロが入っておりました!
田んぼのパートナー制度を通して、微力ながら協力させていただきましたが、こうして形になってみると、感慨深いものがあります。
でも、膨大な労力と経費をかけて頑張っているところに、わざわざお米を送っていただく仕事まで増やしてしまって、申し訳ない気もします(汗)

被災地で生産されたものには、良からぬ風評が後を絶ちませんが、それでもひたむきに努力している生産者の姿を見ていると、消費者の側もよくよく理解を深めなければいけないな、と改めて思いました。

せっかくですので、美味しくいただきま~す♪
スポンサーサイト

前向きさに心打たれる☆

NHKの天栄村の特集を見ました。
テレビでも、ありのままに映してはいるのでしょうけれど、見えていないところでの苦悩や努力が透けて見えるようで、その辛さが伝わってきました。
除染作業もお金のかかることですし、実際やったところでどうなるかが分からない中で取り組んだのですから、精神的にも金銭的にも大きな負担を強いられたことと思いますし、田んぼ以外でも様々な対策に時間を費やし、骨身を削る一年ではなかったでしょうか。

番組の最後では、検査では何の問題がなくても、お米の業者が買わないという現実的な風評被害や、除染作業をしても現時点では放射能から稲を守りきるだけで、土から放射能を取り除くことの難しさを思い知らされました。

天栄村に限らず、被災地域で農業を営んでいる方々は、諦めることなく、大変な粘り強さを発揮していると思いますし、その努力が報われることを願って止みません。
私自身も改めて頑張らなければと思うと同時に、何か被災地域のお役に立つことに、これからも協力させていただきたいと思います。

天栄村、テレビ番組に☆

「田んぼのパートナー制度」からのメールによると、天栄村の農家を特集した番組が近日テレビで放送されるそうですので、お知らせいたします。

☆NHK教育テレビ
ETV特集「原発事故から立ち向かう農家」
12月4日(日)夜10時より

ノーザンファーム天栄もある福島県天栄村ですが、馬以外のこと、原発事故と向き合う天栄村を知る良い機会かと思います。
御興味のある方、ぜひご覧になってください。

天栄村へ…

皆さま、こんばんは。
お久しぶりです。
なかなか思うようにはいきませんが、マラソンしてきたエネルギーを日々仕事にぶつけております。
限界を知るというのは、悪いことではありませんね。私の場合、更に頑張る意欲につながっているようです。
まあ、元々頑張る意欲が低かった、とも言えますかね(笑)

さて、今週末はシルクホースクラブ主催のノーザンファーム天栄の見学会がありますね。
見に行く機会のある方々は、大いに楽しんできてください。
できれば、時間の許す限り、天栄村の風景なども楽しんでもらえればいいなぁ、と道産子ながら願っています(笑)
今月は何かと忙しい私ですが、来月には、できれば遊びに行きたいなぁ…と思っています。
ノーザンファーム天栄、というより天栄村へ。

天栄村商工会はとても熱心に活動していますので、リンク先からぜひ活動内容を知ってもらえれば、と思います。
競走馬の育成拠点としての天栄村だけではなくて、豊かな野菜作りと米所としての天栄村にも関心を持っていただければ幸いです。

応援すること、見守ること☆

ご覧いただいている皆様、当ブログのリンク先、「天栄村・顔の見える米作り」をご覧いただいたことはおありでしょうか?
天栄村の農家や商工会、関連団体が、前向きに頑張っている様子が窺い知れますよ。

被災地は広範囲に渡っていますし、一次産業が特に打撃を受けているのは、皆様ご存知のとおり。
私が天栄村を知ったのは全くの偶然なのですが、何かお役に立てればと思い、今回改めてご紹介させていただきました。
機会があればぜひ、今度覗いてみてください。

皆様の前向きな、新しい発見に繋がれば幸いです。