チャームお疲れ様☆

ただ今、エメラルドチャームがレースを終えました。
着順はよく分かりませんが、恐らくシンガリ負けになっても不思議ではないかと思います。

確かに減量騎手の効果もあってか、外目から先団の一角を形成していましたが、徐々に徐々にポジションを下げていきました…。
ええ、外を回らされたとか言うよりも、やはり距離が長かったですね(汗)

次こそは短距離のレースを試して欲しいと思いますが、残念ながら、もうその次というのがありません(汗だく)

今は、ただただ良いお母さんになってもらえればと思います。
エメラルドチャーム、今までお疲れ様でした!
スポンサーサイト

スーパー未勝利のボンバーガールズ☆

幸か不幸か、チーム・タジ内でスーパー未勝利に生き残れたのは、エメラルドチャーム、フィールグリュック、プロスペリタの牝馬3頭と、レッドランベールです。
レッドコーストもいますが、ハナからスーパー未勝利に間に合わせる状況にはないので、このメンバーからは除外!(笑)

ところでこの牝馬3頭は、昨年の今頃は脚元への配慮からじっくりじっくり稽古を積んでいたボンバーガールズなんですが(笑)、今のところ素質の片鱗を見せているのは、何故か一番マシに稽古を続けていたエメラルドチャーム以外の2頭(汗)
レッドランベールや、先日引退したシルクダヴィンチも含まれるのですが、素質を発揮できる土台がしっかりしていないと、愛馬が伸び悩みに直面してしまうので、やはり出資はよくよく吟味しなければいけないな、と改めて痛感しています。

さて、そんな反省の日々の中、本日はエメラルドチャームが最後のチャンスをモノにすべく出走します。
陣営も狙っていて、私も淡い期待を寄せていた短距離への路線変更ではなく、何故か従来どおり中距離というのが不思議なのですが(笑)、まあ決まったことは仕方ありません。

、道中後方から動けず仕舞いというレースは、もう見たくはないのですが、ここは減量騎手の思い切りのいい競馬に期待しようと思います。
今までの戦績から大逆転を望むのは酷な状況にあり、ある意味で気楽な立場と言えるかもしれませんので、やれるだけのことをやっていただいて、全力を出し切ってくれることを願って応援しますよ!

チャーム、まあこんなもんでしょう☆

エメラルドチャームのデビュー戦、恐らく12着くらいではないかと思います。

スタートはまずまずでしたがそこから二の足がつかず、中団よりやや後方の位置でレースを進めます。
問題はここからどう巻き返せのるか、というところなのですが、道中でビシッとムチを入れられて、子供らしさを見せるシーンに遭遇し、どうやらここで勝負あり(笑)
結果的には後方のまま敗れたことになるのですが、これは当初から叩き台の一戦と位置づけられていましたので、特に悲観する内容ではないでしょう。
むしろ、大きく離されることもなく頑張っていましたし、競馬を覚える意味では有意義だったのではないでしょうか。
しっかり追われたことで次に繋がってくるように思います。

ボンバーガールズ登場!☆

今日の新潟ではエメラルドチャームが、明日の京都ではフィールグリュックがそれぞれデビュー戦を迎えます。

この2頭、脚に爆弾を抱えているという共通項があり、育成にもかなりの月日を費やしたという経緯があります。
そうそう、だからボンバーガールズなんです(笑)

デビューすら危ういのでは、とも思っていた時期もありましたが、こうしてデビューの日を迎えることができて嬉しく思います。
爆弾を抱えながらのレースと言えば、2戦目のレースで故障し引退に追い込まれた愛馬ミラクルモーメントが思い出されます。
そうならないように、2頭の陣営も工夫しながら調整してきましたが、この二つの陣営では稽古が対照的なのが面白いです。
エメラルドチャームの陣営は馬なりを主体とした稽古を重ね、初戦から仕上げるというよりはレースを使って状態を上げていくオーソドックスなパターン。
対してフィールグリュック陣営は、一杯での追い切りも取り入れて一戦必勝の構え。
どちらも脚に十分配慮した上での戦略であり、どちらに良い悪いというのは全くありません。

ボンバーガールズの先陣を切るエメラルドチャームは新潟D1,800では不利な大外枠。
出足は鈍い印象なので、今日は回ってくるだけの競馬になる可能性もありますが、考えようによっては砂を被ったり揉まれたりすることもないわけですから、その辺にちょっぴり期待してみようと思います。