久しぶりに見た!プライド魂!!☆

…プライドが二着って、今まであったっけ?
まあ、そんなことより、久しぶりにプライドの二枚腰を見たような気がします。

日本ダービー以来となる、東京芝2,400に挑んだ愛馬サムソンズプライド。
あの時と比べて逞しくなったとは言え、フルゲートの準オープンクラス。
おまけに、プライドと同型の先行馬も揃いましたので、厳しい競馬が予想されました。

ゲートが開き、サムソンズプライドは内から先行態勢に入るものの、案の定、他の先行馬も全く譲る気配はなく、結局プライドは先頭に立てずに、四、五番手を追走。
淡々としたペースでも特に引っ掛かることもなく、内でジッとしておりましたが、勝負どころの4コーナー辺りから、ジワリと仕掛けて先頭を窺います。
そこから、東京の長い直線でこれまた長い長い競り合いが続きますが、連勝していた頃のような粘り腰を発揮して、後続に呑み込まれることなく、馬群を僅かに抜け出して先頭に立ちました。
が、ゴール寸前で決め手のある馬に交わされて、惜しくも二着。

いやあ、凄い!!
久しぶりにプライドの粘り腰を見ましたね。抜かれそうで抜かれない、あれを。
負けたけれど、あの走りは嬉しかったな~。

逃げ馬としての個性はあるものの、未勝利戦を走っていた頃は、先行したり差したりする競馬で上位に来ていましたから、実はこういう競馬もやろうと思えばやれるのか、とも思いました。
ただ、今日の結果は色んな条件が噛み合ってのものかもしれないですから、まだ信用できるほどのものではないんですけれどもね。

でも、多頭数でライバル達のレベルも高く、距離延長も克服して、且つ短期放牧明けでこれだけ走ったのですから、やっぱり力をつけているんですね。
ラストインパクトと同世代でもあるし、この子も精神的に成長しているんでしょうか。

ラジオで、地味に障害練習をしていた話を聞いた時は焦りましたけれど、練習の効果もあったのかな。
とりあえず平地でも、まだやれるでしょ?(笑)
スポンサーサイト

逃げ粘れず☆

出足がつかなくて、押して押して先頭に立った愛馬サムソンズプライドでしたが、逃げ粘れず後方に敗れてしまいました。
ううむ、残念!
でも、これも競馬ですから致し方無し。

確かに出足はつかなくて、前半ロスはありましたが、それでも本調子ではなかったのかな~、という印象でした。
馬場が合う合わないも、今日の競馬ではよくわかりませんね。

今日は札幌競馬場がグランドオープンにも関わらず、天気はあいにくの雨。
それでも古臭ささが消えた競馬場は、やはり素晴らしい!

天気の割りには人も入っていましたし、楽しい雰囲気に包まれていましたね。


最後に一言。
私が現地応援したら、愛馬は負けてしまうのかな~。
プライドに、というよりも、何だか自分にガッカリって感じです(苦笑)

ああ、札幌は涙雨…。

ハロー札幌ハロープライド☆

お久しぶりです!

今日は待ちに待った札幌競馬場のグランドオープンですね!
とっても楽しみです!

引越したので、競馬場までは今までのように気軽に行ける距離ではなくなりましたが、しかし、札幌競馬場がグランドオープンすることと、メインレースに愛馬サムソンズプライドが出走するとなれば、何が何でも行かねばなりますまい!

行きたくても行けないプライドの一口馬主の皆さん。

今日は私めがしっかりと応援してまいります!!

それでは、また!

例え自分の型に持ち込めなくても☆

勝ってくれればそれはもちろん嬉しいのですが、自分の競馬ができなくても、愛馬が頑張ってくれる姿を見られるだけで、一口馬主は嬉しいものです。

今日のメイン、白富士Sに出走した愛馬サムソンズプライドでしたが、レースでは最内枠の逃げ馬ゼロスにハナを譲ることとなり、得意の逃げは今日も封印されてしまいました。
ああ、またしても…。

まあ、オープンに上がると先行馬もそれなりの速力を持っているので、簡単に「どうぞ」とは言ってくれませんよね(苦笑)

ただ、ゼロスが断固先手を主張するので、早々に控えて自分のリズムを大切にしたのは良かったですし、開幕週の綺麗な馬場が、プライドに味方してくれました。

序盤にプライドに競られたゼロスは、やや暴走するような形で後続を引き離しますが、ペース自体は平凡。
それを冷静に見ながら、最後の直線で仕掛ける田辺騎手とサムソンズプライドに、今日の実質的な一番人気馬エアソミュールが前を目掛けて一気にスパート。
人気馬の、いかにも人気馬らしい決め手の違いは見せつけられましたが、プライドの競馬はここから。

エアソミュールが抜け出した後の争いで、ジワジワと前との差を詰めて上位を窺う態勢となるも、後方待機馬の追い込み急で、後続の1頭に交わされて、更に後続が押し寄せてきたところでゴール。
何とか3着でした。

いやはや、ホッとしましたよ。
上でも戦える手応えは掴んでいましたが、やっぱり掲示板に載って結果を見ないと安心はできませんものね。

少頭数で、走りそうな相手も限られていましたから、実は当然の結果なのかもしれませんが、それでも今日は運があったように思います。

良かった良かった。
それが今日の感想です。

プライドの復帰戦☆

愛馬サムソンズプライドが中山のディセンバーSで、約半年ぶりのレースに臨みました。

体重が20キロ以上も増えましたが、あまり太めには見えず。
ダービーの頃よりも馬体が成長したんだなって、嬉しく思いました。
とはいえ、半年ぶりの実戦で初めて古馬のオープンクラスとぶつかる訳ですから、着順にはこだわらず応援しました。

レースでは他に先手を主張する馬がいたので、プライドは無理せず二番手を追走しましたが、直線の決め手勝負で脱落。結局10着でしたね。
でも直線の半ばまで食い下がっていましたので、休み明けとしては上々の内容だったのではないかと思います。

プライドが春に三連勝したのは、勢いや運が味方したというのもあったと思いますので、真のオープンクラスで一体どこまでやれるのか不安がありましたが、今日のレースを見て、これなら十分戦っていけるという感触を掴めました。

とりあえず、半年ぶりのレースお疲れ様でした!プライド!