スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くるみ、大外からこんにちは!☆

府中のマイルで大外枠。
しかもフルゲートでデビュー戦。

ペルセウス作戦の発動で、チーム・タジの先鋒を務める形となった「くるみ」こと愛馬ティックルゴールドでしたが、この条件でいい結果を期待するのはいくらなんでも酷だな、とは思っていました。
ビッグマウスで「それでもウチの馬はやる!!」とか吹聴すれば男らしかったのですが(笑)、そんな言葉は思い浮かぶはずもなし。

しかし、くるみは頑張りました。
現実主義者の一口馬主を見返すような走りで(汗)

いや、もっと言うと、一口馬主も厩舎もタジという、希有な絆に結ばれた本物のチーム・タジにしてタジ・プレゼンツの競馬であることを、私自身がもっと信頼すべきでありました。

好発を決めて前の争いに加わっていったくるみでしたが、そこから吉田騎手は押して前のポジションを断固主張。
一旦は先頭を交わそうかという勢いで、大外から先行体勢に入ります。

しかし、そのままの勢いでハナを主張せず、逃げ馬の直後で落ち着かせたのは、さすが吉田騎手という手綱捌き。
先行させると、素晴らしいくらいに安定感がありますよね。
終始逃げ馬の直後で様子を窺い、脚を溜めて最後の直線の攻防へ。

くるみに突かれていたとは言え、自分のペースに持ち込んだ逃げ馬が、余裕十分に引き離しにかかると、くるみもそれに懸命に食らい付き、更に後続も必死に前二頭を捉えにかかります。

徐々に逃げ馬に離されるくるみ。しかし、それでも決して気持ちが切れず、諦めない。
最後の最後、後続の中から一番脚を使った馬に交わされて、くるみは三着となりました。
しかし、レース内容としては非常に価値ある三着だったと思います。

戦前、私は本作戦で一番くるみが苦戦すると思いましたし、掲示板があれば大健闘の部類だと思っていました。
それくらいこのコースがタフで、フルゲートの大外枠が堪えるということが、痛いくらいに分かっていましたからね。

くるみが三着に負けたとは言え、単勝を買わず、複勝しか買わなかった自分が、恥ずかしくなるくらいのレースでした。
それくらいに、人馬共に頑張ってくれたと思います。
今日は「ありがとう」というより「信じなくてごめんなさい」というレースでした。

くるみの熱い走りで、明日の先輩達も頑張ってくれると期待しましょう!!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。