スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとう!レッドデセーオ☆

骨折が判明後、状況を常に気にかけていた愛馬レッドデセーオでしたが、本日のクラブからのコメントで正式に引退の運びとなりました。

術後の経過は、元気なデセーオらしく至極順調とのことですが、もし復帰するにしても半年は軽く越える歳月を要するため、今後のお母さんとしての務めを考慮すると、このタイミングでの引退は妥当ではないかと、私も思います。

最後は骨折と言うアクシデントに見舞われてしまい、それ自体は残念なのですが、患部以外は元気なわけですし、それこそ、今まで元気に、堅実に頑張ってくれていたので、デセーオには感謝の気持ちでいっぱいです。

最初に、シルクではシルクグラサージュとゲットレディー、東サラではレッドデセーオに出資したことが、チーム・タジの起源でありまして、今でこそそれなりの規模に拡大しましたが、その礎は、コツコツ走ってくれたレッドデセーオのおかげだと思うと、感慨深いものがあります。

中央の未勝利戦を勝てず、再起を図るべく都落ち。
そこで力をつけて再び中央競馬に挑んだデセーオ。
一つ年下のレッドコーストが眠れる獅子のままでいる間、レッドランベールが箸にも棒にもならない走りを披露している間、レッドレイヴンが出現するまでの間、そして、レッドクラーケンがようやく勝ち上がるに至るまで、その年月をコツコツと頑張って、駆け抜けてきたんですよねえ。
ああ、そうか。
宿命のライバル・シルクシンフォニーちゃんと再び戦うことも、これでもうなくなるわけですね。

愛馬一頭に、色んな思い出が詰まっているんだなって、今更ながらに気付いてしまいました。
レッドデセーオ、どうもありがとう!
そして、庄野厩舎の皆さんはじめ、デセーオの関係者の皆さんどうもありがとう!

振り返れば、どれも楽しい思い出ばかり。デビューする前は「ぬぼ~っ」としていたのが懐かしいです(笑)
牧場に戻ったら、今度はぬぼ~母さんになるのかなあ♪(笑)
それはそれで楽しみですけれどもね!
脚をしっかり治して、下河辺牧場での第二の仕事を頑張るんだよ~!
スポンサーサイト

チーム・タジの牽引役が…☆

長らく、チーム・タジの牽引役として順調に稼動していたレッドデセーオが、何と骨折してしまいました。
幸い大きな怪我ではないようで、すぐに処置してもらえましたから、デセーオ自身は大事ない様子です。
しかし、堅実に稼動してくれた、いわゆる精神的支柱のような存在だっただけに、このアクシデントは痛いですね。

人生、いいこともあれば悪いこともあるのですが、まさしくそれは背中合わせなんだなって、しみじみ思いました。

とりあえずデセーオ、ゆっくり養生してね!

ズブくて愛しきデセーオ☆

今日のレッドデセーオは、先手を奪われるも控えて二番手の競馬。
脚抜きのいい馬場ですから、スンナリ行かせて大丈夫かと思いましたが、やはり3コーナーから押して押して前を追いかける展開に。
まあ、ここからは良くも悪くもズブいデセーオなのでバテる心配はないのですが、如何せん逃げ馬を捕まえられない可能性大の展開でしたから(笑)、直線でも一馬身の差がなかなか縮まらず万事休すかと思いきや、最後は持久力にモノを言わせて、ギリギリのところで差し切りました!
中舘騎手、お見事でした!

一番強い競馬をしても、負けてしまうのが競馬です。
でも、今日のデセーオは勝ってくれました!
勝ち味に遅いデセーオだけに、今日の勝利は格別ですね!
よく諦めずに頑張ったと、親バカになって褒めてあげたいです!(笑)

デセーオと中舘騎手、どうもありがとう!
そして、応援してくれた皆様どうもありがとうございました!!

ぬぼー姫、天気に負けるな!☆

愛馬レッドデセーオが中京7Rに出走します。

中舘騎手の進言を受けて、今回は距離延長で勝負。
急かされてもあくまでマイペースのデセーオには、ピッタリな条件ではないかと思っています。
勝っても負けても、労いの休養をいただくことになっていますので、ここは何とか手土産を持って帰ってきて欲しいです。
揉まれない外の枠を引き当てましたし、ここまでは願ったり叶ったりだったのですが、中京競馬場では現在雨が降っているんですね…。
速い馬場に一抹の不安があるデセーオですが、ここは何とか中舘騎手のフォローで乗り切って欲しいです!

クリスマスに美味しいニンジンを食べるためにも、頑張れ!ぬぼー姫!

宿命のライバル誕生か!?

レッドデセーオとシルクシンフォニーちゃん。
今日で二度目の戦いとなりましたが、またしても、どちらも勝てず(汗)
ただ、2頭とも上位に食い込んでいるので、力は示したように思います。

デセーオの和田騎手は道中、内を先行していましたが、勝負どころで外へ持ち出す味なプレイ。
結果、スムーズに脚を伸ばしてあわや優勝!?かと思いましたが、勝ち馬の決め手に屈してしまいましたね。
一方のシンフォニーちゃんは、デセーオの直後、内ピッタリを回って脚を溜めていましたね。
内にいると精神的にも窮屈になるので(デセーオはその点で脆い)、これでどうなるのか見ていましたが、怯むことなく、内からしぶとく伸びてきましたね。
ただ不運なことに、直線では窮屈になって追うに追えない場面もあり、全力を出し切れないまま4着に敗れています。
減量騎手起用とは言え、シンフォニーちゃんが以前よりも力をつけているのも感じましたね。

年齢では一歳デセーオの方がお姉さんですが、これからもお互いに切磋琢磨しながら、長く活躍して欲しいなと思いました。

2頭とも、今日はお疲れ様でした!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。