スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山あり谷ありグラサージュの競走生活☆

金曜日に、愛馬シルクグラサージュが引退することになったとの報告がありました。

治りかけのところを、再度蹄に不安を発症してしまったこともさることながら、その休養前の成績も、二連勝当時のことを思うと信じられないくらいの結果しか出していなかったので、この判断も妥当なところなのでしょう。

未勝利脱出を目指している途中で、東日本大震災が発生し、その混乱の中を一生懸命頑張っていたことが昨日のように思い出されます。
でも、あの時のストレスが原因で、その後の競走生活がパッとしないものになってしまったのかなあ、という思いもあり、引退は残念に違いありませんが、これを機にグラサージュが少しでもマイペースに生きられる場所が見つかることを願って止みません。

チーム・タジ最初の世代は、これで全て引退となります。
たくさんの苦労をした最初の世代ですが、いなくなるのはやはり寂しいですね。
スポンサーサイト

蘇ろ!グラサージュ!☆

不振のどん底から、改造(と言って差し支えないほどの改善)を施されて再びターフに戻ってきた愛馬シルクグラサージュ。

去勢され、天栄で障害を飛び(笑)、一体これからどうなるかと思いきや、何てことはない、ただの平場のダート戦にカムバックしてきました!(笑)

コロリンパパさんに残念大王と評されるくらい、「クラシックに乗れる馬」という前評判と成績のギャップが大きいグラサージュですが、あらゆる改善策を実施して臨む今回、果たしてどんな競馬を見せてくれるでしょうか。
今まではトモのハマりが悪くて、思うような競馬ができていなかったように思いますが、今回の去勢(休養)後にトモが良くなってきたようですから、これでスタートも良くなれば面白いですよね!
過度な期待はできませんが、楽しみではあります!

がっかり大王、汚名返上できず☆

今日は道内最大のグレードレース、北海道マラソンが行われています。
残暑厳しい中で行われることの多いレースで、過酷なことでも知られているのですが、今回は日頃お世話になっている方が参戦するとのことで、応援に行ってきました。
ただ、一万名以上の人が走るわけですから、もう誰が誰だか良くわかりません(汗)
最初は往路で応援していましたが、みんなビュンビュン飛ばしていくので見分けがつかず、仕方なく復路でちょうど応援しやすい場所を見つけて、そこで待つことにしました。
30度を越える蒸し暑さの中で、応援する側も汗だくになりましたけれど(笑)、ランナーが必死に頑張っている姿を見ているとジッとしていられなくなり、手を叩いて応援しました。
その内にお目当ての方も無事走ってきているのを確認し、しっかり声援で見送ってきました。

私が復路で北海道マラソンを観戦している頃、新潟でもシルクグラサージュがレースを走っていたのですが、あれ!?という着順で終わったようですね。
レースを見ていないのでわかりませんが、今のところ不名誉な大王の座を譲る気配はないようです。
ふぅ…。

古馬日記☆

シルクグラサージュ、天栄でしばらく休養となりそうです。
一方のレッドデセーオは頗る順調です。

☆シルクグラサージュ
レース前からトモを痛めていたのでは、勝負になるわけがないですよねえ。
まあ、皮肉にもレースに出てみてそれが分かったのですが。
天栄でしっかり治してもらいましょう。

☆レッドデセーオ
こちらは元気そのものです。
早ければ来週にも使える態勢であるとのこと(未定ですが)。
クラスが上がっても、相手なりに戦えそうな気はしますけれどもね。

グラサージュ残念!アーネスト君はマイルで根性発揮!☆

TAJI5の結果は想定の範囲内でしたが(笑)、シルクグラサージュの負けっぷりにはさすがに落胆の色を隠せず。
調子は良かったと思いますし、出遅れもせず中団やや後方を折り合って進んでいたように見えたんですけれどもね。
負けるにしても、もう少し抵抗して欲しかったのですが、これは期待のし過ぎだったかもしれませんね。

しかし、今日の競馬の最後の最後で、暗く沈んだ心にまるで明かりが灯るような光景を目にしました。
それはシルクアーネスト君の、ど根性のハナ差競り勝ちです!
馬群の中で折り合いをつけたまでは良かったのですが、直線に向くとなかなか前が開かず、ピンチ!!
これはまずいと思って興奮しながら見ていましたが、僅かに開いたスペースから、いつの間にかスルスルと内を突くと、先に抜け出したルルーシュに迫ります。しかし、如何せんルルーシュと内埒の間の狭いスペースを突くしかない状況だったものですから、競馬としてはかなり厳しかったと思います。
普通なら二着で終わるような態勢だったのですが、アーネスト君は持ち前の根性でグイグイ伸びると、ほぼ勝利を収めたに等しかったルルーシュをゴール寸前で捩伏せてしまいました!
強烈な決め手でライバル達を一掃する姿も格好いいですが、窮屈な態勢からの逆転勝ちも、なかなかスリリングで面白かったです。
これはなかなか見られない競馬だと思います。

二着のルルーシュ(確か、一番人気?)もそうですが、準オープンではかなり粒揃いのメンバーが相手だっただけに、今回の勝利は価値が大きかったと思います。
こういう強さを発揮できるのは、やはり生粋のマイラーだからなのでしょうね。
アーネスト君なら、オープンでもきっと頑張ってくれるでしょう。
これからも、期待しています!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。