スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩手競馬ただ今冬休み中☆

岩手競馬では3月初旬に馬場が解放されるとか。
稽古がいよいよ再開されるというわけです。

☆シルクマイハート
乗り運動を始めました。相変わらず元気いっぱいのようですね。
リフレッシュもさることながら、心身の成長にも期待したいところです。
スポンサーサイト

三歳馬日記☆(シルクじっくり組)

飯田先生がフィールグリュックの受け入れに応じるべく、準備をしているようです。

☆プロスペリタ
マシン運動で様子見です。しばらくはこのままでしょうね。

☆フィールグリュック
順調に稽古をこなし、負荷も強めています。
時期というのもありますが、体調も良いためでしょう。飯田先生に入厩の打診をかけたところ、検疫の都合次第ですが来週以降で対応検討しているとのこと。
まあそれも、あくまで順調であればの話であり、今後も順調に力をつけて欲しいものです。

三歳馬日記☆(シルク進め組)

プレノの活躍に呼応して進め組の動きが活発です。

☆エメラルドチャーム
稽古は至って順調にこなしています。ようやくハードルを一つ越えたような感じですね。
また、預託厩舎が、藤原英厩舎から新規開業の吉村厩舎へ正式に変更になりました。
個人的には歓迎です。もちろん藤原先生が嫌いというわけではなくて(笑)、新規開業の方と共に頑張ろうという気持ちが高ぶるわけなんですよ。

☆シルクハーデスト
美浦に帰ってきました。
輸送の直後というのはやはりうるさいものなんですね(特にハーデスト)。
この元気過ぎるところが、この子の持ち味でもあるわけです。エネルギーを競馬に集中して使えるようになるといいですね。

☆シルクティソナ
先週除外になりましたけれど、これは想定内のことでして、今後もダートの1,200あたりを中心にレースを使っていくようです。
現状は1,200でも微妙に長いような話がちょくちょく出ていますが、要はこのクラスでコンスタントに上位に食い込むためには、まだ力をつけなければならないということでしょう。
力とは、特に精神力の方でしょうね。

☆シルクアポロン
池添厩舎にて稽古を開始しています。
ゲート試験まで順調に稽古をこなしていけるかが課題ですが、踏ん張って欲しいものです。

☆シルクブルックリン
天栄へ放牧されました。
プレノ同様、昨年夏よりよく頑張ってくれましたので、存分に休んで欲しいものです。
徐々にパフォーマンスを落とした印象ですが、まだまだ未完成な素質を思えば、怪我もせずよく頑張ってきたと思っています。
それに、上原流の稽古の成果は、むしろ古馬になってからではないでしょうか。

☆プレノタート
体も回復し、次のレースに向けて態勢を整えつつあります。
チューリップ賞とフィリーズレビューの両睨みの状況ですが、先生の話ぶりからフィリーズレビューにぶつける構えのようですね。
その週は哲三騎手の復帰が予定されており、コンビ復活で桜街道を突っ走って欲しいです!!

馬場に翻弄された開幕週☆

愛馬の走りや馬券において、今週はけっこう苦しめられた方々が多かったのではないでしょうか。

いいこともあれば悪いこともあるのが人生とは言え、しかし、期待が大きいほど落胆もまた大きいものです。

今日、中山記念を走ったレッドデイヴィスも、悪い馬場でいつもの力を出せずに終わり、出資されている方はさぞや落胆されたことと思います。
落胆といえば、大一番を前に壮行レースを飾りたかったトゥザグローリーも、やはり全く力を出せずじまい。
自然の力は恐ろしいと、改めて思い知らされた一日でありました。

ただこんな散々な週でも、大魔神佐々木主浩氏にはプラスに働いたようで、マジンプロスパーが重賞を初制覇しました。
これでヴィルシーナのクイーンCと合わせて今月重賞2勝の活躍ですから恐れ入ります。
速球でもフォークボールでもなく、まさかこんな相馬眼があったとは!!
少数精鋭ながら、立派な個人オーナーさんと言えますよね!

レッドデイヴィス、真価を問う一戦☆

先ほど、税務署で確定申告を済ませてきました。
準備をしているとちょっとした疑問がちょいちょい沸いて来るので、税務署へ直に行った方が良さそうだということになりまして(笑)
職員の方々には親切に対応していただき、とても助かりました。
でも、競走馬ファンドって一体何…という雰囲気ではありましたけれどもね(笑)

今日はダテスイキョウさんと長谷川枕山堂さんがコラボ予想を展開しているはずですが、どうなったでしょうか。
後でお二人のブログへ遊びに行かなければ…。

今週はお仲間さん繋がりで話題がわんさかなのですが、特に注目しているのは、中山記念に出走するレッドデイヴィスです。
相手も揃っているのですが、それよりも問題なのが回復しない馬場。
適距離での戦いとは言え、軽快なスピードを武器にしているレッドデイヴィスにとって、これは大きなハードルと言えるでしょうし、デイヴィスの強い精神力が試されることになりそうですね。

ここで結果を出すことは、良馬場で結果を出すことの三倍くらいの価値があると思いますが、果たしてどうなるでしょうか。
ドキドキしながら応援したいと思います!

古馬日記☆

シルクグラサージュと入れ替わるようにして、シルクアリオンが入厩しました。

☆シルクグラサージュ
東京開催へ備え、天栄にて調整中です。
時間は十分ありますから、じっくりやっていきましょう。

☆シルクアリオン
蹄も回復したので、昨日美浦に戻ってきました。
レースに向けて、これまたじっくり立ち上げていきましょう。

☆レッドデセーオ
稽古を進めていますが、馬本位でおこなっていますので、無理なく体を造っているという状況でしょうか。

岩手競馬ただ今冬休み中☆

まだまだ雪深い岩手県ですが、競馬開幕まで一ヶ月少々となりましたね。
早いものです。
シルクマイハートは、平穏な毎日を過ごしていますので、特に不安などもありません。

岩手競馬につきましては、お仲間さんのみわちゃんさんが、色々と詳しく書き綴っておりますので、ご興味のある方はぜひ一度、リンク先のみわちゃんさんのブログへ遊びに行ってみてください。
楽しいですよ!

二極化の時代☆

我が国から個人所得の中間層が減少し、上層と下層に二極化されつつあるという議論が以前からされています。
「失われた10年」とかいう言葉も今では古くなってしまった印象ですが、そんな人々の記憶に関係なく、現在進行形で経済的な活力が失われ続けているような状況でありますから、当然のごとく先ほどの話の通りになるのではないかと私は思っています。
ただ、一方的に悲観しているのかと言われれば、私のことですから(笑)、そんな気持ちはサラサラなく、いかなる時も知恵と努力で道は開けるものと思っています。

ところで、複数の大学においては秋入学を導入する案を具体的に検討するような話がありますね。
何でも、最近は海外留学する日本の学生さんが減少しているとの話もあるとか。
今の学生さんが向学心が足りないのか、外へ向かう意欲がないのかという話もあるようですが、とにもかくにも秋入学を導入することで、有能な海外留学生の受け入れや国内の優秀な若者を育て上げ、国際競争力を高める狙いなのだそうですね。

しかし私は、今の学生をどうこう言う以前に、その子供達を養う家庭というものをこの人達は考えたりはしないのだろうか、と素朴な疑問を感じました。
決して楽ではない状況の中、一生懸命頑張っている家庭を想像できれば、向学心やら海外へ目が向く向かないの話だけでは終わらないと思うのですが…。

おじいちゃん、おばあちゃんが健康・経済両面でお元気ならば、子供や孫のために頑張ってくれるのかもしれませんが、しかしそれを当てにしているのが現状であるならば、それはかなり厳しいものでしょう。
所得の厳しい家庭では、上記の優良大学以外でも、進学自体が厳しく、その傾向も強まっていくのではないでしょうか。

また、とある地方自治体の長が小・中学生にも留年を取り入れるべきとの意見を述べたそうですが、これも微妙な話であります。
恐らくこの方は、ある特定の団体に対する挑戦的な意味合いで発言したのでしょうが、競争の原理の意味などよく分からないであろう義務教育を受けている子供達に、こういう形で優劣をつけるのは、あまりに行き過ぎた考えで軽率ではないのか、と思います。
また、暗に二極化を容認しているようにも感じ取れますし、こういう意見が表に出てきている以上、世の中の流れも自然にそうなっていく(二極化)のではないのか、と考えています。

先日の某重大裁判の判決につきましても、極刑の是非などが話題となりましたが、こんな不幸な出来事が二度と起こらないようにするには、私達がどうすればよいのかをもっと真剣に考えたいものですよね。
そもそも、この事件を生んだのは私達の社会の歪みにあるように思えるのです。

三歳馬日記☆(シルクじっくり組)

じっくり組の春はまだ先のようですね。
芽吹くまで、冬の間はひたすら辛抱辛抱…。

☆プロスペリタ
脚を考慮しながら、軽い運動に止めています。
焦らずにいきましょう。

☆フィールグリュック
軽目の稽古を継続しています。乗り続けて、徐々に良化していくといいですね。

三歳馬日記☆(シルク進め組)

エメラルドチャームが今日から進め組に転入です。

☆エメラルドチャーム
順調に乗り込んでいます。
ある程度稽古を進めてきたので、このタイミングで入厩の機会を窺っているようですが、そこは活躍中の藤原英厩舎。馬房の都合がなかなかつかないようです。
この状況から、別の厩舎も視野に入れつつ、入厩の機会を探る方針とのこと。

☆シルクハーデスト
短期の放牧を経て、美浦に戻ってくるようです。ん、戻ってきたのかな?
とにかく、次にどこを使うのか楽しみですね!

☆シルクダヴィンチ
ビッシリではありませんが、稽古は順調にこなしているようです。
立て直しに時間をかけることは大事ですし、先生も馬本位で、至って冷静に対応してくれています。

☆シルクティソナ
早ければ今週末の阪神ダートへ出走します。
稽古で仕上げるというより、レースを使いながら馬を鍛えていくようですね。

☆シルクアポロン
既に入厩しており、これからデビューに向けてしっかり稽古をこなしていくことになるでしょうね。

☆シルクブルックリン
ある程度前につけながら、直線で失速。
レースを見ていないのでよくわかりませんが、とりあえず放牧のようですね。

☆プレノタート
馬体の回復具合により、チューリップ賞かフィリーズレビューを使うようです。
いずれにせよ、楽しみです!

メビウスの帰還☆

現在のシルクホースクラブが誇る二枚看板、シルクフォーチュン君とシルクメビウス君。

その内の一頭、メビウス君がようやく長い休みを経て帰厩の目処がついたようです。
待ち侘びた方も多いと思いますが、ここまでじっくりやってきた分、いい形で復帰戦を迎えられるといいですね!

二日酔いを醒ます妙薬!?☆

私事ですが、金曜日、土曜日と、二日続けて飲み会がありました。
飲むのは大好きなので、調子に乗ってよく飲み過ぎるのですが(笑)、さすがに二日続けて午前様は楽ではなかったですね。

よって土曜日は、愛馬シルクブルックリンのレースを見ておらず、二桁着順で完敗したことだけを確認して、あとはひたすら静養して飲み会に備え、二日続けて二日酔いになった今日は、何とかフェブラリーSの時間にレースを観戦することができただけでありました。
そんな有様なので、ブログの方もお越しいただいた方への返答のみにて、ほとんど沈黙していたわけなんです。

さて、フラフラした状態でなぜここまで執念を燃やしてフェブラリーSを見ようとしたかと言うと、それはシルクフォーチュン君のG1での活躍を見たいというただその一心だけでありまして、結果は皆さんご存知のとおり大外強襲で2着に食い込む健闘で、レースを見届けることができて心底良かったと思っています。

まあ、出資されている方であれば勝ちたかったというのが本音かもしれませんが、それでも一線級を相手にこの結果ですから、誇らしいことだと思います。
とても良いレースでした。

あまりに良いレースだったので、ゴールした瞬間、興奮のあまり二日酔いがスッと消えてしまいましたよ!(笑)
嘘かと思われるかもしれませんが、本当です!
もちろん、一瞬で二日酔いが消えたのは生まれて初めてです!!(爆)
まあ、これにも話の続きがありまして、元気になったつもりで部屋の掃除などをしていると、活発に体を動かしたためか、再び具合が悪くなってしまったのですが(汗)
まあ二日酔いが簡単に醒めるはずもなく、当たり前の話なんですけれど、調子に乗らなければ良かったなと思いましたね。

超飲み過ぎと、シルクフォーチュン君の鬼脚が記憶に残りそうな週末でしたが、フォーチュン君にはこれからも大いに楽しませてもらいたいものですよね!

拍手に感謝☆

遅ればせながら、拍手の回数が700回を超えましたので、ご覧いただいている皆様に改めて御礼申し上げます。

一口馬主は基本的にたくさんのお仲間さんと力を合わせて、一頭の馬に出資するわけですから、自分のことと同じように、お仲間さんのことを考えたり、一口馬主としての質的向上に資することを発信していけるように、これからも頑張っていきたいと思います。

古馬日記☆

先日、休養明けのレースを使ったシルクグラサージュでしたが、再び放牧へ。
古馬の春は遠いようです。

☆シルクグラサージュ
先日の大島特別で敗れた後は権利もないことから、再調整の目的で、放牧に出されました。
連戦してテンションが上がるのを防ぐためでもあるのでしょうね。
高木先生も色々考えているようです。

☆シルクアリオン
蹄の方も、だいぶ落ち着いてきたようですね。
入厩についてまだどうこう言える段階ではありませんが、これから少しずつ鍛えてもらいましょう。

☆レッドデセーオ
疲れはだいぶ抜けてきたようです。
これなら、目標の4月頃には良い状態になっているのではないでしょうか。
順調です。

三歳馬日記☆(オールスターズ)

ここ2週、三歳馬をひとまとめに記載しておりますが、ただただ時間がないだけですので、見づらい点については何卒ご容赦くださいますよう、お願いいたします。

膨張政策の推進により、三歳馬以降は頭数が揃っているチーム・タジではありますが、活躍馬はことごとく地味な出身(お手頃な募集価格)であるのが特徴のようですね。

☆エメラルドチャーム
順調に稽古をつけられています。このまま乗り込んでいけると、体力もしっかりついてくるでしょう。

☆プロスペリタ
完全に…とはまだ言い切れないかもしれませんが、脚のは落ち着いつきているようです。
稽古に向けて、まずは立て直していきましょうか。

☆シルクハーデスト
天栄にて再調整中です。次の戦いに備えて、心身のリフレッシュが図れるといいですね。

☆シルクダヴィンチ
歩様もずいぶん良くなってきたようですね。
疲れが抜けて、本来の姿に戻ってきているのかもしれません。

☆シルクティソナ
先日のレースでも、掲示板に食い込むことはできませんでしたが、本来この子が持っている素質の片鱗は見せることができたと思っています。
心身の成長が待たれるところですが、長い目で見てあげれば、意外にコツコツ頑張るのではないでしょうか。そんな淡い期待を抱かせる子です。

☆シルクアポロン
順調に稽古を続けてきましたが、今日、池添厩舎に戻りました。
デビューまで、この調子を持続したいですね。

☆シルクブルックリン
一杯で追う同厩のアドマイヤリリーフを、馬なりでアオっていたようですね。
クウィリー騎手という、よく存じない方が騎乗されるようですが、前走のように前へ出して競馬ができれば見苦しい競馬にはならないでしょう。
今週土曜日に出走します。

☆プレノタート
先週は見せ場十分に、重賞4着。
クラシック出走に向けてまだ微妙な立場ではありますが、本番前に本賞金を加算できると、この後が楽になるんですけどね。
そりゃ欲張りすぎかな(笑)

☆フィールグリュック
ゆっくりとした歩みではありますが、この子なりに成長しているようです。
続けて乗り込んでいくことが、今は大切ですよね。

☆シルクマイハート
稽古の再開は今月末くらいの予定であり、それまではのんびり引き運動のみです。
冬休みで、馬体が少しでも成長することを祈っています。

☆レッドランベール
コンスタントに乗り込んでいますが、まだまだ成長途上のようですね。
大型馬ですから、これからでしょう。

☆レッドコースト
マシン運動のみです。ここでしっかり休ませて、懸念材料を払拭しておきたいですね。

シルクディアーナちゃんがデビュー☆

昨日、地方募集馬のシルクディアーナちゃんがデビューしました。

デビュー勝ちこそ逃しましたが、ほとんど素質だけで走ったようなものなので、レースの中身としては非常に価値が高いと思います。
大型馬らしく使いつつ良くなっていくでしょうし、アクシデントさえなければ、地方で大きいところを狙えるくらいの器に成長するのではないかと私は思っています。

鈴木やすたろうさん、山桜桃まいさん、その他シルクディアーナちゃんに出資された皆様、無事にデビューできてまずは良かったですね。
でも、これからはもっとワクワクすることが待っていると思いますよ!

シルクグラサージュ、やっぱり出遅れ6着敗退☆

シルクグラサージュ、後方から追い込んできましたが、6着まで。
う~ん、昨日のクイーンC同様またしてもスローペースに嵌まってしまった感じですね。

スタート直前チャカチャカやっていたので、やらかすだろうなと思ったら案の定出遅れ(笑)
しかし、さほど大した出遅れでもなく、後方の外目を追走していきます。
これはギリギリのゲートインが吉と出たのかもしれません。

人気馬がゆったりと先導するレース展開の中、後方で脚を溜めるグラサージュの直後に、以前出し抜けを喰らったことのあるキングスリージョンが構えており、今度は負けるなよと思いながらレースの推移を見守ります(笑)
4コーナーをカーブして直線に向くと、満を持して外から追い込み態勢に入りますが、中団にいた各馬が勢いよく上がっていくのについていくのがやっとの状況。坂を上ってからようやく前に迫る脚を見せるも、結局上位争いに加われず6着でゴール。

う~ん、スタートも厳しかった上に展開も向かず、この二重苦を克服するのは容易なことではなかったでしょう。それが結果にもよく表れているように思いました。
しかし、改めて昨日のプレノタートはよく頑張ったんだなと感心しつつ、今日も運がなかったとサッパリ割り切ることとします。

グラサージュ、厩舎に帰ってからは気分落ち着つけるようにね♪お疲れ様!

シルクグラサージュ、東京で反撃なるか!?☆

今日は東京9Rに愛馬シルクグラサージュが出走します。

リフレッシュ効果によって、競馬へ行っても変なテンションにならずに済むことをただただ願うばかりであります。
ゲートを蹴る癖さえ解消されれば、競馬にもグッと安定感が出てくると思うんですけれどもね。
まともなら、このクラスでも勝ち負けできると思っていますので、楽しみにしています。

いきなりアウトとは!☆

さすがは小人(私)の馬券!
いきなりアウトになりました(笑)

シンフォニーちゃん、今日は5着でしょうかねえ。
スタートが良かったから流れでそうなったのかもしれませんが、どうして末を活かす競馬を捨てて、あんな積極的な競馬をしたのでしょう。
先頭と雁行状態で、既に「まずいな」と思ってしまいましたが、こういう不安は的中しないでくれ~という感じです(笑)
う~ん、力はあるのに持ち味が発揮できず、何だかもったいない競馬でした…。

馬券の方はシルクマイベスト君からやり直しです(笑)

行くぞ!TAJ5!!☆

小人の考察シリーズ番外編にして、誠に勝手ながらダテスイキョウさんとのコラボ企画を実施いたします!(笑)
お仲間応援兼野心的コロガシ馬券、名付けて「TAJ5」です。

話は至って簡単で、私の独断と偏見でお仲間の愛馬へ、ひたすら複勝を5回買って(勝って!)転がすという代物です。
まあ、説明はこんなところでいいでしょう。では、いきます!

①京都1Rシルクシンフォニー~勝ち負けです
②小倉8Rシルクマイベスト~ピンかパーだが一発あり
③シルクグラサージュ~心配は出遅れのみ。いざ反撃の時
④シルクウェッジ~騎手と喧嘩しなければ、やってくれるでしょう
⑤レッドストラーダ
最後は東サラから。外枠がどうかも決め手復活に賭ける

さあ、どうなるでしょうか!?(笑)
ちなみに私は千円スタートです。

プレノタート、上々の今年初戦☆

クイーンCに出走したプレノタートは、惜しくも4着に敗れてしまいました。

主戦を欠いてしかもフケ気味。仮にフケがまともに影響しないにせよ、末脚が陰を潜めるシーンも容易に想像できたので、賞金加算を望むのは余りに可愛そうな状態だったと思います。
しかし、いざ蓋を開けてみるとレース内容ではメンバー随一の強い競馬をしてくれたと思います。
まずは最善を尽くしてくれた後藤騎手とプレノタート、お疲れ様でした。

スタートも出遅れることなく、レースでは注文通りに後方で脚を溜めます。
折り合いもついて非常にお行儀良く(笑)、3~4コーナーでジワッと外から差を詰めにかかり、直線ではそのまま馬場の大外から追い込み態勢に入ります。
ギアを入れる時にスッと反応しないように見えましたし、今までのように並走する相手もおらず、今日はここまでかと思いましたが、そこからが新プレノタートの真骨頂!(笑)
単騎でも諦めずに前を追いかけ続け、プレノよりワンテンポ仕掛けを遅らせた馬が最後に外から並びかけてきたものの、抜かせずに上位3頭に続いてゴールしました。

しかし、タイムが遅かったですねえ!(笑)
上位勢が軒並み上がり33秒台で、ロスなく立ち回りましたから、これではどうしようもないところなのですが、外目の13枠スタートで終始外々を回らざるを得なかったプレノタートが、後方からここまで上位に迫ったのですから、今日は着順以上に大きな価値があるレースと見ています。

決して体調も万全ではなかったですし、それこそ新潟二歳Sの悪夢もよぎりましたが(笑)、想像以上に善戦してくれて感動しました。
牧浦厩舎と哲三騎手の二人三脚での取り組みを実感できましたよ。明らかに成長していますね。

あとは栗東に戻って馬体回復を図りつつ、次のレースに向けて頑張って欲しいなと思いました。
プレノタートと関係者の皆さん、今日はどうもありがとうございました♪

シルクティソナ、叩き2戦目で競馬内容進歩☆

萌黄賞に出走したシルクティソナは着順こそ11着だったものの、内容はかなり進歩がありました。

スタート直後に誰も行かないことから、スッと先頭に立ったシルクティソナでしたが、そのまま1馬身のリードを保ちながら直線コースへ向きます。
今までは外から被されると呆気なく失速していたのですが、今回はかなり踏ん張っていたように見えました。
ティソナもようやく、競馬に良い意味で慣れてきたのかもしれません。
そんなことを感じさせる今日のレース結果でした。

一気のステップアップはできなくても、経験を積んで徐々に良くなってきてくれれるといいですね。

情報…?☆

私の持論を一方的に展開する「小人の…」シリーズ第二弾です。

必ずしも事実と合致しないところもあるかと思いますし、未熟さ故に、読後感もよろしくないかもしれませんので、それらにつきましては何卒ご容赦いただきたいと思います。

この小人シリーズの意図するところは、厳しい現実を直視しつつも、単なる不安や批判で終わらせることなく、どのように対処すべきかを一緒に考え、また考えるヒントを発信することであり、微力ながら前向きな気持ちや行動を呼び起こしていこうというものであります。
ええ、別に凄いことをやろうということではないんですよ。何せ小人ですからね(笑)

さて、今回は「情報」について考えてみたいと思います。
ご存知のとおり、私は一口馬主として競馬を楽しんでいますが、現代社会は情報社会と言われるように、競馬においても、実に様々な情報が簡単に入るような時代になりました。とても便利であり、私は助かっています。
情報の取り扱いに関する進歩は何も競馬に限った話ではなく、情報の媒体がより手軽になり、より迅速に情報が発信される時代が到来したことで、社会が加速度的に発展してきたと言えます。

しかしながら、これだけ情報社会が発達すると、情報の氾濫による弊害が出るのではないか、との指摘もあります。
事実、インターネット上の匿名性・簡易性を利用した犯罪も少なくないと聞きます。
人類が発展するために必要不可欠であるのに、反面、人類の負の部分を助長している皮肉…
これは一体何を意味するのでしょう?

私は、もしかすると情報の質量に比べて、人間の思考の質量が追いついていないのではないのか、と思っています。
便利なシステムに慣れてきて、考える必要性が減ってきたのか、人情の衰退によるものなのか、はたまた苦労知らずが増えたためかは、全く定かではありませんが、とにもかくにも、情報に考えが追いついていないということは、原因の一部として上げることはできるでしょう。
また、これは情報を受け取る場合に限らず、情報を発信する場合にも同じことが言えるようです。

私は一般的に「情報」というものの価値は、人それぞれに全く異なるものと思っています。
無論、自然災害等の非常事態であれば、それは皆等しく重要であると認識できますが、「札幌の某ラーメン屋が〇周年の記念に全品半額セール」という情報については、たいてい①近隣の方②ラーメン好き③そのラーメン屋のファン④セール期間中にお店に行く時間的余裕のある方…にメリットは限られるのではないかと思います。
つまり、自己と周囲にどれくらいの影響が起こるかを分析し、予測が立つことで、初めて情報は有意義なものになるわけでありまして、根本の分析する力がなければ、どんな情報であれ噂話の域を出ず、まさしく馬耳東風ということになるわけであります。
この話からも分かるとおり、最新情報が重要と言ったところで、それにはどのような意味があって、どのようなことに影響し、今後どのようなことが予想されるかを、新しく考える必要性があるのかが重要なのであり、言い回しは異なるものの、言わんとしていることが以前聞いた話と同じ中身であったということは、皆さんの周りにも案外少なくないことではないでしょうか。
情報を拾う側の、アンテナと考える力だけが、情報を活かすことができると言えるかもしれません。

考える力があれば、つまらないことに一喜一憂することも、無責任な話を鵜呑みにしていちいち騒ぐことも、不用意な発言で人を不愉快にすることも、軽減できるのではないかと私は思っています。
私は考えるのが苦手だから…という方も、既に自分について分析する力をお持ちなのですから(笑)、できないことではないと思うのですよ。
学歴も職業も年齢も男女も問わないので、等しく有意義な力を身につけていただけるといいな、と思っています。
考えることで、視野も心も広げていきたいというのが私の考えであり、つまらないリスクを日々の生活から減らしていきましょう。

2月攻勢、はじまる☆

チーム・タジを牽引している愛馬がほとんど出走する今週。

プレノタートにはクラシックへ向けての本賞金加算、シルクティソナには精神面の克服、シルクグラサージュにはまともなスタートを…とそれぞれに課題はありますが、頑張って欲しいと思っています。
いずれも楽なハードルではありませんが、せめて先に繋がるような結果が欲しいところですね。

また、来週以降もシルクブルックリンがスタンバイしており、今月のどこかで片目が開くといいなとも思っているところです。

それから、新たな出資馬選びについては4月頃までのんびり成長を見守りながら検討していこうと思っていたのですが、昨日満口間近との報を受けて、見切り発車ではありますが1頭出資しました。どこで割引証を使おうかと漠然と考えていましたが、このタイミングで権利を行使しました。

古馬日記☆(シルク編)

シルクグラサージュが抽選を突破して、日曜日に出走します。

☆シルクグラサージュ
引き続き蛯名騎手を鞍上に迎え、大島特別に出走します。
存分に力を出せる東京開催で、何とか結果を出したいところです。
このあとは、やや不得手としている中山開催が控えていますので、この一戦はけっこう大事かもしれません。
そういう意気込みの表れか、厩舎期待のスノードラゴン君と併せ馬も行っています。

☆シルクアリオン
挫石のため、現在療養中です。
療養ついでに、しっかりリフレッシュして欲しいですね。

三歳馬日記☆(オールスターズ)

今週2頭が出走予定です。

☆プロスペリタ
脚元は落ち着きつつあるようですが、本格的な稽古を再開するまでには、まだ時間がかかる様子。

☆エメラルドチャーム
コンスタントに乗り込んでいます。今のペースをしばらく持続できれば、ハードルを一つクリアできますね。

☆シルクハーデスト
一旦放牧に出されました。
元気はあるようですけれど、少しリラックスしてくるといいでしょう。

☆シルクダヴィンチ
両前脚のぎこちなさは残っている様子。故障ではないので仕方がないのですが、それをダヴィンチが克服していけるのかが鍵ですね。

☆シルクティソナ
今週、萌黄賞出走のために再び小倉へ遠征します。
精神的に繊細なので、相手というより自分との戦いになりますが、前進を期待します。

☆シルクアポロン
順調に稽古を消化中です。
コンスタントに乗り込んでいけることを願っています。

☆シルクブルックリン
来週の出走を予定しています。元気がありますし、不安は何もありませんね。逞しい子です。

☆プレノタート
後藤騎手を背にクイーンCへ出走します。
目イチの仕上げではありませんが、ここは試金石となりそうです。

☆フィールグリュック
順調に稽古を消化しています。継続して乗り込んでいけると嬉しいです。

☆シルクマイハート
お散歩(引き運動)しながら、平穏無事に日々を過ごしています。

☆レッドランベール
まだ緩いところはあるでしょうが、継続して乗り込んでいます。
継続は力なり!

☆レッドコースト
大事を取って、安静にしています。
眠れる獅子、未だ熟睡中…。

小人から見た社会☆

先行きの不透明感が色濃い昨今。
それは一般的に経済的なものと捉えられがちですが、世間では動機の判然としない(もしくは、そこに至る動機としてはあまりに単純な)凶悪な事件が散発し、小さな出来事では、ヤクザの方々でも何でもないただの一般人が、ちょっとしたことで凄んでみたりするのを見るにつけ(困ったことに、若者よりも中年、壮年の方が多い)、人々の心が少し荒んできているのではないのか、と心配しているところです。
心配と言えば、投資に関わる詐欺が後を絶たないこともそうですね。
見る度、被害総額~億円(!)となっていますから、実に困った社会問題だと思います。
リスクは社会の色々な場面で増えたと言ってもいいでしょうが、これは同時に、、物の見方が一面的であるがゆえに、引き起こされるリスクを増幅させた、とも言えるかもしれません。
戦前、戦後と比べて遥かに衣食住も教育制度も豊かになったというのに、皮肉な話であります。

のびのびと暮らせる自由な社会というのは、社会の制度が確立していることと、そこに住まう人々の自立心や公共精神とが両立して成り立つもの。
どちらかによしかかるものではなく、車の両輪のようにバランスが大切なのだと思っています。
人と人とが手を携えるには、よくよく相互に理解しなければなりませんし、どちらか一方が自分の意見を言ったからとて、それだけでは理解しあうことにはなりませんよね。
言うことと同じくらい、聞くこともまた大事です。
一つ二つ見知ったくらいでは、分からないことはたくさんあるわけですから、もっと色々知ろうとすることで、物事の良し悪しもたくさん理解できて、考えの幅も広がるのではないでしょうか。
励ましも、寛容さも、理解する心を持つ(持とうとする)からこそ生まれるのだと、私は思っています。

何だか雲を掴むような話で申し訳ありませんでしたが、これを申し上げないと、次の話ができないものでして…。
というわけで、続編あります!(笑)
ていうか、おやすみなさい!!

芸術的☆長谷川枕山堂劇場!!

今日のきさらぎ賞、ご覧になりましたか?
ワールドエース、素晴らしい強さでした。スローの上がり勝負に滅法強いのは、同厩の先輩オルフェーヴルと一緒ですし、今後がますます楽しみになりました。

まあ、そんな世間話はさておき(笑)、シルクのお仲間が最終Rでまたやってくれました!
シルクデイブレイク君が好位から抜け出して快勝。早くも今年2勝目(!)を上げています。
新年、単勝万馬券でド派手にシルクの開幕を告げたデイブレイク君でしたが、昇級2戦目で早々に1,000万下を突破。完全に本格化したようです。
昇級初戦のデイブレイク君を撃破したマルカバッケンも、同じく今日の準メインで楽々と勝っており、対戦時のレース内容に遜色ないデイブレイク君も、きっと上でも活躍してくれることでしょう。
ソエを騙しつつ、レースに向けて調整した厩舎の取り組みも素晴らしいし、落ち着き払った川島騎手のレース運びも抜群でした。よほど能力を信頼しているのでしょう。
決して万全ではない中で勝ったことに、地力の高さを窺わせます。

特別に派手ではありませんが、今年のシルクホースクラブは非常に堅実ですね。
お仲間の長谷川枕山堂さんも、これで勝ち星が今年3勝!!
今日は2戦2勝の固め打ちですよ!凄すぎます!!
これで本の売上も伸びてくれたら最高ですね♪(笑)

長谷川さんの快挙、心よりお祝い申し上げます!

三歳馬日記☆(東サラ編)

東サラの三歳馬は、春を迎える頃に進展があればいいなって個人的には思っています。
そうなるには、アクシデントが起こらないことが前提条件になりますが、とにかく無事に…と願う日々です。

☆レッドランベール
入念に稽古をつけられていますが、この時期としてはまだ中身が伴っていない現状です。
脚元にも考慮しつつでしょうが、今は基礎をしっかり固める時期のようですね。

☆レッドコースト
中身が伴っていない故か、内面の弱さを指摘されたこともありましたが、どうやら脚の方が問題である様子。
今の状態で馬体を作っていくと、デビューするのは早くても夏でしょうね。
デビューできる態勢に持っていけるのか、なお予断を許さない状況と見ています。

螺旋状にシルクの陽が昇る☆

おはようございます。
本日、京都のメイクデビューに臨んだシルクのお仲間、トルサードちゃん。
中団より後ろを追走していましたが、直線で息の長い末脚を繰り出して優勝いたしました!
出資されている方々を代表して、長谷川枕山堂さんにお祝い申し上げたいと思います!!
優勝おめでとうございます!!
(v^-゚)

意欲の関西遠征で、一番いい形で結果を出せたのは大きいですね。
テレサでは馬の後ろにつけて…と今後を見据えた競馬をさせるような話が出ていましたが、吉田稔騎手は冷静かつ忠実に騎乗していました。
正直なところ、後ろの位置で伸び一息はよく見られること。増して、直線でもエンジンがなかなかかからないとなれば、短距離戦ではそこで勝負ありのはず。
ところが、この展開をトルサードちゃんは勝ってしまいました。
これが一体何を意味するのか?

タイムに特筆すべきところはありませんから、レース内容を凡庸と見られるかもしれませんし、相手の強さ?ということも考えてしまうところかもしれません。
しかしながら、トルサードちゃんはゴール寸前、最後の最後で勝負圏内に食い込んできたところを見ると、生粋のスプリンターとは言えない!?と考えられるのです。距離が延びて更に良さそうに見えました。
また、スプリンターではない子がこの距離を一発で決めたことに、何より大きな意味があると思うのです。
相応の仕上げで臨んだことも確かでしょうが、適性外で結果を出すこと自体、高い素質がなければ決してできない芸当でしょう。
これは、並大抵のことではないのですよ。

今日の一戦は、豊かな将来を感じさせるものでした。
長谷川枕山堂さん、今年は血統理論を実証する年になりそうですね!(今年早くも2勝!パチパチパチ~♪)

また、興味がある方は、長谷川枕山堂さんの個人ブログをご覧になることもお勧めします。
血統と投資全般で、ディープな話が綴られていますよ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。