雨に煙るアポロンの初陣☆

まずは2Rのシルクルガール君。
先行集団の直後につけていましたが、どこかで外へ持ち出せれば脚を使ったのかもしれませんが、外には常に馬がいて内に閉じ込められる形になりましたね。
バテてはいないのですが、今日は能力発揮とはならなかったようです。

続いて3Rの愛馬シルクアポロンはと言いますと…。
スタートを見逃してしまったのですが(笑)、後方の位置取りから脚を溜める競馬でしたね。
今日の馬場を考えれば、後ろにいればそれだけでほぼお終いなのですが、恐らく池添騎手は出たなりの競馬をしたのだと思いますし、腹を括って4コーナーまで下手に動きませんでしたね。
それで直線どれだけ伸びるか注目しましたが、まあバテず伸びずというところでしょうか。
結局後方のまま、14着くらいだったのではないかと思います。

着順はお世辞にも褒められたものではありませんし、理想は掲示板だったのですが、それでも諦めずに走ってくれましたので、今後に繋がる競馬はできたのかな、と思いました。
戦前の話どおり、使いつつ良くなってくれればいいですね。

偶然にも朝の3Rで連続出走となったシルクの3頭、みんなお疲れ様でした!
スポンサーサイト

勝利のシンフォニー☆

シルクの三連星、一番手を務めたシルクシンフォニーちゃんが鮮やかな逃げ切り勝ちを決めています。
長谷川枕山堂さんをはじめとした出資者の皆さん、優勝おめでとうございます!

積極的に行く馬がいない状況を見て、ハナを主張した岩田騎手。
レースの前半は二番手の馬にピッタリ背後につかれていましたが、岩田騎手とシンフォニーちゃんは息が合っていたのでしょうね。
全く動じることなく、終始楽な手応えで直線に向くと、ラストスパートで後続を突き放す強い競馬を見せてくれました。
ここでは、力が違ったんでしょう。
この勢い、次のルガール君にも続いて欲しいものです!

余談ですが、週末はやっぱり雨なんですねえ(笑)

シルクの三連星☆

今日は3月の最後ですね。
その末日、午前の阪神競馬場が熱いです!!

阪神1Rにシルクシンフォニーちゃん、阪神2Rにシルクルガール君が出走し、阪神3Rでは愛馬シルクアポロンがデビューを迎えます!

シルクシンフォニーちゃん、シルクルガール君は共に勝ち負けを見込める実力はありますので、十分期待できるのではないかと思います。
シンフォニーちゃんは長谷川枕山堂さんの愛馬ですし、ルガール君はシルクグラサージュの弟ですので、特に気にかけてレースを見るようにしていますが、初勝利は目前まで来ていると思いますよ。だから、頑張って欲しいですね!

一方、デビュー戦を迎えるシルクアポロンは、大型馬故に多少太いようではありますが、レースに向けて相応の稽古を積んできていますし、稽古で絞り込むよりも実戦を使って良くしていく方が、私もいいと思っていますので、いきなり勝ち負けはともかく、今日は素質を見せてくれる競馬になればいいなと思っています。

とりあえず、みんな無事に!そして、良い結果を期待しています!

中途半端☆

おはようございます。

昨日はあまりよく眠れなかったですね。
中途半端に疲れていると、時々こんなこともあるのですが、中途半端というのも我ながら情けないです。
もっとグッタリするくらいに仕事を頑張らなければいけないな、と反省します(笑)

冗談はともかく、疲れを残さないように普段から工夫することは大事ですよね。あまりよく眠れないと、それがまた疲れを引きずる結果にもなりますしね。

私も気をつけますが、皆さんも健康には十分気をつけてください♪

古馬日記☆

シルクアリオンが引退しましたので、古馬はシルク一頭、東サラ一頭となりました。
結局、一番期待していた牡馬と牝馬だけが生き残ったことになります。
この二頭には元気に頑張って欲しいものです!

☆シルクグラサージュ
美浦に戻ってきましたが、早速稽古をつけられています。
東京開催に向けて、まずは順調のようですね。

☆レッドデセーオ
京都開催での復帰を予定しています。
まあ、あくまで馬の状態次第とは思いますが、このままの調子で稽古が進めば、予定どおりのレースに、かつ良い状態で復帰戦を迎えられるのではないでしょうか。

アリオンの引退が決定☆

やはり、そういう結論に達しましたか…。

愛馬シルクアリオンが、先日の障害レースの結果を受けて、引退することとなりました。
掲示板に載りそうで載れない、見えない壁を感じながら現役を続行していましたが、月日と労力をかけて送り出した障害戦があの結果では、先生も万策尽きたといったところでしょうか。
地方競馬へ行けば、まだまだやれるような気はしますが、その辺の話は現段階ではまだ不明です。

先に引退したミラクルモーメントとゲットレディーは、大きな故障をしてしまったことがその原因なのですが、単に能力の問題で引退することになるのは、シルクアリオンが実質初めてとなります。
でも私にとって、とてもよい勉強になりましたよ。

レースではあまり気がなかったように見えたアリオン。
でも彼なりに頑張ってくれたと思います。お疲れ様!

三歳馬日記☆(シルク編)

シルクアポロンが今週末に出走予定です。
3月の最後に快走を見たいものですね。

☆プロスペリタ
軽目の稽古で徐々に立ち上げています。
この子はまず、4月を無事に乗り切ることが課題でしょう。

☆エメラルドチャーム
先週末に入厩しています。
顔は恐いですが(笑)、性格は素直であるらしいので、可愛がってもらえるでしょう。

☆シルクハーデスト
至って元気に過ごしているようです。
前走は終始外々を回りながらの結果であり、先生にも評価してもらっているようですね。

☆シルクダヴィンチ
短期放牧に出ていますが、元気でいるようです。
ハーデスト同様、馬がまだしっかりしていないように思いますので、使う毎に成長してくれることを期待します。

☆シルクティソナ
前走は先手を取れず、後方のまま敗れました。
逃げ馬なら、もっとスイスイ行くでしょうから、前向き過ぎる気性が必ずしも逃げ馬としての資質に直結はしないんだろうな、と感じました。
それが分かっただけでも収穫でしたね。
あと、とにかく頑丈なのが偉いです。

☆シルクアポロン
今週末のレースに向けて、しっかり乗り込んでいます。
稽古で跨がった松山騎手の話では、まだ太い印象を受けるようですが、ここまで順調に稽古を積んできましたから、デビューに向けて一応の態勢は整ったと見ていいでしょう。
てっきり松山騎手が乗るかと思ったら、何とレースでは池添騎手を予定しています。
陣営の熱意に感謝します!

☆シルクブルックリン
牧場で一頓挫ありましたが、その後は元気に稽古を積んでいます。
大柄な体ではあるものの、脚元を含めとても丈夫。そのせいで、目に見えない気持ちの疲れが見過ごされがちだったのかもしれませんね。

☆フィールグリュック
この子なりに順調です。ゲート試験は不合格でしたが、これもまた良い経験になったことでしょう。
デビューまで順調にいくのであれば、多少の遠回りは苦になりません。

☆プレノタート
順調に過ごしています。お話を読む限り、今まさにピークを迎えようとしているのではないでしょうか。
あとは、桜花賞当日はぜひ良馬場になってくれることを願うばかりです。

☆シルクマイハート
順調にきていたのですが、馬房で騒いで怪我をしてしまったようです。
岩手競馬の開幕には間に合わないでしょうが、焦っても仕方ないですので、じっくり立て直して欲しいですね。

二歳馬日記☆(シルク編)

3月も間もなく終わり、これからはいよいよ本格的な春を迎えることになります。
今月は毎週末天気が悪かったような気がするのですが…
来月こそは、爽やかな晴天の下で競馬を楽しみたいですね!

☆ロレーヌクロス
ごく小さな骨瘤がありましたが、熱を持ってきたため、稽古を中断しています。
焦らずにしっかり治してもらいましょう!

☆シュヴァルツローゼ
軽めというか、初歩的な稽古を始めています。
気長に育つのを待ちましょう!

☆サムソンズプライド
極めて順調に稽古を消化。
身体の大きさに配慮しながら進めてきたわりに、よく頑張っているように思います。
これで速い稽古をやって、どれくらいついていけるでしょうかね。

☆スターリーワンダー
この子なりに、順調に稽古を積んでいます。
今後が楽しみな子のようですが、まずはコンスタントに乗れることが大事ですよね。

☆エリンジューム
一旦楽をさせた後、稽古を再開しています。
とにかく順調のようですね。

☆ラストインパクト
調教を再開し、徐々に以前のペースに戻していく方針。
ここでガタっと崩れず、頑張って欲しいところです。
☆アイズオブラヴァー
無理をせず、この子に合わせて軽目の稽古。
基礎体力をしっかりつけましょう!

夢を追いかけて☆

友達からメールが来ました。
自由の大地を求めてオーストラリアへ移住するそうです。もちろん、永住を視野に入れての行動です。
昔からそれは公言していたのですが、実際にそれを実現するのですから、思い続けることは大切なことだなと、しみじみ思いました。
日本にいても、満足な生活や稼ぎは保証されているのに、それを自らはみ出していくのですから、大したヤツです。

学生時代は一緒に馬鹿やっていたのですが、真っ正直で一直線のところが、大人になっても変わらなかったことにも感動していますし、いい刺激を受けました。

夢を持つこと。挑戦し続けること。いいですよね♪

チャンス!☆

いやはや、昨日のシルクアリオンの話では盛り上がりましたね。
ダテスイキョウさん、コロリンパパさん、ブレッドさん。お話に付き合っていただきまして、ありがとうございました!

昨日のレースを見て厳しい印象を受けましたが、しかし、三人のお仲間さんの話を読ませていただくと、後一回くらいは頑張ってもらってもいいのかなと思うようになりました。
シルクが発表したレース後のコメントも、昨日のレース映像そのままの厳しい内容ではありましたが、この状況でもしチャンスを頂けるなら、次はどこを使えば良いのかな、と考えてしまいますね。

まあとにかく、未勝利の身で引退せずにここまで来たのですから、チャンスがあるならそれに賭けてみましょうか!

シルクアリオン、驚きの障害戦!☆

今日のシルクアリオンの障害初戦。
応援していましたが、いやはや、驚きました~。
たまげた、と言う方が適当でしょうか。
人気がないのは至極当然ですし、その人気どおりに苦戦することも大いに考えられたのですが、それにしても驚きましたよ。
レース映像に映ってないんですもの!あまりにも後ろにいるものだから!(爆)
厳密に言うと馬群全体を映すカメラには、ちょっとですけれど映っていました。画面端の点みたいなもんでしたが(笑)

序盤からあんなに離されれば大変だろうなとは思いましたが、それでも最初は「頑張って!」と心の中で応援していました。
いつものようにダラダラ前との差を詰めると思っていましたからね。
しかし、逆にダラダラ離されていき、最後は一体どれくらい後ろにいるのかさえ分からなくなると、「こりゃ駄目だ」とさすがにお手上げで苦笑いするしかない状況となりました。
「離れたシンガリにシルクアリオン」という実況の声だけが頼りでしたからね!(笑)
結局、完走したのかも分からないんですよ。
後で調べれば分かる話ですが、しかし、ゴールしたのかも分からないっていうのも、今まで観戦していて記憶にないな、と(笑)
休み明けもあるでしょうけれど、これでは適性も何も分からないというか、これって通用するの!?という印象を受けました。
人気がないとは言え、馬券を買ってくれた方々、ごめんなさい。

ダートの長距離なら500万下でも辛うじて戦えるような子でしたから、叩いた次に変わってくるかもしれませんが、今後について検討されても何ら不思議ない状況ではあるでしょうね。
私も一緒に検討したいくらいです(笑)
アリオンにとって、現実は相当厳しいようです。

アリオン、ジャンパーとしての再出発☆

急激に増強中のチーム・タジにあって、層の薄さを否めない古馬勢。
その中にあって、掲示板に未だ載ったことがないシルクアリオンが、満を持して昨秋以来のレースに臨みます。
今度は障害戦であり、平地で上位クラスを走っていた馬もいますから、もちろん楽な戦いにはならないと覚悟はしています。

平地ではメリハリなくダラダラ走ってバテず伸びずを繰り返し、障害レースの適性を示しながらも試験に二回も落ちてみたり(笑)、何か憎めないキャラクターではあるのですが、今度は格好いい姿を見てみたいですね。

アリオン、頑張れ!

よく頑張ったと思います☆

お仲間であるコロリンパパさんの愛馬、シルクプラズマ君のレースを観戦しました。
積極的に前に取り付き、直線では外へ持ち出して追い出しますが、フワフワした感じで追いづらそうでしたね。
でも2着馬にはよく食い下がり、僅差の3着でゴール。
結局前に行った馬3頭がそのまま抜け出して決まったレースでしたが、勝ち時計は何と1:51.3を計時!
とんでもない時計が出ましたが、プラズマ君もしっかり1:51.8で駆け抜けており、再度地力を証明したと言えるでしょう。
時計勝負より力の要る馬場の方が良さそうに記憶していたので、ずいぶん力がついてきたんだなあ、とレース後は一人感心しておりました(笑)
まあ、減量騎手の起用も奏功したと言えるのでしょうが、人馬ともによく頑張ったと、ここは素直に拍手を送りたいと思います。
確かにプラズマ君が勝っても不思議ないメンバーではありましたが、ダートのスピード決着に対応できたことは、今回の収穫だったのではないでしょうか。

先々は芝を走ることも視野に入れているようですが、昨年のデビュー時から大きく成長した今なら、そういう可能性にも期待したくなりますよね!
その前に、まずは目先の2勝目かな?
まあ、楽しみがあることには違いありません!

一方、私の愛馬シルクティソナは先手を奪えず11着に敗退。
いつも似たような着順であり、私にも落胆しないだけの免疫がつきました(笑)
スタートは良くて前へ前へと押して行くのですが、内の各馬もダッシュ良く飛び出してきましたので、そのままの流れでほぼ中団の外目。
そこから追い上げるような目立つ動きもなく、外をジリジリと走る感じでしたね。
そんな調子でなだれ込んでの11着なんですが、先行集団に取り付けなくても、外を通ればそこそこやる気を維持できるのかな、と思いました。
これでもし、ガッシリと脚を溜めて外へ出して追い出せば、どうだったのかなあ…。
ちなみにこれは、現状の作戦批判ではないですので、悪しからず!
こういうのは、やはり現場の人が一番理解しているはずですからね。
ただ、気性ゆえに逃げ馬と決めつけなくてもいいのでは…とも思っています。

まあ、とにかく無事に帰ってきてもらうのが一番ですし、元気でいれば巻き返しの機会は巡ってきますからね。
ティソナや関係者の皆さん、今日もお疲れ様でした!

行き切るんだ!ティソナ!☆

周囲に対する遠慮によって成績が上がらない愛馬シルクティソナ。
今日は適性があると言われるダートへ参戦します。

芝でも足りる速力はあるように思いますが、スピード自慢はいくらでもいますし、並ばれるとすぐレースを放棄してしまうので、こちらの条件の方が善戦の余地があるのかもしれません。
それから、休ませた効果でデビューした時よりも体がしっかりしているとは思いますが、それにしてもよく連戦に耐えています。
成績が伴えば言うことなしかもしれませんが、これはこれで立派なことだと思っています。

楽ではないでしょうけれど、今日も行くだけ。
無理しろとは言わないけど、自分の力を発揮できるといいねって心の中からエールを送りたいと思います!

古馬日記☆

シルクアリオンが三度目の正直で障害試験に合格しました!
と思ったら、突如今週出走します!(笑)

☆シルクグラサージュ
天栄にてのびのびと調整中。
東京開催の序盤を目標にペースアップしていくようです。

☆シルクアリオン
やっと障害試験をパスしたと思ったら、何と早速今週出走します!
稽古では障害への適性を示しているようではありますが、久々の出走で息持ちがどうでしょうね。
引退を免れてここまで面倒を見てもらっていますから、何とかその期待に応えて欲しいものですが、まずは無事を祈っています。

☆レッドデセーオ
庄野厩舎でじっくり調整開始。
課題はあるでしょうが、その分成長余地もあると思っていますので、とにかく頑張って欲しいですね!

三歳馬日記☆

昨日エメラルドチャームが吉村厩舎に入厩しています。
チーム・タジのスケールメリットを活かせる状況が出来上がってきました。

☆プロスペリタ
若干稽古量を上げたように見受けられますが、それでも軽目程度。
痛いところを無くして、基礎を固めたいところですね。

☆エメラルドチャーム
天栄でもやるべきことをやっていたので、いい形で入厩できたと思います。
今後も順調に進んで欲しいものです。

☆シルクハーデスト
前走は休み明けとしてはまずまずの内容でしたが、大幅馬体減はシェイプアップ?
とりあえず次に向けて頑張って欲しいものです。

☆シルクダヴィンチ
短期で放牧に出ました。
すぐに使えないこともあるのでしょうが、けっこう大事にしてもらっているようです。

☆シルクティソナ
真面目というのか引っ込み思案というのか、競馬でなかなか結果の出ないティソナ。
ただ、故障もせず連戦に耐えているのは、凄いことだと思います(厩舎も馬も立派ですよ)。
陣営としては、とにかく行き切る競馬を徹底したいようですね。
今週再びレースに臨みますが、自分の競馬ができるかどうか。
そういえば、そろそろシルクマイハートのキャリアに追いつきそうですね(笑)

☆シルクアポロン
入厩後は至極順調に調整されており、来週満を持してデビューする予定です。
先生は何か手応えを掴んでいるようですが、果たしてどうなるでしょうか。
楽しみです!

☆シルクブルックリン
天栄にて調整中。蹄を痛めていましたが、それも治ったようですね。
楽をさせるために天栄に来ているので、この件は何の問題もないと思っています。

☆フィールグリュック
大型馬ですし、厩舎でも脚に気をつけながらじっくり仕上げていくようです。
今週ゲート試験を受けて不合格でしたが、まだまだこれからです!

☆プレノタート
牧浦先生はよほど悔しかったのか、はたまた出資者の気持ちを代弁してくれているのか。本賞金を加算できなかったことを、今週も残念がっておられました。
ただ、桜花賞への自信もチラリ。大舞台に向けて満更でもないようです。
当のプレノも、至って順調です!

☆シルクマイハート
岩手競馬開幕まであともう少し。
レースに向けて着々と態勢を整えているようです。

☆レッドランベール
松風馬事センターにて稽古を積んでいます。
馬体をどこまで引き締められるか分かりませんが、前進は見られるようです。

☆レッドコースト
まだ若干、脚に不安があることから、全く無理していません。
チーム・タジの最高額馬が牧場でのんびりしていて、この六分の一の価格でしかないプレノタートがクラシック制覇を狙う位置に来ているというのも奇妙というか皮肉だなと思います(笑)
人生はどこでどうなるか分からないという良い見本ではありますが、焦っても仕方ないことがあるというのもまた、コーストが身を持って教えてくれているように思います。

お気に入りの兄と妹☆

本日、シルクグラサージュの妹に出資しました。
兄妹共に高木先生にお世話になりますが、どうぞよろしくお願いします!

二歳馬日記☆

今日は祝日でお休みの方も多かったと思います。
楽しく過ごせましたか。
もしくはゆっくりお過ごしになったでしょうか。

春分の日ではありましたが、札幌は雪が舞い降る氷点下の一日でした。
何でも、春分の日に氷点下を記録するのは42年ぶりなのだそうです。
昨年の今日は小春日和だったような気がするんですがね。
なぜそんなことを覚えているのか?と言いますと、昨年の春分の日にこのブログを始めたからなんですよ。
他愛もない話でしたが(笑)、今後ともよろしくお願いします!

☆サムソンズプライド
順調に稽古を積んでいますが、体重は減らなくなってきているとのこと。
緩ませることなく乗り込んでいるのがいいですね。

☆ロレーヌクロス
脚を痛めましたが、大事をとったので回復してきています。
順調に乗り込んでいましたから、よい休養になったでしょうね。

☆シュヴァルツローゼ
無理をせず慎重に育てられておりますが、ようやく騎乗運動を始めました。
まあ、これからです。

☆スターリーワンダー
元々の体型が細身なので、頼りないような印象も受けるようですが、乗り込み自体は至って順調なのですよね。

☆ラストインパクト
トモに疲れが出たようですので様子見。
無理はしていないので、もうじき以前の調教ペースに戻るでしょう。

☆アイズオブラヴァー
なかなか稽古のペースが上がりませんから、競走能力とは別に、育成で苦戦を覚悟しなければならないかもしれません。
ただ、馬本位で稽古を進めていますから、これからですね。

☆レッドクラーケン
当初は気のない走りでしたが、稽古を進めて気持ちが入ってきたようですね。
何よりです。

☆レッドレイヴン
月日が経つにつれて体型が変わってきていますが、崩れたりしながら徐々にいい体になってきた印象です。
稽古も順調にこなしておりますし、楽しみです。

拍手に感謝☆

こんばんは。

当ブログに届いた拍手の回数が800回を数えました。
いつもご覧いただいている方、時々遊びに来る方、色々かと思いますが、私の話にお付き合いいただきまして、どうもありがとうございます。
決して万人に楽しんでいただけるような内容ではないと思いますが、それにも関わらずコメントを寄せてくださる方々には、とても感謝しております。
おかげさまで、良い勉強になっています。

今後も思ったこと、考えたことを一生懸命書いていくつもりですので、皆様の色々なご意見を聞かせていただけると幸いです。
気軽にどうぞ。お待ちしています。
そして、いつもありがとうございます!

牡馬二頭に明るい兆し☆

中京に遠征したシルクダヴィンチとシルクハーデスト。
馬場の影響が未知数で、どんな結果になるかと思いましたが、二頭とも掲示板まであと一歩と、まずまずの結果を残せました(ダヴィンチ7着・ハーデスト6着)。
ダヴィンチもハーデストも、今まで以上に前へ前へと競馬を進めることができ、直線では目立つ脚色ではなかったものの、バテずにしぶとさを発揮しました。

休養前との比較から共に進歩が見られますし、休み明けであったことも考えれば上出来だったように思います。
こういう競馬ができれば、未勝利突破もそう遠くはないのかな、と期待が持てますね。
でもその前に、まずは上位入線でしょうか(笑)

二頭とも、今日はお疲れ様でした♪

阪神大賞典の衝撃!あのレースは一体…!?☆

用事が思っていたよりも早く終わり、午後の競馬を観戦することができました。
中山のメイン、スプリングステークスではグランデッツァがディープブリランテとの死闘を制しました。
この二頭、強さが抜けていましたね。
馬場状態もあるにせよ、三着以下とは明らかに能力差があるように見えました。
皐月賞が楽しみです!

一方、阪神のメインレース。
ご覧になった皆さんなら、異様なレースに衝撃を受けたのではないでしょうか。
あんなレース、私は見たことがありません。

結果だけを見ると、1着に上がり馬のギュスターヴクライ、2着に四冠馬オルフェーヴル、3着に昨年の阪神大賞典の覇者ナムラクレセント。
特に波乱という訳でもなく、ああ、休み明けだからオルフェーヴルも負けたのかと、結果だけを見れば、まさにそんなところだと思います。
しかし、このレースの異様さは2着に負けたオルフェーヴルのレースぶりにあります。

レース序盤ではリッカロイヤルが先手を主張し、各馬が淡々とそれに続いていきます。
オルフェーヴルは外枠ということもあり、壁を作れず掛かり気味に三~四番手。
オルフェーヴルの後ろにいたナムラクレセントも行きたがる素振りを見せたのか、スタンド前の直線コースに差し掛かる手前で、たまらずオルフェーヴルの外から一気に動いて先手を奪いに行きます。
このトリッキーな戦術は、昨年の春の天皇賞を彷彿とさせるもので、皆さんももしかすると同じようなことを想像しながら、レースの成り行きを見守っていたかもしれませんね。
しかし、ナムラクレセントが先手を奪って後続を引き離そうとすると、これを見ていよいよ我慢の限界が来てしまったのが、圧倒的人気のオルフェーヴル。
終始手綱を引っ張りきりではありましたが、高ぶった気持ちを抑え切れずに、スタンド前から次のコーナーに差し掛かる頃には、早くもナムラクレセントに並びかけます。
この光景に我が目を疑った方もいらっしゃったのではないでしょうか。
ナムラクレセントから先頭を奪ったものの、池添騎手はオルフェーヴルの勝手を許さず、最大限に手綱を引きます。
これは目先の勝利だけが目的ではなくて、あくまで今後のための競馬をすることが重要な目的なのであり、そこを譲ることは絶対できないという思いが池添騎手にはあったのでしょう。
仮に、そこから先頭を譲らず行かせてしまえば、オルフェーヴルのことだから簡単に勝っていたかもしれません。
しかし、そういう問題ではないんだよということが、ハッキリと伝わる騎乗でした。
人と馬の白熱した魂の攻防と、それを後ろで虎視眈々と眺めている残りの11頭。
しかし、その直後に更に目を疑う光景が展開されます。
何と、池添騎手が立ち上がるかのようなアクションで手綱を引っ張り、オルフェーヴルがみるみる後方へ失速していくではありませんか!!
……故障!?
場内のファンもテレビの前のファンも衝撃的な展開に愕然としたに違いありません。
オルフェーヴルが後退し、残りの11頭が次々と内からオルフェーヴルを通り過ぎていく。
そして最後尾のあたりまでオルフェーヴルが下がった時、突然、まるで目を覚ましたかのように、今度は外からオルフェーヴルが捲って来るではありませんか!?
これは!?これは一体どうなっているのかと思う間もなく、最後の直線の攻防へ。
マイペースに先行していたナムラクレセントにギュスターヴクライが競りかけ、更に、一旦はレースをリタイアしたと思われたオルフェーヴルが大外から追い込んでくるという、常識を超越した凄まじい競馬に、観衆の興奮も最高潮に達します!
私は目の前で起こっている、このお伽話のような展開に唖然とする他なく、抜け出したギュスターヴクライの馬体にオルフェーヴルが迫った時、一瞬こんな奇跡のような逆転があるのかとも思いましたが、しかし、目の前のことはお伽話ではなく、あくまで現実のことであり、迫ったものの二着まで。
全く、何のロスもなかったギュスターヴクライに軍配は上がりました。
まあ、ギュスターヴクライは至って普通というか、強いことは強いでしょうね。
名誉を損なうような言い回しかもしれず申し訳ないのですが(そんな意図は毛頭ありませんが)、オルフェーヴルの衝撃的なレースぶりに、さすがに強さが霞んでしまったことは否めない事実です。
あんなロスがありながら二着に来るとは、ある意味で四冠馬の偉大さを示したとも言えるのではないでしょうか。

まあとにかく凄いレースでしたので、感じたこと、考えることなど山のようにあって、とても現時点で全てを表現しきれません。

あの男が帰ってきた!

おはようございます!

骨折のため、戦線離脱を余儀なくされていた佐藤哲三騎手が今週から復帰しています。
さすがに乗鞍は制限しているようですが、今まで乗れなかった分まで哲三騎手には頑張って欲しいです。
応援しています。

特に、シルクハーデストが出走する中京5Rでは、牧浦厩舎のオウケンプレスリーに騎乗することになっており、何だかいいなって思いました。
相変わらず関係は円満そのもので、陣営も復帰祝いのために送り出しているのかなと、勝手に想像して楽しんでいます。

このレースではレッドブレイゾン君と好勝負を演じたアドマイヤが圧倒的な存在ですが、我が愛馬にも臆せず頑張ってもらいたいですし、哲三騎手の手綱捌きにも注目したいですね。

成長を見せるか!?牡馬2頭☆

明日の中京競馬場に、チーム・タジの牡馬2頭が出走します。
D1,400の未勝利戦にシルクダヴィンチが、同じく未勝利戦の芝2,200にシルクハーデストが挑みます。

2頭とも休養明け初戦。スタートに難がある上に、今日の雨が明日のレースにどのように影響するのかも不透明であるため、今回ばかりは能力に期待するとしか言いようがありません。

とにかく無事を祈ると共に、掲示板を目指して頑張って欲しいですね。

花のある生活☆

今日からお彼岸ですね。

花とはほとんど無縁な私ではありますが、仏事で一年に数回はお花を買ったりしています。
今日もそんな調子でお花を買ったのですが、いつもはお寺に持っていくだけではあるけれど、部屋にお花を飾ってみるのも悪くないかもしれないなと、ふとそのように思いました。
気色悪いと思われるかもしれませんが、お花は好きなんですよ。無論、全然知識はありませんが(笑)

仕事だ馬だと、日々熱くなることばかりですので、そういう生活の中にも心落ち着く何かがあるというのは、いいことかもしれませんよね。

他愛のない話で、失礼しました。

古馬日記☆

レッドデセーオが当初の予定よりも早く帰厩と、今週はチーム・タジ古馬勢に動きがありました。

☆シルクグラサージュ
天栄にて休養中。
稽古のペースを上げて、徐々に心身をピリッとさせていくようです。

☆シルクアリオン
悲しいかな、二度目の障害試験に挑戦も結果は不合格。
ただ、以前にも指摘されたことはあるのですが、ジャンパーとしての資質は秘めている様子。
引き続き、試験勉強を頑張って欲しいですね!

☆レッドデセーオ
馬体を立て直している段階でしたが、先日栗東へ帰ってきました。
栗東は約半年ぶり!?でしょうか。
当初の予定よりも早い帰厩となりましたが、その分早くレースに使いたいわけではなくて、手元でしっかり態勢を整えたいという庄野先生のお考えなのではないかと思います。
デセーオに対する強い責任感の表れと、好意的に受け止めています。
庄野先生、デセーオのことを改めてよろしくお願いします!

三歳馬日記☆(シルク軍団)

チーム・タジは依然として今年未勝利。
新年に掲げた目標の勝ち星どころか出走回数を達成すること自体、早くも難しい状況となりました。
第一、頭数のわりに出走回数が少なかったとはいえ、ここまで掲示板に載ったのはプレノタートのみという低調ぶり(汗)
彼女に続く愛馬の活躍を期待したいところです。

☆プロスペリタ
マシン運動にて様子見。
時間をかけて改善の兆しは見えるようですが、まだ時間はかかるでしょう。

☆エメラルドチャーム
十分に稽古を積めるようになり、入厩しても差し支えない段階に来たと思います。至極順調です。
後は厩舎の受け入れ態勢次第ですね。

☆シルクハーデスト
今週の中山芝2,200を予定。
1ハロン距離短縮となりますし、ごまかしの利くコースですから、まずはスタートをちゃんと出てくれれば…と思っています。
というよりも、まずは抽選突破ですね。

☆シルクダヴィンチ
中京D1,400を予定しています。
大型馬ですから、使いながら仕上げていくのが理想ですが、この子の場合は案外、休養明け1~2戦が勝負でしょうか。
この子の課題もまた、スタートであり出走に向けた抽選突破です。

☆シルクティソナ
連闘という奇策に出ましたが、周囲を気にしてパッタリ。
先行しながら、馬群を苦にしなくなれば良いのですが…。
厩舎でも色々手を尽くしてくれているので、今後の精神的な成長に賭ける以外にはないようです。

☆シルクアポロン
意欲的な稽古を積みながら、いよいよデビュー戦が見えてきました。
来週か再来週、いずれにせよ現時点では芝を予定しているとのこと。
順調にデビューの日を迎えられますように。

☆フィールグリュック
先日、飯田厩舎に入厩しました。
まだ体が緩いと思いますが、飯田先生の元でしっかり頑張ってくれることを願っています。

☆シルクブルックリン
天栄にて休養中。
ちょっとしたアクシデントに見舞われたようですが、そもそも短期放牧が目的ではないですから、じっくりのんびり癒してくれるでしょう。

☆プレノタート
先日のレースで桜花賞出走が確定。
今後挑戦するレース(距離)を意識した競馬を覚えている段階ですから、まずは桜花賞へ出ることさえ叶えば、それで十分。
世代屈指の末脚で、未来を切り開いて欲しいです。

☆シルクマイハート
岩手競馬の開幕に向けて、じっくり仕上げられています。
小柄ですから、ビシビシ行かなくても開幕には間に合うのでしょう。
陣営も開幕早々にレースを使うことを考えているようです。
4月は牝馬が熱いです!

別の震源地で次々と

油断できないとはまさにこのこと。

今日の夕方から札幌でも散発的に地震が起こっていましたが、先ほど別の震源地から、今度は関東圏を揺さぶる地震が起こりました。
不安に感じられた方も少なくなかったのではないでしょうか。

震災から一年経ちましたが、過去の教訓と言うにはまだ早く、現在進行形で続いているということを再認識しました。

名前、どうもありがとう☆

シルクでは、毎週の二歳馬情報の更新がいよいよ始まりました。
毎週の楽しみが膨らみますね。

それから、出資三世代目となる現二歳馬達にも名前がつきました。
チーム・タジの新戦力、ご紹介します!

『シルク』

☆サムソンズプライド(牡・フェザーレイ10)

☆ロレーヌクロス(牡・ウィストラム10)

☆シュヴァルツローゼ(牡・カメリアローズ10)

☆スターリーワンダー(牡・シルキーヒロイン10)

☆ラストインパクト(牡・スペリオルパール10)

☆アイズオブラヴァー(牝・ドリームモーメント10)

『東サラ』

☆レッドクラーケン(牡・マルカフローリアン10)

☆レッドレイヴン(牡・ワンダーアゲイン10)

皆、とてもいい名前がつきました。命名していただいた方々、どうもありがとうございました!

インパクトがでかいのは、レッドクラーケンでしょうか。
クラーケンって、海の怪物でしょ?命名した方の意気込みはしっかり伝わってきましたが、しかし同世代にはレッドオーディンという馬もおり、同じ神話をモデルにしていて片方が神様で、片方が怪物っていうのは…
その辺の配慮を東サラさんに求めるのは、わがまますぎますかねえ…?
でも、何か奇妙な印象を受けるんですよ。考えすぎだろうか…。
まあ、決まったことは仕方ないので、今後はクラーケンをクラ吉と呼ぶことにします(笑)

それから、積極的に出資に動いたおかげで、すっかり財政面が疲弊してしまいました(笑)
しかし、牝馬はこれからが旬。これからもいい馬を引き当てるため頑張ります!

夢の手綱☆

フィリーズレビューから一夜明けて、桜花賞でも引き続き安藤勝騎手がプレノタートに騎乗してくれることが決まりました。
超一流のキャリアは言うまでもありませんが、稽古にも熱心に乗ってくれていますし、大一番の勝負を託すには相応しい方だと思っています。

ただ、私はあのアクシデントが恨めしいなと今でも思います。
誰が悪いということはではないのですが、哲三騎手のケガのこと。
オープンクラスで、プレノタートがライバル達と互角に渡り合えるようになったのも、哲三騎手の尽力があってのことですし、会報で語ってくれた通りにGⅠの舞台に駒を進めた今、その場に肝心な哲三騎手がいないことが無念でなりません。

クラシック一冠目の手綱を熟練の勝負師に譲ることになり、この先のことも全く分かりませんが、哲三騎手にはまず、無理せず万全の態勢で競馬に戻ってきて欲しいです。
今はそれしか、かける言葉もありません。

プレノがクラシックへ挑むことができて確かに嬉しい。
でも哲三騎手がいないという、この無念な思い。
人生は時々分かりづらくて、複雑です。

復興と復帰と、そして友情!☆

間もなく当ブログも開設から一年を迎えます。

考えたこと、感じたことを思いつくままに書いてきましたが、ありがたいことに、このブログを通して色々な方と出会うことができました。
ブログを訪れ、興味を持っていただいた方にはとても感謝しています。

震災は、協力することの大切さや、人への感謝を再認識するきっかけになりました。それもまた、ブログでの交流を通して感じることも、少なくなかったように思います。
協力と言えば、今日のレースで頑張ったプレノタートも、牧浦厩舎と現在療養中の佐藤哲三騎手が協力しなければ、ここまでの活躍はできなかったことでしょう。
それゆえ、プレノタートに騎乗できなかった哲三騎手はさぞや無念だったのではないでしょうか。
一日も早いご回復をお祈りし、元気に帰ってきて欲しいと思います。
桜花賞では、被災地への復興メッセージの発信と、哲三騎手の復帰祝いになれば最高だなと、そんな嬉しい想像をしています(笑)

ところで、東サラ・キャロット・グリーンの一口馬主ブレッドさんのブログとリンクしましたのでお知らせいたします。
一口馬主としてシルクの比重が高いチーム・タジでは、ついシルクの話が多くなってしまうのですが、ミントさんやブレッドさんのような違う文化(私は一応東サラ繋がりですが)を持つ方との交流も、有意義なものになるに違いありません。
一口馬主の性質と言うべきか、クラブ毎に固まる習性があるようですが、厳しい時代ですので、クラブは違えど一口馬主同士で連帯し、共に知識を深め出資の質的向上を図ることは、きっと無駄にはならないと思います。

まあこんな調子で、思慮の浅い私の話に、いつもお付き合いいただいているとっても素敵なお仲間さん達。

☆独特の感性が光る競馬予想と愛馬をお持ちのダテスイキョウさん

☆ブログを書くきっかけとなった、不思議でお茶目な愛猫家のミントさん

☆いつもワクワク、軽妙トークが楽しい愛犬家にして人情家のコロリンパパさん

☆本と印鑑のお店のご主人、血統の論客にして時々オタク?な異色クリスチャンの長谷川枕山堂さん

☆大の横浜ベイスターズファンにして、一口馬主同期の鈴木やすたろうさん

☆愛馬は岩手シルク三姉妹という徹底ぶり、とことん郷土愛で岩馬る、みわちゃんさん

☆シルクに入るきっかけとなったブログの主で、個性溢れる言い回しが楽しいマタさん

☆私に垣根を越えて人を支える重要性を教えてくれた、天栄村商工会の義元さん

☆愛情いっぱいの絵で心を癒してくれる、いつも多忙な山桜桃まいさん

☆私の出資初世代の愛馬が一緒で、愛馬への情熱が人一倍のギャロップUSAさん

このブログを続けてこれたのも、一口馬主としての生活が充実したのも、練習もしないのにマラソンを走れたのも(笑)、とっても素敵なお仲間さん達のおかげです。
いつも感謝しています!
日本も大変ですし、一口馬主稼業も大変ですが、明るく前向きに、一日一日を大切に、少しでも笑顔が増えるようになればいいなと思っています。

素敵なお仲間さん達に、これからいっぱい良いことがありますように☆