スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

杉原騎手、よく頑張った!☆

まさかこんなことになるとは…

アンカツ騎手がまさかの怪我によって、土壇場で乗り替わりとなったプレノタート。
オークス出走権を賭けたこのスイートピーSで、まるで悪夢のような事態なのですが、アンカツ騎手の代打を務めたのはデビュー二年目の杉原騎手。
事ここに至っては運を天に任せるほかなく、緊張で手に冷たい汗をかきながら、レースが始まるのを待っていました。

レースがスタートすると、プレノの姿が見えず。
ん?どこにいるのかと思っていると、いつになく好発を決めてしまい5、6番手を掛かり気味に追走しています。
ま、まずい!
これではプレノがいつもと違う競馬でパニックになると思いましたが、杉原騎手が必死に抑えるとプレノも納得して、そこからは折り合いがついて中団で控えます(こういう冷静な競馬ができるところが、今のプレノの凄いところ)。
脚を溜めて直線に向くと、外へ出して追い込み態勢。
ただ、先に抜け出した2頭の伸びもよく、差がなかなか詰まらない中を単独3番手で諦めずに追うものの、最後に後方で脚を溜めていたサトノジュピターに差されて、4着に敗れました。
併走で良さが出るプレノにとっては、こういう出し抜けがやっかいで、ダリア賞の再現のようなゴール前でした。

悔しくて、この現実をどう受け入れればいいのかと思いましたが、直後の天皇賞がびっくり仰天の大波乱。
オルフェーヴルが馬群に沈むくらいの日なんだから、プレノタートだってどうしようもないよな、と思うと不思議と笑いが込み上げてきました!

落ち着いと考えると、杉原騎手だって訳も分からず乗せられたのに、最善を尽くしてプレノらしい競馬をしてくれたのは、なかなか簡単なことではないでしょうし、この騎乗は称えて然るべきものであったと思います。
杉原騎手、どうもありがとうございます!

しかし、プレノタートは鞍上絡みでは本当にツキがありませんね。
こういうのもちょっと珍しいですが、それにも関わらず常に奮戦するプレノは、本当に孝行娘です。

振り返ってみると、オークスを狙えると言ったのはシルクでも陣営でも一口馬主の我々でもなく、佐藤哲三騎手でしたし、その哲三騎手が怪我で乗れなくなった時点で、その夢が遠退いたのかな、とも思いました。
ただ、これはもちろん誰が悪いということでもなく、最善の努力がなされてこうなってしまったわけですから、これは実力の有無とは関係のない、いわゆる運命なのでしょうね。
無事であればきっとどこかでまた、大舞台への道が開けるのではないかと思っています。

関係者の皆さん、プレノを応援してくれた皆さん、そしてプレノタート、みんなお疲れ様でした。
スポンサーサイト

アポロン、福島復興祈念競走に一役買う!☆

シルクアポロン、先手を主張してそのまま押し切り勝ち!
アポロンも福島復興祈念競走に一役買って、チーム・タジとしても誇らしいです。

皆様、レッドデセーオに引き続き応援どうもありがとうございました!

アポロン、みちのくの旅☆

シルクアポロンが、今日の福島4Rに出走します。
目先を変えて、今回はD1,700に挑戦。
稽古でも乗ってくれる松山騎手に、何とか力を引き出してもらえればと思っています。

掲示板目指して頑張って!アポロン!

デセーオ弾、炸裂!!☆

レッドデセーオ、ついに中央初勝利を決めました!
やったあ!万歳!!
ついでにチーム・タジもようやく今年初勝利です!(笑)

とりあえず、10Rのソングちゃんに勝利のバトンを渡しますよ♪
頑張れ!ソングちゃん!

燃えよ!娘達!!☆

お仲間さんと共に、今日からワクワクまつりが始まります!(笑)

☆東京6R
チャペルプリンセス
(コロリンパパさんの愛馬)
~しっかりと休養を取って、非常に良い雰囲気での出走です!
掲示板どころか、初勝利を祈っています!

☆京都8R
レッドデセーオ
(私、ミントさん、ブレッドさんの愛馬)
~いよいよ中央復帰戦です。入念に稽古を積み、こちらもいい状態でレースに臨めそうです。

☆京都10R
マイディアソング
(ダテスイキョウさんの愛馬)
前走はあまりの低評価に驚いたくらいで、むしろあれが本来の姿。
相手は骨っぽいですが、前走を叩き台にして、今回は勝ち負けまで期待できるのではないでしょうか。

娘達よ、頑張ってね!

古馬日記☆

今日、レッドデセーオが久しぶりに中央で勇姿を見せてくれます。
楽しみです!

☆シルクグラサージュ
蛯名騎手より、芝のレースがいいのでは?との進言があり、次走は芝を試してみるとのこと。
元々、芝でもよい走りを見せていましたので、私もこの方がいいと思います。

☆レッドデセーオ
本日の京都8Rに出走します。

三歳馬日記☆

オークスの出走権を賭けて、プレノタートがスイートピーSに出走します。
これだけを見ると、ワクワクしていると思われるかもしれませんが、過密なスケジュールをこなすことになるので、むしろ緊張感の方が大きいです。相手よりも自分との戦いになりそうですね。

「シルク」

☆プロスペリタ
じっくり取り組んできた甲斐あって、ようやく本格的な稽古に戻りそうですね。
何よりです。

☆エメラルドチャーム
ゲート試験に合格していますが、レースに向けてまだだこれからですので、引き続き頑張って欲しいですね。

☆シルクハーデスト
脚のアクシデントは誤算でしたが、その後は順調に回復しているようです。
立て直して、次に向けて頑張って欲しいですね。
元気だけは有り余っているようですから(笑)

☆シルクダヴィンチ
美浦に戻ってきました。
新潟の番組を視野に入れているようです。

☆シルクティソナ
連戦から解放され、しばしの休暇をいただけるようですが、気持ちの面でメリハリが出るといいですね。
身体的なタフネスは凄いので、後はその体を動かすハートさえあれば、というところです。

☆シルクアポロン
今週の日曜日に福島へ遠征します。
この馬の背中を知る、自厩舎の松山騎手が跨がるのは心強いですね。
シルクの公式では、前走が案外との話がよく出ていましたが、馬場が悪い中、道中は無理していませんし、行儀のいい競馬をしていましたから、私はそこにこの子のセンスを見たように思います。叩いた今回が本領発揮の舞台となれば…と思います。

☆フィールグリュック
脚の方は鎮静化したようです。
やはり脚に爆弾のようなものを抱えているようで、強い稽古の後は熱を持つらしいのですが、そこは飯田厩舎がしっかりケアしているようですので安心です。
飯田先生に預かってもらえたのは、この子にとって幸運だったと思います。

☆プレノタート
日曜日、スイートピーSに出走します。
桜花賞から間隔があまりない上に遠征を強いられ、仮にここで権利を取ったとしても、同じようなジレンマに陥るので、実は楽な戦いではありません。
今まで戦ってきたライバル達を思えば、ここでは格好をつけたいところですが、見えない疲れが心配です。
この子に限っては、ワクワクより緊張です。

☆シルクマイハート
脚の方も落ち着いてきたようで、レースの予定を立てる段階に近づいてきましたね。
ただ、稽古をある程度こなせる段階になってから考えてもらってもいいかな、とは思います。

「東サラ」

☆レッドランベール
ゲート試験を視野に、順調に乗り込んでいます。
まだまだ緩いらしいのですが、これは2、3日後に良くなる話でもないですし(笑)、陣営も焦らず鍛えてくれているようです。

☆レッドコースト
脚は徐々に改善しているようです。
連休明けに獣医さんに診察してもらってから、次のステップを考えることになるのでしょうね。

二歳馬日記☆(シルク編)

ゴールデンウイークに何をするかということなど全く考えず、一心不乱に仕事に打ち込んできた今週。
とにかく忙しかったですが、仕事に目処をつけて連休に入ったので、少しホッとしています。
ちなみに私の連休は暦どおりですが、世間では谷間の平日にも休暇を取って、目一杯ゴールデンウイークを楽しむ方もいるのでしょうね。
みなさんはどうですか?

☆ロレーヌクロス
骨瘤もほぼ鎮静化してきているようです。
間もなく本格的な稽古再開となりそうですね。

☆シュヴァルツローゼ
この子なりに、稽古のペースを上げています。
順調に進めば、遅れを取り戻すこともできるでしょう。

☆サムソンズプライド
天栄に移動後も至って順調です。
目論みどおりの成長過程を経ています。

☆スターリーワンダー
こちらも順調に稽古を消化。
以前は細く見せた馬体も、今ではずいぶんと逞しくなりました。

☆エリンジューム
早期入厩の予定もありますが、兄弟は皆初戦から結果は出しておらず、どちらかと言えば奥手の部類。
レースを使いつつ良くなっていく傾向、とも言えるでしょうか。
速い稽古をコンスタントにこなせるのは、さすがグラサージュの妹というところですが、デビューのことではそんなに焦らず、淡々と稽古を積んでいって欲しいと思います。

☆ラストインパクト
ノーザンファームしがらきへ移動しました。
ノーザンファームしがらきなんて、私の愛馬には無縁なところと思っていただけに、何だか不思議です(笑)
ここでしっかり稽古をこなして、基礎体力を強化したいところですね。

☆アイズオブラヴァー
スローペースですが、じっくり乗り込んで良化を図っています。
本格的な稽古に入る前に、しっかり準備をしてくれているのだと思っています。
この子については良くも悪くも、まだどうこう評価する段階ではなさそうですね。

☆ラトーナ
夏の札幌を目指しているそうです。
それは非常に嬉しいです♪

大きなうねり☆

今週末の競馬はいつもと違う雰囲気であり、かつてない嬉しさに満ちています。
チーム・タジの主力牝馬2頭が登場するから…?
否!!

実はお仲間さんと言うお仲間さん、こぞって自慢の愛馬を出走させるからなんです!
ゴールデンウイークにこんな楽しみが待っているとは思いもしませんでしたが、この大きなうねりに期待せずにはいられません!
お仲間さん共々、大いに盛り上がりたいですね!
ワクワクします♪♪

フリティラリア☆

シルクホースクラブで早期入厩が予定されているフリティラリアちゃんが、昨日ようやく満口になりましたね。

ここまでのフリティラリアちゃんの育成状況は極めて順調。
名牝ダリアの一族で、しかも一つ上の姉アイスフォーリスちゃんが、先日のレースでオークス行きを決める活躍をしており、血統背景からも魅力溢れる一頭で、お値段も手頃。
シルクのホームページでのお知らせでも、控えめにしながらも売り込んでいるのが印象的でした。

しかしこんな良い馬が、意外とも言えるスローペースで売れていったのは、やはり今回の募集馬達がかなり幅広く検討の対象とされ、それこそどこからでも狙えるラインナップだったことが、原因の一つではないのかな、と思います。
つまり、出資もかなり分散されているのではないかと思うのです。
良い馬であることはみんな認識しているものの、お金にも限界があるので手が出ない、と(笑)

お仲間さんにも、フリティラリアちゃんに出資している方がいますので、その期待に応えてくれる走りを見たいですし、私も応援しています!

リサとガスパール☆

アトリエ教室に入ることを決めた日、とあるカフェで偶然出会った絵本。
それが「リサとガスパール」です。
リサとガスパールのシリーズは色々あるらしく、絵本を手に取り、愛らしく温もりのある絵に癒されました。
これはきっと有名な本なのでしょうね。
たかが絵本されど絵本であり、大人になっても良い本には感銘を受けるものです。

子供も大人も、そして動物好きの方も、一度は読んでみることをお薦めします。
無骨な私が言うのも何ですが(笑)、素敵でしたよ。
ふらりと訪れたこのカフェも絵本ばかりではなく、カレーライスが美味しくて幸せな気分を味わうことができました。
食べる時も読む時も、優しさを感じると幸せも倍になるような気がしますよね。

晴れ時々アート☆

ふとしたきっかけではあるのですが、子供を対象にしたアトリエ教室に通うことを決めました。
一口馬主のお仲間であるコロリンパパさんが、事あるごとにワクワクして、何だか面白いなあと思っていましたが、私にとってのワクワクをついに発見してしまったというわけです。

いい大人が子供の教室に混じって学ばせてもらえるというのは、非常に楽しいしありがたいことではあるのですが、本来は子供のためのアトリエなのですから、その点に関してはちょっと申し訳ないかな、とは思っています。
でも、せっかくのご好意で入れてもらえたわけですから、夢中になってやろうと思っていますよ。

そんなわけで早速、昨日はそのアトリエの体験入学にトライ。
午後はシルクグラサージュのレースがあるので時間の都合を申し上げると、幼児が学ぶ午前の部に来てもよいとの話になり、前日の飲み会で疲れた体を引きずりながら(笑)、ちびっこ達と一緒に面白い作品を作ってきました。
何が面白いって、子供たちの無邪気さや個性、そして豊かな想像力を目の当たりにしたことでしょうね。
そして気がついたら自分もすっかり同化していたことです(笑)
でかい大人の男がいきなりいるわけですから、子供たちも私に対して興味津々。
色々話しかけてきます。

男の子A君「男の人だあ…」
(…珍しそうだけどA君、君も男の人だよね…?)
男の子B君「だいがくせい?」
(…この子にとって大人はみんな大学生らしい)
日頃、色々と考えながら私たちは生活していますが、そこから自分を解き放つ時間を作るというのは、とても大切なことなのかもしれませんね。
子供とのやりとりもそうなのですが、作品に向かっていく時、あれこれ考えず感じるままにやった方がいいのでしょう。エネルギーをぶつけるわけですね。

自分なりの、新しい被災地支援のことなども考えていましたが、独身でいる間にまず自分自身にとって大切なことに、今年は取り組んでいこうと思います。

北海道もボチボチ暖かくなってきました。
そろそろマラソンに向けて行動しなければと思いつつ、新たな自分に向かって挑戦していきます!

連続花火ならずも、エステート君惜しかった!☆

シルクグラサージュとシルクエステート君の最終レースを観戦していましたが、グラサージュは最後、完全に息切れしてましたね(汗)
差しに回って、終いパッタリというのは初めて見たように思います。
恐らく、中間の爪のアクシデントによって、レースに向けての稽古が若干不足したせいではないでしょうか。
と言ってもあくまで結果論ですし、グラサージュの能力を考えると、もう少し格好をつけてくれると思っていたのですがね。

一方、シルクエステート君は非常に惜しい二着。
ゴール前の末脚は光りましたし、着差も本当に僅かなのですが、直線で窮屈なところに入り、途中までまともに追えなかったことを考えると、勝ちに等しい内容だったのではないでしょうか。
三着に超人気薄が入って、シルキーバブルが再び起こったのも印象的でしたね(笑)

ドルフィン君に続く花火は上がりませんでしたが、2頭とも次のレースに期待しています!
お疲れ様でした!

シルクの花火が上がる時☆

今日は天栄でシルクの見学会が行われていますね。
参加されている方は大いに楽しんでおられることと思います。
まるでこの見学会に合わせたかのように、先ほど福島競馬場でシルクドルフィン君が木幡騎手(福島県出身)を背に鮮やかな差し切り勝ちを収めました!
復興競馬と銘打って行われている、福島競馬場の今開催。オール福島のドルフィン君の勝利はやはり格別なものがありますね!

この、シルクホースクラブ全体でのお祭り騒ぎは、今日の最終レースまで続きそうです。
東京競馬場と京都競馬場から、それぞれ花火を上げる準備をしているのはシルクグラサージュ(東京12R)とシルクエステート君(京都12R)。
それぞれにチャンスがありますし、地味ではありますが今日はシルクの3場制覇といきたいところですね!

古馬日記☆

シルクグラサージュは今週の出走が確定。レッドデセーオも来週の出走を予定しています。
古馬の奮起で、チーム・タジの士気を高めたいところです。

☆シルクグラサージュ
爪の方も問題なさそうで、予定通り今週土曜日に出走します。
恐いのはやはり出遅れでしょうか(笑)
蛯名騎手、よろしくお願いしますね!

☆レッドデセーオ
ゲート試験を合格し、仕上げの段階に入っています。
こちらも、目論み通りに調子を上げてきましたね。
楽しみです!

PPP☆

財布の中やお小遣、家計などが厳しくなると、よく「ピーピーしてる」とか「ピーピーだよ」と言いますよね。
あの「ピーピー」は、どこから来た言葉なのでしょうか。
「雀の涙ほどの…」という表現が、雀のピーピーという鳴き声に転じて、現在に至るのかなあ、と勝手に想像しています。

ただ、若い世代の方々がこの言葉を使っているのを聞いたことがないので、既に主流から外れた言葉なのでしょうか(笑)
無難に「ピンチです!」という言葉しか聞きませんが、それはそれで正直で分かりやすいですよね。
皆さんは財政難の局面を、どのように表現していますか。

ちなみに、私は未だに「5時から男」という言葉が生き続けているものと思っていたのですが、それは全く死語であることをごく最近知りました!(爆)
標準語なみに使っていたのですが、ある意味恐いもの知らずだった、ということでしょうか(笑)
懲りもせず、後輩達に尋ねてみると「え、何ですか?残業頑張る人ってことですか?」と真顔で答えてくれました。
くだらない質問しちゃって、ごめんね…(汗)

三歳馬日記☆

一頃よりも入厩馬が増え、段々頼もしく感じられるようになった三歳勢。
ただ、元気が良すぎて困る子も多いようです(笑)

「シルク」

☆プロスペリタ
運動量を増やして、本格的な稽古に備えています。
4月を無事に過ごせば、ようやく先の事を考えられる状況になるのではないでしょうか。

☆エメラルドチャーム
ゲート試験を受けましたが、不合格でした。
全体的にまだシャキッとしているように思えないので、稽古が余計にできると考えれば悪い話ではないでしょう。

☆シルクハーデスト
稽古中にぶつけた脚はもう大丈夫のようで、ぼちぼち稽古を再開するようです。
予定は狂いましたが、まずは大事なくて良かったですね。

☆シルクダヴィンチ
厩舎の受け入れ態勢が整い次第、入厩するようですね。
順調で何よりだと思います。

☆シルクティソナ
天栄へ放牧されます。
放牧と言えば今まではヤマダステーブルだったわけですから、天栄への放牧で何かしら良い効果を期待したくなるというものです。
とりあえず、タフに走ってくれてどうもありがとう!

☆シルクアポロン
もしかすると今週の出走があるかもしれませんが、まだ流動的です。
前走が案外とまた言われていますが、叩いた次にどうなるのかが遥かに大事なことだと思うのですが…?
こういう話が出ているということは、叩いて一変までは期待できないと考えた方がいいのでしょうか。

☆シルクブルックリン
まめにリフレッシュを考えてくれるとは、上原先生ももしやルーラー主義者?ま、そんな訳ないですね(笑)
ティソナもそうですが、雪うさぎ組は揃って天栄へ放牧です。

☆フィールグリュック
脚をぶつけてしまったようですね。最近やけにぶつける子が増えたような気がします(汗)
無理せず、慎重に対応してくれるようですね。

☆プレノタート
今週のフローラSにも登録していましたが、万全を期して来週に回るようです。
メンバー云々より、状態面を考えると、確かにその方が多少ローテーションが楽になるのかな、と思いますが、陣営がオークス挑戦に舵を切ったことが、これでハッキリと分かりました。

☆シルクマイハート
まだ無理をせず、脚の回復を図っています。
これだけ慎重にやってくれているので、問題は出ないでしょう。

「東サラ」

☆レッドランベール
先週ついに入厩を果たし、坂路で時計も出しています。
気持ちも体もゆったりしているようで(笑)、当面は体の引き締めに時間を費やすことになるでしょう。

☆レッドコースト
先週の情報では、特に進展なし。
今月いっぱいはこの状態が続くと見ています。

二歳馬日記☆

天栄では今週末にシルクの見学会がありますね。
良い天気で楽しめることを祈っています。

「シルク」

☆ロレーヌクロス
骨瘤が治るまでは稽古を再開しない様子。
しっかり治しておきたいですよね。

☆シュヴァルツローゼ
徐々に負荷をかけていますが、稽古にしっかりついていってるようですね。
焦らず、しっかり稽古を積んでいきましょう。

☆サムソンズプライド
天栄に移動後、馬体を減らしたようです。
体が小さい方なので、減るとどうしても目立つんですよね(笑)
しかし、見た目より中身が大事。この子自身が元気であればそれで十分です。

☆スターリーワンダー
乗り込みを重ねて15-15にも挑戦しています。
特に問題もないようで、順調そのものです。

☆エリンジューム
15-15をコンスタントに入れても、疲れる様子は見せないようです。
こちらも順調ですね。

☆ラストインパクト
体力的にも気持ちの面でもまだまだと言ったところですが、それなりに稽古は積んでいるので、この調子で頑張って欲しいですね。

☆アイズオブラヴァー
この子のペースに合わせて、ゆったりとした調整です。とにかく大事に大事に…という雰囲気が伝わってきます。

☆ラトーナ
稽古については申し分ありません。「血統クラシックロード」には晩成と書かれていたはずですが…

「東サラ」

☆レッドクラーケン
順調に稽古を積んでいるクラ吉。直線ダート1,000メートルでしっかり追われているようです。
稽古の負荷がかかってきたことで、この子も闘志を燃やして頑張っています!

☆レッドレイヴン
屋内でしっかり稽古を積んできましたが、そろそろ屋外での稽古も始まりますので、更なる飛躍を期待しています。

上昇気流に乗って☆

私のブログ、シルクホースクラブに肩入れし過ぎ?と思われても仕方ないところはあるのですが、お仲間さんの顔をイメージできない馬を応援するというのはなかなか難しいものでして、申し訳ありません(汗)
知らず知らずにお仲間さんの応援コーナーも開いたりしながら、競馬・人に広く関心を持ちながら楽しんでいます。
たまには、こういう前置きもいいでしょう?(笑)

さて、昨日の夕方にでもブログを書こうと思っていたのですが、飲み会のために断念(笑)
一日経ちましたが、週末の競馬を振り返ろうと思います。
まずはシルクのお仲間さんの愛馬から。

シルクデイブレイク君
~連戦の疲れで既に本来の調子になく、敗退。
昇級後は掲示板に載らず、ここが力の限界と見ることもできるかもしれませんが、まさしくそこが盲点。
立て直した後のデイブレイク君を見ていてくださいと、私は声を大にして言いたいです。

ラルティスタちゃん
~後方追走から直線に賭けるも、上位には届かず。
ただ、そもそもが叩き台の一戦でコンマ6差なら、まずまずの成果ではないでしょうか。
得意の舞台へ向けて、順調なスタートを切ったと言えるでしょう。この着順で何を?と思われるかもしれませんが、そういう表面上のことだけを論じても、本質は見えないものです。

シルク勢全体では上位食い込みが目立ち、ちょっとしたシルキーバブルを演出していましたね(笑)
特に09世代は、募集金額に関わらず万遍なく走る傾向にあり、まさしく黄金世代と言えるかもしれません。
昨日勝ち上がったシルクラングレー君も、シルクブルックリンと同じシルク二次募集馬。
これで二次募集馬は4頭中3頭がデビューし、2頭が勝ち上がったことになります。未勝利のメモリアビアンカちゃんもデビュー戦3着の実績があり、その後の成績は一息ながら昨日は久しぶりに一桁着順に巻き返しています。

古馬では、シルクレイノルズ君が楽に先手を取るとそのまま後続を寄せつけない、強い勝ちっぷり。
今後、更なる活躍が期待できそうですね。
この08世代は総じて、ジワジワと力をつける晩成タイプが多いように見受けられます。

各世代それぞれに、特徴があって楽しいです!

シルクラングレー君おめでとう!

朝一番の吉報です!
シルクラングレー君がデビュー戦を快勝しました!

経験馬相手に、道中揉まれるシーンもありましたが、実に力強い伸び脚。
ギャロップUSAさんはじめ、ラングレーの出資者さんおめでとうございます!

しかし、このレースは2着がとんでもない伏兵ですから、凄い配当つくでしょうねえ(汗)
阪神のメインでは、超伏兵と見られているシルクのお仲間ラルティスタちゃんが出走しますけれど、こちらももしかすると…(笑)

ルーラー主義☆

今日は長谷川枕山堂さんとダテスイキョウさんの予想コラボが行われます。
一口馬主としての経験は豊富、しかしまるでタイプが違うお二人が独自の視点で予想していますので、今日競馬を楽しまれる方はご覧になって損はないかもしれませんよ!
詳しくは、当ブログのリンク先であるお二人のブログでお確かめください。

さて、以前お仲間である長谷川枕山堂さんとダテスイキョウさんの愛馬の話の中で、実に興味深いものがありました。
それは主に、ボールドルーラーの血を引く馬(クロスが重要!?)が本格化を迎える時、体重の大幅増が見られるということ。
そして、飛躍的な成長で従来の成績からは想像できない力を発揮(連勝街道に乗る)し始めるということです。
これを見事に具現化したのが、本日出走するシルクデイブレイク君(長谷川枕山堂さんの愛馬)なのですが、過去にも同一事例が存在しており、それがシルクフェニックスちゃん(ダテスイキョウさんの愛馬)というわけなんです。
2頭には父アジュディケーティングという共通点もありますので、アジュディケーティングそのものが、そういう意外性を持っているのかもしれませんね。
ボールドルーラーの子孫の特徴として、大柄な馬体が挙げられると思いますが、別に大柄ではなくても血の力が発揮されていることも、ここでは証明されているように思いますし、何より、主流血脈以外でも配合次第で大化けすることはご理解いただけると思います。

ちなみに私はこの血の力を、愛馬シルクブルックリンで体感しました。
本格化はまだ先と思っていますが、それにしても昨日は恐ろしいくらいの末脚でした。
「これがボールドルーラーの力なのか…」と思い、先述の話を思い出していったわけなんです。

ボールドルーラー・ナスルーラの力に着目し、それを有効に出資や馬券に生かそうとする考えを、私は「ルーラー主義」と呼ぶことにしました。
そして私は立派なルーラー主義者、と言えるでしょうね(笑)

今日のシルクデイブレイク君も、スタートさえ決まれば近2走の成績から一変する可能性は十分あるように思います。
お仲間さんの愛馬というひいき目抜きに、このクラスが壁になるとは思えないんですよね。

ブルックリン、目覚める☆

先週、長い雨の呪縛からようやく解き放たれたかと思えば、今週またしても雨。
週末になると、どうしてこうも天気が崩れてしまうのでしょう。
競馬の世界では影響が大きいことですので、何とかならないものかと思ってしまうのですが、お天道様につぶやいてみたところで、どうしようもないことですよね(笑)

本日のチーム・タジは、雪うさぎ賞に2頭の愛馬を送り出したのですが、共に勝利を得ることはできませんでした。
ティソナは今までと同じ好位追走の競馬だったので、似たり寄ったりの二桁着順という結果は、まあ当然の結果かと。
毎月淡々とレースをこなして、とりあえず一ヶ月分の維持費を稼いでいる鉄人ぶりは、評価に値すると思っていますし、故障もなくコンスタントに使えるというのも、厩舎の技術や努力の賜物だと思っています。

驚いたのは一方のブルックリン。
道中は休み明けのためか、押っ付けながらシンガリを追走。
直線を向いた時にも依然としてシンガリに位置しており、さすがに万事休すかと思いました。
私ばかりではなく、ブルックリンのレースに注目していた方なら一様にそう思ったことでしょうね。
ところがゴール寸前、今まで見せたことのないとんでもない末脚を繰り出して3着に食い込んできました。
これには驚きました!ゴール直後は何が起こったのかと思いましたよ(笑)

今までもよく頑張っていたブルックリンではありますが、もしかすると今日初めて血に目覚めたのかもしれませんね。
セクレタリアトの爆発力を垣間見たように感じました。

雪うさぎを追って…チームの攻め大将が東西より集まる☆

今週、チーム・タジの出走は2頭。
今日の福島競馬「雪うさぎ賞」に出走するシルクティソナとシルクブルックリンです。
雪うさぎって北海道にしかいない動物だと思っていたのですが、福島県にも生息しているのでしょうか。
それともこれは季語なのでしょうか。
ちょっと気になってしまいました(笑)

ティソナは気性的に内枠がどうかという点と、ブルックリンは正直あと一本追い切りが足りない点が気になりますが、2頭とも持ち前の先行力をフルに発揮できるよう願っています。
実戦でも稽古どおりに動いてくれれば、一変があっても驚けない2頭ですが、果たして今日はどうなるでしょう。
同士討ちは歓迎できませんが、こうなった以上はワンツーフィニッシュでも決めてもらいましょうか!(爆)

古馬日記☆

今月末の復帰戦に向けて、2頭とも静かに態勢を整えています。

☆シルクグラサージュ
爪の状態は今のところ稽古に支障の出るようなレベルではないようです。
回復傾向なのか、騙し騙しやっているのか、その辺がよく分かりませんが、稽古をこなしているのだから、まあ大事ないと見ています。
蹄鉄を工夫しながら、調整を進めていくようですね。

☆レッドデセーオ
じっくり乗り込みながら、体調も上がってきているようです。
近々ゲート試験にトライして、その後は予定のレースに向けて一気にペースを上げていく方針ですね。
楽しみです!

三歳馬日記☆

そろそろ、プレノタートに続く三歳勢の活躍を見たいところです。

「シルク」

☆プロスペリタ
少しずつ立ち直ってきているようですが、今までが今までだっただけに、慎重に対応しているようです。

☆エメラルドチャーム
ゲート試験を受けられる段階にきているようです。
くじけることなく良く頑張ってくれていますが、ここまで来たらデビューまでノンストップでお願いします!

☆シルクハーデスト
稽古中に脚をぶつけてしまうアクシデント発生。
シルクマイハートと共に、しばし様子見です。

☆シルクダヴィンチ
そろそろ帰厩に向けて態勢を整えていくようです。
前が硬いのは、もうどうしようもないでしょうね(笑)
それでいて、故障しないのがこの子の偉いところです。

☆シルクティソナ
以前のように、稽古でも楽に時計を出すようになっています。
良い馬場を求めて、一応、今週福島へ遠征予定ですが、まだどうなるかは分かりません。
山内マジックは読めませんからね(笑)
仮に出るとなると、シルクブルックリンと同士討ちになるのが辛いです。

☆シルクアポロン
前走後も順調のようです。
前走が案外との話ですが、そうなってしまったのだから仕方ないでしょうね。
叩いた上積みに期待するしかないのですが、次はダートを試す予定のようです。

☆シルクブルックリン
今週、福島へ遠征予定。
久しぶりの芝短距離ですが、スタートが決まるといいですね。
もしティソナが出てくるとなると、どっちも反撃して欲しいだけに辛いんですよ(汗)

☆フィールグリュック
ゲート試験は合格しました。
馬格は雄大ですが、牝馬らしい気性の持ち主のようです。
じっくり育てられているようで、これならいい形でデビューできそうですね。

☆プレノタート
桜花賞はお疲れ様でした。
状況を見ながら、今後の方針を決めるようです。

☆シルクマイハート
痛めた脚はだいぶ治ってきたようですが、万全を期して稽古は控えています。
休養が延びたと思えば、悪い話でもないでしょう。

「東サラ」

☆レッドランベール
コンスタントに乗り込みを続けています。
乗り込みを重ねて徐々にしっかりしてきたようで、近く入厩との声も聞こえてきました。
長かったけど、良かったあ!
この調子で頑張って欲しいですね!

☆レッドコースト
脚が完治するには、まだしばらく時間がかかりそうですね。
辛抱辛抱…。

二歳馬日記☆(シルク編)

今年は二歳戦が早く施行されますね。
まだ先のことと思いつつ、実はそう遠くない日に二歳馬のデビューを見られるのかもしれません。

☆ロレーヌクロス
骨瘤の鎮静化に努め、ごく軽めの運動のみ。
焦らずに、しっかり治してもらってね。

☆シュヴァルツローゼ
徐々に稽古のペースを上げています。
よしよし、順調ですね!

☆サムソンズプライド
天栄に移動しました。と言うより戻ってきました!(笑)
元々ガサはないのですが、体力的にも早めの入厩を意識できる段階に来ているようですね。

☆スターリーワンダー
相変わらずコンスタントに乗り込んでいます。
幅がないと言われながらも、馬体重はしっかり増えています。
まだまだ力をつけていかなければならないでしょうが、ここまでは至極順調です。

☆エリンジューム
引き続き、稽古に15-15を入れています。
こちらも早めの入厩を意識しているようですね。
母系は地味過ぎるのですが、それにしては活気のある兄妹です。

☆ラストインパクト
まだもたつくところもありますが、強めの稽古に食らい付いていますね。
この調子で、頑張って!

☆アイズオブラヴァー
稽古は少しずつ進歩しています。
まだまだこれからですが、しっかりついていって欲しいものです。

☆ラトーナ
15-15を楽々とこなしています。
無事に成長してくれて、言うことがありません。

プレノの桜は咲かなかったけれど☆

桜花賞に挑んだプレノタートでしたが、結果は14着と大敗でしたね。
出遅れたものの、もともと最後方はプレノの指定席。ただ、レースが超スローの展開で業を煮やしたのか、アンカツ騎手も途中で差を詰めにかかりましたが、この状況を打開するには至りませんでした。

レース後は、勝って大宴会を予定していましたが(笑)、負けてしまったのでささやかな残念会をしました。
ただ、一緒に応援してくれた方の一人が、「この舞台に愛馬を送り出したのだから、それだけでも凄いことだし、まだクラシックは始まったばかりなんだから、これはプレノの『残念会』ではなくてプレノの『応援会』だ!』と激励してくれたので、みんなで笑いながら大いに飲んだくれることになってしまったのは言うまでもありません!(笑)

ブログでもそうなのですが、暖かい応援や励ましにはとても感謝しております。
人に恵まれて嬉しい限りです。
いつもありがとうございます!

さて、重賞で本賞金を加算できなかったプレノにとって、オークス出走のためにはどこかのトライアルに挑戦するしかないのですが、どこを使ってもレース間隔が詰まってくるので(しかも東京遠征が前提)、険しい道程を歩むこととなります。
オークスに出られればもちろん最高なのですが、オークスでプレノタートの競馬が終わるわけでもないので、牧浦先生には今後のことも踏まえた難しい判断を迫られることになるでしょうね。
私達出資者は一喜一憂するだけでいいのですが、現場の人はそう簡単ではないですものね。
プレノもお疲れ様ですが、牧浦厩舎もお疲れ様です。

チーム・タジにとって、プレノタートは現在唯一賞金を稼いでくれている孝行娘なのですが、この子にばかり頼らないように、特に牡馬達の一層の奮起に期待します!
今月、せめて入着ぐらいはしてくれよ~(笑)

跳ね馬プレノ桜街道を駆ける!☆

久しぶりに穏やかな天気に恵まれましたね。
北海道には未だに雪が残っていて、春の訪れが遠く感じられますが、今日は競馬界では桜花賞が行われますので、ここ北の大地でも一足早い春を満喫したいなと思っているところであります。

さて、その桜花賞には愛馬プレノタートが出走します。
シルクHCの会員さんをはじめ、私と同じプレノの出資者さんはこの日を楽しみに待っていたことでしょうね。
一般的には伏兵の域を出ない存在ではありますが、一つ一つ、課題をクリアしながらここまで来たプレノタートに、ライバル達への負い目などまるでないように感じられます。
夏場のレース、遠征、多頭数、重賞、G1、色々な条件を使いながら、自分のキャラクターを確立してきました。そのキャリアに裏打ちされた堅実な末脚で、桜の栄冠に輝くことを期待しています。

ここまでのプレノタートの戦績を見ると、阪神JF6着で2勝を挙げ、トライアルで権利を取って本番に臨んだレジネッタに、どこか似ているような気がします。
また、シルクの偉大なる先輩シルクプリマドンナも、当時オークス向きと評されながら、桜花賞を制覇しました(←オークス制覇でしたね!桜花賞3着でした!訂正してお詫び申し上げます)。
この二つの事例は、キャリアを重ねて自分のスタイルが定着していることの重要性、そして桜花賞が単なるマイラーの決戦ではなくて、スタミナや底力、そして決め手を問われるタフなレースになることを意味しているのかもしれません。

最近定着した追い込みの迫力に、一目置いている方もいるかもしれませんが、競り合いになったら抜かせない強い勝負根性と集中力が、プレノタート最大の武器だと私は思っています。
クイーンCでは外から並んできた馬を抜かせませんでしたし、プレノの外に人気馬が並んでいる今回、あの経験が生きるのではないかと思っています。

二歳の戦績も特筆すべきところがなく、明け三歳でも差し届かないレースが続きましたが、それらの経験が大いなる布石となって、檜舞台での躍進に繋がるものと、私は確信しています。

阪神JFが終わった頃からずっと意識してきた桜の舞台。
同じようにそれを夢見てきた他の一口クラブの馬を撃破してここまできましたので、その馬達やその出資者の分まで、プレノタートには頑張って欲しいし、その頑張りが最高の結果となるよう祈ってます。

一口馬主をやっていると、自分の愛馬が活躍することは当然嬉しいことなのですが、トライアルで不運にも敗れた他クラブの出資者の気持ちを思うと、何だか辛くなる時もあるものです。
そういう話とは少し違うかもしれませんが、老舗ターファイトからサウンドオブハートや、開業間もないG1ホースクラブからパララサルーが登場したことは、何だか嬉しく思いますね。

勝負の世界は非情ですし、最後の最後まで分かりませんが、馬も騎手も厩舎も全力であるように、私も全力で、一心不乱に応援します!

安藤勝巳騎手、プレノタートをよろしくお願いします!
そして皆さん、もしよければ桜花賞の観戦とプレノタートへの応援、どうぞよろしくお願いします!

古馬日記☆

久しぶりに、雨の降らない(もしくは重馬場ではない)競馬を見ることできて、今日は少しホッとしましたね。
明日もどうか晴れますように♪

☆シルクグラサージュ
爪に熱を持ったとの話があり、復帰戦はずれ込むかなと思っていましたが、昨日しっかり追いきっていますね。どうやら大事には至らなかったようです。
追い切りの後に悪化する可能性は否定できませんけれども(笑)
ちなみに、今日デビューした東サラのグラサージュ君は、大型馬の初戦らしく直線に入って失速しましたね。
道中の行きっぷりには見所がありましたし、きっと使いつつ良くなっていくのでしょう。

☆レッドデセーオ
順調に稽古を消化しています。
気持ちも前向きさが出てきて心身両面での成長が窺えます。
この分なら中央復帰戦をいい状態で迎えられそうですね!

みんなにとって上出来、かな?☆

今日は色々な方の愛馬が走っていましたが、いずれも勝利には至りませんでした。
結果もそれぞれで、受け取り方によっては残念ともいえるのでしょうが、私にはむしろ今後に向けて期待が持てる走りに見えました。

リアルファッションちゃんは、ついにまともな競馬に成功しましたね!内々で砂を被りながらしぶとく伸びて6着でした。
掲示板まであと一歩でしたが、かなり厳しい競馬をしてのものなので、価値は十分あると思います。
しかも中間にアクシデントがあって、ちょっと楽をすることになってしまったことも考えると、まさしく大善戦です。
これで上位争いが視野に入ってきたように思いますし、今後が楽しみですね!

ファッションちゃんと同じレースを走ったチャイナキッスちゃんは、3~4コーナーでマクリを打つも9着でした。一瞬、「おおっ!?」と思いましたけれどもね。
ただ、今までは後方から差を詰めるだけの競馬でしたたので、この競馬は馬に良い刺激になったのではないでしょうか。

サファーガちゃんはスタートで後手を踏んだものの、ジワッと馬群に取り付くと、直線では外へ出して上々の伸び脚を披露して6着に入りました。距離があると更に良さそうですし、やはり芝でこそ、と思わせる走りでした。
初戦でこの内容ならかなり面白い子ですよね!こちらも非常に楽しみ!

シルキーマーチ君も、久しぶりのレースでこれまた出遅れ。
しかし、内々を通りながら直線に向くと根性を発揮、グイグイ伸びて2着に入りました。
長谷川枕山堂さんがおっしゃる通り、今日の体重増は成長分だと私も思いました。
やはりいい馬ですよ。

いずれも、今後に繋がる非常に内容のあるレースだったと思います。
応援された方々は、皆さん力が入ったことと思いますし、愛馬達も今後その期待にしっかり応えてくれるでしょう!

皆さん、今日はお疲れ様でした!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。