スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タジ鳴動して馬一頭☆

今週土曜日の摩周湖特別にシルクブルックリンが出走しますので、また懲りずに口取りの応募をしました。
前回はたった一人でしたが、今回はお仲間さんはいるのでしょうか。
それより何より、東サラのお仲間レッドクロス君も同レースに出走してくるので、複雑な心境ではあるのですが、せっかく手合わせするのなら2頭のワンツーが見たいものですね!
どちらが勝っても恨みっこなしということで、どうぞよろしくお願いします!
人(´∀`*)
それから、コロリンパパさんと長谷川枕山堂さんの分まで、気合を入れてブルックリンを応援してきますよ!

この日の札幌では6Rにシルクスコーピオン君とシルクルガール君が、9Rには久々のレッドジョーカー君が出走しますので、生でしっかり応援してこようと思います!
ミントさん、ジョーカーの現地応援はお任せください!(笑)
スコーピオン君とルガール君の応援は何とも微妙ですが…とにかく2頭が精一杯力を出し切れるよう応援します!

このブルックリンの応援が終われば、徒歩で愛馬を応援に行く機会がしばらくありませんからね(再来年)。
せっかくですから、思い切り応援を楽しんできますよ!
スポンサーサイト

過ぎ去りし時を思う☆

お盆を過ぎると涼しくなる…。
北海道では当たり前のように言われるこの言葉も、地球温暖化によって覆されてしまったのでしょうか。
連日、暑いです(汗)
例年であれば私の誕生日くらい(7月下旬)にトンボを見かけるのですが、今年初めて見かけたのはお盆過ぎ。
これも猛暑のせいでしょうかね。

上記のとおり寝苦しい毎日なのですが、そんな夜にふと天に召された方のことを思ったりします。
御霊が安らかに眠ることを祈りつつ、先人達の志を忘れないようにしたいものです。

時は確実に過ぎ去っていきますので、私も一瞬一瞬を大切に生きていかなければいけないですね。

それぞれの卒業☆

月曜日だと言うのに、巷では卒業、卒業と何だか賑やかでしたね。
この時期に卒業だなんて言葉は、三歳未勝利馬を想起させる、私達競馬に深く関わる人間くらいにしかピンと来ない話かと思いましたが、もちろんそうではないわけです(笑)

今や国民的人気を博していると言っても過言ではない、某アイドルグループの一員が卒業するということで、この騒ぎという訳なんですよね。
しかし、何が凄いって、NHKのニュースで、海上保安庁が公表した某国の活動家達が領土侵犯した際の映像についてのニュースと、ほぼ同等の時間を使ってこの出来事を取り上げていましたからね(!)
国家の尊厳に関わる問題と双璧を成すほどの重大事であることを、このニュースを見て知った次第です(汗)

このニュースを見ながら、我が国にはまだこういう余裕があるのかと思え、知らず知らずに目尻が下がってきました(笑)
卒業された方には、これから何を目指すのかは存じませんが、持てる才能を存分に発揮していただき、世の中を明るくして欲しいと、切に願います。
また、チーム・タジではこの方よりも一足先にチームを卒業された方がおられますが(笑)、当然セレモニーなどあるわけもなく、淡々と登録抹消されただけでして、今まで頑張ってくれたことにもっと感謝しながら、明るく送り出してあげないといけないなと、改めて思いましたね。

残暑厳しく、勝利は遠く☆

タジ本人が暑さにやられているせいか、8月のチーム・タジは全体的に沈滞ムード(汗)
人生楽ありゃ苦もあるってところですね。
今日はプレノとグラサージュのどちらかで、掲示板はあるかなと思いましたが、目論みは見事に外れました(笑)
ただ、今日は北海道マラソン観戦とお仲間さんの愛馬達が奮闘したことで、勇気と活力をいただきましたよ。

残暑は厳しいですが、私も日々負けずに頑張っていきたいですね。
そして、チームから明るい話題が飛び出すのを気長に待ちたいと思います。

今日も皆様、お疲れ様でした。

ドリーマー君、やったね!☆

プレノタートが何とも消化不良なレースで終わったのですが、代わりにシルクドリーマー君がしっかり勝ってくれたので嬉しいです!!

おめでとうございます!

シルクアタック受けてみよ!!☆

新潟9Rにシルクエステート君、10Rには愛馬プレノタートとシルクドリーマー君、最終Rにシルクレイノルズ君が出走します。
プレノへの期待感はもちろんありますが、他のシルクっ子達も素晴らしいと思っています。
特に、プレノとドリーマー君はワンツーを期待したいところですね!

今日は強力なジェットストリームアタックが見られそうで、楽しみです!

がっかり大王、汚名返上できず☆

今日は道内最大のグレードレース、北海道マラソンが行われています。
残暑厳しい中で行われることの多いレースで、過酷なことでも知られているのですが、今回は日頃お世話になっている方が参戦するとのことで、応援に行ってきました。
ただ、一万名以上の人が走るわけですから、もう誰が誰だか良くわかりません(汗)
最初は往路で応援していましたが、みんなビュンビュン飛ばしていくので見分けがつかず、仕方なく復路でちょうど応援しやすい場所を見つけて、そこで待つことにしました。
30度を越える蒸し暑さの中で、応援する側も汗だくになりましたけれど(笑)、ランナーが必死に頑張っている姿を見ているとジッとしていられなくなり、手を叩いて応援しました。
その内にお目当ての方も無事走ってきているのを確認し、しっかり声援で見送ってきました。

私が復路で北海道マラソンを観戦している頃、新潟でもシルクグラサージュがレースを走っていたのですが、あれ!?という着順で終わったようですね。
レースを見ていないのでわかりませんが、今のところ不名誉な大王の座を譲る気配はないようです。
ふぅ…。

運も実力のうち!!(笑)☆

小倉8Rが終わった直後は冷や冷やしていました。
と言うのも、デセーオが捲りを打って外から上がっていく時に、その内を通る馬達が明らかに手綱を引いているシーンを目撃したものでして(汗)

長い長い審議の末、失格になったのは別の馬でホッとしました~♪
しかも道中、思い切り脚を使って4着止まりだったところを繰り上げ3着となり、棚ぼたにもありつけるという幸運!(笑)
いやはや、たまにはいいこともあるもんですね~

今回のレース内容はいかにも小倉らしい、中盤で一気にペースが上がるトリッキーな展開。そんな中、デセーオも奇襲戦法で捲りを打つという大胆かつ攻撃的な作戦。
この戦法が合っているかどうかは別として、デセーオの気持ちに良い刺激を与えることはできたのではないでしょうか。
今後は好位~中団から脚を伸ばす競馬ができるといいのですが、デセーオの気分次第のところもあるので(笑)、結果については長い目で見ていった方がいいかもしれませんけれどもね。

ただ、ミントさんとも話をしたのですが、この子は速いとかバテないとか言うより、何か持っているようです(笑)

デセーオ、猛暑を克服して夏女となるか!?☆

今週はチーム・タジの中核を担う3頭が出走しますが、今日の小倉8Rにレッドデセーオが先陣として登場します。

決して暑さが平気というタイプでもなく、厳しい残暑の中を小倉へ遠征するのは楽な条件ではありませんが、これも仕事なので、割り切って頑張ってもらうしかないですよね。
小倉のD1,700は急にペースが上がったりするトリッキーな展開が多く、意外なところで足元をすくわれてしまう場合も多いですが、そこを和田騎手のエスコートで乗り切って欲しいところです。

調子はまずまず良いようですが、暑さは避けられそうにもないので、ここは地力と和田騎手の手腕に期待します!

古馬日記☆

古馬2頭が揃って今週出走します。

☆シルクグラサージュ
天栄でしっかり休養を取っていましたが、いよいよ今週日曜の新潟で復帰戦を迎えます。
暑さに弱いので、厳しい残暑がどう影響するかは未知数ですが、ここは休養効果と順調な仕上がり具合に期待したいところです。
そして何より、グラサージュのムラな性格を、大野騎手が上手くいい方向へ導いてくれることを願っています。

☆レッドデセーオ
じっくりと厩舎で仕上げられ、土曜の小倉で復帰します。
調子がかなり落ちていた状態から立て直してきたので、強気なことは言えませんが、直前の動きからは気配の良さが伝わってきます。
こちらも新コンビの和田騎手で、新味を引き出してもらいたいところです!

岩馬れ!マイハート☆

今年は調子が戻らず、苦戦が続くシルクマイハート。
ただ、フェザ子姉さんがここに来て安定感のある走りを披露していることから、この子も古馬になってから期待したいですね。

☆シルクマイハート
登録していたレースが除外となり、今後は古馬混合戦を戦うことになります。
ただ、相手をどうこうと言うより、今はマイハート自身が調子を取り戻すことが大事。
年内に掲示板に食い込むシーンがあれば、それで今年は良しとしたいですね。
陣営には、焦らずじっくりでお願いしたいです。

思わず笑ってしまった☆

予想外のことではあったものの、それに怒るのではなくて、むしろ笑ってしまったという話をご紹介します。

昨日、突如メールにてシルクハーデスト引退との知らせを受けました。
何でも、22日に抹消の手続きが取られたそうなのですが…
それなら、22日の三歳馬情報の更新時に言えっつーの!!(笑)
未勝利戦に間に合わないため…みたいな話を真面目にされても、そんなこと、もうずいぶん前から誰の目にも明らかなんですが…

とまあ、ちょっと面白ネタとして意地悪に話してしまいましたが(笑)、クラブとしてもギリギリまで現役続行を模索していたようなところもあり、それが22日の情報更新の際に、リアルタイムな話で引退の方向性を匂わすこともなく、忠実に一週間前の出来事を話してくれただけなのかな、と思っています。

最近、鮮やか過ぎるほどの速さでクビ切りを実行してきたシルクだけに(過去もそうだったのかもしれない)、今回のハーデストの件が余計に目立ってしまうのですが、引退の話の前に、松山先生に馬体と今の状況を確認してもらうという話が出てきていましたから、松山先生に500万下で現役続行をお願いしたのか、はたまた一旦地方に移り、勝利数の条件を満たして中央に戻った際は、その受け皿になって欲しいとお願いしたか、そのどちらかをシルクが依頼したのではないかと推測できます。
ただ、先生にも先生の事情があるので断られたのでしょう。
両前脚骨折した馬の復帰を、馬房を空けてのんびり待つというのは、確かに悠長な話ではありますからね。
あと、骨折の際に未勝利戦に間に合わないことが当初から明らかだったにも関わらず、こうして去就の判断に時間がかかってしまったのは、ある意味、松山先生とシルクとの間に、良好な関係構築ができていなかったのではないか、と。
意思疎通が取れていなかったことが、決断の遅れに繋がったようにも感じられます。

ただ、もしかすると、骨折した時の給付金をもらう要件として、ある一定期間は現役馬としていなければならない、ということでもあるのでしょうか。
ああ、そういうことなのかな。

まあとにかく、ハーデストは期待をかけていた一頭だけに、引退の報は残念ですが、どこかの地方競馬で再起して欲しいと願っています。
そして、チーム・タジの三歳勢がみるみる弱体化していくのを感じている今日この頃です(笑)

三歳馬日記☆

三歳未勝利馬に残されたチャンスは僅かのようですが、既に失った馬も出てきました。

「シルク」

☆プロスペリタ
先日のレースで6着でした。
休み明けという事情を考えると悪くはないのですが、時期も時期なのでそう甘いことも言っていられないようです。
ただ、乗り味はなかなかのものらしく、僅かなチャンスをモノにする可能性は残されています。

☆エメラルドチャーム
こちらは先日のレースを見せ場もなく大敗し、非常に厳しい状況です。
一応続戦のようですが、最後に意地を見せて一桁着順でもあれば上等という印象です。

☆シルクハーデスト
骨折で戦線離脱。
乗り込み再開へ目処が立ちつつあるようですが、松山先生にも状況を確認していただき、今後の進め方を考えるそうです。
いずれにせよ、未勝利戦の開催中に復帰することは叶わないでしょう。

☆シルクダヴィンチ
先日のレースで6着となり、引退決定。
脚に不安を抱えながら、そのわりに頑張っているようにも見えましたが、レース内容に進展が見られなかったので致し方ないところでしょう。

☆シルクアポロン
残暑厳しく、なかなか状態が上がらない様子。
復帰に時間がかかりそうですが、無理する必要もないのでゆっくりやってくたさい。

☆シルクブルックリン
今週の土曜日に芝1,200を予定しています。
残暑厳しい中での輸送もあり、あまり前走から間隔もないことから、状態をどれだけ維持できるかが鍵ですね。
能力は認めても、それを発揮できるかは何とも言えないところです。

☆フィールグリュック
帰厩しました。
小倉D1,000を予定していますが、前走の反省から戦法も一工夫するようですね。
展開が嵌まるかどうか、というところもあるでしょう。

☆プレノタート
今週の日曜、新潟芝1,400へ出走します。
今後は適距離を意識して使うようですが、残暑厳しい中、新潟への再度の遠征が果たしてどうか。

「東サラ」

☆レッドランベール
帰厩しましたが、早速挫石のアクシデント。
崖っぷちのレースに、乗り込みに時間をかけて臨めることを考えれば、まあ悪い話ではないと前向きに考えます。
それに、今までの成績が成績なので、状況が厳しいことには違いないですからね。

☆レッドコースト
患部への治療・ケアを念入りに行いながら、稽古を続けています。
それだけでも良しとしなければならないのでしょうね。

二歳馬日記☆

秋はまだ先かと思っていましたが、もうすぐなんですよね。
段々日も短く、寒くなることを思うと、連日の猛暑もちょっと名残惜しく感じる…ことはないですね!!(笑)
早く涼しくなってくれー!

☆ロレーヌクロス
しがらきに移動してきました。
とんとん拍子で物事が進んでいます。

☆シュヴァルツローゼ
稽古の質を上げながら、しっかり乗り込んでいます。
まだまだですが、基礎を固めておけば後が楽ですからね。

☆サムソンズプライド
徐々に持ち直してきているようです。
完全に元気を取り戻せば、後は早いのではないでしょうか。

☆スターリーワンダー
順調です。
熾烈なスーパー未勝利も始まる時期なので、入厩はまだ先でしょうね。

☆エリンジューム
ゆっくり立て直しを図っているところです。
時間をかけて心身を充実させて欲しいですね。

☆ラストインパクト
順調に稽古を積んでいます。
スターリーワンダー同様、入厩はもう少し先でしょう。

☆アイズオブラヴァー
じっくり、じっくりと稽古に取り組んでいます。
案外、化ける存在になるかもしれませんね(笑)

☆ラトーナ
復帰戦はりんどう賞とのこと。
この時期に、もうそんな先のスケジュールを発表するとは、VIPは違うなあ、と妙に感心しています。
シルクティソナとは訳が違いますね(笑)
ちょっと自虐的だったかな?

☆アウレオーラ
天栄でじっくり立て直しを図っています。
大型ながら、脚に不安がないのは何よりです。

☆ムーンスケイプ
じっくりと稽古を積み、馬体を造っていますね。
全体的にまだまだ弱いところもあるでしょうが、頑張って欲しいものです。

「東サラ」

☆レッドクラーケン
ソエは小康状態。
今では稽古にしっかり取り組み、遅れを取り戻そうとしています。

☆レッドレイヴン
こちらもソエの心配はなく、順調に稽古を積んでいます。
心身共に、少しずつしっかりしてきているようですね

一歳馬日記☆

東サラでは一歳馬の一般募集が始まり、シルクでも募集馬のラインナップと価格等が固まりつつありますね。

シルクでの私のお目当ては、お値段的にも納得。
パンフレット(パンフレットというよりカタログでは!?)が来る日を楽しみに待つとします。

さて先日、ダンスーズデトワール11への出資が確定した際に驚いたのですが、こういう分かりやすいミーハー血統にはある程度の応募で止まるだろうと私は油断していたのですが、結果は即満口!(汗)
いい馬だと分かれば、高かろうが安かろうが、お金が一気に集中するのが、見ていて凄いものだと改めて感じました。
ただ、ダンスーズデトワール11はまだまだ実力未知数なのに、一体皆さんはどこでリスクヘッジするのだろう、と何となく考えています。
そして、東サラには他に5,800万の高馬がいましたが、この子が無事に強いお馬さんになることを願います…。
高いからと言って安心料にならないのが、一口の世界の怖いところではあります(汗)

リスクとリターン!☆

長谷川枕山堂さんが、一口馬主の立場や権利、出資の参考になりそうな記事を書いておりますので、ご紹介させていただきます。

私は投資としての意味合いで出資馬を持っていますので(クレージーな奴であることは認めます)、お金の使い方としてどうかという、至極もっともな話をしてくれることを、とても嬉しく思いますし、歓迎します。

さて、チーム・タジを振り返ると、プレノタートやシルクブルックリンの予想外の活躍が目立つものの、現三歳以上は、中核を担うべく期待していた馬が揃って上手くいかない(デビューすらしていない馬も!)状況であり、正直なところ大きくなっても不思議ない損失を、限られた馬達の頑張りで何とか小さくしてもらっている状況と言えます。
成功というよりは、苦戦していると言っていいでしょうが、今後の稼働次第で状況が一変する可能性もあり、冷静に推移を見守りたいと思います。
もちろん楽観視しているわけでもなく、デビューしている三歳未勝利馬達の中で、まともに何とかなりそうな馬(陣営発表の期待コメント含む)は、プロスペリタ一頭という状況につき、二歳馬達の集結が予想される晩秋~翌年まで、苦戦が続くことが予想されます。
つまり、チーム・タジの現在稼働できる有力馬達が好走を続けることで、辛うじて戦線を維持できるのではないかと、そういうわけです。

皆さんの目に、チーム・タジが一体どのように映るかは分かりませんが、出資する立場で考えると、何かしら教訓になりそうなものが見えてくるかもしれませんね。
一口馬主をされている方、これからされる方のご参考になることがあれば幸いです。

ちなみに、いよいよ募集が始まった(これから始まる)一歳馬が、チーム・タジの第四世代になるわけですが、最初の一頭がこちらです。

☆ダンスーズデトワール11

ルルーシュの弟ということで目立ってしまったようですが、馬体と血統の両面で納得できたのがこの一頭だけでした。
ただ、他が悪いという意味ではないので悪しからず。
マル外が募集されるなら、また一頭考えてもいいかな、というところです。

一方のシルクは、カタログがまだ発送される時期ではないためか、あちこちで色々と出資の話で盛り上がっているようですね。
私は、値段でも納得の面白い子を何頭か発見しました。
馬体と即尺OKなら、周囲の評判を気にせず出資しようと思っています。

優しさに触れる幸せ☆

昨日の同窓会は、人もたくさん集まり盛大なものになりました。

最初の席ではお話できなくても、二次会、三次会で色々な人と話せる機会ができて、良かったです。
男子はそれぞれに立派な風貌となり、女子はかわいくなったり綺麗になったりで、みんなそれぞれの人生を豊かに生きているんだな、と実感しました。
話を聞くと、みんなそれぞれの職場やご家庭で、奮闘しているようでした。
それと、女性はお化粧しているじゃないですか。なので、「タジ、私のこと覚えてる?」と聞かれて分かる人と分からない人がいて、本当に焦ります!(笑)
また、この年齢にもなると家庭を築いた友達も当然に多く、幸せな話に花が咲いて、それもまた嬉しいというか、楽しかったですね。
それにしても、みんな笑顔。笑顔の花でいっぱいでした。
みんな優しい顔で優しい雰囲気。不思議だけれど、いいもんですね。
と同時に、自分は独身で好き勝手に生きて、一体何をやっているのかなあ、と少々反省もしました(汗)

私は自分で何かをしてきたと自信を持って言えることは何一つしていないし、まだまだ頑張らなければならない自分にとって、過去を懐かしむというか、振り返るために会うというのは、正直なところ消極的ではあったのですが、せっかく誘ってもらったこの機会を、無駄にしなくて良かったなって思いました。
人と人とのご縁って、大切ですよね。
そういう気持ちを常に持って、日々頑張っていこうと思います。
ブログも気持ちを込めて、これからもしっかりやっていきますよ!

レースを見て思ったこと☆

今日はマイディアソングちゃんとレッドエレンシアちゃんが走ったレースを観戦しました。
パドックでのソングちゃんは元気そのもの。活気のあるスタスタ歩く姿を見て調子の良さを確信。
これが競馬に結び付かなければ、一言芝が合わないという話になるんだろうなあ、と思いつつ、でも、これならいい勝負になりそうだと、取らぬ狸の皮算用(笑)
一方のエレンシアちゃんは、どうも神経質そうな雰囲気で、力を出せるかちょっと心配な印象でした。

レースでは、ソングちゃんがやや出負けするも、すぐに後方の内に入れてロスなく追走。
エレンシアちゃんは先行集団を見ながら中団外目を追走します。
ソングちゃんは、秋山騎手が巧みに馬込みを縫うように誘導して、徐々に前との差を詰めにかかり、エレンシアちゃんは勝負どころで手が動き始めます。
直線に向くと、エレンシアちゃんには既に反撃する余力がなく、後方から徐々に詰めてきたソングちゃんも、若干窮屈になる場面もありましたが、自力で突破するほどの脚色はなく、伸びずバテずと言ったところ。
共に、戦前には予想しなかった残念な結果となってしまいました…。

エレンシアちゃんは休養明けとは言え、本調子ではなかったように感じました。
パドックの雰囲気どおり、今日はどうも戦う前に終わっていたような感じでしたね。
ソングちゃんは、今後ダート路線を邁進するということで、ハッキリしたのではないでしょうか。

どちらも理由のある敗戦につき、次の反撃を楽しみに待とうと思いました。
2頭とも、お疲れ様でした!

競馬場からこんにちは!☆

昨日の同窓会は大盛況で、またまた午前様!(笑)
そのことについては、後ほど改めて書くとします。

今日は札幌競馬場では札幌記念が行われますが、私の楽しみはメインレースではなくて最終レース!(笑)
お仲間さんの愛馬マイディアソングちゃんとレッドエレンシアちゃんが出走しますので、ワクワクしながら応援しますよ!
2頭のワンツーにただただ期待するのみです!!

2頭ともしっかり頑張ってねー!!
私も応援頑張るぞっ!!

同窓会へ☆

これから同窓会に行ってきます。
しばらく会っていない友達に、たくさん会えるのはいいのですが、何だか照れ臭いなって思ったりもします(笑)
そんなこと考える年齢でもないから、まあいいかな(笑)

馬のこと、もっと色々書きたいのですが、明日以降精力的に頑張ろうと思います!

リアちゃんおめでとう!☆

昨日(今朝?)は深酒のため、午前中の競馬は見ていなかったのですが、リアちゃんことリアルファッションちゃんのレースが気になっていたので、結果を見ると、な、なんと優勝…!!

素晴らしいことじゃありませんか!
私が偶然にも応援馬券を買わなかったのも奏効したようです!(笑)
波乱のレースだったようですが、運も実力の内と言いますからね。
ちなみに私は最近になって、実力とは運を引き寄せるためのもの?などと思ったりもしています。

リアちゃんは、ひいき目もありますが、勝って当然の馬だと思っていましたし、荒削りな素質ですが、レースを使う毎に磨かれているのではないかと思います。
かなり強くなるのではないでしょうか。

最後に、出資された鈴木やすたろうさんや他のお仲間さん達、おめでとうございます!!

熱狂と静寂☆

世間では今週、お盆ということもあり、連休をとって里帰りされた方やゆっくりくつろぐ方が多かったのではないでしょうか。
当ブログをご覧になっている方にも、楽しい連休をお過ごしだった方も当然いらっしゃるでしょうね。
よい休養ができたことと思っております。

当の私はと言いますと、今週も通常どおり仕事をしております。
まあ、世間がお盆休みですので、ほぼ開店休業状態であったと言っても過言ではないでしょう(笑)
連日早めに帰宅していたので、まめにブログを更新する機会はあったのですが、せっかく出来た余裕時間なので、色々調べてみたり、自分なりの勉強に時間を費やしておりました。
昨日もブログを書こうとしたものの、長谷川枕山堂さんがブログで素晴らしいお話をしてくれましたので、読んですっかり満足の心境となり、そのまま就寝。

先日のコロリンパパさんの話もそうなのですが、熱い話、大いにけっこうではありませんか。
そして、私達に何ができるのかということを真剣に考え、よりよい未来を作り出すことを大切にしながら、行動していきたいものです。
私達のため、というよりも未来のためですよね。

未来と言えば、一口馬主の未来(というより現状)について一つ。
現二歳世代より補償制度が廃止された他、今年から中央競馬の賞金が目に見えて削減されており、明らかに投資環境が悪化してリスクが高まっています。
つくづく、競馬の世界も経済情勢と無関係ではないなと実感しますし、これからは各クラブの募集馬の質以前に、経営状態も重要になるのではないでしょうか。
大規模に運営されてきた牛への投資が、近年破綻した実例もあり、対岸の火事では済まない状況であると私は考えています。
ちなみに考え方の一つとして、私は募集時期を遅くしているクラブは、補償制度廃止の補完として、出資馬の育成がある程度進んだ状態で情報を発信するという姿勢が、ある意味で消費者(出資者)の視点で営業ができていると解釈しています。

馬の分析はもちろんですが、営業マンゆえなのか、企業の営業手法と戦略を読み解くことも、先々のプラスになることとして、私は楽しんでいます。

そろそろ眠くなってきましたので、今日はこの辺で。
皆さん、また明日!

じじ先生の背中☆

昨日、いつものようにアトリエへ行ってきました。
夏休み中なので、子供達の顔ぶれもちょっと違うようでしたが、元気いっぱいなのは相変わらず(笑)
きっと充実した夏休みを過ごしているのでしょう。

ただ、親御さんや先生方の様子がちょっと暗いというか、何かあったような雰囲気。
それが何かは分からないまま、昨日は積木をボンドでくっつけて宇宙人作り!(笑)
私も子供達に負けない面白い?奇妙な?宇宙人を作りましたよ。

さて、みんなが宇宙人を完成させた後、メインの先生から神妙な面持ちで、じじ先生(アトリエの社長・愛着を込めて皆そう呼んでいる)が月曜から特殊なガンのため入院することが決まったとの話をうかがいました。
大変な病気であり、私はすっかり言葉を失ってしまい、他の先生方も親御さんも悲しい雰囲気に包まれる理由が何なのかがよく分かりました。
私の父親も特殊な病気だったので、過去の色々なことを思い出しながら、じじ先生とそのご家族、そして先生方と歩んできたアトリエなどのことを思いながら、お話を聞き続けていました。

ただ、当のじじ先生はと言うと、これがまた普段と何も変わらないような雰囲気なんです。
色んな思いは当然にあるのでしょうけれど、ありのままに受け入れているかのような、そんな雰囲気でした。
特に何かを語るというでもなく、いつものように淡々としていたのですが、口にする言葉の中には、一生懸命に生きたという、一片も悔いがないという清々しささえ感じられるものがありました。
悲しみ、辛さ、弱さ、強さ…
じじ先生の雰囲気はそれらを超越してしまっていました。
もちろん、厄介な病気にはなりましたが、日々を頑張って生きていくという精気が漲っている姿にも見え、励ますどころか、こちらが逆に励まされてしまったかのようでした。
おかしな話なのですが、でも事実そうなんですよ。
儀礼的な言葉など無用なくらい、じじ先生は豊かというか大きな方なんだと今更ながらに気付かされました。

整理整頓に余念がなく、はしゃぎ回る子供達を叱りつけ、明るさの中に深い洞察力と思慮を備えたじじ先生。

じじ先生が、またアトリエで元気にご活躍されることを願って、一日も早いご回復をお祈りしています。

読んで欲しいお話!☆

コロリンパパさんが、ペットの在り方について実に考えさせられるお話をしています。
詳しくは、リンク先「コロリン一家のココロの奇跡」より、『声帯を切るということ』(でしたっけ?)をご覧ください。

コロリンパパさんの豊かな人間性を感じると共に、ペット業界やペットを飼う立場の方、ひいてはそれらを取り巻く社会全般について、考えるよいきっかけになればと思います。
コロリンパパさんのお話を、私の心の中にしまっておくだけではもったいないと思いまして、今回勝手にご紹介させていただきました。

それぞれ頑張りましたね☆

シルクのお仲間が参戦した新潟の2つのレースを観戦しました。
シルクエステート君は素晴らしい末脚でしたね。
結果は2着ですが、唯一後ろから先頭との差を詰めましたし、今までの休み明けの中でも上等なレース内容だったのではないかと思います。
陣営は戦前、新潟のコース適性を指摘していましたので、そのジャッジが正しかったことを結果で証明したことにもなるのですが、何よりエステート君自身が、秘めた能力にようやく体が追いついてきたのではないか、と思わせる内容でした。
この子、オープンに上がる器ではないでしょうか。


そして、期待と不安が交錯する中でメインレースに登場したシルクアーネスト君でしたが、実力を発揮できずに敗退してしまいました。
確かに、先行する牝馬2頭がそのままワンツーで決まってしまう展開(おまけにレコード)でしたので、後ろの馬はお手上げだった訳ですが、いつものアーネスト君であればこの展開でも掲示板はあったでしょう。
ピークの状態でなかったことだけは、確かだと思います。

夏のコンディション維持の難しさ、そして陣営が賞金加算のためにレース選択で苦慮し、レースに向けて努力し続けたことも窺えることから、この結果について簡単に言い悪いは言えないと思いました。
しっかり休んで、また元気にターフに戻ってきて欲しいですね。

今日は2頭とも、お疲れ様でした!

コツコツと上り詰める努力☆

今日は新潟の準メインレース、それからメインレースに、シルクのお仲間がそれぞれ登場しますので、しっかり応援しようと思います。

準メインのシルクエステート君は、休み明けがどうかというところではありますが、コツコツと力をつけてきた子ですし、地力に期待したいと思います。
現在二番人気ですが、実力的には当然でしょう。
遅咲きのエステート君、これから長く活躍して馬主さんに貢献してくれるのではないでしょうか。

一方のシルクアーネスト君は、待ちに待ったマイル重賞への挑戦ですね。
体調が鍵だと思いますが、使い詰めても意外に結果を出してくる、勝負強い池添厩舎のことですから、何とか体調維持はできているのかな、と思っています。
そんなわけで、相手云々より自分との戦いとも言えるアーネスト君ですが、まともなら自慢の差しであっさり決着をつけてくれるのではないでしょうか。
マイルを超える距離だと、若干末が甘くなるように見受けられますので、ここは今後のためにも決めて欲しいところですね。
使いたいレースに心置きなく使えるようになって欲しいものです。

陰ながら、応援してますよー!!

なでしこ、勇気をありがとう!☆

女子サッカーの決勝戦。
ワールドカップとの連覇を狙ったなでしこジャパンでしたが、やはり最強ライバルのアメリカは強かった…。
銀メダルでした。

試合全般を通して、特に体力面とリベンジとメダルに賭ける気迫・集中力では、なでしこ贔屓の私の目にもアメリカが圧倒しているような雰囲気であり、2-1という結果は、さすがアメリカと思うと共に、ある意味で日本もワールドカップ覇者としての意地を見せることができた結果ではないかと思います。

確かになでしこジャパンが金メダルを獲得できれば、それはそれで素晴らしいのですが、だからと言って銀メダルだと悔しくて悔しくてしょうがないのかと言われれば、私はそんなことはないと思いますし、むしろ夢を見せてくれたなでしこジャパンには、改めてどうもありがとうとお礼を言いたいです。
メダルだって、恐らく女子サッカー史上初めてのことでしょう?この健闘を讃えずして何とする、というところです。

勇気と感動をありがとう!
なでしこジャパン!!

二歳馬日記☆

二歳勢は秋に向けて充電中です。

☆ロレーヌクロス
しっかり稽古を積んでいます。
立て直しの早さと順調度を見るにつけ、ノーザンの設備と育成力を思わずにはいられません。

☆シュヴァルツローゼ
稽古の質を上げながら、しっかり乗り込んでいます。
元気に頑張って欲しいです。

☆サムソンズプライド
簡単に疲れは抜けないでしょうが、涼しくなってからの復帰だと思いますので、成長を促しつつじっくり立て直してもらえればいいな、と思っています。

☆スターリーワンダー
稽古は順調です。
じっくり鍛えてもらっていますので、秋が楽しみです。

☆エリンジューム
疲れをとりながら、ゆっくり立て直しを図っているところです。
こちらも焦る必要はないでしょう。

☆ラストインパクト
順調に稽古を積んでいます。
8月に入りましたし、秋に向けて入厩を意識する時期になってきましたね。

☆アイズオブラヴァー
他と比べればまだまだですが、この子なりによく頑張っています。
しっかりと体力がつくまで我慢の日々です。

☆ラトーナ
ソエのことなどもあり、復帰は秋の京都とのこと。
この子に合わせて、しっかり立て直していただければそれで十分です。

☆アウレオーラ
時計どおり、レースでは全く走っておらず消耗もほとんどなかったようですが(笑)、再調整のため天栄へ。
方向性がハッキリしたので、結果的にこの大敗は価値があったのかもしれません。

☆ムーンスケイプ
馬体の立て直しを図っています。
焦ることなく、じっくりやっていただければと思います。

「東サラ」

☆レッドクラーケン
8月中旬に情報更新予定。
☆レッドレイヴン
稽古の質を上げています。
幸い、ソエや疲労なども大したものではなかったのでしょう。
目標のレースが近いのか分かりませんが、張り切って頑張っているようです。

熱すぎるっ!!

オリンピックの競技はどれも熱を帯びていて、観戦すると興奮必至です。
普段馴染みのない競技に、興味を持つ機会としてもオリンピックは貴重でしょうね。

さて、金銀銅のメダルの数より、なでしこジャパンの結果が気になっていた私としては、とうとう決勝に進んだことに一際興奮を隠せません!
しかし、それにも増して興奮の度合いを高めたのは、決勝の相手がまたアメリカかよ~!!ということです(笑)
宿命のライバルと金メダルを賭けて再び戦うとは話が出来すぎていますが、この頂上決戦を思い描いてきた方も少なくないと思いますし、スポーツはまさに筋書のないドラマですよね。

今は女子の卓球を見ていますが、さすがは御家芸と言うべきか、中国は強いですね~。
でも、愛ちゃんも頑張ってます!
実力差の話はともかく、雰囲気に呑まれないで欲しいですね!

雪辱に燃えてます!

私は今年のマラソン最終戦を、札幌マラソンと位置付けていたのですが、早々に締め切り(!)となってしまったので、昨年と同じく、北海道ロードレースに参戦します。

昨年の北海道ロードレースが散々な結果でしたので、今年はタイムを縮めて雪辱を果たしたいですね!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。