シルク・北海道ツアー報告(関東募集馬編)☆

シルクの北海道ツアーに参加してきましたが、そもそもツアー自体が初。
見聞きするもの、刺激を受けるものが盛り沢山で、実に有意義なツアーとなりました。
阿部社長はじめシルクのスタッフの皆さん、それからノーザンファームや白老ファームのスタッフの皆さん、どうもありがとうございました。

早速、見学してきました募集馬についてご報告いたしますが、カタログのページ順に、印象の良かった馬についてお話します。
あれれ!?という印象の馬ももちろんいましたが、ここでは触れません(見学会に協力してくれた牧場側への配慮)し、特に印象のなかった馬の話もしません。また、馬を見たり撫でたりしていたので写真もございませんので悪しからず。
色気が全くないレポートですが、私と矢野元先生のお話にしばしお付き合いくださいませ。


『キャリアコレクション』

(タジ評)…歩き方が実に素晴らしい。値段、血統を抜きにして何を選ぶ?と問われれば、私なら真っ先にこの子の名前を上げます。それくらい、出色の雰囲気を持っていました。

(矢野先生評)…(成長途上と前置きしつつ)「いいケツしてる」「順調にいけば走るよ」

『マチカネハナサソウ』

(タジ評)…馬体だけを見ると良さは感じないですが、歩き方に好感。悪い印象はもちろんなく、派手さのないタイプと言えるでしょうか。

(矢野先生評)…「足元いいなあ~!」「ケツもいい」

『マイベストスター』

(タジ評)…カタログの姿も格好いいですが、実物もそのままの格好良さ。各パーツにメリハリがあって筋肉質。歩き方も非常に良かったです。

(矢野先生評)…「この体はデインヒルが出ているよね。良くなってるよ。」

『ビワパシフィカス』

(タジ評)…ムチのようにしなる馬体。歩き方などは取り立てて強調するようなところは私には見えなかったが、悪い印象はない。

(矢野先生評)…「これは細身でブライアンズタイムが出ているよね。」「マイベストスターとは対照的なタイプだけれど、どちらが良いというより、(人の)好みだよね。距離はこっちの方がもちそう。スピードもある体だよ。」

『レジェンドトレイル』

(タジ評)…こじんまりとしているが、悪くもない。歩き方は良かったですね。

(矢野先生評)…「フレンチデピュティは硬いが、この子はちょうど良くなっているね。」「足もいい。地味だけど確かな馬だよ。」
『ウェディングメリー』

(タジ評)…立ち姿良かったですよ。バランスが良くていい馬です

(矢野先生評)…「今回、日高の馬はみんないいんだよね。この子も良くなってるよ。」

『タイキポーラ』

(タジ評)…落ち着きがあって、力強い歩様。
顔を撫でて、額と額をスリスリしても静かにしてましたし、そこから離れても、私の動く方向に目や顔を向けてじぃ~っと見ていました。かわいいヤツです(笑)
体の良さに目が行きましたが、性格もとても良さそうです。

(矢野先生評)…「いい胸してる。姿勢もいい。悪いところがない。」「でもね、金成(調教師)のためにも言ってるんだよ(笑)あいつは弟子だからね!」(預託先が金成先生なので、こういう形で応援しているのでしょう)

『カデンツァ』

(タジ評)…歩き方が良かったですね。良い雰囲気です。

(矢野先生評)…「成長も順調。チチカステナンゴの子だけど、いいね。」

『レツィーナ』

(タジ評)…特段、これと言った印象はありませんが、悪くはなかったです。

(矢野先生評)…「スペシャルウィークにしては体に太さ(幅)があって、しっかりしている。」

『ティックルピンク』

(タジ評価)…これと言った印象はないですが、悪いところはないです。

(矢野先生評)…「皮膚がいい」「柔軟性がある」

『ジェイドストリーク』

(タジ評)…遅生まれにしては、体が子供という感じはしなかったですね。良かったですよ。

(矢野先生評)…「体は良くなってる」

『ナイキフェイバー』

(タジ評)…体は小さいものの、馬体の造りはしっかりしていました。

(矢野先生評)…「良い。化骨も進んでいるし、タフに(競馬を)使っていけるタイプだね。」

『マチカネベニツバキ』

(タジ評)…たてがみとか、毛色が派手(笑)やんちゃな印象でした。

(矢野先生評)…「これはいい馬。歩きも良かった。」

『シルクスウィフト』

(タジ評)…右前の胸の辺りをケガしてしまっていたようですが、幸い大事ないとのことでした。
カタログでは、ぽわぽわしたかわいい雰囲気ですが、なかなか見栄えする馬体に成長していましたよ。

(矢野先生評)…「トモの肉付きとか、良くなっている。ケガは全然問題ないよ。」
スポンサーサイト

台風が心配☆

台風直撃ですので、通過地域にお住まいの皆様はどうぞ十分にご注意ください。

ツアーにいらっしゃったシルクのお仲間さん達が無事に帰れたのか心配ですねえ。

ただいま帰りました!

シルクのツアーから帰ってきました!
たくさん見たり聞いたりできて、予想以上に楽しかったです!

中身は後でしっかりとご報告いたしますので、しばしお待ちくださいませ。

ツアー間近☆

今週末はシルク見学ツアーに行ってきます!
晴れるといいですね。

エリンジュームやプロスペリタのレース観戦ができないのは残念ですが、何とか頑張って欲しいです!
お仲間さんの愛馬達も、活躍を期待してますよ!

昼行灯と小沢昭一的こころ☆

TBSラジオで放送されている長寿番組「小沢昭一の小沢昭一的こころ」が、小沢昭一さんが入院されたことで、収録がお休みになっているようですね。
高齢と言っても差し支えない年齢での闘病ではありますが、小沢昭一さんの一日も早い回復をお祈りしています。

大学生時代にバイトの現場作業から帰る時や、社会に出てから今日まで、営業に向かう時や帰る時…
自分の人生の傍らにあった小沢昭一的こころ。
軽妙なテンポと人情味に溢れたおもしろおかしい話は、いつも心に染み入ります。
何度も聞いていると、小沢昭一さんの人間観察の凄みがよく伝わってきますよ。
おもしろいんですが、深いんです。

私のような昼行灯をも支えてくれた、素晴らしい番組と小沢昭一先生。
番組再開、待ってます!
てなわけで、明日のこころだ~♪

料理=調和!☆

久しぶりに、アトリエでの活動報告。

先日の土曜日は、「みそスパゲティ」に挑戦しました。
以前お話したことがあるので、ご存知の方もいるかと思いますが、料理は立派なアートなんです!

ラーメンの具材にしても良さそうな、ピリ辛のみそミートソースを、一から手作りのパスタにのせて、美味しくいただきましたよ。

作る工程も、ひとり黙々と麺の元を練るような作業から、みんなで協力しあって野菜を切ったりミートソースを作ったりする作業など、実に様々。
ただ一つ言えるのは、自分以外の人と協調することで、自分ひとりの時よりも、より素晴らしいものができる、ということはハッキリできたかな、と。

今回のアトリエで、私が特に嬉しかったのは、内向的で今までこちらの問い掛けに反応がほとんどなかった子が、調理を担当する私に、レシピを順番に読んで助けてくれたことです。
ああ、ようやく信頼が芽吹いてきたのかなあ、と思うと、気持ちが暖かくなりましたね。
また、「〇〇くん、味見しないの?」と初めて名前で声をかけてくれる子もいました(アトリエでは、名字ではなく下の名前で呼ばれています)。
最近、顔を合わせるようになったアートの才能がありそうな中学生の子にも、調味料を入れるタイミングなどで初めてお話することができて、嬉しかったですね。
いい交流ができた一日でした。

私は営業マンですから、その気になれば色々おもしろおかしく人に接することはできると思うのですが、子供といる時くらい、そんな技術を使わず、自然体でのびのびしていようと思っています。
そんな自然体の私でも、少しずつ子供の輪の中に溶け込んでいけるんだな、と思うと、なんだか自分も成長しているのかな!?と感じる次第です(笑)

宿命のライバル誕生か!?

レッドデセーオとシルクシンフォニーちゃん。
今日で二度目の戦いとなりましたが、またしても、どちらも勝てず(汗)
ただ、2頭とも上位に食い込んでいるので、力は示したように思います。

デセーオの和田騎手は道中、内を先行していましたが、勝負どころで外へ持ち出す味なプレイ。
結果、スムーズに脚を伸ばしてあわや優勝!?かと思いましたが、勝ち馬の決め手に屈してしまいましたね。
一方のシンフォニーちゃんは、デセーオの直後、内ピッタリを回って脚を溜めていましたね。
内にいると精神的にも窮屈になるので(デセーオはその点で脆い)、これでどうなるのか見ていましたが、怯むことなく、内からしぶとく伸びてきましたね。
ただ不運なことに、直線では窮屈になって追うに追えない場面もあり、全力を出し切れないまま4着に敗れています。
減量騎手起用とは言え、シンフォニーちゃんが以前よりも力をつけているのも感じましたね。

年齢では一歳デセーオの方がお姉さんですが、これからもお互いに切磋琢磨しながら、長く活躍して欲しいなと思いました。

2頭とも、今日はお疲れ様でした!

花より団子…さっぽろオータムフェスト2012☆

レッドデセーオのレースを見終わった後、札幌大通り公園で現在開催されている「札幌オータムフェスト2012」に行ってきました。
花より団子の人生を送っている私にとって、道内の各市町村の名産を食べられるイベントを見逃すことはできませんからね!(笑)

見事な秋晴れの下、会場は人!人!人!の大賑わいでした。
すべてのお店を巡りたいところだったのですが、うねうねと長蛇の列が連なる様子を見て、敢え無く断念。
御飯類を売る店は、どこもかしこもそんな調子で無理なので、焼鳥や帆立、カレーなどをいただいてきました。
鹿肉のサイコロステーキなんてものもいただきましたよ。
鹿肉の味を知っている方から、以前「独特のクセがある」と聞いていたのですが、何の何の。肉の味を際立たせる塩胡椒でいただきましたが、牛肉と変わりのない風味と歯ごたえで、美味しかったです。
また、ラム肉のステーキなんていうのもいただきました。どこの町の出店でしたかねえ。ラムのステーキなんて固くて大変だろうと思いましたが、食べてみると適度な歯ごたえで、ステーキでも無理はないな、と。

カレーは長万部の「GRASS」さんのチキンカリー。
ルーでも、スープでもない感覚が売りらしいのですが、具材が煮詰まったのかドライカレー風なんですよね。辛くて、ちょっと大人の味でした。
まだまだ食べたかったのですが、ひたすら並ぶのが苦手な性分につき、お土産に鍛高譚のラムネ2種類を購入して帰ってきました。


ようやく秋の気配の北海道。
今年のオータムフェストは、私にとって夏の余韻と秋の風を感じながらの、楽しいひと時となりました。
そして、ちょっと食べすぎました!(笑)

これは押さえておきたい

シルクのカタログが手元に届き、ひと通り読みました。
そうこうしている内に、何と募集馬2頭がアクシデントで募集中止に。
私の狙っている馬ではなかったとは言え、申し込み前だったのがせめてもの救いでしたよね。
値段設定等で候補として考えられた方も少なくないはず。
出資受付開始後では、無用なトラブルになるところだったでしょう。
馬体が未成熟の時期に、出資することの怖さを改めて感じた次第です。

さて、私の出資については、今度のノーザンツアーで検討材料を拾いあげようとは思いますが、基本的には血統→カタログの写真→育成状況で出資候補馬篩に掛ける姿勢は堅持しており、優先出資するかしないかも含め、あらゆる選択肢を排除しないつもりです。
ただ、ツアー前にこれは優先期間で出資しようと思う馬が一頭います。
それは…

ハッピーチケット11
~血統構成の素晴らしさは抜けている。
カタログ到着前に即尺で巨漢馬と知って、一時様子見が妥当と思ったものの、カタログを見ると馬体に重さを感じず、いい意味で予想を裏切ってきた。

まあ、ハッピーチケットを私が狙っているのは一部のお仲間さんには完全に見透かされていたので、大した驚きにはならないでしょうね(笑)

その他、現時点での出資候補について私なりの短評を掲載します。
たくさんいますが、全馬に出資したいわけではなく、ここから育成状況を見ながら候補を選びます。
それから、これはあくまで私の個人的見解ですので、くれぐれも軽く受け流してください。

マチカネハナサソウ11
遅生まれらしく華奢。成長の推移を見守りたい。

ビワパシフィカス11
シルクユニバーサル11
個人的に、馬体はユニバーサルの方に魅力を感じる。牝馬の出資有力候補。

レジェンドトレイル11
かわいい(笑)かわいいだけで、まだまだ馬体が成長しないと何とも言えない。

レイサッシュ11
カタログの解説どおり、バランスのいい馬体。成長を見守りたい、楽しみな子。

タイキポーラ11
ガッシリした馬体に魅力も、兄弟はその大柄さゆえに大成せず。
一言、育成次第。

ヴィヴィッドカラー11
力強い馬体。サムソン産駒は晩成タイプが多そうなので、こちらものんびり成長を見守りたい。

ジェイドストリーク11
遅生まれの牝馬。血統構成はいいので今後化けることを期待。

セクシーココナッツ11
姉達とは全く違う雰囲気。
優先出資してもいいと思っていたが、馬体重がわからないというのは不満。

シルクスウィフト11
とってもかわいい。ぽよよ~んとした雰囲気。
子供っぽいので成長を見守りたいし、何より体重が分からない!でも大きそう。

ブラッシングプリンセス11
可もなく不可もなく、という馬体。
内面に強いものを持っているのかもしれないが、それは現時点では分かりようがない。

ブリージーキス11
ハッピーチケットと共に出資最有力候補も、即尺と馬体を見て単なる一候補に後退。あくまで成長次第。

スーヴェニアギフト11
成長したらどんな体になるのか見てみたい一頭。
現時点でも筋肉が浮き出て格好いい。

クイーンオブタイム11
バランスのいい馬体。馬体重さえ分かれば(笑)

シルキーウィズ11
華奢に見えるが、悪くはない。むしろ、パッと見はスウィフトよりよく見える。
ただ、馬体重が…(汗)



現時点で安全牌と言えるのは、スーヴェニアギフトとレイサッシュ、そしてシルクユニバーサルというところでしょうか。
馬体重が分からない馬ばかりで不満ですが、その中で一頭と言えば、やはりセクシーココナッツですね。
ただ、それぞれの馬達にも魅力がありますし、そもそも来年以降にならないと具体的にどうこう言えるような、決定的な出資判断材料も出てこないでしょう。

のんびりいこうと思います。

また会いましたね!☆

今日はチーム・タジの牽引役の一頭、レッドデセーオが出走します。

前走は出足がつかず、それが逆にデセーオの脚質転換のきっかけになったように思います。
その前走の経験を生かすとすれば、好位~中団グループで脚を溜める作戦を取るでしょうかね。楽しみです。

それにしても、またシルクのお仲間シルクシンフォニーちゃんと対決することになってしまいました(汗)
こういうの、本当に困ってしまいます。
しかも、年に二回もぶつかることないですよね~(笑)
嫌になっちゃうなあ。

まあ、例によってワンツーフィニッシュを期待しますよ。
どちらが勝っても、恨みっこなしです!!

シンフォニーちゃんのことだけを考えてみますと、減量騎手を起用している以上、スッと前へつけて流れに乗っていきたいところでしょうね。
揉まれずにいけば、いいところはあると思いますよ。
それと、私はこの子が決して前へ行くだけの馬ではない、とも見ています。
いい馬ですよ。

さて、どんなレースになるでしょうか!

シルク二歳っ仔が面白い!☆

愛馬サムソンズプライドのレースの前後に、シルクのお仲間であるタイムアラウド君とゴールデンヒーロー君の二歳馬2頭が出走しました。

タイムアラウド君は、近日引退する武英智騎手と共にレースに挑みましたので、そういう意味でもぜひ勝って欲しいなあと思っていたのですが、後方からしぶとく伸びて3着まで。
スタート直後の芝では今ひとつスピードに乗れていなかったように見えましたので、その割にはよく頑張ったと思います。やはり力ありますよ。
それより、タイムアラウド君は何でこんなに人気がなかったのでしょう!?
全くの謎ですが、その分馬券が美味しかったのは言うまでもありません!(笑)

もう一方のゴールデンヒーロー君は、レースが始まるとハナに立とうかという勢いで、楽々と先行態勢に入ります。
内から人気馬が先手を取りに行くと、そのままピッタリとマークする理想的な展開。
これは楽勝もあるかという手応えで直線に向きますが、内々の窮屈なポジションにいたためか、ちょっと追い辛そうな態勢に。
人気馬はそのまま逃げ込みに入り、直線半ばでは焦点が二着争いとなる中、ゴールデンヒーロー君が内でそのまま二番手を確保するかに見えましたが、後続の追い上げを抑え切れず、惜しくも4着に敗れています。
競馬の内容としてはまさしく理想的で、大人びたレース運びだったのですが、これで4着というのは、距離がちょっと長いのか、それとも外から被されるのが苦手なのか、はたまた生粋の差し馬なのか、というところでしょうか。

いずれにせよ今日のレースを見る限り、2頭とも勝ち上がるのにはあまり時間がかからないように思いました。

はちゃめちゃな競馬に見るプライドの可能性☆

サムソンズプライドのレースを観戦しました。

体重は二桁増でしたが、見るからに成長分であり、心身共に充実しているようでしたね。
しかし、肝心のレースでは思い切り出遅れて、後方からの競馬を余儀なくされました(汗)
4コーナー手前からポジションを押し上げていくと、大外をブン回して必死に差を詰めました。
ただ、けっこう脚を使っていたので、直線の坂あたりからはほとんど他馬と脚色が同じになりましたね(笑)
まるで競馬学校の模擬レースを見ているような荒削りな競馬で、人馬共に若さを感じさせる競馬でしたが、しかし、最後8着に食い込んでみせたところに、サムソンズプライドの地力を見たような気がしますし、山崎騎手も最後まで諦めず頑張ってくれました。
こんな競馬でも、終いパッタリとはなりませんでしたし、この距離にも一応の目処がついたでしょうか。
デビュー戦を見て、マイル以下が守備範囲かと思いましたが、必ずしもそうではないようですね。
図らずも後方からの競馬となったことで、差すことを覚えるきっかけとなったことも、良かったように思います。

プライドと山崎騎手、お疲れ様でした!

勝ってるっかな勝ってるっかな♪☆

今日は愛馬サムソンズプライドが出走します。
プライドが走るばかりではなく、お仲間さんの愛馬も朝から続々と走るのでワクワクしながら応援したいと思います!
シルクっ仔二歳馬でジェットストリームアタックが決まれば言うことなしですね。
後続のシルクっ仔達に勢いをつけたいところでもあります。

ま、そういうわけで、お仲間まっきーさんにつられて、私も歌ってみようと思います。
勝ってるっかな、勝ってるっかな、さてさて、ほほ~♪(笑)
私が歌いたくなった理由は、まっきーさんのブログ「夢中人~」にありますので、お時間のある方はどうぞお読みくださいませ。

それでは皆さん、今日も良い一日を!

食いしん坊、結果を出せず☆

土曜日はアトリエ、日曜はお祭りで、競馬は今日だけ観戦することができました。
が、しかし、神輿を担いだ翌日なので疲労困憊!(笑)
何となく、ぼんやりレースを見ている一日でした。

今月は私の愛馬達ばかりではなく、お仲間さんの三歳未勝利馬達も必死になって優勝を目指しておりますが、崖っぷちからの大逆転とはなかなかいかないようですね。
競走馬に強さはもちろん必要ですが、何より運が欠かせないのだと強く感じます。

さて、仮に運があっても…?という状況にあった愛馬レッドランベールが、今日のスーパー未勝利に挑みましたが、後方でいいところなく終わってしまいました。前二走の中身と中間の内容から、変わるのを期待しようがなかったので、結果をすんなりと受け止めています。
走るより食べることが好きな子ですから仕方ないですよね(笑)
けれど、この先のんびりとカイバを食べる生活が待っていればいいのですが…

また、育成過程をしっかり見極めて出資することがいかに大切さであるかを、レッドランベールは改めて教えてくれました。
せっかく高い授業料を払ったので、この教訓を今後に活かしていこうと思います。

レッドランベール、お疲れ様でした。

神力宿る!☆

このタイトルを見てオカルトネタだと思った方、すいません!(笑)

昨日は神社のお祭りに参加して、お神輿担ぎをお手伝いさせていただきました。
昨年は訳も分からずに担いでへとへとになってしまったので、今年は何が何でも最初から最後までしっかり担ぐんだという固い決意で臨みました。
その甲斐あって、自分の力を精一杯出し切って、思う存分担がせてもらったので、素人なりに満足でしたよ!
我ながらよくやった、と(笑)

お神輿って、馬力や根性で担ぐというのも確かなのですが、拍子に合わせて歩を進めないと上手くいかないものなんですよね。
担ぎ手みんなと息を合わせるというのか、そういう一体感も面白いんですよ。

貴重な経験をさせていただき、感謝感激です!

一日も早い回復を祈ります☆

みぃーささんのブログへ遊びに行くと、お父様が入院されたとのこと。
看護に専念されるので、ブログは当面お休みされるとのことでしたが、それは無理もないことでしょう。
家族に何かあった時、それをしっかり支えられるのは、やはり家族ですからね。
みぃーささんのことですから、思う存分に親孝行することでしょう。
お父様の一日も早いご回復をお祈りしています。
そして、みぃーささんご夫婦も、どうぞお体を大切にしてください!

私達も、昨日までの日常がこれからもずっと続くと思わずに、一日一日を大切にしていきたいものですね。

今年もお神輿!わっしょい!!☆

今年も、お祭りでお神輿を担ぐお手伝いをさせていただくことになりました!

今度の日曜日なんですが、確か予報では雨なんですよね(汗)
暑いよりはマシでしょうか。

とにかく、一生懸命頑張ります!

繋がる人と繋がる夢!☆

今までたくさん素敵な出会いがあり(恋愛、ではないんですよね…汗)、アトリエに通い、先日の講演会にも出席し、色々考えていたことが徐々に頭の中で繋がってきました。
アトリエの先生から、積木の時間に「繋がってくると楽しくなるよね」と言われたことを思い出して、確かに楽しくなってきたと実感しています。

この社会が優しい社会になるにはどうすればよいか。それを、これから私なりに頑張っていきますね。
願い続けていたら、できるかもしれません。
ちなみに、決して怪しいことじゃありませんよ(笑)
簡単に言えば、よりよい未来を築くためのもの、でしょうか。

まずは入口に立った段階なので、これから必要なことを勉強して、考えを練っていこうと思います。
忙しくなりそうです!

三歳馬日記☆

エメラルドチャームとフィールグリュックが現役引退となりました。

「シルク」

☆プロスペリタ
脚元は良いのですが、残暑のせいか体調がどうも今ひとつの様子。
今週のレースも睨んでいましたが、万全を期して来週以降のレースに向かいます。
☆エメラルドチャーム
D1,200で、一発逆転を狙うようです…
という話だったはずが、謎の反転でD1,800のレースに出走して大敗。
これで引退となりました。

☆シルクアポロン
栗東に戻りました。
あまり残暑が厳しいと大変でしょうけれど、夏場をしっかり休んだことが、今後生かされることを望みます。

☆シルクブルックリン
ちょっぴり遅い夏休みをいただけそうですね。
夏競馬お疲れ様でした。

☆フィールグリュック
D1,200に出走して、あえなく撃沈。
チャーム同様、競走生活はこれでおしまいです。
体力と脚がしっかりしていて、早期にデビューできることが有利であることを証明する結果と言えるかもしれませんね。
何事もですが、出資は特に焦らずいきましょう!(笑)

☆プレノタート
夏休みに入っています。
注文のつくタイプではありますが、ローカルよりも中央でのびのび走る方がいいんじゃないでしょうか。
その日をのんびり待つとします。

「東サラ」

☆レッドランベール
この子なりに頑張っています。
というより、陣営が苦労していると思います(汗)
最後に意地を見せて欲しいのですが。

☆レッドコースト
未出走馬ながらじっくり育てられています。
スーパー未勝利であくせくしない待遇に感謝!

二歳馬日記☆

秋の訪れと共に、二歳馬もレースに向けた動きが徐々に出てきているように感じます。

「シルク」

☆ロレーヌクロス
しがらきに移動後も順調です。
勝ち気で荒い気性かもしれませんが、気持ちをレースで発散できるくらい、まずはしっかり体を造ってもらいましょう。

☆シュヴァルツローゼ
引き続き、しっかり乗り込んでいます。
順調に育てば、しがらき経由ではなく、直に入厩もあるようですね。まあ、まだ先の話ですが。

☆サムソンズプライド
順調です。芝1,600もしくは1,800を予定しているとのこと。

☆スターリーワンダー
順調です。
基本的に素直な子のようですから、厩舎で可愛がってもらいましょう。

☆エリンジューム
こちらも至って順調です。
精神的に大人になってくれればいいですね。

☆ラストインパクト
順調に稽古を積んでいます。
スーパー未勝利戦の目処がついたところで、入厩となりそうですから、引き続きしがらきで待機となりそうです。

☆アイズオブラヴァー
寝違え?左前に違和感があるようで、現在静養中です。

☆ラトーナ
心身のリフレッシュを図っています。
ゆっくり立て直してもらいましょう。

☆アウレオーラ
美浦に戻りました。今度は頑張って欲しいですね。

☆ムーンスケイプ
じっくりと稽古を積み、馬体を造っています。
トモの弱さをどのように克服していくかが鍵となりそうです。

「東サラ」

☆レッドクラーケン
来週更新予定。

☆レッドレイヴン
ファンタストで入念に稽古をつけられています。
夏場よりも、心身に芯が入ってくれると嬉しいですね。

キミはキミのままがいい☆

先日、ゆったり子育て講座の本年第一回を受講してきました。
当然と言うべきか、受講者は圧倒的にママさんが多く、パパさん一握り(一人!?)という状況でした。
単なる独身者はもちろん私一人です(笑)
ちなみにこの講座は、お子さんをお持ちの方のみならず、保育士・教師の研修のための講座でもあります。

今回は、ディスレクシアについての啓蒙活動でご活躍されている、藤堂栄子先生を講師としてお招きし、学習障害の早期理解とその支援について、勉強しました。
藤堂先生もおっしゃっていましたが、私も「障害」と言うと語感として重いですし、自他との線引きとして熟慮せず簡単に使われてしまうと、悲しいものがあります。
しかし、人よりも何かができなくて(しかし、人よりも何かができる才能もある)困っている人がいるのは事実であり、それを家族が、親しい人が、そして社会が支え、良いところを伸ばして幸せの輪を広げることは、とても大切なことだと思いますので、物事については正しく理解し、正しく伝えられるように、そして困っている方の一助となれるよう行動していこうと思いました。

また、障害と言えば治すとか、改善できるかという話にもなるのですが、そうではなくて、真っ正面から向き合って、いかに幸せに生きるかを考え工夫していくことが大切なのであり、それには一人で悩まぬよう、家族もよく理解し、本人の立場で考えることが重要です。
ただ、これは口で言うほど生易しいものではなく、家族にも相応の苦労がかかることは明白です。だからこそ教育の場でも、学習障害などへの理解とフォローが必要不可欠だというわけなんです。
ちなみに、教育の場では既にそういう取り組みが始まっているようですが、ご家族にとっては切実なことだと思いますし、家族と学校さえ上手くいけばそれでいいという次元の話ではありませんから、それを分かち合い、連携して、助け合える社会の構築が急務であると、私は思いました。

我が国の経済も斜陽の時期を迎え、ともすれば自分だけの利益や保身のみを考え、自らの犠牲を避け、人の痛みに疎い社会となりつつあるように感じられ、そういう社会を何年と期間を区切って立て直すのは困難ではあるでしょう。
しかし、だからと言って未来に禍根を残す理由にはなりませんので、官民一体となって子供たちの未来を真剣に考え、今こそ環境を整備していく必要があると思いました。
そこに、日本経済が再び日の目を見るチャンスが隠されているように私は思うのです。

話だけがまた長くなってしまいましね(汗)
今日はとりあえずこの辺で。

ボンバーガールズ二の矢で勝機!☆

講座が間もなく始まりますので手短に。

フィールグリュック、今日のラストチャンスをぜひモノにして欲しいです!
タイトルは願望がモロに出ています!(笑)

それでは皆さん、よい一日を!

ゆったり子育て講座2012☆

今日は、アトリエ主催の「ゆったり子育て講座2012」を受講しに行ってきます。
一日かかるので、今日は競馬を見ることができませんが、私にとっては貴重な勉強ですからね。
しっかり学んできますよ!

独身の私がなぜそんなものに興味を持つのか、不思議に思われる方がいるかもしれませんね。
ちなみに、既に意中の女性がいるから、今後のために勉強するということでは決してありません!(笑)
幼児教育は人間学習の基礎であり、人間関係の在り方、個人と集団についてなどを知る、誰にでも身近で大切なことだと思うからなんです。

人として、少し向上できるよう頑張ります!

チャームお疲れ様☆

ただ今、エメラルドチャームがレースを終えました。
着順はよく分かりませんが、恐らくシンガリ負けになっても不思議ではないかと思います。

確かに減量騎手の効果もあってか、外目から先団の一角を形成していましたが、徐々に徐々にポジションを下げていきました…。
ええ、外を回らされたとか言うよりも、やはり距離が長かったですね(汗)

次こそは短距離のレースを試して欲しいと思いますが、残念ながら、もうその次というのがありません(汗だく)

今は、ただただ良いお母さんになってもらえればと思います。
エメラルドチャーム、今までお疲れ様でした!

ストゥーディアスちゃんの勝利は格別な味!?☆

ストゥーディアスちゃん、デビューから3戦目でついに初勝利!!
おめでとうございます!!
牡馬を相手に4馬身突き放す圧巻の競馬。
馬格に恵まれているとは言え、この時期にこれだけの競馬ができると言うのは素晴らしい。
早熟な子とも思えませんし、これからも堅実に頑張ってくれそうですね!

シルクでは、とかくノーザン効果についての検証が盛んですが、しかし、現二歳馬から育成方法を工夫したという千代田牧場産シルク子も、やるんだぞ!という意気込みが、ストゥーディアスちゃんのレースに現れていて、それを見事結果で示すことができて、よかったなと思いますね。
確かに千代田牧場産シルク二歳馬は総じてデビューも早かったですし、それ自体、育成が満足のいく過程で進んでいたのかもしれません。

ストゥーディアスちゃんの名前は、確か勉強好き?というような意味だったと記憶していますが、奇しくも千代田シルクっ子の低迷から教訓を得て、牧場で育成を工夫したことで出した結果が、今日の勝利であることを思うと、名前って深いな~としみじみ感じます。

出資者にとっても千代田牧場にとっても、今日の勝利は格別なのではないでしょうか。
私も勉強になりましたし、今日の結果を嬉しく思います!

スーパー未勝利のボンバーガールズ☆

幸か不幸か、チーム・タジ内でスーパー未勝利に生き残れたのは、エメラルドチャーム、フィールグリュック、プロスペリタの牝馬3頭と、レッドランベールです。
レッドコーストもいますが、ハナからスーパー未勝利に間に合わせる状況にはないので、このメンバーからは除外!(笑)

ところでこの牝馬3頭は、昨年の今頃は脚元への配慮からじっくりじっくり稽古を積んでいたボンバーガールズなんですが(笑)、今のところ素質の片鱗を見せているのは、何故か一番マシに稽古を続けていたエメラルドチャーム以外の2頭(汗)
レッドランベールや、先日引退したシルクダヴィンチも含まれるのですが、素質を発揮できる土台がしっかりしていないと、愛馬が伸び悩みに直面してしまうので、やはり出資はよくよく吟味しなければいけないな、と改めて痛感しています。

さて、そんな反省の日々の中、本日はエメラルドチャームが最後のチャンスをモノにすべく出走します。
陣営も狙っていて、私も淡い期待を寄せていた短距離への路線変更ではなく、何故か従来どおり中距離というのが不思議なのですが(笑)、まあ決まったことは仕方ありません。

、道中後方から動けず仕舞いというレースは、もう見たくはないのですが、ここは減量騎手の思い切りのいい競馬に期待しようと思います。
今までの戦績から大逆転を望むのは酷な状況にあり、ある意味で気楽な立場と言えるかもしれませんので、やれるだけのことをやっていただいて、全力を出し切ってくれることを願って応援しますよ!

シリーズ・絹の旅人☆

シルクのカタログはまだこれからですが、先月の会報に募集馬の値段等が載っていましたので、既にこれを出資の参考にしているのは、何も私ばかりではないでしょう。

値段については、こんなものだろうなあ、と納得しています。
ああ、ディープの子とか、そういうのはよく考えてません。
私は値段の下から馬を見て、逐一吟味していますので。基本的に、高い方はどうでもいいんです。走って当たり前の立場なんですから、考える必要がない。

まあ、それはどうでもいいのですけれど、馬鹿みたいに安い馬がいないのを見て、変な話なのですが安心しました。
というのも、今までお手頃価格で走ってくれた子について、それはそれで素晴らしいとは思うものの、生産者の立場で考えると、安くクラブに売らざるを得ない(利益が薄い)というのは、さぞ辛いことだろうな、と思っていたからです。

出資者やクラブだけが喜んで、誰かがその下敷きになるのではたまらないですからね。
シルクがノーザンとの提携で一番よかったかな、と思うのは、ノーザン(社台)と言うプライスリーダーの先導によって他の生産者も、より適性な価格へと馬を売却できるようになるのではないか、ということですかね。
これは度が過ぎると、ふっかけられるということになるのですが(笑)、シルクの募集馬は従前からかなりお手頃なので、総体的に多少の募集価格上昇は個人的には容認できます。
ただ、その前提として、クラブの根幹を支える出資者の、財務の健全性の堅持もしくは強靭化が不可欠だと思います。
馬を供給する側は、稼げる馬を安定的に送り出せること(強い馬ではなく、稼げる馬です)、出資者の側は将来の活躍馬の選定に狂いが少ないことで、この競馬の世界を側面で支え続けていけるのかな、と言っても決して無理筋な話ではないでしょう。
このことからも、出資者として将来の安定した収益力を構築するために、まず入口の出資はギリギリまで吟味し、熟慮することが肝要であると思うのです。

ちなみに私が東サラで出資したダンスーズデトワール11は、血統背景に加え、馬体と即尺で将来の成長を見込んで出資しましたが、出資のタイミングとして実は時期尚早で、これでは希望的観測に基づいて出資していることになります。
お目当ての馬の成長が、自分の見込み通りに推移し、手応えを掴むに至って、初めて出資に踏み切るべきなんでしょうね。
シルクではそれが比較的容易なので、今年も出資には時間をかけていこうと思います。
そこがシルクの良さでもありますよね。

一応、シルクでも目星をつけた馬はいますので、優先出資をするとは思いますが、勝負は年明け以降になるでしょうね。
成長の推移は、やはり見るべきなんだと思います。
これが、どこまでも現実主義を貫く私の戦略思想なんです。

古馬日記☆

古馬勢では、引き続きレッドデセーオが臨戦態勢を敷いています。

☆シルクグラサージュ
天栄にて放牧中。
涼しくなって元気を取り戻すまで待つとします。

☆レッドデセーオ
こちらもグラサージュとほぼ同時期にレースを使ったにも関わらず、元気です!
今月下旬のレースに向け、順調に稽古を積んでいます。

岩馬れ!マイハート☆

以前にもお話したことがありますが、岩手競馬のシルクマイハートに出資した理由は、震災復興の一助になればとの思いからであります。
中央勢とは、そもそも期待しているものが違うのですが、それでも昨年は、想像以上にいっぱい走ってくれました。
ただ、そもそも体力の面で決して強かったわけでもなく、今年はその反動が出ているように思います。
別に誰が悪いというわけではなくて、人間が期待するところの、頑張るべきところで必死に頑張ってくれたからこそ、だと思うのです。
今年は復調と馬体の成長を主眼に置いて、来年飛躍の礎を築いてもらえればと思いますね。成績は二の次です。

☆シルクマイハート
前走6着でした。苦手としている水沢で復調気配を見せていますので、今後に少し楽しみができましたね!

三歳馬日記☆

三歳未勝利馬に淘汰の波が押し寄せていますね。
一頭でも多く勝ち上がって欲しいものです!

「シルク」

☆プロスペリタ
脚元はここにきてスッキリしてきたようで、芝を試したいくらいの感触とのこと。
ただ、次は負けられない一戦なので、D1,200に勝負を賭けるようです。

☆エメラルドチャーム
こちらもD1,200で、一発逆転を狙うようです。
頑張って欲しいですね。

☆シルクアポロン
ようやく栗東へ戻れそうです。
あまり残暑が厳しいと大変でしょうけれど、何とか無事に乗り越えて欲しいですね!

☆シルクブルックリン
北海道シリーズも終わり、美浦に引き上げましたが、ここで一旦放牧に出るようです。

☆フィールグリュック
小倉D1,000を予定していましたが、除外確実につき回避。
坂のある阪神ダートでどこまでしぶとく先行できるかが鍵ですが、成長したところを見せて欲しいですね!

☆プレノタート
新潟遠征は結果が伴わず、このコースへの適性が低いことも確認…。
放牧に出て、元気を取り戻して欲しいですね。

「東サラ」

☆レッドランベール
この子なりに頑張っていますが、厳しい状況を好転させるような成長力を期待するのは、ちょっとどうかな、という印象。

☆レッドコースト
患部への治療・ケアを念入りに行いながら、徐々にですが稽古の負荷を強めています。