岩馬れ!マイハート☆

今年も残すところ後僅か。
北国の地方競馬は本格的な冬はお休みになりますから、所属馬達も、今はもうひと頑張りというところでしょうか。

ところで、インターネット投票の様々な改革が奏効し、道営競馬の売上はなかなか良かったとの話を耳にしました。
厳しい経済情勢下で廃止になる地方競馬も出る中、経営を続けていくというのは、立派なことだと思います。

競馬を楽しんでもらう選択肢の一つとして、一口馬主がこれから益々認知され、そういう出資の環境を整備する努力が業界にはあってもいいんじゃないのかな、と私は個人的に思っています。
不況とは言え、戦後間もない食うや食わずの時代ではなく、まだお金を楽しみに費やす余裕が、今の世の中にはあると思いますからね。

まあ極端な話だったかもしれまそんが、何であれ、競馬界が需要を掘り起こせることを私は願っています!

☆シルクマイハート
先行できずに後方で伸びずバテず。
輸送競馬のため、馬体も減らしました。
馬体の成長に期待したいところではあるのですが、水沢開催では馬体の維持でやっとというところでしょうか。
水沢でも掲示板に入れば、少しは自信になるというか、励みにはなるんですけれどもね。
スポンサーサイト

強いっ!デピュティ君!!☆

私は出資していないのですが、こんな血統の馬がなんでシルクの地方馬として募集されたの?という第一印象だったシルクデピュティ君。
また、安直な名前が実に分かりやすかったシルクデピュティ君(笑)
しかし、その素質は伊達ではなかったようです…。

本日、大井でデビュー戦を迎えたデピュティ君。
二番人気ではありましたが、レースでは一番人気の馬があらら…となるほどの圧勝でした!
この子、恐らくはまだ七~八分の出来でしょうから、今日は素質だけで走ったようなものでしょう。凄いです。

シルクの地方馬で、初めて大きなところを狙える逸材が現れたのではないでしょうか!?
そしてチーム大井こと、デピュティ君の出資者である鈴木やすたろうさん、優勝おめでとうございます!

未勝利ギリギリで勝ち上がったリアちゃんに続き、味わい深い勝利となったのではないでしょうか。

この子は強くなりますよ~!
故障で引退した、同期のシルクエドワーズ君の分まで、頑張って欲しいなあ♪

三歳馬日記☆

今年も残すところ後一ヶ月となりましたね。
一年って本当に早いものです。
忙しい中にも心躍る日々になるといいですね!

☆シルクアポロン
軽めの稽古をこなしていましたが、ようやく本格的な稽古を再開できる段階になりました。
まあ、これからでしょう。

☆シルクブルックリン
しっかり乗ってますし、帰厩に向けて態勢は整っています。
ただ、二歳馬の入厩や出走などもあるでしょうから、もうちょっと天栄で待機でしょうか。
まあ、それはそれで新年の楽しみになりますから、悪くはありません。

☆プレノタート
外人騎手に依頼しているとは思うのですが、騎手の確保に苦慮している様子。
馬体は出来ているのに、何だかチグハグな状況ですね。

☆レッドコースト
現状で出来る限りの稽古をこなしています。
脚の不安が消えたわけではありませんが、時間をかけてケアしてきましたので、その効果は確かにあると思います!

二歳馬日記☆

ラストインパクトが優勝したことで、チーム・タジもようやく年間7勝目。
ただ、7勝の内4勝が二歳馬によるものなので、二歳馬達には感謝感謝です!

「シルク」

☆ロレーヌクロス
本格的にビシッと追い切った手応えが、思いの外良かった様子。
荒削りな要素を多分に残していますが、順調であれば今週の阪神ダートでデビュー予定。
いいものは持っていても、油断は禁物といったところでしょうか。

☆シュヴァルツローゼ
全体的な弱さを、どのように鍛え込んでいくかが課題のようですね。
大敗したデビュー戦が、いい教訓になっているのはないでしょうか。

☆サムソンズプライド
体調も維持しており、再び臨戦態勢を敷いています。
走るの間違いないので、後は運ですね。

☆スターリーワンダー
両前にソエが出たので、無理せず放牧へ。
これからの子なので、ちょうどいい休養になればいいですね。

☆エリンジューム
全体的にしっかりしていないというのもあるようですが、特に気持ちの面が大きいようですね。
真面目になってくれるかなあ。

☆ラストインパクト
ゲート試験から付き添ってくれた川田騎手の導きで、見事に優勝しました。
余裕残しで使っていますから、陣営には今後のプランがあるのでしょう。

アイズオブラヴァー
当初に比べれば見違えるほど、しっかり稽古をこなせるようになりましたね。
コメントの内容から、もうじき移動になるかもしれません。

☆ラトーナ
徐々に稽古の負荷を強めています。
冬毛が出ていると言っても、時期が時期なので当たり前でしょうね。
北海道にいて冬毛が出なかったら、風邪引くんじゃないでしょうか(笑)

☆アウレオーラ
体力も元気も旺盛らしく、今度は中京遠征も視野に入れているとか。
競走能力もそうですが、この頑健さは大きな武器になりそうですね!

☆ムーンスケイプ
今週のダート戦にてデビューを予定。
手応えのわりに追って今ひとつとのことですから、馬体の成長を見守りながら勝利を目指していくという感じでしょうか。

「東サラ」

☆レッドクラーケン
グリーンウッドに到着後も至って順調。
しっかり乗り込まれています。

☆レッドレイヴン
東スポ杯後にソエが出ましたので、治療を重点にのんびり過ごしています。
まあ、勝負を賭けた一戦がレコード決着だったわけですし、これくらいで済んでむしろ良かったと思ってます。
これで年内はたっぷり休養をとれることでしょう。

冬将軍襲来☆

今日の札幌は終日寒波に見舞われました。
札幌のみならず、北海道内各地で被害が出ていたようですね。

それにしても、午前中は吹雪で視界がなくなってしまって、会社へ戻るのも命懸けでしたよ!(笑)
一瞬周りが明るくなったかと思えば、次の瞬間ドカーンとカミナリですしね(笑)

否応なしに、自然との戦いがまた始まるのを感じる一日となりました。

あなたが探しているのは鳳凰?青い鳥?(前編)☆

土曜日にお仲間さんである、さきゆめさんと再会しました。
かねてより、牧場見学で北海道に行く際は飲みましょう!とおっしゃっていただいたのですが、それが実現したというわけです。

さきゆめさんと、もう一人のお仲間さんと合流し、夜のススキノへ。
さすがはさきゆめさんで、既にお店をリサーチ済み!(驚)
言われるままにお店に向かうと、これがなかなか昭和を感じさせる懐かしさと活気のあるお店。
何でも、さきゆめさんのお友達がこのお店の「カニクリームコロッケ」が美味しいと教えてくれたそうなのですが、これがですね、確かに美味しいんですよ!絶品でした!
どれくらい美味しいかは、後日さきゆめさんのブログ「咲夢ファーム」にてお確かめください。きっと美味しい写真が載っていると思います(笑)

三人でビールで乾杯した後、上記絶品コロッケと、その他美味しそうなもの食べながら飲みながら(笑)、あれこれお話していたのですが、さきゆめさんのお連れのお仲間さんは一緒に北海道にお越しになったのかと思っていたら、そうではない、と。
聞けば、何と私と同じ北海道のお仲間さんではありませんか!
おおっ!ついに!
初めてご当地のお仲間さんに出会ったので、とても感動しました!

しかも、同じ北海道出身と言っても、北の大地から飛び出したじゃがいもみたいな私とは違い、これがまたずいぶん可憐な方でして!(驚)
お名前を伺うと「リオ氏」とのこと。
リオ氏と言えば、確かシルク北海道ツアーの二次会でご一緒したラム王子のお知り合いでもあったはず。
はあ~、なるほどぉ。話って繋がるものなんだなぁ、と今更ながらに世間が狭いことに気がつく私でありました(汗)

さて話は本題に入り、お二人が日中、ノーザンの牧場見学をしてきたので(私はその頃アトリエ)、何か気になる馬、出資したくなる馬はいましたか、と尋ねると、やはりそれなりに手応えを感じる馬に出会えた様子。
よかったよかった。それは何より!
「そういうタジさんは何か出資しないんですか?」と尋ねられましたが、まあ私が出資する(できる)なら、ツアーで一番良く見えたキャリアコレクションでしょうね、とお答えしました。
ツアーの時にも同じ話をしていましたから、繰り返しにはなってしまうのですが、いいものはいいんですよね。
では何故優先で出資しなかったのかと言いますと、私の戦力形成を見てもらえれば分かりますが、基本的に資金の一極集中はしていません。
趣味や道楽と言うのであればそれでもいいのかもしれませんが、私の場合はマネーゲームでもあるので、そう簡単にはいかないのです。
私にとってはディープインパクトやキングカメハメハなどへの思い入れではなく、ただコストパフォーマンスの高さと、走るのか走らないのか、ということだけが大事なんです。

まあ、そんな色気のない話をしてもお酒は美味しくないですから(笑)、そんなことは口にせず、お互いの出資している馬の話などをしていたのですが、リオ氏は現二歳馬から出資を始めたとのこと。
あらあら、それはいい時期に出資しましたね、と話を伺っていくと、何々?フラム君にヴァイズ君にラトーナにロードクレセント君に…って、ちょ、ちょっと!?初年度でそんなに気合い入れて出資してるの!?しかも、ちゃんといい馬を選んでいる…(汗)
あれ、ローブちゃんも持っていたっけ?いかんいかん、飲み過ぎて話半分に聞いていましたね(笑)
とにかくリオ氏、いきなりシルク・東サラ・ロードで勝負しているわけです。
可憐な姿からは想像できない勝負師の素質なのですが、それにしてもビギナーにしては馬選びがずいぶん洗練されている(高馬ばかりではなく、うまく分散している)ので、誰か教えてくれる人がいるんですかと尋ねると、何と、直感だそうです!!

そうかあ。リオ氏には見えるんだあ、何かが…。
女子にはかないません!(爆)
でも話を聞いていると、リオ氏はよく勉強なさっていましたよ。
馬が好きとおっしゃっていましたが、その言葉に偽りなし!というところですね。

こうして話を伺っていると、何だか私も嬉しくなりました。
一口馬主の裾野が広がりはじめているのを感じたのです。
さきゆめさんもおっしゃっていましたが、競馬は競馬でも、馬券買ったりPOGをするだけの立場だと見えてこない、味わえない感動というのが、一口馬主にはあると思うんです。
あくまで無理をしないのが前提ですが、馬が好きな方には一口馬主はオススメです!

さて、私達三人はラトーナつながりでもあるのですが、ラトーナの話と言えば、昨年暮れの号外で確か「4WDのような…」みたいな表現をされていたことをリオ氏が覚えていて、「馬に4WDって表現、普通します?」という話で一同大笑い!
まあ、確かに!
でも何だかシルクらしいというか(笑)
テレサもクラブ毎に特色が出ていて、シルクなんかは表現が足りないとか説明不足とか色々指摘はありますが、じゃあ全てが満ち足りたコメントって素晴らしいのかと言うと、案外、玉虫色で実態がうまく掴めないのではないか、という気がします。


あ、もうこんな時間!
眠くなりましたので、続きはまた後日!

プライドつながりでヨロシク!☆

愛馬サムソンズプライドつながりで、お仲間ミホコさんとお知り合いになれたので、ご紹介します!

お写真を撮るのが大好きなミホコさん。
プライドのおもしろ顔の他、色々なお馬さんの写真をブログで掲載していますので、一読の価値はあると思います。
馬が好きなんだっていう気持ちがダイレクトに伝わってきますよ!

詳しくは、リンク先「ひとくちばぬし日記」へどうぞ!

お仲間さんがいるという余裕☆

お仲間さんにラストインパクトの勝利をお祝いしていただきまして、改めて感謝申し上げます。

今日は勝てても勝てなくても…という仕上げだったと思うのですが、ラストインパクトは見事に勝ってくれました。
ゴールの瞬間「やったあ!」とか思えればいいのでしょうが、私はまだ見ぬお仲間さん達のことをまず真っ先に思いました。
お仲間さんがいたからこそ、自分はこんな馬に出資できたんだなあ、としみじみ思いましたよ。

色々なお仲間さんとの交流が、現二歳馬の出資に繋がっているのは事実ですし、出資金の一部は、お仲間さんの愛馬が激走してくれたことによる、思いもよらぬ美味しい馬券によって賄われていたんですよ(笑)

チーム・タジは、この一年それほど勢いがあったわけではないのですが、お仲間さん達に励まされたり、関わっていく中で面白いことを発見したり、一年を通して意外にも平穏な一口馬主生活を楽しめてきたなあ、と思います。

お仲間さんがいるからこそ、こんなにも楽しめる。人生って素晴らしい!

ラストインパクト登場☆

昨晩はお仲間のさきゆめさん、リオ氏と楽しいひと時を過ごし、とても有意義でした。
お二人にお会いできて感謝の気持ちでいっぱいです!
ありがとうございました!
その話は後ほど改めてさせていただきますね。

さて本日は、チーム・タジの二歳勢では西の大将格ラストインパクトがデビューします。
ある程度の余裕残しだと思うので、いきなり勝てるかどうかは分かりませんが、力は出せる出来にはあるようですね。
このレースでは、キャロットの期待馬であろうトゥザレジェンドちゃんが出走しますし、トゥザ違いでトゥザルミナスちゃん(こちらはサンデーRでしたっけ?)という馬も出走するなど、頭数のわりにメンバーは揃いましたが、ここでどんな競馬ができるのか、楽しくレースを観戦したいと思います。

しかし、トゥザレジェンドちゃんが人気になるのは分かるのですが、この子までもが人気になるのは、やはりお父さんと厩舎のおかげなのでしょうか。
両陣営とも、先を見据えた造りでレースに臨んでいるでしょうから、付け入る隙はあるはずですし、そういう意味ではちょっと過剰な人気ではないのかな?とも思いますが…。
期待されているのは嬉しいのですが、ちょっと恐いですよね(汗)

蘇ろ!グラサージュ!☆

不振のどん底から、改造(と言って差し支えないほどの改善)を施されて再びターフに戻ってきた愛馬シルクグラサージュ。

去勢され、天栄で障害を飛び(笑)、一体これからどうなるかと思いきや、何てことはない、ただの平場のダート戦にカムバックしてきました!(笑)

コロリンパパさんに残念大王と評されるくらい、「クラシックに乗れる馬」という前評判と成績のギャップが大きいグラサージュですが、あらゆる改善策を実施して臨む今回、果たしてどんな競馬を見せてくれるでしょうか。
今まではトモのハマりが悪くて、思うような競馬ができていなかったように思いますが、今回の去勢(休養)後にトモが良くなってきたようですから、これでスタートも良くなれば面白いですよね!
過度な期待はできませんが、楽しみではあります!

考え方にもアクセルとブレーキはある!☆

先日、みぃーささんがブログで興味深い話をしてくれました。

それは、共通の愛馬サムソンズプライドについて、三戦連続三着となった後で、「放牧」を望むという主旨の話をしてくれたことです。
一口馬主を「投資」と認識している私と、一口馬主界屈指の愛馬オーナーのみぃーささんが、まさかこんなところで意見が合うとは思いませんでした!

話が面白かったのは、私とみぃーささんの意見が合ったからだけではなくて、三着で次走の権利を取ったんだから、続戦でいいのではないか、という意見が寄せられたことです。
あやこさんや長谷川枕山堂さんにしてみれば次こそ!という思いなのでしょうし、今のところ陣営も臨戦態勢を解いていません。

まあ、続戦に支障がないのであれば、次に期待してみるというのもいいと思いますが、元々体に恵まれた馬でもなければ精神的に繊細な面を持った子ですから、これらを心配しないわけにはいかないのかな、とは思います。
でも、一口馬主として馬自身を大切にするのか、それよりまずは結果にこだわるのか、見解がわかれるところが面白いですよ。
どちらが正しく、どちらが間違っている、という次元の話ではないですからね。
これは、一口馬主にとってどちらの考え方もよく知るいい機会なのではないかと思っています。
つまり競馬の世界、競争の世界はそれほどにシビアで、考え方にアクセルとブレーキがなければ車と一緒で危険なのではないでしょうか。そうなんです、片方だけでは足りないんですよ。

さて、おそらく続戦になるであろうプライド。
相手と展開次第では、未勝利突破も夢ではないのですが、故事に「利を貪って五十里のみちを駆けつづければ到着するのは軍の半数、利を貪って百里のみちを駆けつづければ優れた将軍でもつまずく」とあるように、強行軍にはメリットもデメリットもあるのです。
でもまあ、勝てばラッキー!負けてもドンマイ!の精神で見守ろうじゃありませんか!

出資する以上、愛馬に期待しないわけにはまいりませんが、まずは馬を愛することと、結果を待てる余裕を持ちたいものですよね。
ちなみに、みぃーささんやあやこさん、長谷川枕山堂さんは皆、それができている方々なので、私は安心してこんな話ができるんですよ。
そういうお仲間さんがいてくれることに、改めて感謝ですね!

そういえば、今月のシルクの会報で、一歳馬の育成状況について書かれていました。
動画は見ていませんが、私は出資した馬達が順調で何よりだなあ、と思いました。
是が非でも出資しておきたい馬は全て押さえてあるので、安心していると言えるのかもしれません(笑)

強いて言えば、グラサージュとラストインパクトが勝てば、私の心の中での一番馬に出資するかもしれない、というところでしょうか。
まあ、無理せずにお金が増えれば、そういうこともできるかなあ、という程度の話ですよ(笑)
その他に買いたいと感じた馬は、今のところいませんでした。
でも、まだこの時期ですからね。出資をご検討の皆さん、焦らずいきましょう!

古馬日記☆

今週末はチーム・タジのシルク勢における新旧エースが出走します。
久しぶりの出走となるシルクグラサージュ、果たして改善効果は発揮されるでしょうか。

☆シルクグラサージュ
去勢後、初のレースを迎えるシルクグラサージュ。
ありとあらゆる改善を促され、ハイパーバトルサイボーグのようになってしまいましたが(笑)、牧場・陣営が一丸となって努力してきたことが、報われる結果を期待したいですね!

☆レッドデセーオ
前走後も、至って元気なデセーオ。
年内にもう一戦することを視野に、調整していくようですね。
この子は派手さこそありませんが、一年を通して唯一堅実に稼動した、チーム最大の功労馬です。
出資初年度では無念にターフを去った愛馬がいる中、デセーオのようにタフで堅実に走ってくれる愛馬もいたことが、私にとって大きな支えになりましたね。

岩馬れ!マイハート☆

シルクでは来月、二歳G1への出走予定など、引き続き楽しい話題が多いですね。
そんな中で私が注目しているのは、岩手のシルキーフェザ子姉さんが年内にもう一勝できるか!?ということですね。
勝って、シルク岩手を盛り上げて欲しいなあ!

☆シルクマイハート
明日、水沢のD1,600に出走します。
距離もそうですが、同型の先行馬が揃ったことで楽な戦いにはならないでしょうが、しかしこのコースは、正月の金杯であわや入着となるところだったコース。
あの時はバシャバシャの馬場だったのに、よく差してきたものだと感心しました。
今回は相手に怯まず先行していくのか、大胆に下げて戦うのか、見物ですね!

三歳馬日記☆

二歳馬の牽引で11月のチーム・タジは比較的にいいムードです。
来月にはプレノが戦線に復帰しますので、引き続き順調な稼動が見込めそうです。

☆シルクアポロン
無理せず、軽めをじっくりとこなしています。
時間はかかるでしょうが、順調に立て直している状況なので、のんびり見守っています。

☆シルクブルックリン
しっかり乗ってますし、帰厩も近そうです。
昨年の冬は適性を模索しながらの戦いで結果は出ませんでしたが、今回は明確に中山芝1,200辺りを狙っているようですから、初戦から期待できそうです。

☆プレノタート
嬉しい話が一つ。
結局は都合がつかなかったものの、陣営がプレノの復帰戦に佐藤哲三騎手へ騎乗を打診していたことです。
今のプレノに必要なものは何か、ということをよく考えて下さっていて、嬉しく思いましたね。

中京の番組を視野に入れていましたが、あくまで鞍上に万全を期す構えで、場合によっては阪神の番組に回ることも選択肢に入れているようです。
話ぶりから、まずは外人騎手に依頼する模様。

☆レッドコースト
現状で出来る稽古をしっかりこなしています。
継続は力なりと言いますから、とにかく順調に稽古できるといいですね。

素晴らしい!さきゆめさんがやって来る!☆

シルク北海道ツアーで初めてお知り合いになった、一口馬主のお仲間さきゆめさん。
今週末、北海道にお越しになるとのことで、再会&飲み会が決定しました!

さきゆめさんにとっては、牧場見学がもちろん主な目的ではあると思うのですが、時間を割いてわざわざお会いする機会を作ってくれることが、何より嬉しいですね。
人とのご縁というのは大切だよなあ、と改めて感じた次第です。

明日はアトリエもありますし、個人的に楽しい一日となりそうです!

二歳馬日記☆

レッドレイヴンの活躍で再び活気が出てきたチーム・タジ。
これほどの活躍を求めたりはしませんが、しかし、今週も楽しみな馬がデビューを予定しています。

「シルク」

☆ロレーヌクロス
15-15中心の稽古を重ねている様子。
まだ緩いのはもちろんですが、馬格もありますので、脚を考慮しながら入念に乗っていくのでしょうね。

☆シュヴァルツローゼ
現在放牧中。
お世辞にも脚の造りはいいとは言えないとのことですが、それはつまり、危なっかしいということでしょう(笑)
この弱さを乗り越えて、鍛え込めればシメたものですが、果たしてうまくいくかどうか。

☆サムソンズプライド
日曜日のレースは三着でした。
どのようにも解釈できるシルク名物「予定は未定」ですが、だいたいこの場合は使っていくと考えて良いでしょうかね。

☆スターリーワンダー
心身共にまだまだなところがあるので、使いつつ鍛えていくようです。
幸騎手とのコンビで初勝利を目指すのでしょうか。

☆エリンジューム
現在放牧中。
当面は心身のリラックスに時間をかける様子。

☆ラストインパクト
順調であれば、今週日曜日にデビューします。
まあ、仕上げとしては八分目を越えたかな?という程度でしょうが、調教パートナーのレッドルーラー君がデビュー戦4着となっており、この子にも掲示板を期待したいところです。
花形の騎手達が軒並み東京へ行くようですが、陣営はこの子のために川田騎手を手配してくれました。

アイズオブラヴァー
しっかり稽古をこなしており、体調の良さを窺わせます。
ビシビシやれる頃に、移動の声がかかるのでしょうかね。

☆ラトーナ
徐々に稽古を進めており、坂路調教も再開。
焦らず、じっくりでOKです!

☆アウレオーラ
体力も元気もあるのが頼もしく、派手さはないですが堅実に走る「レッドデセーオ」タイプなのかもしれません。
本気で走らないので、体調に陰りを見せないのもまた同じ!(笑)
一変は望めないでしょうが、段階を踏んで良くなる手応えはあります。

☆ムーンスケイプ
怪我は幸い大したことはなかったようですが、少なくとも計画には狂いが生じました。
よって、デビュー予定は明確にせず、また地道に馬体を造っていくようです。

「東サラ」

☆レッドクラーケン
栗東近郊へ移動し、デビューに向けて態勢を整えていくようですね。
年明けのデビューとなるでしょうか。

☆レッドレイヴン
東スポ杯に出走し、二着となりました。
よく頑張ってくれたと思います。
来年が楽しみです。

絵になる男!☆

今日のマイルCSでは、武豊騎手騎乗のサダムパテックが優勝しましたね。

久しく、武豊騎手が檜舞台で活躍を目にすることがなかったので、レース結果には私も大喜びしました!

競馬の世界はお金が絡むので、どうしても噂や評価にえげつないものが多いのですが、純粋に人間として騎手を見た時、増して年齢的に身体能力の峠を過ぎたかに見える人の活躍には、やはり感動の念を禁じえないものですね。

そして、やっぱり武豊騎手は華があるなあ、と思いました。
尊敬します。

銅の剣☆

回復傾向の馬場で、最内枠。
昨日の馬場状況からも、渋馬場で泥まみれになる懸念なし。

今日のサムソンズプライドにとって、出遅れさえなければ勝ち負けのチャンスだと思いましたが、結果は三度目の正直ならぬ三度目の三着でした(汗)

心配していたスタートは無難に出て、今までにない好位の競馬。
手応えも十分に直線コースに向きましたが、ちょっと前が壁になって、抜け出すスペースを見出だす間に、勝ち馬が馬場の一番いいところをスイスイと抜け出して、後続を引き離します。
二番手以下混戦模様となる中、プライドは何とか番手を死守するかに見えましたが、最後は交わされて三着。
う~ん、切れ負けしてしまった結果ではあるのでしょうが、いつになくいい競馬ができての三着ですからねえ。

テン乗りで能力を掴み切れない故の敗戦とも言えないですし、疲れも出てくる頃でしょうから、そういうところが敗因かな、と。
東京の芝1,800で再三に渡り上位に来ていますから、もう十分力は示していると思いますので、先生のご判断をもちろん尊重しますが、適当なところで休養でもいいのかな、と個人的には思っています。

サムソンズプライド、今のところ「銅の剣」止まりですが、今後に期待です!

暗黒に輝く一番星☆

福島3Rに出走したレッドデセーオでしたが、4着に敗れました。

まあ、何ともデセーオらしいと言いますか(笑)
中舘騎手が巧みに前へプレッシャーをかけながら、二番手からの粘り込みを図るのですが、後続の追い上げを抑え切れませんでしたね。
でも、いいんです。
今のデセーオの競馬では、クラスが上がっても大変な思いをするだけ。
コツコツ頑張っていることを素直に評価したいです。

さて、今日は東サラ勢のもう一頭にして、チーム・タジの至宝レッドレイヴンがメインレース「東京スポーツ杯二歳S」に出走します。
昼過ぎから雨が降り出し、レイヴンが走る頃には間違いなく馬場にも影響が出るでしょう。

このレース、不安が一つあります。
それは枠でも相手でもなく、有力馬が揃った故に、互いに牽制しあう「金縛り状態」になることです。
この馬場ですから、マークが薄くなった伏兵陣が、巧みなレース運びで有力馬を退ける可能性を否定できません。
ザラストロと、未勝利を勝ったばかりの、江田騎手の馬が人気で遜色ないのは、馬券を買うファンもそれを強く警戒しているからでしょう。

力と力がぶつかる真っ向勝負になればいいのですが、どうも一筋縄にはいかないような気もしています。
この不安とライバル達を打ち払い、レイヴンが真に輝ける星となることを願います。

ちなみに、これからアトリエに行くのでレースは見られません(汗)
もし、お時間があれば、レイヴンの応援をどうぞよろしくお願いします!

古馬日記☆

デセーオは本日福島へ遠征、グラサージュも東京開催中に復帰予定です。

☆シルクグラサージュ
順調に稽古をこなしています。
去勢・休み明けになるので、やってみなければ分からないですが、楽しみはあります。

☆レッドデセーオ
本日の福島3Rに出走します。
テン乗りにはなるものの、ローカルの帝王中舘騎手が騎乗しますから、ノープロブレム!
地味に牡馬との混合戦は久しぶりなのですが、ここでもデセーオの「らしさ」が出ればいいなって思います。
雨が降って馬場が速くなると嫌だなあ、と思いましたが、今のところは心配ない様子。

岩馬れ!マイハート☆

先日、今季二度目の入着を果たしたマイハート。
今度は苦手な水沢開催になりますが、金杯の時の出来があれば、案外走ってしまいそうな気もします。

☆シルクマイハート
体重の変動もほとんどなくなり、ようやく安定してきたマイハート。
寒い時期がお好き?なのかは分かりませんが、先日の5着は今後に弾みがつきそうな結果にも思えます。

そして、いつものお決まりなのですが、食べたものが身になって欲しいなあ(笑)

三歳馬日記☆

シルクの二本柱は頗る順調。残り二頭もじっくりと立て直しを図っています。

☆シルクアポロン
まだ無理する段階ではないので、軽めをじっくりとこなしています。
このままでいけば、年内にはそれなりの形にはなるでしょう。

☆シルクブルックリン
頗る順調。
しっかり乗ってますし、この調子なら年内に帰厩できそうですね。

☆プレノタート
中京開催に向けて、順調に稽古を消化。
無事にレースの日を迎えて欲しいです。

☆レッドコースト
一時と比べれば、運動量は大幅に増えていますし、今月は基礎的な体力強化に努めています。

二歳馬日記☆

一週間の休暇でしたが、あっという間に金曜日を迎えてしまいました。
本を読みふける毎日でしたが、自分が形にしようとするものにはまだまだ時間が足りなかったという印象。
また、とても素敵な方々にお会いする機会もあり、いい勉強をさせていただきました。
その話はまた今度しますね。


「シルク」

☆ロレーヌクロス
ゲート試験を合格。
荒削りですが、素質はある様子。

☆シュヴァルツローゼ
放牧に出ました。
ここからまたじっくり鍛えてもらいましょう。

☆サムソンズプライド
今週日曜日に出陣。
吉田騎手が京都遠征のため、今回は江田騎手が手綱をとります。
競馬には慣れてきましたが、テン乗りと土曜の雨がどう影響するでしょうか。

☆スターリーワンダー
もっさりとした競馬で敗れました。
使いつつ、良くなってくるることを祈ります。

☆エリンジューム
予定どおり放牧に出ました。
気性の成長が欲しいです。

☆ラストインパクト
デビューに向けて仕上げに入っています。
調教パートナーのレッドルーラー君が今週デビューしますので、密かにたのしみにしています!

アイズオブラヴァー
稽古を順調にこなしています。
しっかり稽古をこなせるのはいい傾向ですね!

☆ラトーナ
ゆっくりですが、徐々に立ち上げています。
焦らず、じっくりでOKです!

☆アウレオーラ
少しずつ、レース内容が良くなってきましたね。
体力も元気もあるのが頼もしいです。

☆ムーンスケイプ
デビュー戦に向けて仕上げに入っていましたが、メンディザバル騎手と本馬に相次いでアクシデント発生。
幸いこちらは大丈夫ですが、騎手は帰国しちゃいましたねえ(汗)
とりあえず、デビュー予定はこれで白紙。練り直しですね。

「東サラ」

☆レッドクラーケン
グリーンウッドを目指して移動。
入厩舎に向けて、一つ前進ですね。

☆レッドレイヴン
予定どおり、東スポ杯へエントリーしてきました。
そして、予想どおり素晴らしいメンバーが顔を揃えました。
明日は生憎の雨ではありますが、これだけの馬達が揃ったわけですから、力と力がぶつかる究極の戦いを望みます!
個人オーナーの有力馬の他、各クラブの世代を代表する馬達がズラリ登場しており(6クラブ?)、クラシックの登竜門であると共に、クラブの威厳発揚の舞台ともなりそうですね。
お仲間さんの愛馬もいますので、勝っても負けても恨みっこなし!
どんなレースになるか、楽しみです!

ホスピタリティ考察☆

最近、「ホスピタリティ」という言葉を目にする機会が増えました。
名馬ホスピタリティのことかと思いましたが、どうやら違うようですね(笑)

ホスピタリティには、「思いやり、優しさ、歓待」などの意味があるそうです。
この言葉が、人との交流や企業活動に欠かせないものとして(言葉が知られる以前から根付いていたとは思われるが)、近年注目されているというわけなんですね。

まあ、こうして淡々と話をしておりますが、21時台の某ニュースで、これとはおよそ掛け離れたものを見てしまい、少々怒りを覚えました。
というのは、今世間を騒がせている、女性首謀者が親族達を使って利害関係者を次々に監禁・殺害したという、怒髪天を突く身勝手でおぞましい事件について、事件の背景を解説したわけなんですね。
この事件とは全く別の、恐怖によって支配され、被害を受けた方の話が紹介されて、この事件との類似点などを明らかにするというものだったのです。
明らかにするのは大いにけっこうなのですが、じゃあ、これらの憎むべき犯罪からどのように身を守るべきなのか、もしくは現実に被害に遭われている方に対して、どのような支援・救援の策があるのか、そこまでしっかり報道すべきだったのではないでしょうか。
恐怖、恐怖と言ったところで、何の解決にもなりはしないし、教訓にもならない。
被害に遭われた方々に、寄り添うことを何もせずに、ただ事件に闇があるということを言うだけなら、それでは無責任に過ぎるのではないだろうか。
せっかく調べているのだけれど、そこに人としての理解や配慮がないのは残念でした。

失礼。
ホスピタリティに戻ります。
本によると、ホスピタリティは自他の違いを肯定的に受け入れ、新たな価値を創造し、また相手の視点で物事を捉えることでもある、とのこと。
読んでいる分には面白いけれど、しかし「創造力」とは一体どんな力なんだろう?意外に漠然とした言葉であります。
また、相手の視点でものを考えることが苦手な人はどうすればよいのでしょう?

これは、ホスピタリティという価値観を否定しているわけではありません。
むしろ必要なことであると思っています。
しかし、前提となるものが、実は口で言うほど容易くないのではないか、と言いたいのです。
実践的にホスピタリティが機能するには、人が多種多様な能力を備えていることを前提としていることになりますが、しかし、万民が同じように備えているわけではない。
相互の人間理解に、もっともっと力を入れなければ、これは理想論に終わってしまう話ではないでしょうか。
無論、そうするわけにはいかないのですが。

私達は、人と人との関係の、基礎のところから一つ一つ考えていく必要があると思うのです。
それを企業や社会の支えとして、ホスピタリティを根付かせるとするならば、今はその端緒にいるという認識が、正しいのかもしれません。
まず、自他の違いを肯定的に受け入れるという認識が、広がるようにしなければ。
この世の中を見ていると、先程のニュースよろしく、一方通行の主張が多いように感じられますから、まずはそこからなんだと思います。

常識との暗闘☆

一度書いた記事が消えてしまいました…。
ごくたまにあるのですが、復元しようとする熱い意思がないと苦痛な作業ですね。

さて、ご存知のとおり私はお気楽な独り者です。
雲のようにふわふわしながら、楽しく生きています。
しかしそんな私も、社会では相応の人間性と経験を有した人間と見られる年齢となり、年月の経過の早さを感じずにはいられません。
気がつくと、人に結婚適齢期の限界と言われた年齢をあっさりと過ぎていたわけですが(笑)、しかし、アトリエの先生に言わせれば、これからが人間として円熟味が増して面白くなっていくのだと伺いましたので、人間なるようになるのかなと、やはり雲のようにふわふわとした気持ちでおります。
面白いと言えば、不思議な縁の連続で、ひょんなことから今年幼児教育を学ぶことになった私ですが、これからも人とのご縁が不思議な運命の糸を紡いでくのかな、とワクワクしています!
そういえば、先週の金曜日にこんなことがありました。

大学時代からの親友と、久しぶりに一杯やったのですが、彼と私はお互いに広い意味でサービス業に従事しており、正確には業種が違うものの、人との関わり方など価値観に共通点がいくつもありまして、話はいつも盛り上がるんです。
今回は、私達の身近なことでもある「発達障害」について話をしました。
発達障害とは、簡単に言うと同時に複数のことをするのが苦手というようなことで、これによって画一的な学習への取り組みが難しかったり、人との関わり方が難しかったりと、色々あるわけです。
そういうことを理解していくことの重要性や、それは何も子供達や親に限った話ではなくて、私達大人の社会にも必要であるということを、親友と熱く語り合いました。
それは、理解し難い犯罪が頻発する社会の現状を見るにつけ、成熟した法治国家の、強く広く行き渡った法の網だけで、対応が難しくなっているように感じられ、他方、経済面では多少の波はあれど、長く緩やかに低迷期が続き、政治ではこれに対する小手先の動きは見られるものの、即応の策としては不十分で、かつ国家長久の計というものがなく、東日本大震災の傷が未だ癒えぬ状況であるにも関わらず、悲しいかな、ニュースで主要政党はいつも権力闘争に明け暮れている。
一体どんな世の中になってしまったんだろう、と思うのは何も私だけではないでしょう。
しかし、これらを単に若い人のせいにしたり、今の政治を批判するだけでは、それもまた無意味です。
なぜなら、これらの事象が現れるずっと前に、氷山の一角は既に見えていたはずですからね。
子供達の世界にも何かが足りないですが、大人の世界にも何かが足りなかったのではないでしょうか。

私は社会や会社組織にも、障害に対する認識と理解を深め、そこから生じるであろう障害のあるなしという線引きを未然に防ぎ、それぞれの個性が生きる活力ある環境を整備することが必要ではないか、と話しました。
しかし、親友は逆に線引きは必要だという。
それは、組織の円滑な運営には健常者と障害者との線を見出だし、適切な対策を講じるということでありました。
しかし、発達障害は傾向の強弱がある他、特徴は多岐に渡っており、そこに明確な線を引くのは困難であるし、そもそも障害を人の個性と捉えれば、誰しも持ちえる特性と言えるものです。

ただ彼にしてみると、どこまでが障害で、どこからがわがままなのかという認識と対応が必要らしく、聞けば、ごく近しい方にアスペルガー症候群の方がいるとのこと。
彼も苦労しているのです。
まあこんなやりとりを、先日アトリエで買った発達障害の本を見てもらいながらしたのですが、帰り際に彼がその本をよく読みたいと言ったので、喜んでお貸ししました!
少しでも彼の役に立てば幸いですね!


私のような昼行灯が一人動いたところでその力は知れていますが、それでも優しい社会の実現を目指して頑張りますよ!

のんびり休暇☆

今週は私、休暇なんです。
当初は、震災後の農家の奮闘を直に見たくて、福島の天栄村に行くことも考えたのですが、結局は札幌に留まって、幼児教育や社会について色々勉強することにしました。
迷ったんですけど、自分にとって必要なものは今何かを考えると、やはりこちらになりますし、勉強もじっくり腰を据えてやらないとできないものですからね。

福島に行くのはまた次の機会とし、時期は未定なのですが、米づくりの支援は今年もしようと思っています。
天栄村からの手紙では、今年も昨年に負けない支援が届いたとのことで、とても嬉しかったですね。

さて、ボチボチ活動するとします。

これで伏兵?いえいえ、とんでもない!!☆

コロリンパパさんがずっと気にしていた、パパさんの愛馬ステイザコース君。
クラシック候補生が集う京都芝2,000にて、本日デビュー戦を迎えました。

戦前のコメントでは、雨降りの馬場は良くないとのことでしたし、少頭数のレースながらも相手は予想に違わず、来年のクラシックを狙える逸材が揃いましたね。
その中にあって、ステイ君は伏兵的評価でした。

レースが始まると、楽に前へつけるステイ君。
2頭が競り合う形でレースを引っ張る中、行儀よく三番手を進みます。
3~4コーナーで、前を行く2頭に後続が迫り、その2頭の外に早々とステイ君が並びかけてきます。
そのまま直線コースに入ると、内で食い下がる先行馬や追い上げを開始した人気の各馬を尻目に、あっさりと抜け出すと、最後に迫ってきた一番人気のアクションスターをそのまま完封。
人気が間違っていたのではないかと思わせる横綱相撲で、ステイ君が快勝しました!

勝因の一つとして、上位人気馬達が後ろで牽制しあって、ステイ君や前を行く馬をナメていたことは、確かにあるでしょう。
しかし、戦前から得意ではないと評価されていた雨降り馬場を、楽に先行し、ピタッと折り合い、勝負処で自ら勝ちに動いて、完勝してみせた内容は、ステイ君自身の力を示したものでもあります。
こういう競馬はなかなかできないものですからね。

セン馬なので、来年のクラシックには出られませんし、レース選択の幅も他馬より多少狭くはなるでしょうが、その分、出られるレースでは大いに暴れて欲しいと思いました!

コロリンパパさん、ようやく元気になる話題が出て、良かったですね!
出資者の皆さん、ステイ君の優勝おめでとうございます!

ワンダー、まだまだこれからですね!☆

京都4Rに愛馬スターリーワンダーが出走しました。

出たなりの位置で先行集団を追いかけますが、幸騎手がちょくちょく後ろを振り返っていたのが気になりましたね。
促さないと、後ろへ下がってしまいそうだったのでしょうか。
4コーナーで手が動くと、直線ではあっさり後続に飲み込まれ、9着でゴール。
何となく走ってきたという感じでしょうか。あまり集中して走っているような感じにも見えず、心身共にまだまだなのでしょうね。

アウレオーラ、着実な歩み☆

今朝一番のレース、福島1Rに愛馬アウレオーラが出走しました。

テン乗りとは言え、陣営の意図を汲み取っている黛騎手は、スタート直後から前へ行きますが、アウレオーラ自身もスーッと前へ行くような感じで、とてもスムーズに二番手につけます。
ただ、道中は黛騎手に励まされながら走っている感じでしたけれどね。

人気馬が先手を主張しているせいか、後続の追い上げも比較的に緩く、4コーナーを回る時点でようやく二番手のアウレオーラに後続が並んできます。
ここでパッタリになるかと思いましたが、直線コースに入っても簡単に止まらず、何だかんだで5着確保。
個人的に、次の目標に掲げていた掲示板に、手が届きました。
アウレオーラの成長に目を細めると共に、陣営の仕事ぶりには改めて感謝します。

大敗を続けたって、別にどうと言うことはないですよね。
待てば海路の日和ありで、時間が経てばなるようになるんだと思います。

今日の競馬で、アウレオーラもよい経験を積むことができたと思いますし、この調子で今後も頑張って欲しいですね!

古馬日記☆

ずいぶん久しぶりになりますが、チーム・タジの古馬の近況です。
今年はシルクグラサージュが稼動しないという誤算はありましたが、その分をレッドデセーオのシブい活躍で補うことができました。
今年も残り少ないですが、少しでもいい結果を残せるといいですね!

☆シルクグラサージュ
天栄で障害練習も取り入れるなど、ありとあらゆる改良を施された真・グラサージュ(笑)
既に美浦に戻って臨戦態勢に入ってますが、まあ、いきなり結果をどうこう言う訳にはいかないと思うので、まずはそれなりに競馬ができればいいでしょうか。

☆レッドデセーオ
万全を期して、来週の競馬に回ったデセーオ。
福島遠征のプランは変わっていないので、手薄なメンバー構成のレースを狙って、頑張ってくれることを期待しています!
この子、わがままなところはありますが、コツコツとよく頑張ってくれていますので、私としては感謝の気持ちでいっぱいです!