岩馬れ!マイハート☆

まだまだ雪深い北国。
今年はさすがに雪解けには時間がかかるでしょうけれど、それでも着実に春が近づいているのを感じます。
というのも、競馬ではトライアルレースが真っ盛りだからです!(笑)
でも、そうして考えると、競馬からは四季を感じることができて、風情があるようにも思います。

☆シルクマイハート
蹄の具合はまだ何とも言えない状態のようですが、マイハート自身も連戦の疲れを癒して、体全体をしっかり立て直すことも仕事ですからね。
稽古再開を焦ることなく、じっくりかつ着実に立ち上げて欲しいものです。
スポンサーサイト

三歳馬日記☆

2月までは低調な稼働で推移するのではないかと見ていたチーム・タジでしたが、意外にもよく頑張ってくれました。
この調子で、来月もコツコツ頑張って欲しいですね。

「シルク」

☆ロレーヌクロス
またも二着。
ついに陣営から騎手変更の話が出ました。
でも、騎手の変更を明言するというのは、珍しいことですよね。初めて見たような気がします。

☆シュヴァルツローゼ
外科手術を行わず、骨折を治していく方針とのこと。
それがシュヴァにとって良いことであれば、どうぞよろしくお願いします!

☆サムソンズプライド
芝がなかなか使えないようですので、厩舎で調整しながら使えるレースを探しています。

☆スターリーワンダー
陣営が納得できるほど、時間をかけた割にはしっかりしてこない様子。
ただ、6月以降に良くなるような話もあったくらいですから、現時点ではこんなもんでしょう。

☆エリンジューム
先週の競馬は僅差の二着。
最高の立ち回りを見せての結果ですから、相手を褒めるしかありませんが、この敗戦を受けて、陣営は予定通り連闘に踏み切る構えですね。
競馬の内容から、小回りコースは向いているようなので、後は運でしょうか。

☆ラストインパクト
逃げ馬を泳がせ過ぎたような競馬で、結局捕まえ切れず二着。
ただ、勝てるはずのレースならもっと4コーナーでのラストインパクト自身の動きも違ったでしょうし、仕方ない結果ではないのかな、と理解しています。
賞金以前に、この詰めの甘さで春のクラシックを戦うには、ちょっと厳しいものも感じましたしね。
個人的には菊花賞が一番面白いと思っているので、春のうちにしっかり本賞金を積み上げられるかが鍵になるでしょうか。

☆アイズオブラヴァー
蹄を傷めた様子。
入厩前だっただけに、残念でしたね。

☆ラトーナ
燃え過ぎる気性面が課題で、気持ちのコントロールができるよう、稽古でも意識して取り組んではいるようですが、なかなか口で言うほど簡単ではないようです。
とりあえず、順調なら来週の競馬にて復帰予定。

☆アウレオーラ
思わぬ奇襲作戦で阪神へ遠征、そしていい競馬を見せてくれたオーラ。
ビシッと仕上げたわけでもないでしょうから、このレースを使った上積みに期待したいですね。

☆ムーンスケイプ
天栄で立て直しを図っています。
まずはのんびり疲れを抜いているようです。

「東サラ」

☆レッドクラーケン
とりあえず続戦の構え。
勝負どころで他馬と一緒に上がれないところが致命的ですが、使いつつダートに慣れて、その辺が解消することを期待しています。

☆レッドレイヴン
詳しいことは分かりませんが、当初予定していたスプリングSは回避する方針。
まあ、使えないことはないのでしょうが、最大目標がダービーである以上、そこに状態のピークを持っていくためには、下手にレースを使ってソエを悪化させてしまう事態は避けたいという思惑があるのでしょう。
普通であれば、クラシックに出るだけでも凄い話なのですが、陣営やクラブの期待は、そのちょっと上にあるようですね。

開幕週の逃げ馬とはよく聞くが…☆

開幕週の馬場。そして長距離戦。
すんなり逃げた馬に残られるのではないかと警戒していましたが、やはりという結果でした。

すみれSに出走したラストインパクトでしたが、口を割りながら何とか二番手で折り合っているという競馬で、勝負どころで逃げ馬を競り落としに行く余裕がありませんでしたね。
そして、逃げた馬も強かったです!最後、ラストインパクトを突き放しちゃったもんなあ…。

リズムが悪い中でも二着ですから、ラストインパクト自身はよく頑張ったと思いますし、やはり先行してナンボという印象です。
実績と人気を考えれば勝たなければならなかったのかもしれませんが、一応格好はつけてくれたので、私としては納得しています。
そして、きさらぎ賞のモヤモヤも今日でハッキリ解消できましたよ!(笑)

サンガヴィーノ君は、道中のペースが遅すぎて、早めに動くハメになってしまいましたが、一言展開が向かなかっただけで、これが力負けではないでしょう。
動かざるを得ないという感じで、今日はかわいそうでしたね。

それにしても、今週は勝てないまでも、愛馬達はみんなよく頑張ってくれました。ありがたいなと思っています。
愛馬を管理する各陣営の皆様、そして応援してくださった皆様、どうもありがとうございました!

お目覚めのオーラ☆

本日の阪神1Rに、愛馬アウレオーラが出走しました。
前走が前走だし、その上休養明けなのに、ちょっと人気になりすぎなんじゃないかと見ていました。
と言うのも、今日はせいぜい掲示板があれば御の字で、叩いた次以降が勝負と見ていたのですが、しかし、無難なスタートを決めると、積極的に先手を主張して逃げの態勢に入ります!
「おお!ついに逃げることができたぞ!」と、もうそれだけで嬉しい私(笑)
この逃げの形に持ち込めるかが大事でしたから、私としては今日はそれで十分でありました。
ただ、やはりまだ動きが重いと言いますか(笑)、吉田豊騎手に何度も何度も加速するように促されながらの逃げであり、その都度加速はするものの、二番手以下もピッタリくっついてアウレオーラにプレッシャーをかけてきます。
けっこう厳しい競馬になりましたが、それでも4コーナーでペースが上がっても先頭を譲らず直線に向くと、一旦並びかけられながらもしぶとく盛り返し、二着にギリギリ粘れるかという態勢を最後に差されて三着。
しかし、今まで一番いい結果ですし、ようやく常識にかかってきたのを感じる内容でありました。
それに戦前の評価を考えれば、もう大健闘だったと思います。
気持ちに体がようやくついてきたという印象ですし、ブリンカー効果で後続のプレッシャーを跳ね返したのかもしれません。
使いつつ、良さが出てきたのは確かですね!

アウレオーラと大久保厩舎の皆さん、お疲れ様でした!&ありがとうございます!

シルキーバブルな一日?☆

シルクのお仲間、ジューヴルエール君とライズトゥフェイム君が相次いで勝ち上がりましたね!共に鮮やかなレースぶりでした!
出資者の皆さん、おめでとうございます!

今日はシルクの馬はみんな馬券になっちゃうんじゃないでしょうか?
そんな勢いを感じます。

そんなわけで、後に続くシルクシンフォニーちゃんやディープストーリーちゃんの応援にも、自然と力が入ります!

みんな無事に!そして、頑張りましょう!!

スターリンのオルガン☆

ロレーヌクロスに引き続き、愛馬エリンジュームが未勝利戦に出走します。
前走後は小倉にそのまま滞在して臨戦態勢を敷き、小倉のイン突き勝負師、大野騎手も確保。
やれることは全部やってくれたという感じで、陣営には感謝です。

さて、今回も混合戦なので、相手はどんなものかと眺めていくと、最後に「レッドカチューシャ」という名前を発見。
ん、レッドカチューシャ?
…。

レッドカチューシャ~!?(大汗)

カ、カチューシャちゃん、何で君がここにいるんだい!?
さては相手を吟味して、急遽こちらに回ってきたんでしょうねえ。
お仲間さんの愛馬だけに、勝っても負けても素直に喜べないですし、よりによって、エリンが最内、カチューシャちゃんが大外を引いてしまいました。
朝の雨がどのように影響するかも分かりませんし、あらゆる意味で微妙なレースとなりそうです(笑)

それにしてもカチューシャちゃんは関東遠征後の小倉遠征と大変ですし、そもそも小回りってどうなのよ?という印象も受けますが、それだけの苦労をさせているだけに、ここは何としても勝ちたいところでしょうね。
カチューシャはカチューシャでも、これではカチューシャ・ロケット砲のような猛々しさしか想像できません!

そういうことを考えると、余計に困ってしまうのです(汗)

今度はハナ差で制した!と言っても二着争い☆

いつも何か足りないけれど、しかし、いつも一生懸命。
愛馬ロレーヌクロスのレースを見ていると、そのように感じます。

今日こそ「勝ちに行く」競馬とのことでしたが(笑)、奇数枠で待たされたせいか、スタートでやや出負け気味。
先団目掛けて外からワーッと各馬が上がってきたので、ポジションは自然と中団やや後方の位置。
藤岡騎手も腹を括って、中途半端に動かず差し脚に賭けましたね。
直線に向くと、しぶとい末脚を繰り出して、外から並ぶ馬をものともせずに上位に迫りましたが、既に先頭を捕まえられる態勢にはなく、頑張って頑張ってのハナ二着。

レースが始まる前は、いつも「今日こそ勝てるかなあ」と祈るような気持ちでいますが、レースが終わると「いつも頑張っているんだけどなあ」と、思わず頭を撫でてあげたくなります。
差しも板についてきて、競馬に安定感も出てきたように思います。

後は運。能力はあっても、やはり運ですよねえ。

健康第一!睡眠第一!☆

今週はちょっと色々ありすぎて、必死な毎日を送っています。
今朝も、昨夜から間断のない降雪によって、利用している交通機関が麻痺。職場にたどり着くのもやっとの有様でした。
たどり着いてもすぐに除雪が待ってますので、いい運動になります!(笑)
地域によっては、陸の孤島と化したところもあったでしょうね。さすがは北国って感じです!

こんな調子で、日々慌ただしく過ごしている私にとって、食事や休憩のひと時に、お仲間さんのブログを読むのが唯一の癒しの時間と言えるでしょうか。
コメントはしていませんが、皆さんのブログはいつも楽しく読ませていただいてますよ!
とりあえず今一番言いたかったことを、頭が働く内にちゃんと書きまして、今日は就寝いたします!
では皆さん、おやすみなさい!

三歳馬日記☆

2月は飲み会が多くて嬉しい悲鳴。
でも、こんな時だからこそ体調管理はしっかりしなければなりませんね。

「シルク」

☆ロレーヌクロス
ソエも小康状態にあるので、間隔を詰めて今週出走予定。
前回のような競馬ができれば、チャンスはあるでしょう。

☆シュヴァルツローゼ
剥離骨折が判明し、北海道へ。
怪我の詳細な状況は今後明らかになる様子。

☆サムソンズプライド
芝がなかなか使えないようですが、体調自体には何ら問題なく、自厩舎にて調整中。

☆スターリーワンダー
成長途上で、まだまだこれからの子なのですが、月日の経過と共に、徐々にしっかりしてきている様子。

☆エリンジューム
小倉に滞在して、今週末のレースに臨みます。
前走同様、走りが常識にかかってくれれば言うことなしです!

☆ラストインパクト
予定どおり、今週のすみれSに出走します。
鞍上に川田騎手を再び迎え、まさに前進あるのみです。
ただ、シルクのお仲間サンガヴィーノ君と手合わせというのは勘弁ですね(汗)
こんなところで同士討ちは嬉しくないです。

☆アイズオブラヴァー
しがらきでしっかり鍛えられています。
外観はともかく、中身はこの子なりにしっかりしてきたようです。

☆ラトーナ
燃え過ぎる気性面が課題です。
まだ時間はありますから、気持ちのコントロールができるよう、厩舎の皆さん、ご指導よろしくお願いします!

☆アウレオーラ
順調に稽古を重ねております。
ただ、ちょっとお転婆なところも見せている様子。
元気が有り余っているのかもしれません。

☆ムーンスケイプ
天栄で立て直しを図っています。
今度芝を使おうという話も出ており、それまでに少しでもしっかりして欲しいものですね。

「東サラ」

☆レッドクラーケン
若手騎手の効果に期待するも、厳しい競馬の流れに翻弄されてしまいました。
しかし、一戦毎に馬体もよくなってきているようなので、次は挽回して欲しいですね!

☆レッドレイヴン
厩舎での調整は至って順調のようです。何よりです!

頑張りましたね!☆

シルクのお仲間シルクフォーチュン君は、追い込み届かず5着まで。
まあ、確かに残念ではあるのですが、勝負どころでテスタマッタの進出を外から上手くガードするなど、ノリ騎手のシブい乗り方を見ることができましたし、直線で進路を迷うようなシーンはあったものの、あれが大きな敗因とも思えず、やることはやった上での敗戦だったのかな、と見ています。

また、お仲間でも何でもないのですが、エスポ君が番手から直線抜け出して、あわや勝利か!?というシーンには、ちょっと感動してしまいました。
「俺はまだ終わっていない!」という競馬を見せつけられると、「そうだ!頑張れ!」と応援したくなります。
結局二着でしたが、エスポ君もよく頑張りました!

フォーチュン君もエスポ君も、先々の飛躍をどうこうと言うキャリアと年齢ではなくなりましたが、一日でも長く、競馬場でその勇姿を私達に見せて欲しいな、と思いました。
二頭とも爽やかな感動を与えてくれて、どうもありがとう!

それから、お仲間ダテスイキョウさんのWIN5の予想が、私にはどう考えても当たっているようにしか見えないのですが、真相やいかに!?
もちろん、当たってくれ~という思いで、スイキョウさんのブログ更新を待っているのですが(笑)

キーマカレーと大宇宙☆

昨日はアトリエでキーマカレーとナンを作りました。
昨日はちょうど女の子が二人なので、女の子をリーダーに2チームに分かれて頑張りました。
私は少々お転婆なみこちゃんチームで頑張りましたが、みこちゃんは普段のお転婆とは打って変わって、うまくみんなをまとめあげていたので、とても感心しました。
玉ねぎを刻むと涙が止まらなくなりますから、まだ材料の準備の段階だと言うのに、「俺、やだ~!」と戦線離脱者が出てしまう中(笑)、リーダーを中心に残ったメンバーが集中して作業に取り組み、時間のロスもほとんど出さずに作りあげることができました。
ルーも丹念に作って、なかなかの出来栄えです!

ナンは生地を作るところから始めますので、生地を練るのが心地好いと感じる子もいれば、生地が手にくっつく感触が苦手な子もいて、作る以外にも、みんなの表情を見ることができて楽しかったです。
ナンって、パンみたいなものだから簡単だと思っていましたが、そこがいかにも素人の発想というべきか、混ぜるものって意外にあるんですよね。
ただ、家でも作れないものではないということも分かり、ナンはホットプレートで焼き上げることができますから、こりゃお手軽だな、と。

さて、肝心なお味の方はと言うと、子供達の前で言葉にはできませんでしたが、ビールが欲しくなりました!(笑)
みんなも一生懸命作った分だけ、美味しく食べていたようですし、おすそ分けに預かったママさん達にも好評だったようです。
中には、せっかく作ったものを家族に見せたいとの思いから、ナンなどを食べずに持って帰る子もいました。
偉いなあ。きっとご家族と一緒に食べたいんでしょうね。

さて、昨日はアトリエのお仲間「けいちゃん」が、またまた新聞のコンクールで受賞されたとのことでして、アトリエが始まる前と後で、先生達やママさん達と話に華が咲きました。
けいちゃんは、以前も「暗黒物質」をテーマにした作品で受賞したのですが、今回は南極に数多く眠っていると言われる隕石と、その隕石が漂う宇宙や惑星、太陽の活動などを調べ、まとめあげたと言うのですから、一同、けいちゃんの探究心の素晴らしさに改めて感動しました。この熱心さが、未来を明るくするのだと思うと、何だか嬉しくなっちゃいますよね!(笑)

さて、けいちゃんは親子で朝日新聞のインタビューを受けたのですが、いつもアトリエ活動に関わってくれるけいちゃんママが、普段の彼の興味や性格などを色々お話したにも関わらず、普段はお仕事で関わりも発言もあまりないけいちゃんパパが、昨年、NASAのキュリオシティが火星に到着するなど宇宙関連のニュースが相次いだことに触れ、「そういう流れの中で、興味を持ったのでしょう」と一言口を開いたことがそのまま記事に掲載され、ママさんの熱心な語りが一言も掲載されていなくてガッカリしたとの裏話を聞き、これまた一同大ウケ!(爆)
「おいしいところを、ご主人に持っていかれちゃったね~!」と、一応みんなから慰められてはいましたが、インタビューがご家族にとって楽しいひと時であったことは確かでしょうね!

ちなみに裏話には続きがありまして、一通りインタビューが終わった後に、今度はけいちゃんが記者の方に色々と逆質問したというのです。
勤務時間や記者の仕事の中身、そして仕事が終わって帰れば寝るだけとか、一流大学を卒業しても就職活動では何十社も落ちてしまった話など、社会人の切実な話にどうやら興味津々だったようです(笑)

とにかく、色々なことに関心を持ち、理解しようとするその気持ちや姿勢は大変素晴らしい!
けいちゃんから、私が勉強させてもらってますよ!(笑)
私もまだまだってことで、頑張らなくちゃ!

魅せろ!怒涛の追い込みっっ!!!☆

今日はG1フェブラリーSが行われますね。

私はシルクのお仲間シルクフォーチュン君の怒涛の追い込みに期待しています!
自分の愛馬ではなくても、G1ともなればワクワクしますよね~!楽しみです!

頑張れ!フォーチュン!!

決死の覚悟☆

一昨日は仕事帰りにまったり飲んで、昨日はお酒が残ったままアトリエへ行ってきて、力を出し切った感じでした(笑)
昨晩ゆっくり休みましたので、気力はすっかり充実。ブログもぼちぼち書いていきますね。
お話したいことは色々あるのですが、まずはこの話題から。

先週、大阪の小学生が、通っている小学校の統廃合反対を訴えるべく、電車に飛び込み自殺をするという、衝撃的な出来事がありました。
彼の訴えは、決して命を散らす必要のないことではあるのですが、その子の純真な思いと相まって、引き起こした出来事が一層悲劇的で深刻なのものになってしまいました。
私はこの出来事に対して、何かを考えずにはいられません。
子供だから、大人だから、そのように思うのでしょうか。一体、この世の中で大切にすべきものとは何なのでしょうか。
単純に正誤の判断をつけることのできない問題であります。

私達社会人には仕事等を通して、経済的な損得の価値観を理解しています。
なので、支店、工場、部署、そして学校の統廃合は合理化の一環で、必要な時があるというのも理解しています。お金を垂れ流しにする事態には、いち早く対処しなければならないですからね。
しかしながら、環境や物に対する愛着というものがあれば、どのようにすればいいのでしょうか。
社会人であれば、感傷に浸るだけでは問題は解決しませんから、その暇があるなら目下の問題解決に善処することを当然優先していくでしょう。もちろん、愛着がある故に多少の精神的負担はあるかもしれませんが、それでも組織の統一した目的を達成するために行動することでしょう。
もし、合理化に反対する気持ちや行動が優先されるようなことが起こる場合、その多くは、現状の自らの利権が犯されることへの反発から生じるものであると考えます。
これらの話は、社会人として生活している方々であれば、大抵理解できることと思いますし、場合によっては経験もしているでしょうから、取り立てて話をするほどのことでもないのですが、統廃合に関して経済的利害が絡むとはおよそ考えられない小学生が、一体なぜ身を呈してまで統廃合反対を訴えるに至ったのか。
そこが問題なのであります。

私はその子や学校のことなど、もちろん報道の範囲内でしか知りません。
ただ、統廃合の賛否に、少なくとも命を投げ打ってまで行動を起こすことではなかったことは確かだとは思うのですが、しかし、その子が残した手紙に「どうか小さな命と引き換えに…」と書かれていたとのことで、我々も含む周囲の大人達の考えと、その子が学校というものに対して抱く純粋なる気持ちとの差の開きが、大きかったと言えるでしょう。
子供故に衝動的に行動してしまった、いわゆる偶発的な事故とも言えるのかもしれませんが、しかし、この子をそのような行動に駆り立てた純粋な気持ちに応えられるような、受け止めてあげられるような現代の日本の社会ではなかったのだろうなと考えると、単なる学校と子供の悲しい出来事ではなくて、私達の社会全般に対する警鐘でもあるのかな、と思えてきます。
この子は生前、おばあちゃんに「統廃合をつぶすことはできないだろうか」と真剣に語っていたそうであり、その「つぶす」という言葉の強さから、大人の勝手で子供が振り回されることにはなりたくないという強い思いもあったのかもしれません。
このことから、この子が学校の統廃合の意味するところと、社会全般にもそれは意味のあることだということが分かってもらえれば良かったですし、大人の側も、この子の真剣な気持ちとその思いの根本となっている感受性を理解できれば、統廃合の流れが変わらなくても、全く違った円満な結果になっていたのではないかと思います。
もちろん、これはどちらの側がいいのか悪いのかという批評をしたいのでは全くなくて、この世の中のそこかしこに、このようなすれ違いはあるように思いますし、理解をするということが簡単ではないからこそ、それは大切にしなければならないのだと思うのです。
みんな生きてきた環境も、経験も、立場も違うし、考えが違って当たり前なのです。
それをお互いどのように理解し、新しい発想や有意義な活動に活かすことができるか。
それこそ、今を生きる私達が、早過ぎる一生を終えた小学生に対してできる、唯一の手向けと言えるのかもしれません。

優しい社会実現に向けて、頑張りますよ!

揉まれましたね☆

小倉の1Rに出走した愛馬レッドクラーケンでしたが、先行集団の後ろで終始揉まれる展開となり、万事休す。二桁着順に敗れています。
相手関係を考慮して遠征したのに、意外と相手が揃っていたのはいかにも皮肉でしたし、脚抜きのいい馬場で時計が速かったのも厳しかったですね。

道中の競馬を見ている時点で今日の結果は想像できましたから、後はシルクのお仲間タイムアラウド君に、せめて掲示板に載って欲しいと願っていたのですが、こちらは似たり寄ったりの位置で終始外々を回る展開。
コースロスも手伝ってか、伸び切れませんでしたね。

まあ、残念な結果ではありましたが、ド派手な万馬券が炸裂して、これじゃあしょうがないなという気分ですね!(笑)

古馬日記☆

三歳馬がトレセンにほぼ集結したので、年末年始を牽引してくれたシルクの古馬二頭はしばしお休みを頂きます。

「シルク」

☆シルクグラサージュ
裂蹄の程度は深刻なものではなかった様子。
とは言え、寒冷な時期ですから回復には時間がかかるでしょう。

☆シルクアポロン
連闘で小倉遠征という奇策に打って出ましたが、重馬場で速い時計を要求されたのは誤算でした。
ただ、この子なりにはよく頑張っていますし、一走毎に手応えは感じています。

☆プレノタート
再三の関東遠征で、さすがにまいってしまった様子。
体重も減らして、戦う以前の話でしたね。
何かと展開に注文がつくのでムラな成績ですが、元気が戻れば、またどこかで暴れてくれるでしょう。
この後、放牧に出ます。

☆シルクブルックリン
ブルックリンも、レース前に終わってしまっていた感じ。
ただ、こちらは予め予想はしていました。
やはり集中力が続くのは、せいぜい3戦までと見た方が良さそうですね。
同じように、充電のため放牧に出ます。

「東サラ」

☆レッドデセーオ
小倉遠征で見事勝利。
次走を中山の長距離戦に定め、調整していく方針。
これで中舘騎手が再び手綱を取ってくれれば、鬼に金棒なのですが。

☆レッドコースト
天栄にて順調に乗り込んでいます。
天栄の坂でみっちりと鍛えてもらいましょう!

岩馬れ!マイハート☆

最近はずいぶんと世間が騒がしいです。
困ったことだ、で片付けられる程度であればいいのですが、犠牲者を出すに至った事件もありますので、お亡くなりになられた方には心より御冥福をお祈り申し上げます。

犠牲者が出ている事件を見ると、世の中に対する強い閉塞感を感じずにはいられないのですが、この閉塞感は、一体どこから生まれているのでしょうか。
そして、それらの事件は私達とは全く無関係のものなのでしょうか。
考えずにはいられません。

☆シルクマイハート
蹄の伸び具合は、冬なので今ひとつとのこと。
ただ、完全休養することで馬体にも幅が出れば、決して悪くはない話かな、とも思っています。

「GIFT」☆

本来でしたら「三歳馬日記」というタイトルなのですが、今回だけはコロリンパパさんに歌を教えてもらったお礼に、タイトルを変えてみました。
コロリンパパさん、いい歌でしたよ。
そして、愛馬の話においても、この「GIFT」という言葉は私にとって無視できないものでありまして、お仲間さんをはじめとした、人との係わり合いの中から出資を決めた愛馬が多いので、愛馬が活躍する姿を見るにつけ、私は素晴らしいギフトをいただいたのだと思うのであります。

「シルク」

☆ロレーヌクロス
先日のレースで、僅差の二着。
相変わらず追ってからが甘いですが、急仕上げでも走ったわけですので、やはり力はあります。

☆シュヴァルツローゼ
剥離骨折が判明し、北海道へ。
症状の回復度合いを計算すると、場合によっては現役生活が危うくなるかもしれませんね。

☆サムソンズプライド
使った後も特に問題ないようで、引き続きレースに備えています。

☆スターリーワンダー
ちょうど良くなってきたところで入厩できたので、良かったです。
今週は厩舎の先輩フォーチュン君の大一番がありますので、頑張って欲しいですね!

☆エリンジューム
先日のレースは、ビックリなレース運びで二着。
小倉に滞在して、次走に備えるようです。
気性が難しいので、滞在競馬は吉と出そう。

☆ラストインパクト
体調に問題なければ、次はオープン特別を使う予定。
前走で勝ち負けできなかったことで、皐月賞出走は厳しくなりましたから、今できることをコツコツやっていきましょう!

☆アイズオブラヴァー
しがらきでしっかり鍛えられています。
全体的にもう一息というところでしょうが、何とか今を堪えて力をつけて欲しいものです!

☆ラトーナ
帰厩しました。
桜花賞の切符を賭けて、一発勝負ですがフィリーズレビューを狙うようです。

☆アウレオーラ
エリンジュームにはブリンカー&天栄効果が見られましたが、何とかこの子にもそれが効いて欲しいところです!

☆ムーンスケイプ
全体的にまだパンとしていないところがあり、色々なことがスムーズに運ばないと、簡単に大敗してしまうのでしょう。
使いつつ、鍛えあげていくしかないですよね。

「東サラ」

☆レッドクラーケン
今週末の出走を予定。
使いつつ、ドンドン良くなっているようですので、頑張って欲しいですね。

☆レッドレイヴン
帰厩しました。
順調であれば、何も言うことはありません。

見えないスパイス☆

この世の中で起こる様々な出来事を見ていると、良いことと悪いことが背中合わせになっていることが多いと思うことがあります。
しかし、周囲から聞こえてくることや目にすることと言えば、意外にどちらかに片寄っていることが多いというのも、これまた私が思うところであります。「いい」か「悪い」という具合に。
これらを考えてみると、一方の論調に流されて、思考に多様性を失う場合には、真実を見失う危険が多いのではないでしょうか。

もちろん、人が何かを決断し、行動する時には、二者択一になる場合も当然あるわけですが、予め決断事項に対して様々な分析ができるならば、行動の際や、結果が出た時の受け止め方や対処の仕方にも、迷いがないように思います。
つまり、利益と不利益、喜びと悲しみ、自分と他人…などなど、物事の表裏と因果関係をよく考えた上で行動していくことが、幸せを引き寄せるちょっとした思考のスパイスになるのではないか、なんて思っています。

考え方に幅を持っても、悲しいかな、詐欺を働く人間がいることもまた事実ですが、これらの考えや知識は、実は案外浅はかだと思うのです。
何が浅はかかと言うと、真に知識を活用し、考えを巡らせて配慮できる人間ならば、そもそも人のために進んで役に立とうとするはず。詐欺を働く人間はそこに至っていないわけです。
別に聖人になる必要など全くないのですが、知識と良心(人情味)を合致させることは、とても大事なことですよね。

ちょっとしたことですけれど、見方を広げて、考えも広がれば、それでまた素晴らしい人の輪ができるのではないかと思いますし、いい効果を生み出せるはず。そんな期待に胸を膨らませながら私は日々生活しています。

エ、エリンが走ったー!☆

チーム・タジ今週一番の驚きは、小倉4Rに待っていました。

先手を主張しないと厳しいと思っていた、愛馬エリンジュームでしたが先行態勢を取って、好位の内を追走します。
ああ、このままなだれ込むだけの競馬になるのかなあ、と思って見ていましたが、エリンジューム自身は小気味よい走りで前を追走しており、外に馬が並んでいる形でも我関せずといったところ。

4コーナーでは、ポッカリと空いた内を目掛けて、グングンと追い出しを開始すると、今まで見たこともない末脚を繰り出して二着でゴール!
この競馬には、恥ずかしながら出資者である私が腰を抜かしてしまいました!(笑)

ブリンカーも効いていましたし、天栄で時間をかけて稽古していたのが大きかったですね!
兄貴のグラサージュを彷彿とさせる競馬で、やっぱり兄妹なんだなあ、という感慨もありました。嬉しいですよね、こういう競馬を見られるのは。
しかも、揃って小倉で掲示板に走るんですから、面白いです!

安定した競馬を期待できるかはまだ分かりませんが、休養前との比較でハッキリと成長した姿に、ウルッときました!(笑)

エリン、よく頑張ったよ!
大野騎手の導きも絶妙でした!

アハハのハナ差☆

愛馬ロレーヌクロスが京都2Rに出走しました。
不動の一番人気ではありましたが、そんなに相手が弱かったんでしょうか?新聞類を読まないので分かりませんが、オイオイみんな買い過ぎじゃないかと心配になりました(汗)

好発を決めても先行勢を前へ行かせ、自信満々で好位直後を追走します。
「へぇ~、乗り方も王道だねえ」と強気な騎乗に感心していると、4コーナーのカーブで一気に逃げ馬の直後に迫り、直線では一馬身少々の差を詰めに追いかけますが、例によって詰まらないぞ、と…(汗)
しかし、最後の最後で馬体を併せる形となり際どい差でゴール!
ん~!?態勢不利に見えたけれど、どうかな!?という状況で、祈るように結果を待って、待ち続けていたら…ハナ差二着!!(笑)

明らかに余裕残しの仕上げでしたから、あっさり負けても不思議ではなかったのですが、こうしてハナ差の競馬で負けるのを見ちゃうと悔しいものですよね~!
でもまあ、クロスなりによく頑張ってくれましたよ!偉い偉い!

出遅れちゃいました☆

愛馬ムーンスケイプが東京1Rに出走しました。
スタートをスッと出てくれればと願っていると、よくあるパターンで出遅れ(汗)
それでも後方で脚を溜めるような競馬をして、直線も外へ出して追い上げようとしますが、前も止まらず二桁着順に敗れています。

非力なタイプですから、ダートで追い込めと言っても無理があるでしょうから、今日はスタートが全てだったかなと思います。

さて、次はロレーヌクロスの番ですね!

燃えよ!若駒!!☆

今日のチーム・タジは三歳未勝利馬三頭の出陣。

東京で走るムーンスケイプは、スタートを決めて前々で運べるかどうか、というところでしょうか。
稽古はこの馬なりに動いているようなので、実戦でもスムーズに力を出せるといいですね!

京都で走るロレーヌクロスは、来るかもしれないし、来ないかもしれない、という感じでしょうか(笑)
今回は明らかに素質頼みの一戦ですので、実力は認めても過度な期待はできないと見ています。

小倉で走るエリンジュームは、ブリンカーを装着して臨む一戦。
メリハリのない走りをすることから、今回はハナを主張して行き切るくらいの強気な競馬が見たいですね。
脚を溜める競馬では、恐らくチャンスはないでしょうから、スタートが全てになりそうです。

いずれも甘くはない競馬になるでしょうが、少しでも前進があるといいですね!

輝きは身近にある☆

昨日は午後からアトリエに行ってきました。
まあ、当ブログをご覧になる方でしたら既にご存知かと思いますが、土曜日の午後はたいていアトリエに行っております。
今回は貝殻のレリーフを作ったのですが、子供たちの作品を眺めてみると、真実味と力感に溢れた素晴らしい作品に仕上がっていて感動しましたよ!
想像力を膨らませて、独創的で豊かな色彩の作品を今までよく目にしてきたので、一転して現実的で写実的な昨日の作品には、今までとは一味違う味わいがありました。

子供達は私の作品を見て「凄いね!」と言ってくれますので、それはもちろん嬉しくて励みにはなるのですが、実のところ、私の作品には子供達の何倍もの歳月を生きて、蓄えられた経験と知識がありますから、特に美術的な技量を持たなくても、それなりのものは出来てしまうのですよね。
なので、私達のように社会生活上の経験を経て、いわゆる常識的な感覚を持つ大人に対し、そういう経験が浅いが故に独創的な感性を発揮して、物語性を持つような素晴らしい作品を作れる子供達というのは、みんなみんな天才に思えてしまいます。
みんな、まばゆいほどの人間的魅力を、これからもっともっと伸ばして、私など及びもつかない素晴らしい人になって欲しいと願うばかりです!

さて、私には血の通っていない子供(愛馬)達がいるのですが(笑)、私がアトリエに行っている間に、古馬3頭が出走していました。
気合いの連闘&遠征競馬のシルクアポロンが6着、立春賞に挑んだプレノタートとシルクブルックリンが共に二桁着順に沈んだようですね。

アポロンについては、脚抜きのいい速い馬場に対応して、このクラスでも戦える手応えを掴んだように思いますし、立春賞の二頭はレースをする前の段階で、既に敗れていたのかもしれません。臨戦過程を考えれば、大敗した二頭はよく頑張ってくれていましたし、力を示しつつも、少々運が足りないところもありましたので、また体調を整えて頑張ってくれると嬉しいですね。
でも、今はそんなことより、よく頑張ってくれた3頭にはありがとう&お疲れ様と労いたいです!

ズブくて愛しきデセーオ☆

今日のレッドデセーオは、先手を奪われるも控えて二番手の競馬。
脚抜きのいい馬場ですから、スンナリ行かせて大丈夫かと思いましたが、やはり3コーナーから押して押して前を追いかける展開に。
まあ、ここからは良くも悪くもズブいデセーオなのでバテる心配はないのですが、如何せん逃げ馬を捕まえられない可能性大の展開でしたから(笑)、直線でも一馬身の差がなかなか縮まらず万事休すかと思いきや、最後は持久力にモノを言わせて、ギリギリのところで差し切りました!
中舘騎手、お見事でした!

一番強い競馬をしても、負けてしまうのが競馬です。
でも、今日のデセーオは勝ってくれました!
勝ち味に遅いデセーオだけに、今日の勝利は格別ですね!
よく諦めずに頑張ったと、親バカになって褒めてあげたいです!(笑)

デセーオと中舘騎手、どうもありがとう!
そして、応援してくれた皆様どうもありがとうございました!!

厳冬に一挙進駆すべし☆

チーム・タジでは今日4頭、明日3頭の愛馬が出走。
面白いことに、今日は古馬で明日は三歳馬と、綺麗に色分けされています。

今日の見せ場は立春賞の愛馬二頭出しになるのでしょうが、レッドデセーオとシルクアポロンの小倉遠征も楽しみであります。

一口馬主というのは、基本的には出資までが大仕事。
出資した後は、クラブの他、預託先の各陣営に一切の戦略を委ねるわけですから、それを泰然と眺めながら、応援していきたいものですね。

古馬日記☆

冬はどうしても乾燥しやすい季節です。
私は悩みと言うほどではないですが、乾燥肌なのでケアは欠かせません。
愛馬達も冬ならではのケアをしてもらいながら、頑張っているんだろうなと思う今日この頃です。

「シルク」

☆シルクグラサージュ
帰厩したと思いきや、裂蹄を発症して牧場へ逆戻り。
せっかく美浦に来たのに、ご苦労さん。そして、お大事に。

☆シルクアポロン
何と、今週連闘します!
小倉への遠征でもありますので楽ではないですが、せっかく連闘&遠征するのですから、なんとか結果が出るよう祈るのみです。
結果が出ないと、なんか可哀相な感じです。

☆プレノタート
今週、東京の立春賞に出走します。この個性を掴みつつある蛯名騎手がまた乗ってくれるので、後はプレノの競馬ができるかどうか。
鬼脚炸裂の展開になればいいですね。

☆シルクブルックリン
間隔を空けて使う予定が、まだ馬体を維持していることから、適条件のレースがある内にと立春賞を使ってきました。
そうです。
プレノタートと対決なんです!(笑)
まいっちゃいましたが、こうなれば二頭で波乱を起こしてもらいましょう!

ブルックリンの場合は、目に見えない疲れがあるかどうか、というところでしょう。
鞍上にビュイック騎手と、表面上は万全の体制ですが、間隔を詰めて三戦使ってきたブルックリンに心身の余裕が残っているのか、正直ギリギリなところです。
そんな半信半疑な一戦ですが、まともなら勝ち負けできる力はありますので、何とか力を出し切れるといいですね。

「東サラ」

☆レッドデセーオ
予定どおり、今週の小倉で復帰戦を迎えます。
休み明けですが、仕上がりは上々の様子。
何と言っても、英二の兄貴(中舘騎手)が今回も手綱を取ってくれるのがありがたいです。

☆レッドコースト
天栄にて乗り込んでいます。
脚に不安もなく、元気に坂路を駆け上がっているようです。

岩馬れ!マイハート☆

過去の習慣・文化が廃れていくのは、一部に制服されて滅んだものがあるにせよ、大多数は様々な理由から社会に段々と馴染まなくなっていってしまったことが最大の理由でしょうね。
文化を愛する気持ち、そして守りたいという気持ちがないと、そしてその気持ちが伝承されないと、文化の永続というのもないのでしょうね。

☆シルクマイハート
蹄のこともあり、静養しています。
のんびりしている間に体が大きくなるといいのですが…
どうやらみんな考えることは同じようです。

三歳馬日記☆

情勢は必ず変化するので変化しないことを当てにしてはいけない、なんて言葉がありますが、まさしくその通りで、理想的なことを期待するのではなくて、様々な情勢を予見して十分に備えておくことが、自身の憂いを取り払う方法ではないかと思っています。
この場合の備えとは、物の他にも心構えというのも当然含まれるでしょう。
それは仕事でも一口馬主でも、同じことではないでしょうか。

「シルク」

☆ロレーヌクロス
帰厩してさほど日にちが経っていませんが、早くも今週出走します。
急仕上げは明らかですので、調教を兼ねた一戦と見るのが自然でしょう。
素質だけで掲示板を確保できれば誰も苦労はしないですし、甘くはないと思っています。

☆シュヴァルツローゼ
検査の結果、剥離骨折していることが判明。
療養のため北海道へ。

☆サムソンズプライド
前走は良くも悪くも休み明け。二桁着順も仕方ないところでしょう。
ただ、考えようによってはカッとするところがなくなって、距離延長に対応できるかもしれないな、とも思えました。
幅が広がるのは、別に悪い話ではありません。

☆スターリーワンダー
脚のことに気をつけながらの調整。
今週末に帰厩。

☆エリンジューム
帰厩後も順調に稽古を消化。
早々に小倉へと向かい、現地で最終調整。今週出走します。

☆ラストインパクト
格上挑戦のきさらぎ賞でも格好はつけられると思っていたのですが、その期待は少々甘かったようです。
しかし、今までにない競馬をしたことで、馬にはいい経験になったと思います。

☆アイズオブラヴァー
しがらきでしっかり鍛えられています。
脚に多少の不安もあるようですが、気をつけながら仕上げに入っているようです。

☆ラトーナ
前脚の弱点は、そもそも募集時から言われていたもの。
それを補えるほどの素質に期待したわけですから、私としては静かに帰厩を待つのみです。

☆アウレオーラ
ブリンカーの有効性を確かめながら、稽古をつけられています。
気持ちで走ったり、走らなかったりというところがあるので、新装備の効果には私も期待したいところです。

☆ムーンスケイプ
今週復帰戦を迎えます。
今回は順調に調整できましたから、仕切り直しの一戦とも言えます。
ここはビュイック騎手の手腕にも期待したいところです。

「東サラ」

☆レッドクラーケン
前走後も至って順調。
サムソン産駒は、タフで使いつつ良くなる傾向があるので、父の遺伝力はなかなかのものと言えるでしょうね。
総じて、古馬になってから大成するのではないでしょうか。

☆レッドレイヴン
今週末に帰厩予定。順調です。

多忙なる日々と大寒波☆

今日の猛烈な吹雪には参りました。
しかし、それよりも先週末から葬儀やら新年会やらで、ずっとバタバタしていてさすがに疲れました。
色々ありましたので、少し落ち着く時間が欲しいですね。

ディスレクシアを…☆

NHKのニュースウォッチナインに、発達障害の一種「ディスレクシア」のことが報道されていました。
これには、いい意味で驚きましたよ。

これを見ながら、ディスレクシアの男性の方の苦悩と、ディスレクシアとの向き合い方、理解をすることの大切さが、分かってもらえればいいなって思いました。
でも、このニュースで少しだけ欲を言わせてもらえれば、「ディスレクシア」は何かができない障害というだけではなく、素晴らしい個性もあるということです。
それはディスレクシア以外でも同じです。
みんなの個性だってそうなのです。
かわいそうに思ってもらってもけっこうだけど、それだけでは理解した内には入りません。

私達は私達のことをより深く知るべきですし、このニュースからも、幼児・児童教育の中でだけ発達障害の環境整備をしている場合ではないのです。
いかにコーポレートガバナンスだの、コンプライアンスだの、ホスピタリティだの、聞こえのいい言葉を発したところで、それだけではまだ足りないんです。

従来の常識、従来の価値観に新たなものを加えていかなければ、未来というものが明るくなることはないのではないでしょうか。

私は最近、またちょっとやりたいことに近づいたように思います。
今年は少しでも形にしたいです。