スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりに三歳馬日記☆

超久しぶりのこのコーナー。
チーム・タジは勤勉に働いていたのですが、私自身が平日バタバタしていて、書く余裕がなかったんですよね。
ぼちぼちサボり癖から脱出しようと思います!

「シルク」

☆ロレーヌクロス
未勝利勝ち後は放牧に出て、しっかりソエをケアしている様子。
プヨプヨした馬体で常に崩れ知らずの競馬をしていたのですから、まともならけっこう強いのかもしれません。

☆シュヴァルツローゼ
まだビシビシというわけにはいかないですが、稽古を積んでいます。
骨折が経度で済んで何よりでしたし、これが成長を促す意味で、いい休養になればいいと思っています。

☆サムソンズプライド
あれだけ詰めが甘かった馬が、あれよあれよの二連勝。
チーム・タジが誇る「ダービー三本の矢」最後の矢として、今週プリンシパルSに出走予定。

☆スターリーワンダー
ようやく能力を発揮できるようになったところで、骨折の疑い。
変わり身が見られる段階だったので、痛いアクシデント。

☆エリンジューム
先日の福島戦で、ハイペースの逃げを打って二着。
あの逃げには大野騎手も高木先生も手応えを感じた様子。

☆ラストインパクト
ダービー三本の矢の一頭でしたが、僅差でダービーの切符を取り逃がしました。
よく頑張ってはいるんですけれどもね。

常にあと一歩及ばない個性は、明らかにステイヤーのそれと見ているので、秋に備えてゆっくり休んで欲しいと思います。


☆アイズオブラヴァー
一頓挫ありましたが、稽古を再開して入厩に備えています。
今の内にトレセンの稽古に耐えられる力を養いたいですね!

☆ラトーナ
フィリーズレビュー敗退後は、態勢を立て直して自己条件を目指しています。
気性がネックのようですが、今後のために抑える競馬をさせるのか注目しています。

☆アウレオーラ
芝スタートの東京D1,600で二着。
勝つには、もう運だけです。

☆ムーンスケイプ
天栄でじっくり立て直しを図っています。
ダートより芝の方が良さそうですが、単に非力なだけかも。

「東サラ」

☆レッドクラーケン
初勝利後は放牧へ。
背中の肉が戻り切らないらしく、もう少し休養することになりそう。

☆レッドレイヴン
ダービー三本の矢として、ラストインパクトと共に青葉賞に挑みましたが、半年のブランクと距離延長が堪えたのか、直線では見せ場なし。

ここを使っての変わり身に期待したいところですが、次はどこへ?
スポンサーサイト

いい経験になったでしょうか☆

本日デビュー戦に挑んだレッドコーストでしたが、結果は10着でした。
まあ、だいたい予想どおりですし、レース後も無事なら私としてはそれでOKです。

トモがパンとしていないので、出遅れる懸念がありましたが、案の定出遅れ。
ただ、心配していたほどのものでもなく、後方二番手からレースを進めます。
前が飛ばす展開で、馬群からちょっと置かれ気味になりますが、まあデビュー戦ですから無理しないで…って、お?おおっ!?そんなところで捲るんかい!?と声が出そうになるほど、内田博騎手が3コーナー辺りから仕掛けていきます。
置かれたままでは気持ちが入らず、競馬にならないと思ったのか、もしくはどれだけの脚を使えるのか試してみたかったのか、まあそんなところだと思うのですが、速い流れを捲るのはさすがに無理がありまして、直線を向く頃には既に手応えはなくなっていましたね。
まあ、強引な競馬でシンガリ負けしなかったんですから、良しとしますよ。

相手はコーストのように未勝利(未出走)馬ではなく、このクラスの常連達ですから、そういう馬達に胸を借りて、コーストにはいい経験になったのではないでしょうか。
稽古だけでは、どうしても仕上がり切らない馬はいますから(特に大型馬)、レースを使いつつ、変わり身に期待するしかないでしょうね。
ただ、コーストは三歳馬ではなく四歳馬ということで、今後の処遇が難しいという見方もできますよね。
クラブの方針は読めませんが、ここまでせっかくデビューに向けて時間をかけたのですから、何とか辛抱して使って欲しいものです。

もう好きにしてください!☆

日ハムの試合をラジオで聴きながら読書をしていると、序盤から「!?」という試合展開になりました。
しかも、どんどんエスカレートしていき、ただ今、三回で二桁失点(汗)
昨日の天皇賞といい、一体なんちゅうゴールデンウイークなんだという感じです!(笑)

もう、好きにしてください!!

第三の出走馬は眠れる獅子☆

先週の降雪による福島競馬中止のため、急遽三日連続開催となった中央競馬。
三日目である本日、その降雪のためデビューが延期となっていた愛馬レッドコーストが出走します。

無意味となった福島競馬場への往復を挟んで、いきなり既走馬相手の特別戦に臨むのですから、常識から考えるとまずは無事競馬に参加して、元気にトレセンに帰ってきてもらえればそれで御の字というところでしょうか。
大きな馬ですし、使いつつ変わっていけばいいかなあ、と思っています。
四歳になるまでデビューできずに苦労していた訳ですから、結果より何より、とにかく無事に無事に…と願っています!

先週のデビュー直前に比べ、こうして冷静でいられるのは、青葉賞のレイヴンを目の当たりにしたからなんですけれどもね(笑)
それに加えて、昨日の天皇賞。やはり競馬は甘くないですから。

恐ろしいものを見てしまった☆

伝統の一戦、天皇賞(春)は波乱となりましたね。
一番人気のゴールドシップが、4コーナーを回る時に必殺の捲りを決めるどころか、外から交わされてしまうのですから、競馬場のあちこちから悲鳴が響き渡るのも無理はないでしょう。それにしても、まさか…という感じでした。

でも、勝ったのは二番人気のフェノーメノ。二着も三番人気のトーセンラーなのですから、まあ、本来であればよくある競馬で済まされる話なのですが、このレースの異常ぶりを際立たせたのが配当金。
二番人気の複勝が3倍、三番人気の複勝が6倍超もつくのですから、まるでマンガと言いますか、競馬を知っている人間にはとても信じられない光景です。
競馬にはこんなこともあるのかと、ただただ驚いています。
三着のレッドカドーにしても、人気の上では八番人気以内だったと思いますが、その複勝がなんと15倍(!)もつくのですから、まさに超常現象とも言える結果だったのではないでしょうか(笑)

これらの異常なオッズの原因は、天皇賞という有名なレースで、ただでさえ普段よりも馬券が売れるのに加えて、ゴールドシップに一極集中で馬券が売れたことによるものでしょう。
しかし、その極端な超人気馬がもし馬券の圏外に沈んでしまうと、一体どんなことになるのかを、思い知らされたような気がします。

ある意味で、記憶に残るレースと言えるのではないでしょうか。

想像以上の成長ぶり☆

エリンジューム、二着に敗れました。
しかし、悔しさは全くありません。勝ったら化け物ですし、二着でも大したものだと、出資者ながら驚いています。

無難にスタートを決めると、手綱を押して前へ行く姿勢を見せますが、誰も行こうとしないので、そのまま先頭に立ってレースを引っ張ります。
しかし、この引っ張り方がまた凄くて、後続に終始三馬身差をつけて逃げているのですが、エリンジュームが気分よくグイグイ飛ばしているのが一目瞭然だったので、「気分良く行き過ぎてはいないだろうか」と不安になりました。
福島競馬も開催の後半で差しが決まりやすい馬場になっていますから、明らかに差し馬有利な展開を誘発しているように見えましたからね。
実際前半のペースも、未勝利では速い部類ですから、力任せに一体どこまで粘れるかを固唾を飲んで見守っていると、3~4コーナーでむしろエリンがペースを上げる姿勢を見せ、後続が逆に脚を使わされて苦しくなる展開に。
直線に向いても、簡単に止まる気配がなかったので、目の前の光景が現実なのか何なのかよく分からなくなっていましたが、直線の半ばで人気の一角が差し脚を伸ばしてきて、交わされたところでゴール。

しかしまあ、よく走ったと思います。
時計の比較はまだしていませんが、福島芝2,000の未勝利にしては2分1秒を切るタイムはかなり優秀なのではないでしょうか。
ゴールした後、兄グラサージュが東京の芝2,000で僅差二着した時と、何だか似ているなと思いました。
あの時のタイムも速かったんですし、やはり兄妹、血は争えないな~、としみじみ思いました。

逃げるタイプなのかはまだ分かりませんが、切れる馬ではないですので、今日のように平均的に脚を使って後続を封じ込める競馬は、合っているのかもしれません。

とにかく、今日はよく頑張ってくれたと思います。
大野騎手は勝つつもりで乗っていたと思いますが(笑)、その信頼に値する力は持っているようです。

愛しのエリン☆

本日の福島第2Rに愛馬エリンジュームが出走します。

内枠を引きましたので、小倉戦のようにロスなく立ち回れれば、チャンスがあるかもしれません。
基本的に、溜めて切れるというタイプではないですから、ローカル向きの脚質と言えるでしょうし、気心の知れた大野騎手が手綱を取るのも心強いですね。

スムーズな競馬を期待しています!

アルプス越えならず☆

高い目標を目指した戦いは、ラストインパクトの三着とレッドレイヴンの着外で終わりました。
つまり、ダービー出走権は共に獲得できなかったという訳ですね。
G1への道程は、かくも厳しいものであると実感しましたよ。
レッドレイヴンは人気も被っていましたから、ファンの方もガッカリしたかもしれませんね。
前に壁を作れず、外々を回らされたのが敗因でしょうが、それよりも半年ぶりの実戦がいきなりダービー出走を賭けたGⅡというのが、大きく影響したように思います。
ラストインパクトも、直線で外へ出すロスはありましたが、それでも二着を確保できなければ、本番をどうこう言えないでしょうから、素直にこの敗戦を受け入れたいと思います。

それにしても、ずいぶんとたくさん応援していただきました。
大変感謝しております!

彗星の確率☆

…八大競走制覇に向け、いよいよアルプスの高い峰々を踏破する時。

ダービーの前哨戦、青葉賞に愛馬レッドレイヴンとラストインパクトが出走します。
半年ぶりに出走するレッドレイヴンが一番人気であることには驚きましたが、二歳戦のパフォーマンスが評価されたのでしょうね。
ただ、よく調べてはいないのですが、過去の青葉賞では半年の休み明けで連対した事例が見当たらず、まともに考えれば苦戦は必至の状況というところでしょうか。
能力があることと、能力を発揮できるかは、また別な話ですからね。

対して、もう一頭の愛馬ラストインパクトはレッドレイヴンに続く二番人気。
人気ではレイヴンに及ばぬものの、順調度から考えれば明らかにラストインパクトの方が優っています。
能力の比較はできませんが、戦況はラストインパクトがやや有利というところでしょうか。
とにもかくにも、自分の愛馬がGⅡで一、二番人気なのですから、言葉もありません。嬉しいというより、冷や汗しか出ません!(笑)

後日には、愛馬サムソンズプライドが同じダービーに向けてプリンシパルS出走を予定しており、三本の矢でダービーを目指すという経験をするのは、一生に一度あるかないかの、まさに彗星が地球に接近するくらいの確率でしょうね。
そう。これから、一生に一度の奇跡を見ようとしているのだと、思っています。
三本の矢が全て的を射抜く(ダービー出走)なんてことにでもなれば、前述の奇跡より更に天文学的な確率でしょうから、そんなことまでは考えていませんが、絶好の機会を得たからには、何としてもいずれかの愛馬でダービー出走の権利を獲得したいものです。
もうこれは、「願い」と言って差し支えないでしょう。

とても緊張しています。

巨体を揺らして大波乱!!☆

お仲間のローランズソング君のレースを見ていたのですが、二着に頑張りましたねえ!
良かった良かったと微笑んでいたのですが、配当金を見てビックリしました!
「何じゃコリャ!?」でしたね!(笑)
ゴールデンウイークに相応しい大波乱だったのではないでしょうか!

いやはや、滅多に見られないものを見てしまって、興奮しています!
今日は何かある日なんですねえ…。

福を呼ぶレシート?☆

競馬場に行く前に、コンビニでお買い物をしてきたのですが、何と金額が「1,111円」でした。いわゆるゾロ目というヤツですね。

コンビニのおばちゃまも「あら!?こういうのってなかなかないよね!縁起がいいんじゃないの!?」と言われ、私としてもまんざらではない気持ちになりました!(笑)

今日は愛馬のアウレオーラも初めて二着になったわけですし、確かにいいこと(!?)がありそうな気分です。
この後も、いいことあるといいなあ♪

相手が悪かったですね☆

東京1Rに出走した愛馬アウレオーラでしたが、惜しくも二着に敗れました。
残念ではありますが、最後に差してきた勝ち馬を褒めるべきでしょうね。

好発を決め、最初の芝コースで楽々とスピードに乗ると、前二頭を行かせて、じっくりと三番手を進みます。
お仲間のアネモステラスちゃんもオーラの後ろで余裕のある追走に見え、シルク勢のワンツーも夢ではない展開となります。

大型馬ゆえに、すぐさまエンジンがかからないところはありますが、それでも前二頭から離されずに、4コーナーから直線に向いたところで、外へ並びかけます。
そこからは、ジリジリと前三頭の息詰まる競り合いとなりますが、最後にモノを言ったのはスタミナを温存していたオーラの持久力。
ついに未勝利脱出か!?と思ったのも束の間、後方から一気に末脚を伸ばす馬が視界に飛び込んできます!
ありゃ、これはマズいぞ!と言うか、ヤラれた!という感じがゴールの瞬間でしたね!(笑)

ただ、オーラの競馬はしっかりやってもらいましたし、東京コースも全く問題ないことが分かりましたので、敗れはしましたが結果には満足しています。
それに初めての二着なんですから、むしろ褒めなければいけませんよね!
堅実に育ててくれている大久保厩舎に感謝です!

ぐずつく天気☆

小春日和と感じる日もある札幌ですが、週の後半はいつもパッとしない天気が多いような気がします。
やはり、太陽の光がないとまだまだ寒さを感じますね。

しかし、天気が自分の気分を決めているわけではないですから、自分の心はいつも陽気でありたいものです!

海原を越えて壁を越えて☆

昨日、昼食時に偶然居合わせた某先生達と雑談した時のこと。

例の鳥インフルエンザは、早晩日本にも飛来するであろう、という話なのですが、厳密に言えば、もたらされるだろう、というところでしょうか。
対岸の火事場ではないので、互いに用心しなければならないな、という話に落ち着きましたが、現在蔓延しつつある某国と我が国との関係は、相変わらず落ち着く気配はないようですね。
利害が絡むと、やっかいなもんです。

私は気合を第一として生きているので、インフルエンザと言えども精神力で打ち勝つつもりでおりますが、精神論のやっかいなところは、自分も頑張るのだから、相手にも頑張りを強要してしまいかねないところで、そこは十分に気をつけなければならないなと、むしろインフルエンザ以上に気をつけておりますよ(笑)

自分ができても、他人にはできないものもありますし、当然、逆もまた然り。
自分にないものを理解できるようになれば、色々な壁を乗り越えていく力になるのでしょうね。

夜明け前☆

地方の愛馬シルクマイハートが昨日の競馬で6着と敗れましたが、体重を大幅に回復させて出走した割にはよく頑張っていたと思います。

そういえば、今月のシルクの会報では、地方馬の近況も一まとめになっていましたが、マイハートの優勝の写真がありませんでしたね。
クラブとして、色々な改革が加速度的に進んでいるのはいいことだと評価したいですけれど、現役の中央馬と地方馬の扱いに差をつけるというのは、いかがなものなのでしょうか。
地方馬のみの出資者さんも当然いるでしょうし、毎月会費も払っている訳ですから、そこには配慮が欲しかったですね。

良くも悪くも物事が変革していく中で、一口馬主としての私は今「夜明け前」の心境です。

多忙につき☆

天栄ツアー行きを模索していたのですが、自分が今、想像以上に忙しいというか、これから先も予測不能な状況なので、天栄行きをやむなく断念しました。

愛馬に会うことよりも、お仲間さん達との触れ合いを楽しみにしていただけに、自分としてもそういう貴重な機会を逸するのは残念の極みですし、行くことをお約束していたお仲間さんには大変申し訳なく思っております。
ただ、私にとって、今年は節目の年になるのではないかと思えるくらい、とにかく仕事でも何でも色々なことがあるので、とにかく目の前のことから逃げずに、自分の運命ってヤツにぶつかっていくつもりです。

もちろん、お仲間の皆さんにはいつか必ずお会いするつもりでいますので、その時はブログの100倍は語りたいと思っています(笑)

眠れる獅子は雪の中☆

今週一番の楽しみだった、今日の福島12R。
チーム・タジ最高の高馬レッドコーストの初陣だったのですが、何と季節外れの大雪で福島競馬自体が中止に…。
大自然の力にはかないませんよね(汗)

眠れる獅子が暁をおぼえるのは、いつの日になるのでしょうか。

スターリーより幸騎手の方が疲れたのでは!?☆

開催初日の京都5Rに愛馬スターリーワンダーが出走しました。

こまめに乗り込んでレースの準備をしてきたので、ちょっと楽しみにしていたのですが、大外18番枠を引いてガックリ(笑)
しかし、鞍上の幸騎手には最初から決めていた作戦があったのでしょうね。
レースがスタートすると、幸騎手は積極的に前へ前へとスターリーを誘導しますが、ここでまたまたワンダー小僧が「うっさいなあ!」とでも言いたげに尻尾を振り回す行儀の悪さを発揮します(笑)
それでも勢いがついて、最初のコーナーを回る頃には、先頭に立ってレースを引っ張ります。
後続に3馬身くらいの差をつけて、軽快に飛ばしていきますが、幸騎手が押っ付けて乗っている感じで、ワンダー小僧は相変わらず本気を出していない感じでしたね。
3~4コーナーの坂の下りでは、もう手綱を押して押しての競馬になり、あら、バテたのかな?しかし、どこか生ずるい走りをしているのかな?と思って見ていると、4コーナーを回ったところで人気のゴドリー以下、後続に捕まります。
ここで終いパッタリというのが、逃げ潰れの典型的なパターンなのですが、しかしワンダー小僧は内で意外にもしぶとく粘り、7着くらいでゴール。
…もしかして、バテてない?というか、まだ本気じゃなかったの?(笑)
前回のレースでも感じたのですが、持久力はかなりのものがあるようなので、未だ掲示板にも載らない状況ではありますが、もしかするとこれは…と思わせる素質は感じました。

それにしても大変だったのが幸騎手。
最初から最後まで、ずっと手綱を押しっぱなしで、さぞやお疲れになったことと思います!ワンダー小僧がご迷惑をおかけしました!(笑)
幸騎手のこの頑張りに応えて、ワンダー小僧も早く大人になるのだぞ!(笑)

パッション☆

人生を生きていくためには、パッションが必要だと常々思っています。
かの岡本太郎先生も、パッションの重要性を語っておられましたが、それは何も芸術に限った話ではないんですよね。

若気の至りというヤツをたまに目にすることがありますが、そこにはパッションが満ちているんだと最近感じます。
言葉にすると当たり前なのですが、そんな当たり前のことに、最近気がつきました。
そして、「自分にも昔、こんな時があったんだよな」とオッサンらしい感慨に浸ったりしています。
歌の歌詞に「自分の頃よりだいぶマシ」なんてものがありましたが、いつしか自分も、自分の(若い)頃を思い出すような年齢になったんだなあ、と歳月の過ぎ行く早さを実感しますね。
人間にはやり直しが利くことと利かないことがあるので、その時にできることを存分にするのがいいのでしょうね。
無論、親兄弟を悲しませたり、反社会的で公共性を害するようなことでなければ、ですけれども。
そして、人それぞれに抱くパッションを、いつか世のため人のため家族のために発揮できると最高だろうなあ、と思っているところです。
そんな世の中になるよう、私のようなオッサンも頑張らなければいけませんね!

道は開かれていると思う☆

今年に入って、やるべきことが少しずつ見えてきまして、具体的に自分が今、何をすべきかが分かってきたように感じています。
幸いなことに、ありがたいご意見もたくさん頂戴し、歩むべき道の先が見えてきたように思います。
今まで素晴らしい人たちにお会いできたのも、不思議なことですが、全てはこうなることになっていたからなのかな、などと感じています。

十有五にして学に志したところが聖人たる所以であるなどと言いますから、私もこれからウンと勉強して、微力ながら世のお役に立ちたいと思っております。

こういう話をしても何のことやらですが、私は向学心に燃えているとだけお伝えします。
オッサンでも、学問に目覚めるのですよ!

人気馬はとても強かった☆

今日のメインレース、皐月賞を観ました。
まず最初に、皐月賞に出走したお仲間のレッドルーラー君が大きく遅れてゴールしており、大きなアクシデントに見舞われてなければ良いなと、ただそれだけを願っています。

さて、この皐月賞。
複数の逃げ候補の中でも、先手を主張しそうなナリタパイレーツがまさかの出負け。それでもスピードにモノを言わせて、穴人気のコパノリチャードが軽快に逃げていき、縦長のレース展開になりました。
ペースも非常に速く、有力馬達は中団あたりでみんな仕掛けのタイミングを図り、後方で脚を溜める伏兵陣にも何かチャンスが巡ってきそうな、全く予断を許さない、緊張感のあるレースとなりました。
4コーナーで各馬がじわりと前へ迫り、直線コースでコパが御役御免となると、ここから人気馬同士が気迫のこもった凄まじい競り合いを演じます。
後方からも何かが追い込んでくるような気配もなく、頂上決戦に相応しい戦いとなりましたが、その混戦を制したのは、朝日杯をレコード勝ちした二歳王者ロゴタイプ。
二着にエピファネイア、三着にコディーノ、四着にカミノタサハラが入線し、混戦ムードだった戦前の評価も、終わってみれば人気馬四頭が突出して強かったことを世に知らしめる結果となりました。
全くペースが緩まず、スピードもスタミナも、そして底力をも要求される非常にタフなレースだっただけに、上位に食い込んだ各馬の強さは並大抵ではないでしょうね。
普通はこんなに前半が速いと、上がりがかかって追い込み勢が台頭することも十分有り得るのですが、それを許さないくらいの強さを、上位馬達が持っていたということでしょう。

結局、今年の皐月賞はレコードタイムが記録されたわけですが、変な伏兵が登場することもなく、上位人気馬のがっぷり四つの競馬が繰り広げられたことは、私にとっては実に清々しい印象を受けました。
私は馬券は外れたんですけれどもね(笑)
でも、こんな競馬を見られたんですから、満足です!

今日の上位勢が、恐らくそのままダービーに向かうのでしょうが、新興勢力がこの上位勢に割って入るというのは、とても難しいだろうなあ、と感じました。
素晴らしい皐月賞でした!

仕掛けのワンテンポ☆

仕掛けでワンテンポ遅らせれば、もしくはワンテンポ早く動けば…なんて言葉を競馬ではよく見かけます。
今回も愛馬のレースで、このワンテンポについて考えさせられました。

中山2Rに出走した愛馬アウレオーラ。
まずまずのスタートを切ると、得意の二の足で先手を取りに行こうとしますが、内のタマモが出ムチをくれて予想外の先行争いを仕掛けてきました。
結局1コーナーを回る頃にはアウレオーラが番手に落ち着き、淡々とレースは流れます。
途中、いつものように集中力が切れそうになるのを、吉田騎手が励ましながら二番手をガッチリとキープし、3~4コーナーの勝負どころでじわりじわりと上がっていき、先頭のタマモにプレッシャーをかけます。
ただ、今日の競馬がいつもと違うのは、4コーナーで一気に仕掛けて先頭へ突き抜けるところを、終始馬なりで先頭と並走し、直線コースに向くギリギリまで、スパートのタイミングをずらしたことですね。
これは、吉田騎手が今まで早め早めに動いて敗れた教訓を活かした、まさに勝つための戦法だったと思うのですが、皮肉にもワンテンポ仕掛けをずらしたことで、後続が容易に先団まで押し上げてくるのを許すこととなり、直線でアウレオーラがスパートに入る頃には、脚色で勝る後続の追い上げ厳しく、早々に何番手で凌ぎ切れるのかという態勢になりました。
アウレオーラはバテてはいないのですが、溜めて切れる馬でもなければ、並んで勝負強い馬でもないので、こうなってしまうと本来の持ち味が活きないのでしょう。
今日も何とか三着で粘ってくれ~、という私の願いも届かず(笑)、最後の最後に後方から追い込んできた馬にも交わされ、四着に敗れました。

この馬の持ち味は、二の足の速さと持久力だと思います。
また、突かれて走る気を出す馬であると、以前そんなコメントを読んだ記憶もあるので、それらを上手く競馬に活かせるよう、また頑張って欲しいと思いました。

それからゴール入線後に、吉田騎手がアウレオーラの手綱をグッと抑えていたことが気になったのですが、あれが故障ではなく、ただ減速しているというだけの、私の杞憂であって欲しいと願っています。

輝きたいから☆

本日の中山2Rに愛馬アウレオーラが出走します。

ここに来て、グッと走りに安定感が出てきたオーラですが、勝ち切るにはもうワンパンチ欲しいところ。
しかし今回、願ったり叶ったりの偶数の10番枠を引き当てました。
この運を活かして、何とか頑張って欲しいものです!

野武士の功名☆

本日の山藤賞に出走した愛馬サムソンズプライドが、先手を主張してそのまま最後の最後まで粘り通し、未勝利から二連勝を達成しました。
応援していただいた皆様、関係者の皆様、どうもありがとうございます!!

テン乗りでも、上手くプライドの持ち味を引き出した田辺騎手も見事でしたし、前走と変わらぬ出来を維持してくれた陣営の努力にも、心より賛辞を送りたいと思います。
アトリエでレースを見られませんでしたが、「野武士」と評された父同様に、月日が経つと共に逞しく成長してきているようですね。

日々精進☆

愛馬サムソンズプライドが、中山9Rに出走します。

当初の想定からずいぶん登録馬が減り、一見チャンスが広がったようにも見えますが、それはライバル達とて同じこと。
陣営の談話からは、臨戦態勢への不安はないものの、走りの感触からマイルへの適性を感じさせるものがあるとのことでした。
今回は人気の一角に位置しているとは言え、結果がどうなるかはやってみなければ分からない状況と言えますので、カズ騎手から乗り代わった田辺騎手を信じて頑張って欲しいところであります。
結果は確かに大事ですが、それよりも競馬の内容を重視したい一戦ですね。

というわけで、これからアトリエに行ってきます!

一歩ずつ☆

福島5Rにて、愛馬ムーンスケイプ号が出走しました。

まずまずのスタートから、戦前の話通りに前へ行く姿勢を見せますが、思ったよりも行かせず、ちょうど中団の内で脚を溜める形を取ります。
あからさまに引っ掛かりはしませんが、折り合いには多少苦労しているように見えましたね。
勝負どころから押し上げにかかりますが、前を捕まえるような勢いはなく、こうなると早め早めに動いてどこまで粘れるかの競馬となり、前に届かず後ろからの追い込みも抑え切れずで、結局9着でした。

仕方ないのですが、やはり輸送で体が減っちゃいましたねえ。
まあ、そのわりに距離延長にも対応する競馬を見せてくれましたし、自分で動いていく競馬で一桁着順なのですから、この子なりの進歩は感じています。
今後も静かに成長を見守っていこうと思いましたね。

あぶねーぜ吉川くん☆

日ハムの吉川投手、好守に支えられて何とか勝てました~!
まだ本調子じゃないだけにヒヤヒヤでしたが、こういう試合を勝てるっていうのは大きいですよね!

まあ、先は長いのでコツコツ頑張っていきましょう!

名札から見える社会性☆

先日の土曜日、アトリエでは自分の名札を作りました。

デザインは自由。ただし、あくまで「名札」なので、ちゃんと自分の名前をフルネームで記入することが約束だったのですが、みんなの名札を見ていると、年齢毎に表現が違っていて面白いなって思いました!

男の子の多くは、自分の名前というよりアピールしたいこと(!?)を名札に表現するという、それはそれでちょっと面白い発想で名札を作っていましたし、フルネームという約束なのに、何故かドーンと名字だけを書いてる子もいましたね!
女の子は、やはり女の子らしく可愛らしい名札という感じで素敵でしたね。
いずれも、自分の中にある宝箱を開けたような、そんな子供たちの純粋さが光っていました。

一方、ちょっぴり大人の、新中学生と新高校生の子は、シンプルで洗練されたデザインの名札を作っていましたね。それは「名刺」としても通用しそうなデザインで、自己表現が年齢によって変化していくのが、今回の名札作りでよく分かりました。
「自分」というものの伝え方を、中学生以上になると色々考えているのでしょう。

ちなみに名札を一番派手に作った人は誰かと言うと、実は子供ではなく、私です!(笑)
新中学生の女の子に、「〇〇くん(私の名前)、女子高生みた~い!」と笑われてしまうくらい、全体的にキンキラキンに作りました。
なんせ、フルネームなんて、黒の下地にラメ入りのゴールドでババーンと書きましたから!(爆)もう目立つ目立つ!
名前の上にふりがなをふって、そこをピンクで色づけし、名前の下には星を散りばめ、名札の縁をクリスマスツリーに見立ててラメ入りのグリーンでデザインし、そこにまた星を散りばめてみました。

ついつい遊び過ぎて、子供たちのことなど言えたもんじゃない名札を作ってしまったのですが、それに先生がエラく反応してしまい、「まさか、〇〇くんにこんなセンスがあるなんて!!」とビックリしていました。
まあ、もちろん子供たちもビックリしていましたけれどもね。唖然としていたという感じで(笑)

作ったばかりの時って達成感しかありませんが、よくよく冷静にその名札を見た時、私自身どんな印象を持つのかなと、今週末にアトリエに行くのを今から楽しみにしています!
怖いもの見たさってヤツですね!(笑)

限りあるからこそ☆

NHKの「プロフェッショナル」を見ました。
今回は脳動脈瘤を治すお医者さんのお話でしたね。
感動しました。

私も、患者の家族の側としての立場や記憶を蘇らせながら、食い入るように番組を見ました。
先生も患者さんもご家族も、みんな必死。だからこそ、いい結果になって欲しいと、それはもう祈るような思いです。

命は限りあるもの。そして、一寸先は分からないのがこの世なのですから、持てる力を出し惜しみせず、存分に使い果たす覚悟で日々を生きなければならないと、改めて思いました。

ライト兄弟もビックリの競演☆

皆さん、ご覧になりましたか?今日の桜花賞。

いや~、色々シビれましたよ!
デムーロ兄弟がワンツーを決めてしまったわけですが、勝ったのが本来乗らないはずのピンチヒッター、C・デムーロ(弟)なんですから、これまた兄に負けず劣らずの強運の持ち主ですよね!
勝ったアユサンも余程調子が良かったのでしょう。満を持して追い込んできたレッドオーヴァルちゃんを差し返してしまったのですからねえ。本来乗るはずだった丸山騎手は無念の極みでしょうが、でも弟のデムーロさんがキッチリ代役の責任を果たしてくれました。
兄弟と言えば、武兄弟も人気の一角を担っていましたが、こちらは二頭とも外枠が響いてしまった感じですよね。

シルクのお仲間ローブティサージュちゃんは、内に潜り込んで自分の競馬はできたのではないでしょうか。
やはりオークスでこそと思わせる内容であり、このメンバー相手に内を通って5着なら、評価は下がらないでしょう。

そして最後に、三着がビックリでした!(笑)
配当、つきましたねえ!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。