今、思うこと☆

本来であれば、週末に愛馬の話などをして盛り上がるのが、当ブログのよくある光景なのですが、ここ二週間くらい、特に色々なことがありまして、馬の話は二の次になっておりました。
それを言葉に、話に起こそうとする度に、新しい出来事に出くわして、常に目の前のことに一生懸命向き合っておりました。

私の愛すべき仲間たち。
皆よく頑張っている。
素晴らしい。感動を覚える。
その一つ一つを、いつかお話できるようにしていければ、とは思っています。


さて、愛馬の話では、ラストインパクトとアムールスキーが優勝。エリンジュームとティックルゴールドが敗退しました。
ついでに先週のレッドウォーリアも敗退しました。

特にラストインパクトは、私に初の重賞勝利をもたらしてくれました。

ありがたいことです。
ラストインパクトも頑張りましたが、手塩にかけて育ててくれるスタッフの皆さんや、暖かく応援してくれた方々に、何より感謝です。

そういう人の支えなくして、馬も人も、大成など有り得ないと思っています。
人の心を、忘れてはいけないのです。

古代の英雄、大アフリカヌスこと、スキピオの言葉にこんなものがあります。

「ローマ人は負けても気力はくじけない。しかし、勝っても決して傲りはしない。」

ローマ人の箇所を自分に置き換えて、私は自分の座右の銘にしています。

皆さんご存じのとおり、勝つ時というのはどれもこれも上手く運ぶものです。
だから勝つことばかり知ったところで、人生には何の意味もない。
しかし、負けた時に自分がどう対処していけるか。
ここが苦しいところであり、また大事なところなんだと思っています。

辛いことが続いても、うつ向いてばかりいてはいけない。
どんな時にも、支えてくれる人がいることを忘れなければ、人はその恵みに浴することができるのではないでしょうか。

だからこそ「負けても気力はくじけないし、勝っても傲りはしない」のです。
スポンサーサイト

未勝利組、徐々に☆

昨日は東京競馬場で代替開催が行われましたね。

私の愛馬アインクラングが一週間遅れの未勝利戦に挑みましたが、外目の枠を引き当てた幸運も手伝い、二桁着順続きから、いきなり三着と急浮上。
初勝利に向けて、少し視界が明るくなってきました。

さて、東京競馬場では今日も代替開催ですね。
こちらにも愛馬レッドウォーリアが出走します。

はてさて、アインクラングに引き続いて前進はあるでしょうかね。
帰宅後の楽しみです!

荒れた一日・笑う馬券☆

今日は自分の愛馬もお仲間さんの愛馬も出走が少なかったので、のんびり競馬を楽しんできました。

毎週、競馬予想をメールで送ってくださる、一口馬主の盟友Uさんが、今日はいつもよりも早い時間帯に予想を送ってくれたので確認すると、ありゃ?
この予想してるレース、もう発走10分切ってない!?
そんなに緊急にお知らせしてくれるくらいだから、余程「買い」なんだと思いましたので、疑うことなく本命馬を複勝一点買いしたところ、二着となり的中。

おお。
Uさん、朝から気合い入ってるだけのことはあるなと、早速お礼の連絡を入れました。
Uさんの本当の予想は、本命を軸に3連複四点買いだったんですけれど、もちろんこの予想も的中です。

私も予想に丸乗りすればいいのでしょうが、馬券はあくまでお小遣い程度で遊ぶのがモットー(私の勝負はあくまで出資の方)なので、大抵シンプルに複勝買いするくらいなんです。
なのでUさん、悪く思わないで下さいね。

Uさんは一日1つ~3つくらいのレースを予想してくれるのですが、今日は午前中のレースの他に、京都のメインと最終を予想してくれました。

京都のメインはジェンティルドンナをブッタ切り、アンコイルドから勝負というもの。
うむ、潔い。
私も買うなら穴だと思っていましたので、疑うことなくまた複勝買い。

京都の最終は更に人気薄の馬を推奨してくれていましたので、これまた複勝を買っておきました。

すると…
京都のメインでは本当にジェンティルドンナが飛んで大波乱。
二番人気のトーセンラーが絡んでいるにも関わらず、アンコイルドの複勝は跳ねましたね。
美味しかったー!

最終Rも本命馬が飛んで、これまた波乱。
波乱を起こしてくれたのは、もちろんUさんの◎ですから、こちらも万歳!
まあ、Uさんにしてみれば◎が頭で残れば更にゴツい馬券をゲットしたのでしょうが、このレースは複勝だけでも威力十分でしたよ(笑)


本当に、ちょこちょこしか馬券を買っていないのに、ちょこちょこではこうはならないぞというお金の膨らみ方に、びっくりしてしまいました。

Uさんには感謝感謝の一日となりましたが、競馬の予想もつくづく才能だなあって思わずにはいられませんでしたね。

大丈夫だったのかな☆

小倉7Rに出走した愛馬アウレオーラでしたが、道中先行しながら勝負どころで置かれてしまい、後方に敗れてしまいました。

というよりも、勝負処で手綱が動くことはなく、全く追わずにレースを終えてしまったような感じだったので、アウレオーラに何かアクシデントが起こっていなければいいのですが…。
明らかに、ただ回ってきただけのレースでしたからね。

でも、怪我などではないとすれば、逆にそれはそれで不可解なレースとも言えます。

私にとって後味の悪いレースとなってしまいました。

自分の競馬をスムーズに☆

昨日はアトリエのため、小倉メインに出走した愛馬プレノタートのレースを見ることはできなかったのですが、シンガリからの直線勝負で10着だったようですね。

綺麗じゃない馬場で、最内枠というのは楽な条件ではないと思っていましたが、そういう状況でうまくプレノの競馬を心掛けてくれたのかなあ、と思っています。
まあ、見てないので憶測なのですが(笑)

昨日のアトリエもなかなか有意義だったのですが、その話はまた後ほど改めて。

さて、今日は愛馬アウレオーラが小倉7Rに出走します。
輸送は苦にしませんし、間隔を詰めて使えるのは歓迎のクチ。
うまく外目の偶数枠も引き当てましたので、スムーズな競馬で力を出し切れるといいなって思っています。

キング君だって強いさ~!☆

レッドフォース君のレースに続き、お仲間のキングオブタイム君を応援しました。

スタートで後手を踏んでしまい、後方からの競馬。
これに対し、一番人気であのサクセスブロッケンの弟は、スピードの違いであっさり先行態勢に入ります。
しかし、キング君はそこで慌てることなく、前の様子を見ながら徐々にポジションを上げていきます。
ライバルのブロッケン弟も、マイペースでスイスイ、スイスイ。

最後の直線に向くとブロッケン弟の独壇場。
まあ、元々能力の高い馬なのでしょう。単純に力を出し切れば、こんなものでしょうか。
着差を見ると圧勝ですね。

一方のキング君は勝負どころでグングン押し上げて、直線でもしっかりと二着争いを制しました。
差をつけられましたが、しっかりした競馬で二着確保は立派です。

さて、この着差。キング君がまともならスタートを切ったら、こうはならなかったんじゃないかと思いました。
私は引け目を全く感じなかったですが、出資者の方はどう御覧になったでしょうかね。

しかもキング君は、シルクの名牝系の出身ですから、まだまだこれからなんですよ!
無事に育ってくれれば、凄く楽しみです!

これで明日のお姉ちゃんのレースも楽しみになりましたね!

常識にかかってきました☆

私は今、のんびり愛馬の応援を楽しんでおります。

先日からの荒天で発走時間が遅れた京都1R。
この、不良のダート未勝利戦に愛馬レッドフォースが出走しました。

スタートはほぼ五分に出ました。
やはり前走あたりから、競馬が安定してきたのを実感。

レースは東京サラブレッドクラブのお仲間、レッドアライヴ君は好スタートから先手を取り、ペースを引っ張ります。
このままならアライヴ君、勝てるかもしれないぞと、お仲間の勝利を期待しつつ、フォースの方へ目をやると、徐々にポジションが下がっていきます。
あらら。
足抜きがいい馬場なので、もちろんペースも速いのでしょうが、内にいるので勝負どころでも動くに動けず、バシャバシャ泥を被って、かわいそうな競馬になりましたね。

4コーナーではついにシンガリ。
さすがに今日は競馬にならないなと思っていたら、直線だけで一気に追い上げ、8着となりました。
この厳しい競馬で8着なら、もう花丸ものです(笑)
安定して力を出せるようになってきたんですから、偉い!

四位騎手共々、お疲れ様でした。

ちなみにアライヴ君は3着でしたね。
でも、人気馬との真っ向勝負で、よく頑張ったと思います。

さて、次はお仲間のキングオブタイム君のデビュー戦です。
この血統ですからねえ。
思い入れのある方は少なくないでしょう。

頑張れ!キング君!

POPと愛☆

先日、二回目の販促セミナーを受講してきました。

前半にPOPのイロハを学び、後半で自らPOPを作ってみたのですが、こういう体験をすることはなかなかないので、とても貴重で、とても愉快な経験となりました。

POPって文字は書くけれど、何だか絵を描く感覚に似ているんですよ。
というのも、POPって相手への見せ方が勿論大切なのですが、どのように個性を発揮するかがとても大事なんですよね。
書きながら、なるほどなあ、と思いました。

でも、この自己表現。
実は自分を肯定できないと、うまく表現できないんだよな、とも思いました。
簡単のようで、実は簡単ではなかったりもするんですね。

人と人との信頼感の中で、創造性は発揮されると考えると、愛なくして表現なし、とも言えるかもしれません。

どのように個性を発揮し、また相手の個性を理解していくのか。
POPを通して、色々なことを考えさせられたのでした。

まもなく復帰☆

多忙であったことと、体調もいまいちだったことで、ブログをおやすみしていましたが、また今日から再開します。

ソチ五輪は各国代表の頂上決戦だけに、どの種目も白熱していて見応えがあります。
そして、世界の壁は厚いなあと、しみじみ思います。

チルドになる☆

昨日は仕事の後に販促セミナーへ出席。
帰宅が遅くなってしまったのですが、それにしても部屋がずいぶん寒いなあと思ったら、気温0℃。ついに0を見てしまいました。今年初です。

以前、お客さんに自分の部屋の寒さを話したことがあるのですが、「あなた、そんなところに住んでいたらチルドになるよ!」と言われたことを思い出しましたよ。

うむ、確かに。

経験しないと分からないことがある☆

傍目に見ていて、そんなに失敗が怖いんだろうか、と思う時があります。

確かに失敗しないに越したことはないけれど、人間誰しも過ちはあるもの。
そうした経験の中で人は磨かれるのだし、成長するものなのだから、そういうものも人生には大切な要素だと思いますよ。

要は、失敗からどのように学んでいくかが大事なんでしょうね。

また、他人の失敗を殊更吹聴してまわる人もいますが、人の痛みが分からないから、きっとそんなことができるのでしょうね。
これもまた、人生経験の不足によるものかもしれませんが、しかし、失敗した人を盛り立てようとしない薄情さと、卑しく小さな心では、誰からも相手にされることはないでしょう。

男性でも女性でも、大きな心で生きるのは大切なことですよね。

安堵しましたよ☆

ついにチーム・タジが今年初勝利をあげました!
でも、ホッとしたというのが正直なところです。
少なくとも「やったー!」という心境ではないですね。
ふぅ~って感じです(笑)

それにしても、ラストインパクト。
人気どおりとは言え、その人気に応えて勝つのは実に難しいものですから、よく頑張ってくれたと思います。

陣営や応援していただいた皆様、どうもありがとうございます!
横断幕が3つもあって、嬉かったです!

進路があっても内はイカンのです☆

愛馬ロレーヌクロスが東京D1,400に出走しましたが、内枠が災いして敢えなく敗退。
二桁着順でしょうね。

外から被されると戦意を失うとのことですから、勝負どころで馬群の外へ出せるかどうかが鍵だったのですが、さすがにそう簡単にはいかず。

中団を追走していましたが、徐々に控えて外へ持ち出すタイミングを図りますが、続々とクロスの外を各馬が通過し、そのまま内に閉じ込められてしまいました。

最後の直線に向くと、前がポッカリ空いたので、そこを目掛けてラストスパートに入りますが、やはり窮屈な内では伸びが今一つ。
外からどっと後続が押し寄せてきて、勝負あり。

道中でも外への進路にこだわっていたのは見ていて分かったので、ロスを承知で直線外へ出す競馬に最後までこだわって欲しかったですが、まあこれも競馬というヤツですね。

次は自分の競馬ができるかな。

エクセレントな食事と時間!☆

昨晩は「そらのコンサート」でお世話になった方のお誘いで、狸小路のとあるお店でお食事しました。

この「ビストロS亭」というお店、隠れ家みたいな佇まいなんですが、その素敵な雰囲気に相応しく、食べ物はどれもこれも美味しかったです。
普段、こういうものは食べないから余計に感動したのは確かですが、しかし、それにしても食事が楽しかったです。
また行きたくなりました。

さて、お世話になった方のご息女が、近々ご結婚されるとのこと。
おめでとうございます。
お母さんは寂しいに違いないでしょうが、それもいつかはやってくることですからね。
どうぞお幸せに!

それにしても、このお世話になっている方(お母さん)と、このご息女はずいぶんとほんわかとした雰囲気を出していて、素晴らしいご家族だなと思いました。
ビールを飲みながら、お二人の何気ない会話に耳を傾けると、私も何だか幸せな気分を味わってしまうのです。

そして今回、我が母校K高校の先生をやってらっしゃる方が、ご息女のご友人(正確には先輩)ということで、その方もご紹介していただき、ご一緒にお酒やお食事を楽しみました。

いやはや、不思議な巡り合わせを感じましたよ。
K高校の話と言えば、一部のお仲間さんはご存知ですが、私のK高校時代の先輩の管理馬にして私の愛馬エクセレントビューが、まさに活躍を始めたところで、こんなご縁ですから。
そもそもエクセレントビューだって、先輩の厩舎でなければ出資しなかったかもしれませんからね。

さて、我が母校。
昔は男子校だったのですが、今では男女共学で、なかなか賑やかになっているそうです。
いいなあ。羨ましいよ(笑)

学校祭も相変わらず賑やかだとか。
高校生なんて、つい最近の出来事のように感じられますが、真面目に考えると、ずいぶん昔のことなんですよね。
お話を聞きながら、私はまだまだ立派な大人にはなっていないのに、時間だけは過ぎてしまった現実を考えてしまいました。

母校の色んな話やお仕事の話を明るく話すこの先生の人柄は、まさに実直そのもの。
こんな人も珍しい。そう。珍しいくらいに良い人ということです。
よほどご本人も努力され、育った環境にも支えられたのでしょうね。
人を大切にされているのが、話ぶりから伝わってきます。

人は仕事で頑張っていると、いつの間にかその職業の雰囲気が備わる、などと聞いたことがありますが、まさにそういうことなんでしょうかね。

様々な感動を味わう、素敵な月末となりました。
こんな素晴らしい機会を与えてくれたE.Mオーナーに感謝です!

ほんのちょっぴりフォースを感じました!(笑)☆

デビューから、二桁着順続き。
鳴くし、出遅れるし、とにかくお子ちゃまのレッドフォースが、ダートの未勝利戦に出走しました。

今日はパドックでも良く見えて、「これは頑張ってくれるかも」と思いましたが、肝心のレースでも今までで一番マシなスタートを切り、中団を追走できました。

おお、今日のフォースは後方じゃない!
それだけでも嬉かったです(笑)

が、しかし、今日も多分鳴きながら走っていたように見えたのですが…(汗)

レースはそのまま雪崩れ込むような形で8着。
ついに着順一桁。えらい!

まだまだお子ちゃまですが、彼なりに今日は競馬を頑張ってくれたと思います。

例え自分の型に持ち込めなくても☆

勝ってくれればそれはもちろん嬉しいのですが、自分の競馬ができなくても、愛馬が頑張ってくれる姿を見られるだけで、一口馬主は嬉しいものです。

今日のメイン、白富士Sに出走した愛馬サムソンズプライドでしたが、レースでは最内枠の逃げ馬ゼロスにハナを譲ることとなり、得意の逃げは今日も封印されてしまいました。
ああ、またしても…。

まあ、オープンに上がると先行馬もそれなりの速力を持っているので、簡単に「どうぞ」とは言ってくれませんよね(苦笑)

ただ、ゼロスが断固先手を主張するので、早々に控えて自分のリズムを大切にしたのは良かったですし、開幕週の綺麗な馬場が、プライドに味方してくれました。

序盤にプライドに競られたゼロスは、やや暴走するような形で後続を引き離しますが、ペース自体は平凡。
それを冷静に見ながら、最後の直線で仕掛ける田辺騎手とサムソンズプライドに、今日の実質的な一番人気馬エアソミュールが前を目掛けて一気にスパート。
人気馬の、いかにも人気馬らしい決め手の違いは見せつけられましたが、プライドの競馬はここから。

エアソミュールが抜け出した後の争いで、ジワジワと前との差を詰めて上位を窺う態勢となるも、後方待機馬の追い込み急で、後続の1頭に交わされて、更に後続が押し寄せてきたところでゴール。
何とか3着でした。

いやはや、ホッとしましたよ。
上でも戦える手応えは掴んでいましたが、やっぱり掲示板に載って結果を見ないと安心はできませんものね。

少頭数で、走りそうな相手も限られていましたから、実は当然の結果なのかもしれませんが、それでも今日は運があったように思います。

良かった良かった。
それが今日の感想です。