ゴールデンウィークに思う☆

正月が過ぎて、冬のブリザードも掻い潜ると、そこはもうゴールデンウィーク!
というのが私の実感です(笑)

だって、一年の三分の一が終わっちゃうんですからね。

新年度が始まったと思ったら、三分の一は過ぎている。
考えてみると、時間の流れって恐いなあ。
早い。早すぎるのです。

時間を無駄にしないように生きているつもりですが、果たして自分は前進しているのかと考えると、形で見える結果というのも確かに必要だなと、ふと思いました。

仕事をに限らず、どのようなことにも。

冬の時は春や夏の陽気を欲しがりますし、夏には冬の冷涼な空気が欲しいのですが、結局のところ、その時その時を大切に、季節を一杯に感じながら生きていくことが大事なのだと思いますね。

さて、今日も張り切っていきましょうか!
皆さんも素敵な一日をお過ごしください。
スポンサーサイト

山を目指して☆

土曜日は二回目のボランティアに行ってきました。

施設は山にあるので、道中は遠足気分です!
とってもハッピー!

今回は施設に入所されている方々のいるフロアで、お掃除などをさせていただきました。
入所されている方々、そして職員の皆様、どうもありがとうございました!

前回とは違う仕事内容でしたので、新鮮な気持ちで取り組むことができました。
まあ、新鮮と言っても、そもそも何も知らないのですから、どれも新鮮で当たり前の話なのですが(笑)

床のお掃除にお手洗いのお掃除。
職場では大掃除の時くらいしかやらないのではないかということをさせていただき、仕事で必要とされているところ以外は、悲しいほど何もしていない自分に改めて気付かされました。

そのあとは、人生の大先輩である入所者の方々とお話する時間をいただきました。

靴職人だったという、おじいさん。
なんと、102歳!!
耳は遠くなってはいますが、私が知らない靴を作るお仕事を、色々話して聞かせていただきました。

靴の作り方で勉強になったのは、靴の作り方は職人それぞれに違うし、出来栄えも違うということ。
手作りなんだから当たり前の話ではありますが、職人の世界は人間の個性をよく知る世界でもあるんだなって、改めて感動しました。
職人それぞれに世界観は違うけれど、お客様のためにベストを尽くすことには違いはないですものね。

そのあとは、お昼のお食事のお手伝いを少々、勉強させていただきました。
私にできるのはもちろん介助などではなくて、お食事を配ることくらいですけれどね(汗)

途中、「あれ?今日は来ると思っていたのに、こっちのお手伝いだったんですね!」と声をかけられ振り返ると、先週のデイサービスの職員さん。
デイサービスのお手伝いも、またさせていただきたいと思っています。

お食事の時間も職員さんにとっては大事なお仕事で、フロア全体に気を配りながらも、介助が必要な方に細やかな対応をされています。

「近くで、目の前で見ないと分かりませんよ~」
と職員さんに促されて、私もお食事に同席させていただき、勉強させていただきました。

今回のボランティアを終えて思ったことは、初歩の初歩しかしていないのに、何も知らないとこんなにも大変なんだということ。
そして、人のために常にポジティブであるということ、ですね。

私のボランティアとしての存在はまだまだひよっこどころか、卵くらいの存在ですが、一日一日を大切に、また一生懸命やりたいと思います。

来週も頑張るぞー!!

そして、今日からまた仕事を頑張るぞ!!
負けるな、俺!!!(笑)

我、狭量ナリ☆

今年は、私にとって大きな変化の年になると思ってはいましたが、自分が思っていた以上に変化の波がやって来ていると日々実感しています。

どこもかしこも、一筋縄ではいかない状況なのですが、それでも白旗あげる訳にはいきませんよね。
運命の荒波だろうが何だろうが、例え飲み込まれそうになっても、無理矢理にでもその荒波でサーフィンしてやるという気概で生きていこうと思います。

人間は真の危機から人生を学ぶというような話を聞いていましたが、なるほど、今の私にも一つだけ分かりました。

それは、私が料簡の狭い人間だったのだ、ということです。
自分の器、小せえ小せえ。
それをごく自然に、確信したのです。

今までは小さな奴だった。
よって、これからもっともっと頑張っていくぞー!という力が湧いてきましたよ!

この馬鹿力で活路を見出だしていこうと思います。

私は荒波と戯れてみせるぞ!

日々姿を変える世界☆

出勤途中で川の流れに目をやると、雪解けの水で力強く躍動しています。

力強いけれど、流れは整然として乱れない。

不思議だなあ。

私もこのような人間でありたいなあ。
なれるかなあ。

そんなことを思いながらの出勤途中、その、1時間にも満たない時間の中でも、段々と気温が上がるのを感じ、そして太陽の光も、昨日よりキラキラと輝いてとっても爽やかに感じます。
木々もほんのちょっぴり色づき始めました。

綺麗!

私たちの世界は、日々変化しているんですよね。
それが素晴らしいことなんだと、改めて思いました。

そして、感じることの大切さも。

いつでも希望を持つこと☆

人は希望を持つことで頑張っていくことができると思っているのですが、皆さんはどう思いますでしょうか。

希望がないと、頑張れと言われても頑張りには限界があるし、続かない。

でも希望があると、困難にも負けずに頑張れてしまいます。

言葉はよく見聞きするので、取り立てて新鮮な話ではないのですが、確かに希望は人に必要なものなんだと思います。


私は希望を持って生きています。
あなたにも、希望を。

いつもありがとうございます!

少々遅くなりましたが、当ブログの拍手の回数が2,400回を超えました。

途切れ途切れのブログの更新でも、根気強く読んでくださっている方がいることは大変に心強く、こうしてまた、時間をかけてでも一つの通過点をクリアできました。
どうもありがとうございます!

もちろん、拍手を求めてのブログではありませんし、これからも自己啓発と面白い情報の発信、そして愉快で心安らぐ価値観をご覧の皆様と共有できればと思っていますので、今後とも、末永いお付き合いをお願いいたします。

人生をハッピーにしていきましょう!

二つの未来を感じて☆

土曜日は人生初のボランティアをしてきました。
まあ、ボランティアと言っても、ボランティアをしている内にも入らない、初歩の初歩をさせていただいた感じでしょうか。
デイサービスの職員の皆様、そして利用者の皆様、どうもありがとうございました!

実はこの記事、一回書いたのですが、何かの不具合で保存されなかったんです(汗)
一からまた書き始めるって、根気が必要ですよねえ。

さて、ボランティアのお話。
事前に何をするか聞かされていなかったので、最初は何をしていいのか全く分からず、仕事の様子を見ていると、利用者さんの一人から「あの人、立ってこっちの様子ばかり見てるよ!積極性がなくて駄目ね!」みたいな話を職員を介して怒っているのが聞こえてきました!

あちゃー、いかんいかん!!
お勉強しに来ているのではないのだから、確かに私の態度は失礼そのもの!!

職員さんに促されて、まずは利用者さん一人一人に挨拶回り。
これこれ、これですよね。
挨拶は基本中の基本なのですから、自ら進んでやらなくっちゃ!
営業マンがこのザマなんですから、挨拶しながら赤面ものの猛反省しておりました。

そのあとは、利用者さんの隣に座って、おしゃべりしました。
私には、それしかできる芸がないものだから(汗)

なるべく利用者さんがお話してくれるような、一緒に笑えるような、そんなことを意識しながらお話してました。
みんなが感じ取れるような、季節やお天気の話など、色々と。
でも、営業してる時のような話とは世界がまるで違うので、力まずに微笑みながらも、受け答えはけっこう頑張りました。
簡単な言葉のやりとりのはずなんですけれど、相手の言わんとすることを感じ取りながら話すというのは、こんなにも大変なんだあって今更ながらに実感しました。

こういう会話も含め、万事において涼しい顔で仕事をこなしていく職員さんは、私には神様みたいに見えました!
すっごいなあ。自然体でできるんだもの。

アトリエが後に控えているので、お昼に帰らせていただいたのですが、帰り際に母親の職場の人とバッタリ遭遇。
お互いに、え!?何でこんなところにいるの!?って感じになりましたが、その方のお父さんが偶然ここのデイサービスを利用していたんですよね。
こんな偶然もあるんだなあって、人のご縁は不思議なものだと感じました。

一生懸命お父さんと向き合うこの方に、どうか、いいことがありますように!
私の母親も空からきっと応援していることでしょう。

ところで、利用者さんはみんな私の人生の大先輩。
私が子供の頃どころか、産まれる前から、我が国を支え続けてくれたのですから、それに対する尊敬の念は、常に持ちたいなと思いました。
これからも、ますますこの活動を頑張っていきたいですね!

さて、アトリエに直行すると、ちょっと早めの到着となりましたので、子供たちの活動を見学させていただきました。

ボランティアをしてきた後だからなのでしょうが、子供たちの元気ハツラツとした姿、思いのままに躍動する姿、その素晴らしさを改めて感じました。
みんな、輝いているんだね!!
そう思いました。

この子たちが明るく元気に社会で活躍できるようなことをしなければと思うと、仕事の士気も上がります!

二つの未来を感じたこの日。
私自身が躍動する第一歩の日として、これからも張り切って頑張ります!

挑戦することってワクワク☆

今日からボランティアに行ってきます。
この機会を作っていただいた皆様には感謝しています!

具体的に何をするのかは行ってみてのお楽しみらしいのですが、私としてはとにかく全力投球、そして誠心誠意で頑張りますよ!!

挑戦するって、ワクワク!

苦労は幸せの種☆

最近、よく使うこの言葉。
苦労は幸せの種。

忙しく、楽しく過ごしていますが、時に緊張する場面に出くわしたり不安に感じることもあります。
でも、きっと乗り越えていけるだろうし、明けない夜はないと信じていますので、頑張っていけるのでしょうね。

乗り越えた時には、今までの努力が報われると感じます。
それが明日への力になるのかも。

愛馬の話が遅れていてごめんなさい。
余裕ができたら書きます。

さて、今日は甘いかしょっぱいか。
張り切っていきましょうか!

伝える力☆

伝えたいことが上手く伝えられないことってありませんか?

私も時々あります。

それは分かってもらえるだろうと思い、説明に欠けていた時。
言いたいことはここなんだけど、当たり障りなく言ってしまうと、結局曖昧になる時。
相手の立場や状況を考えずに、話してしまう時。
相手への思いやりで言っているのだけれど、相手にはさほど私の話も、そして私も、重要ではない時。

などなど。
色々ありますね。

こんなことが日常茶飯事だったら、めちゃくちゃに大変ですね(笑)。

でも、人は言葉だけ上手になっても物足りないし、感情だけでも空回りします。
だから色々勉強しながらの人生なんだと思います。

昨日の苦労を、今日の幸せの種にしましょう!

出口戦略☆

投資を主とした目的で始めた一口馬主。

色んなお仲間さんと知り合いにもなり、想像以上に有意義な時間を過ごすことができましたが、現二歳馬を最後に、出資の規模を一気に抑制、もしくは出資から手を引くことに決めました。

クラブやお仲間さんへの不満などでは全くありません。
私の個人的な、人生の方向転換をするためです。

今後はこじんまりと、まさしく趣味で一口馬主を楽しむか、完全に撤退するかは、まだもう少し検討させてもらいますが、少なくとも、お仲間さんの愛馬の応援は継続してまいりたいと思います。

愛馬の話もしなくなりましたが、今日か明日くらいには、久しぶりにチーム・タジ日記を書こうと思っていますので、興味があったらまた読んでみて下さい。

それでは、よい一日を!

たいせつなわたし ありがとう☆

土曜日のアトリエでは、石膏で作品を作りました。

風船の中に入れて固めたものを、彫ったり、色を塗ったりして楽しみました。

作品作りも楽しいけれど、いつの間にか私が通うアートクラスはずいぶん子供が増えました。
中学に入学した子は部活に入る子もいるでしょうから、ずっとビッチリではないのでしょうけれどもね。
それにしても、子供のために、こういうことにお金や時間を使う大切さを知っている親御さん達は素晴らしいなって思います。

個性や才能を理解するのは簡単ではないし、それを有効に活かしていくとなれば、なお難しいことかもしれませんが、こういう活動が人生を生きていく上での、ヒントになればいいですよね。
子供たちの未来は明るくあって欲しいし、だからこそ、このオッサンの私も一丁頑張ったろかい!!って思うんですよね。
いや、オッサンと子供を一緒にしてはいけないですね(笑)
失礼。

さて、アトリエの活動を終えると、めぐむママがいらっしゃったので、早速こどもカレンダーのお礼を述べました。

「あれはなかなか哲学的でしたね。」
私が述べると、あのカレンダーは毎年バージョンアップしているとのこと。
人生の歩みが、素晴らしい発想を生み、現在進行形で発展していくのですね。なるほど。
でも、独特の世界観は、やはりめぐむママならでは、と感じました。

ところで、絵本は完成したのですかと訊ねると、タイミングよく完成品を持ってきてくれていました。
先週の金曜日には、読み聞かせ会(!?)のようなことも早速したそうで、そのイベントに参加していたママさんも交えてお話しました。
が、そのママさんはこの絵本に偉く感動したらしく、こみ上げてきて涙を流していましたので、あまり会話にはならなかったのですが(汗)、しかし、その涙ゆえに説得力は抜群で、とにかくハートウォームな作品であることは十分分かりましたから、肝心の絵本を読ませてもらうことにしました。

絵本のタイトルは「たいせつなわたしありがとう」

めぐむママさんの世界観が凝縮したその本は、あたかもめぐむママの人生を見ているかのよう。
実際のめぐむママの人生を存じ上げないのにナンスンスな表現で申し訳ないのですが(苦笑)、とにかく、めぐむママがそのまま絵本になったという感じ。
だから、訴えかけてくる言葉に見いってしまうというか、話に耳を傾けていくという感じ。

この表現力と人間性、凄いな~。

切なさや優しさ、力強さを、こんなに暖かく表現できるなんて、素晴らしい!

こういうの出版できたら、いいのにな。

今度、販促の師匠アイムさんに聞いてみるとしましょう!

まずは信じることから☆

昨日の桜花賞、ご覧になりましたか?
実に痛快なレースでしたね!
歴史に残る名勝負だったと思います。

さて、優勝したハープスターちゃん。
ラスト3ハロンでは、驚き桃の木の32秒台を計時。
こんな時計は新潟競馬場でしか計時されないと思っていましたよ!(笑)
でも、あの迫力満点の鬼脚は、まさしくディープインパクトって感じで、格好よかったです!

海外遠征のプランがあるそうですが、昨日の競馬を見たら、ただただ脱帽で、もう何でも好きなことやってちょうだい!という気持ちになりますね(爆)
ハープちゃんの強さを信じていますよ!

さて、この信じるということについて。
実は簡単なようで難しく、こういうことでお悩みになっている方も少なくないのではないでしょうか。

人間は見えているものだけが真実と思いがちで、そうなると、見えているところの先入観だけで物事を決めてしまうということになり、見えていない部分を推し量るというところまで至らないことが多いようです。

でも、見えている部分だけでは、真実は分からない。

分からないと疑いの気持ちが生まれ、それによって相手との関係がこじれてしまう。
そんな実にもったいない話になるのは、皆さんも身の周りでよく目にすることではないでしょうか。

大人とは、よくよくそこを理解して、腹を太く持って生きることを指す言葉ではないかと思うんです。
もちろん、みんな最初から大人のはずはないですから、人生で色んな経験をして、人間味が深くなって、大人になっていくのだと思います。
頭だけ大人になっても、あまり意味はないですから。

なので、「信じたからには、とことん!」
私はこれを胸に、毎日を生きています。
遠回りかもしれないし、利口ではないかもしれないけれど、信頼も人間性も、一朝一夕には形成されないのですから、人生焦らずにいきましょうよ。

疑ってかかれ、とは仕事の基本姿勢としての常套句ではありますが、私はまずしっかりとした人間性を前提に、この言葉があるのではないかと思っています。
先人の教えもまた、深いものがありますから。

短いところは合ってるみたい☆

お仲間ハビタブルゾーンちゃんの応援をしてました。

内枠から先行勢を見ながら追走し、直線でも脚を伸ばして4着。
お試しで乗ったようなところもあったと思いますし、直線で外から被されて楽な競馬ではなかったでしょうから、まずは掲示板確保で納得というところでしょうか。

短い距離での競馬を覚えていけば、前進はもちろん、未勝利も脱出できるでしょう。
権利を取って、今度は使いたいレースを選べますしね!

とりあえずハビ太、お疲れ様でした!

ハビ太GO!GO!☆

とあるお仲間さんがブログを休止しているので、代わりに私がそのお仲間さんの愛馬を応援しようと思います。

私、このお仲間さんのブログがなかなか面白くて好きだったんだけどなあ。
読んでいて笑顔になったのは私ばかりではないでしょう。
こういう一口馬主さんが増えて欲しいと言い切れる方だったので、いつかまた思い立って、ブログを復活させて欲しいと思います。

話は応援に戻りますが…
応援するのは、本日の中山1Rに出走する「ハビ太」ことハビタブルゾーンちゃんです。
同じくお仲間さんである、まっきーさんもブログで応援してくれているのが頼もしい限りです!

女の子にハビ太って命名するのが何だかラム王子さんらしいのですが(笑)、これはこれで可愛らしい。

この子の素質は確かですから、距離短縮で一変に期待します!

御厚意にジ~ン☆

ボランティアの申し込みをしても、受け入れてくださる先方の事情もあるでしょうから、なかなかすぐに始められる訳ではないようですね。

なので、ボーッと待っているのももったいないので、以前仕事で担当させていただいた施設にも、ボランティアの相談をしてみました。

すると、ボランティアの対応窓口で、以前からマラソンやお祭りでもとてもお世話になり、懇意にしている方から、「タジが新しい挑戦をしようというのであれば、喜んでお手伝いいたしますよ!」との返事をいただきました。
一つ返事で、しかも言い回しもシャレているのが相変わらず素晴らしい。
「タジがもし土曜日に来れば、明日(競馬)の打合せもできるしね!」と、しっかり笑わせるところは笑わせてきて、粋だな~と思いましたね。

来週早々に、ちゃんとお願いしてこようと思います。

ボランティアと言ったって、その道のことは右も左も分からない私を、よくぞ、いとも簡単に使ってくれるものだと、度量の大きさに感服する一日となりました。

御厚意に、感謝です!!

一から鍛える・一から造る☆

私にとって、今年は変化を大いに感じる一年となっています。
まあ、毎年、毎年、面白くなってきてはいたのですが、今年は特別な印象です。
これが人生の節目なのかもしれませんね。

毎週土曜日の午後はアトリエに通っていましたが、今後はアトリエまでの時間をボランティアすることにしました。
先日申し込んだばかりなので、始めるのはまだ先ですし、具体的なことは分からないのですが、本から学ぶのはもちろんのこと、人生の大先輩から直接、色々学んでいきたいと思います。

なにかをして差し上げて、自己満足に浸るなどという気持ちは、サラサラありません。
自分が誠心誠意を尽くすための学びの場を提供していただいたんだと思っています。

こういう機会に恵まれたことに感謝です!

自分と自分の進むべき道をしっかりと見据え、自分を一から作り直すくらいの覚悟で、心身を鍛え、人様のお役に立てるように頑張ってまいります。
今までの自分にはなかった良い習慣も取り入れて、より良い人生を歩んでいきたいです。

思い立ったが吉日と言いますし、そう長くはない人生です。
全力疾走でいきます!

向上心☆

清く、正しく、暮らしたい。

そうは思っていても、一日を振り返ると、悪い心や感情がわき上がらない日はありません。
つまり、毎日が反省なんですよね。

毎日が反省なんて言うと、いかにもという格言めいた言葉に聞こえて、実感として受け止めてはいなかったのですが、最近はそれがわかってきたように思うんです。

反省を生かして、明日へ一歩、未来へ一歩。
前進したいです。

ママの哲学☆

先日、アトリエのめぐむママに、いつものゆる~くやんわりとした口調で、ブログの更新がされていないとのご指摘を受けましたので、今回はちゃんと書こうと思います。

もちろん、めぐむママはチーム・タジの、いわゆる愛馬の話を知りたいのではなくて(笑)、アトリエでお話したことや感じたことを、私が「それ、ブログに書いてもいいですか?」と言っていたことについて、私がどのように表現するのかを楽しみにしていたんだと思います。
それを多忙にかまけてサボっていたのですから、いやはや、申し訳ありませんと言うしかありません(大汗)

しかし、めぐむママに、一体何について書くと言っていたのか、すっかり忘れてしまった…
ヤ、ヤバい。
(;゜∇゜)

まあ、それほどまでにたくさん驚かされたり笑ったり、感動することがたくさんあったのですが…
しかし、言い訳ですね(汗)

今日はそういう訳で、めぐむママの作った「こどもカレンダー」についてお話したいと思います。

めぐむママは、私が鎖骨を折った時に「自分に感謝」を教えてくれた方なのですが、実はアトリエに通う子供たち顔負けの、面白い作品を作っている方なのです。
いつも微笑んでいらっしゃって、「どうやったらそんな人間になれるんだ!?」と、俗物の私などは思ってしまうのですが(笑)、日々の様々な御苦労の中に、人間は磨かれていくのでしょうね。

苦労は誰しも避けたがるけれど、苦労は幸せの種かもしれませんね。

さて、こどもカレンダー。
こどもが暦を楽しみながら学ぶ、愛らしいカレンダーなのですが、なかなか良く作り込まれていて、実は「親子」の繋がりに根差したカレンダーだったりします。
見れば見るほど、細かなところまで行き届いていて、めぐむママの人間性がとてもよく出ています。

そして、メッセージ性があるのも面白い。
子育てを通じて、色んな勉強もしてきたとおっしゃっていましたが、なるほど、哲学的な感じです!
なので、今まで見てきたカレンダーとは、ちょっと感覚の違うものだと感じました。
一年の時の流れを、新鮮に、豊かに、感じさせてくれます。

愛情というのは、こうも人の才能を開花させるものなのか。
そして、ママを哲人にするのかと。

めぐむママ、深いなぁ。

めぐむママは絵本の製作にも取りかかっているそうですが、完成が今から楽しみです。

多様性の世界、素晴らしい!

人生を学ぶ☆

私がまだまだ社会人としてひよっ子だった頃に、大変お世話になったおばあちゃんがおりました。
今の私の生き方に影響を与えてくれた大恩人であり、いつかまたお会いしたいと常々思っていましたので、昨日会いに行ってきました。

相変わらずお元気にしていらっしゃって、それだけでも感動しましたが、私もつつがなく元気に仕事を続けている様子におばあちゃんも感動されたらしく、涙を流されておりました。
私も危うく泣くところでありましたが(笑)、しかし、おばあちゃんの思いの深さに、改めて感じ入りました。
私が目指していくべきものが、ここにあるのです。

人に思われるとは、何とありがたいことか。
これを一生の宝として、益々精進に励んでまいります。

今回おばあちゃんとお話した中で、再確認したのは「人間は一生勉強」ということ。
とにかくたくさん本を読みなさい、色々なことに関心を持ちなさい、と。
世の中のお役に立てる人間になり、そして一人で生きているなどと驕ることなく、常に感謝の気持ちを持ちなさい、ということでありました。

90歳を越えるおばあちゃんの前では、私はただの青二才。
今日が新たなスタートだと思い、益々頑張っていこうという気持ちになりました。

仁徳のある方とは、進んでお付き合いを求めたいものですが、しかし、私が今より頑張っている姿を、一体いつまでおばあちゃんに見ていただけるのか…。
誠心誠意頑張って、それでささやかでも社会の役に立つならば、それが恩返しとなるでしょうか。

そんなことを思いながら、家路に着きました。

人の心に勝る宝物はない☆

先日、多忙にも負けず、一心不乱に頑張っている方に、何気ない心遣いをしたつもりなのですが、私が相手を思うよりも、相手が逆に私を大いに心配していたらしく、思いもかけない倍返しをいただくことになりました。

いただいたモノも、それはもちろん嬉しいですが、何よりその気持ちにジーンときました。
また、その方の普段の心掛けがそこに表れているのだとも思いました。

モノの善し悪しも時には大切ですが、人の気持ち、優しさ、思いやりに勝る宝物はないなと思いましたね。
そんなことに、贈った人間が逆に気付かされるという話が、何だか私らしいでしょう?(笑)

外は冷たい雨が降っていますが、私の心はほっこりとして暖かいです。

自分の顔に責任を持つ☆

朝、必ず鏡を見て思うのは、「自分はいい顔をしているか?」と自問自答することです。

ハンサムではない顔をハンサムに思いたい、ということではもちろんありません(笑)

しっかりとした、活気に満ちた顔をしているかということです。
人のために自分のために、しっかりと働ける顔になっているか。
力強いだけで険しい表情になっていないか。
緩くなっていないか、などなど…
色々思います。

顔に責任を持つという格言、もっともだと思う今日この頃です。

雪解けの川に思う☆

運動量確保のため、通勤時の歩数を増やしています。
鎖骨が完快すれば、軽く走り出していきたいので、今はその前段階というところです。

その、散策を兼ねた通勤途中に、川が流れています。
雪解け水が力強く、音を立てて流れています。
その流れを見ていると、綺麗で静かで、とても滑らか。
自然が織り成す素晴らしい世界を眺めていると、ふぅ~っと心が落ち着いてきます。

四季折々に姿や顔を変えるけれど、昔も、今も、そしてこれからも、ここではずっと川が流れているんだと思う時、自分もどんな時でも自分らしさを失わないようにしなければ、と思うのであります。

我が儘な自分という自分らしさではなくて、もっと自然体の、優しい自分に。

春ですね☆

今日から4月ですね。

新入学生、新入社員には、緊張と待望の春が来たというところでしょうか。
皆さんが持つ素晴らしい原石を、大いに磨き、健やかに成長してくれることを切に願っています。

私達の身近なところでは、ついに増税がやってきた!というところでしょうか。
大なり小なり、皆さんにとっても影響は不可避でしょうけれど、久しぶりに寄った今朝の某ファーストフード店は、今までに見たこともない盛況ぶり。
朝から、何なんだ一体!?

みんな、ちょっとコーヒーブレイクして、新年度(に該当する人?)の仕事に向けて精神統一するのでしょうか。

しかし、何故か混んでいるこの様子を、私はやはり「春が来たんだな」と思って眺めています。

増税になっても、変わらない日常はあるのだ。
そんなことに、ちょっぴりほっとしました。
みんな、この社会を逞しく生きている。

よしよし、今日もぼちぼち頑張りますかー!