積木が世代を超えるよ!☆

一昨日の土曜日は、アトリエのため札幌に行っておりました。

今回は積み木の活動でしたが、私は最初から高く高く積むことを目標に、しかし、ポイントである中心部との結び付きもしっかりと押さえて、早々に上へ上へと積み上げていきました。
周囲のみんなは各々の美意識がよく表現された建造物を積み上げておりまして、それらが一体となって古代ローマの都市を思わせるような光景となっておりました。
しかし、私だけがバベルの塔であるのを除いて(苦笑)

いや、これは笑えないな。私のあくなき野心がこんな高層建築物を無意識に作り上げてしまったのだろうか、という感じになってしまった。
ある意味で大人にしかできない芸当かもしれない。世俗の垢にまみれた人間の作品に思えてしまう。

案の定、タジのバベルの塔ならぬ、タジの斜塔は、補強工事の途中で崩れ、周囲の積木都市に馴染む高さで復元されました。
こうしてタジの積み木の活動は終了したのですが、目を見張る出来事が起こったのはまさにこの後のことでした。

まず、私の隣で黙々と積み木を積んでいた高校生の「ゆういち君」が、自分の作品を完成させた後、その建物を土台にどんどん高く積み上げ始めたのです。
安定した積み上げ方は、見た目にも美しく、上へ上へと綺麗に積み上がっていくと、倒壊前のタジの斜塔を追い抜く高さに到達しました。

おお!素晴らしい!
今まで、私以外に高く積み上げる子はいなかったのですが、今日ついに、私よりも高く、私よりも美しく積み木を積み上げる子が現れた!
いや、そういう意識や行動ができるほどにゆういち君は成長したのだ!
と、思わず声が上ずりそうになるくらいに、その光景を眺めることができて、私はとても嬉しかったのです。

それだけでも、私にとっては感動的だったのですが、それに関心をもった二人の子(小学生と中学生?かな)が、何と、ゆういち君と同じように上へ上へと積み上げ始めたのです。
残り時間もあまりない中、一心不乱に積み上げる二人。
その集中力たるや凄まじく、あっという間に部屋の天井にまで積み上げてしまったのです。

高さに挑む前から、既に積み上げ方がイメージされていて、手がどんどん動いていったからこそ、短時間で成し遂げることができたのでしょう。
二人の建物はそれぞれ違う建て方でしたが、やはりそれぞれに安定感があり、それぞれの美意識が発揮されたものとなっていました。凄いなあ。

完成された後に、親御さん達がその光景を見て感動しておられました。
しかし、本当に凄いところは、今までこんな表現はしたことがなかったことを、今日は頑張って表現していた、ということではないでしょうか。

物事は積み木同様、何事も積み重ねであり、また応用でもあります。また、それらを駆使して新しいことに挑むというのは、創造力の賜物であります。
言葉にするのは簡単なのに、それを為すことの何と難しいことか。
でも、事も無げにそれをやりきってしまう子供たちの力って凄い!

私は一ヶ月に一回のペースでアトリエに通っているから、余計に子供たちの成長ぶりにハッとさせられたのかもしれませんね。

世の中、辛いこともあるけれど、しかし、それでも未来は明るいに違いないと、今回のアトリエでは感じました。
私も仕事で明るい未来のお手伝いをしなくちゃね!
スポンサーサイト

飲み会ダブルヘッダー☆

6月8日(月)
今日の静内の天気は曇り時々晴れ。
冷ややかな午前中と、日差しで暖かくなったお昼頃。そして急に曇りだして霧が立ち込めてきた夕方。不思議な天気でした。

さて、先週の金曜日は飲み会ダブルヘッダーで、忙しくも充実した一日となりました。
行事に参加してみなければ知り合えない方がいますし、そういう出会いから学ぶことや刺激を受けることってたくさんあります。
ですから、お招きいただく機会、お話できる機会に恵まれるというのは、幸せだなと自分でも思っています。

後半の飲み会(というよりバーベキュー)の主催者さんからは、
「こういう機会を生かすも殺すも、お前次第だよ。でもな、誰彼に声を(お誘いを)かけてるってものじゃないんだ。機会っていうのは大事にするもんだぞ。」
との言葉をいただきました。

…ありがとうございます。もう、それ以外に表現のしようがありません。
前半の飲み会(こちらは某大学OB会)も同様に、声をかけてもらったからこそ参加できた訳で、色んな方とお知り合いになれたのですから、共に参加させていただいたことに感謝しております。

そう思えばこそ、バリバリ頑張って恩返ししないといけないなと思ってくる訳ですし、力が湧いてくる訳ですよ!

今年はどれだけ頑張って人の役に立てるか。
公私共に、そこはブレずにいきたいし、自分に求めていきたいところです。

臥薪嘗胆の50キロウォーキング・その3☆

6月2日(火)
今日の静内は雲が多かったものの、晴れて穏やかな天気でした。

ちょいと中断しておりました、50キロウォーキング大会の話の続きです。

新冠サラブレッド銀座をのんびりと山へ向かい、途中、ピカピカに輝くオグリキャップ像を横目に更に山へと歩いていきますと、朝日小学校に到着。
ここが休憩ポイントになっていて、ようやく一息つけました。

しかも到着してみると、菓子やら飲み物やら、心暖まるおもてなし。
本来お休みにも関わらず、こうしてイベントに賛同してご協力してくださった先生方、どうもありがとうございました!
とっても嬉しかったです。

休憩後、いよいよ山道から静内へ、ぐるりと戻っていく道程に入ります。
姉去橋、だったかな…?その上からパシャリ。


こういう風景、時間の許す限りにボーッと眺めていたいものです。

そういえば、この辺りは姉去とか去童とか、何だか寂しくなる地名が目につきましたね。
深い意味はなくて、語呂合わせみたいなものなのかな。

強さよりも愛らしさ☆

6月1日(月)
今日の静内は快晴でした。
クールビズが今日からスタートしたのですが、まさにその装いにピッタリの天気となりました。

先日の土曜日、日中はお客様のセミナー出席のため札幌へ、夕方からは当社に功績のあった方の退職祝いのため千歳へ。

直接一緒に仕事をしたことはないのですが、わが社に貢献した方の退職をお祝いするのは大変素晴らしいことだと思いましたので、喜んで参加させていただきました。

それにしても、参加者の数の多いこと。
そしてまた、かしこまったところもなく、終始和気あいあいとした雰囲気でとても楽しい会になりました。

そういう雰囲気を感じていると、退職された方や、関わってきた方々のお人柄が良く出ているようにも感じます。

人間、というか生き物の社会は、強さももちろん大切だけど、愛らしさって凄く大事だなって思いますね。