スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨年はこんな一年でした(4月~6月)☆

昨年の4月~6月はこんなことがありました。
皆さんはその頃の思い出はありますか?

☆4月

「シルキーバブル」
~スピアナートちゃんが未勝利戦で三着し、3,000円台の複勝をゲット。
スピアナートちゃんの保険として買ったカシノチョッパーの複勝も、これまた3,000円台という驚きの大波乱。
この日はマイディアソングちゃんも出走し、狭いところから差してきて僅差の三着。
これがまた、どういう訳か人気がなくて、美味しい馬券をゲット。

「バブルの産物」
~先ほどの穴馬券ゲットでラトーナに出資。
出資確定と共に満口となり、まさに紙一重で間に合った感じ。これも運命?

「プレノ桜花賞出走」
~プレノが牝馬クラシック桜花賞に出走。
結果は大敗も上位二頭のその後を考えれば、それも仕方ないところ。
プレノの出自を考えれば、ここまで来ただけでも偉いのかもしれない。

「ブルックリン、芝短距離で目覚める」
~不振に喘いでいた愛馬シルクブルックリンが、芝短距離で一変。休み明けにも関わらず三着となり、その後歩むべき路線を決定づけた。

「シルクラングレー君デビュー戦勝利」
~お仲間シルクラングレー君が低評価を覆してデビュー戦を勝利で飾る。
竹之下騎手とのシブいコンビでその後も活躍続けています。

「シルクエステート君の二着」
~シルクエステート君は成長を続け、差し脚が安定。
昨年は二着が多かったように思いますが、力がなければそもそもこのクラスで再三上位にはこれないもの。
今年こそはオープン入りして欲しいし、それが決して夢物語とも思えない。

「アトリエ体験講座」
~ひょんなことからアトリエの体験講座に行き、何の疑いもなく結局そのまま入会。
これが私の運命と考え方をちょっとずつ変えることになるとは、この時夢にも思っていなかった。

「デセーオ中央初勝利」
~未勝利で終わり、地方で再起を図った愛馬レッドデセーオが中央の舞台へ再挑戦。
見事勝利を飾ってくれた。

「アポロン福島復興祈念競走で勝利」
~愛馬シルクアポロンが、復興祈念競走を施行している福島競馬場へ遠征。未勝利戦を見事に逃げ切りました。
この頃、まだ馬体がパンとしていた訳でもなかったので、今年の復帰が楽しみ。

「プレノ、またまた急遽乗り代わり&オークスTRで権利を逃す」
~運がない時はこんなもの。
プレノの東上に付き合ってくれたアンカツ騎手が、直前でまさかの乗り代わり。
急遽ピンチヒッターを務めた杉原騎手も健闘はするが4着までで、オークス行きがほぼ絶望的に。
後から考えれば、仮にオークスに出ても勝ち負けできるとは到底考えられず、これは妥当な結果だったのかもしれない。
しかし、運がないのもまた確かではあった。

☆5月

「花見の季節」
~昨年は珍しい陽気で、札幌でも早い段階で桜を楽しむことができた。
GWに本当の花見を楽しみながらお酒を飲めるなんて、道産子の私には望外の喜びであります。

「メイドカフェ」
~友達に誘われ、初めて行ったメイドカフェ。
女の子はかわいいし、お酒も飲めたが、何が楽しいのか私には分からない。
私には、やはり居酒屋がちょうどいい。

「アーネスト君、再びオープン入り」
~マタさんの愛馬シルクアーネスト君が内の狭いところからルルーシュを競り落として、再度オープン入りを決める。
その後のルルーシュの活躍を見れば、アーネスト君の実力はオープンでも決して見劣りするものではないことが分かる。

「寿司を37皿食べる」
~大酒飲みの大食漢である私の記録。
冷静に今振り返ると、単なる食べ過ぎという他ない。

「シルクエルドール、豪快なデビュー勝ち」
~お仲間シルクエルドール君が、低評価を覆す豪快な差し切り勝ち。
この頃までは、ノーザン色が色濃く出ていないせいか、シルクっ仔の人気薄での激走が目立った。

「まっきーさん、みぃーささん、あやこさんとお仲間になる」
~主婦とOL、異色の一口仲間さん達と出会いました。
その後、三人から伺うお話に女性ならではの競馬の視点や価値観を知り、大いに刺激を受けたものです。
また、三人はそれぞれに悩みを抱えながらも楽しく明るく生きており、共感を覚えると共にこれからも応援してまいります。

「シルク応援隊杯POG」
~マタさんの呼びかけで、初めてシルク応援隊杯POGに参加。
私の場合は競い合いよりも、お仲間さん達との顔合わせや自身の愛馬の戦況分析に活かしている感じですかね。
こういう場を提供し、シルクを中心に一口馬主同士の交流を図っているマタさんやまっきーさんの一口馬主精神に、感謝していします!

☆6月

「キャメロット、英二冠を達成」
~オリンピックで沸くイギリスに、無敗の二冠馬が出現。
セントレジャーを勝てば、ニジンスキー以来の英三冠を達成することになったのだが、残念ながらセントレジャーは二着となった。
競馬の本国でも、血統や育成も、昔と違い短距離~中距離に最大の関心が寄せられ、ステイヤーの育ちにくい土壌になってしまっているのだろうかと、ふと思った。

「フラム君がデビュー勝ち」
~ノーザンの全面支援を受けた最初の世代にして、最初のデビューを果たしたのは、シルクゆかりの良血フラムドグロワール君。
古参から新しい会員さんまで幅広く出資された期待馬でしたが、見事なデビュー勝ちで期待に応えました。
ここから、シルク二歳馬の快進撃が始まったわけです。

「フィール三着で夢を見るも」
~脚に爆弾を抱えたフィールグリュックが、脚抜きのいい馬場を先行して三着。
この時、未勝利脱出が見えたように思ったのですが、そうはうまくいかず結局引退となりました。

「プロスペリタがデビュー」
~まともな稽古ができない中、デビュー戦で見せ場を作ったプロスペリタ。
これは案外やるのでは…と思いましたが、こちらもやはり今までの分を挽回できず、未勝利で引退。
スポンサーサイト

コメント

  • 2013/01/04 (Fri) 19:37

    あけましておめでとうございます。
    昨年はお世話になりまして、今年もよろしくお願い致します。
    私と知り合った月まで書いていただき
    ありがとうございます(;^ω^)

    中央は明日からですね~
    ローレヌが出走とのことで応援馬券買いますね(´∀`*)ウフフ
    ウェッジも出走ですが今回新幹線のチケットがとれなくて
    残念ながら現地にいけないのです(つд⊂)エーン
    ウインズにいって応援してきます~

    タジさんにとって良い1年になりますように!!!

    あやこ #2eCz48es | URL | 編集
  • 2013/01/05 (Sat) 06:01
    情熱の人あやこさん!

    あやこさん、おはようございます!
    改めて、今年もどうぞよろしくお願いします!

    これは自分の回顧録なので、一年で強く感じたことは何でも書いてます。あやこさんと知り合ったことで、得るものは多かったですし、振り返ってみるとやっぱり、感謝の気持ちでいっぱいです。

    あやこさんは、一口馬主の中でも特に情熱家というか情熱大陸というか(笑)
    この前の中京遠征だって、「ええっ!?行っちゃったの!?」みたいな、ね(笑)
    あやこさんの頑張り過ぎな性格を、まわりが心配していることを、知らないでしょう?(笑)

    だから今回のウェッジ君の京都遠征に、あやこさんが帯同しなくて、ある意味ホッとしましたよ~!(爆)
    仕事初めで、そんなに張り切り過ぎたら、また体が大変になっちゃいますもん!
    だからもう、本当に心配してるんですからね!ご家族も、そして私も!!(爆)

    そういう熱い魂のあやこさんを、これからも微笑ましく、時に冷や汗をかきながら応援してまいります!(笑)
    ちなみに今回のウェッジ君は、開幕週の平坦馬場で条件は合いそうですね。
    私も応援馬券買いますので、一緒に高笑いしましょう!

    タジ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。