スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マタさんのカレー探訪を探訪するの巻!☆

お仲間マタさんのブログでは、馬の話がメインではあるものの、時々カレーのお話をしているのは皆さんご存知でしょうか。

マタさんがカレーのお店へちょくちょく出掛けていって、その時の雰囲気をマタさん流の語りで紹介してくれていて、けっこう楽しいんです。
私がカレー好きだからかな?
いやいや、マタさんの語りがいいに違いない!
馬の話をする時とは、また一味違うマタさんの情熱が透けて見えてくるので、ぜひご一読いただければ、と思います。

さて、そんなマタさんが、以前はるばる北海道まで来た時を振り返り、「インドカレー・ミルチ」でのお食事の話をしたことがあり、ああ、これなら私も行けるぞ!(笑)と思いまして、ようやく先日の日曜日に行ってきたんです!

まず入って凄いと思ったのは、絵本の世界から飛び出してきたような、不思議な雰囲気のご婦人が迎えてくれたことでして、「わあ、なんか面白いぞ!」と思いながら窓のそばの席へと案内してもらいました。

不思議の国のアリスにでも出てきそうな、このご婦人。
しかし、お店の雰囲気と意外とマッチしていて違和感がなく、お話もとても自然で優しく、注文をする時も感じがよくて、営業職の私としてはテクニックに頼らないこの自然な話ぶりに、ちょっと感動してしまいました。
感動している隙に、ご飯を大盛りにすることになり(笑)、福神漬は普段絶対につけない私ですが、「うちのは美味しいので、ぜひ!」と言われたので、それならと、福神漬もつけてもらうことになりました!(笑)
ちなみに肝心のカレーは、マタさんのカレー探訪記を探訪するのが目的の一つなので(笑)、迷うことなくマタさんも食べたチキンドピアザを注文しました。
辛さは4でまあまあ、という話でしたので4を選び、真狩産の男爵芋が無料でつくというので、こちらもいただくことになりました。
無料サービスとは言え、このお芋も自慢の一品のようでしたね。塩をふって食べるのも、カレーに浸して食べるのも、お好みだそうです。
ちなみに私はカレーと一緒にいただきました。
男爵は簡単に型崩れしないので食べやすいですし、この真狩産のジャガ芋は旨味が十分でしたね!

で、その食事の話のちょっと前に戻るのですが、注文してほどなく、先ほどのご婦人がコーヒーを持ってこちらに来ました。
「?」という私に、「間もなくシェフが休憩から戻りますので、ほんの少しの間、コーヒーを飲んでお待ちになってください。ごめんなさいね。」と、ご婦人。
いやはや、夕方に食べに来た私が悪いのだし、そもそも言わなければ分からないことを…と、これまた私のハートを鷲掴みにするおもてなしで(笑)、もうそれだけで大満足でした!
そんなやりとりをしている頃、愛馬シルクブルックリンがオコレマルーナ以下、ライバル達と死闘を繰り広げていたわけですから、今振り返ってみると、いや、もう、すいませんって感じですよ(笑)

さて、言われたわりには全然待つこともなく、カレーが席に到着しました。
チキンドピアザとは、素揚げしたたっぷりの玉ねぎとコロコロしたチキンが入ったカレーなのですが、トマトの酸味と玉ねぎの甘味が行き渡った爽やかなカレーの味わいは、まさに病み付き!
辛さ4と言っても、チクチクヒリヒリするのではなくて、爽やかな味にちょうどマッチしていて違和感なし!
もちろん、食べたら段々辛くなる…ということも全くありませんでしたね!上品な辛さです!
玉ねぎも十二分な柔らかさの中に、適度な歯ごたえを残していて、これまた面白い食感。
トマトの酸味と融和した甘味は、素晴らしいの一言です。
普段は食べない福神漬も、いい香りがするのが印象的でした。
あの香り、何だろう?適度な甘味にちょっと個性を感じる福神漬でしたね。

こうして、喜びいっぱいお腹いっぱいの、大満足の境地で、お店を後にしました。
お店の雰囲気と言い、カレーと言い、これはまた行きたくなりますね!
マタさんオススメの理由がとてもよく分かりました!

というわけで皆様、いかがでしたでしょうか?
明日はカレーを食べたくなりましたか?(笑)
マタさんのブログでは「カレー探訪」が今年も行われると思いますので、本家カレー探訪が始まるのを心待ちにしながら、この記事を読んでいただければ幸いです!
この記事は単なるマタさんのパクリ企画ですからね(笑)

では、そういうことで、お粗末な長文にお付き合いいただき、ありがとうございました!
スポンサーサイト

コメント

  • 2013/02/02 (Sat) 05:31
    気にいっていただけましたか

    タジさんおはようございます。
    どうやら気にいっていただけたようで。今から20年くらい前に初めて雑誌でミルチのことを知り、ようやく訪問する機会ができたのが昨年の秋のことでした。大量のたまねぎを使っているように、非常に手間がかかっていますし、日本人向けのインドカレーとしてはかなりのレベルにあります。今年も北海道行こうと思っていますが、ぜひまた行きたいと思っています。

    マタさん #- | URL | 編集
  • 2013/02/02 (Sat) 07:29
    お越しの際はぜひ一声!

    マタさん、おはようございます!

    お仕事、忙しいのではないでしょうか。
    こんなに朝早くコメントを寄せていただき、何だか申し訳ないくらいの気持ちです。

    ミルチは美味しかったです。美味しいカレーの中に人の手間を見るところが、いかにもマタさんですね。深いです。
    今年また北海道にお越しの際は、ぜひ一声かけてください。マタさんとは一杯やりたいですし、お話を色々聞いてみたいですからね。
    今度は私がお店を紹介させてもらいますよ!

    追伸
    本家カレー探訪を楽しみにしています!(笑)

    タジ #- | URL | 編集
  • 2013/02/02 (Sat) 09:24
    面目ない

    タジさんこんにちは。
    朝っぱらからすみましぇ~ん。単に早起きしただけです。おいらいい年してお子様体質なんで、休みの日は仕事の日より朝が早いのだ(笑)
    …ということで、仕事も忙しいって言えば忙しいし、肝臓はもっと忙しいけど(汗)、単に朝早く起きてただけなので、ご心配なく。朝からお騒がせしました~(汗)
    ところでミルチですが…。通ったほうがいいですよ(笑)おいらがもし札幌近郊に住んでいたら間違いなく通います!
    タジさんも東京にカレー探訪にいらっしゃい(笑)

    マタさん #- | URL | 編集
  • 2013/02/02 (Sat) 09:47
    疲れてるんじゃないっすか~

    マタさん、今朝は早起きだったのですね!
    仕事疲れで、熟睡できていないんじゃないですか~?(笑)
    マタさんは頑張り屋さんですから、そこがいいところでもあり、心配なところでもありますよ、お仲間としては(笑)

    そうそう、ミルチ。
    これからちょくちょく通いますよ!メニューも豊富ですし、夜にのんびり飲みながら楽しむこともできるなあ、なんて思っています。
    お店もいい雰囲気ですしね。

    あはは!逆に東京に来い、と!(笑)
    マタさんやお仲間さんに会えるのなら、そういう計画も練ってみたいですね!
    ブログを通じて、関東と関西にそれぞれお仲間さんができたので、お仲間さんのいる地を一度行脚したいとは思っていたんです。
    いつかその時が来たら、マタさん。東京案内どうぞよろしくお願いします!(笑)

    タジ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。