スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三歳馬日記☆

シルクの名前応募、名前は考えていたのですが、送るのを今日まで忘れていたので、諦めることにしました。
そんなわけで、今年も出資馬が素敵な名前を授かりますようにと、祈ることにします。


「シルク」

☆ロレーヌクロス
のんびりできると思いきや、帰厩へ。
ソエも休ませるほどではなかったんでしょうね。
早く勝たなければ、という意識も働いているのかもしれません。

☆シュヴァルツローゼ
先日の未勝利で13着。
脚に不安が出ており、検査をするとのこと。

☆サムソンズプライド
順調に稽古をつけられており、今週復帰戦を予定。
充電できましたので、再び元気な走りを期待します。

☆スターリーワンダー
脚のことに気をつけながらの調整。
焦らずじっくり立て直していただきましょう。

☆エリンジューム
帰厩後も順調に稽古を消化。
成長を促すべく、じっくりと天栄で充電しましたので、その効果に期待です。

☆ラストインパクト
帰厩後も頗る順調。
驚いたのは、今週の自己条件には目もくれず、きさらぎ賞一本に照準を定めていたこと。
ラウンドワールド君が出るべきレースなのに、ラウンドワールド君は一体どうしたのかと思いきや、こちらは共同通信杯に向かうとのことで、厩舎内でうまく使い分けの調整ができた様子。
まあ、ラウンドワールド君の方が譲ってくれたと見るのが自然かもしれません。
そういう意味でも、結果を求められる一戦になりそうです。

☆アイズオブラヴァー
しがらきでしっかり鍛えられています。
入厩の目処が立ち、新たな段階に進めそうです。

☆ラトーナ
弱点はありますが、それ以外は秀逸なラトーナ。
長めをしっかり乗って、帰厩の準備をしております。

☆アウレオーラ
脚の腫れも徐々にとれて、昨日帰厩しました。
いい休養になったでしょうか。

☆ムーンスケイプ
帰厩後も順調に稽古を消化。
今回は何事もなくレースに向かえるといいですね!

「東サラ」

☆レッドクラーケン
先日のレースは7着でした。
勝負どころで追わなかったのは、前に入られたからだそうで、最後も無理しないわりには、一応の伸びがあったんですね。
体調に問題もなく、次また頑張って欲しいです。

☆レッドレイヴン
天栄に移動して、帰厩の準備。
分かってはいるけれど、シルク以外の子が天栄というのは、まだ不思議な感じですね。
スポンサーサイト

コメント

  • 2013/01/31 (Thu) 19:02

    こんばんわぁ…φ(´ー`*)
    プライドは今週になりましたねぇ。
    できれば来週のほうがよかったのですが・・・
    リーチと併せしてますし、調教師さん自らのって
    調教しているぐらいなので、調子はよさそうですよね。
    気合十分でスタートだけ心配ですが頑張って欲しいですね。

    あやこ #2eCz48es | URL | 編集
  • 2013/01/31 (Thu) 20:09
    いいところを見せてもらいましょう!

    あやこさん、こんばんは!

    東京で確定しましたから、あやこさんもガッツポーズじゃないでしょうか!
    これなら応援に行けますものね!

    出遅れ癖はもう気にしないことにして(笑)、元気の良さをレースで発揮して欲しいものです!

    タジ #- | URL | 編集
  • 2013/02/01 (Fri) 22:53

    タジさん、こんばんは。
    ラストインパクトチャンスですね、ついに重賞ウィナーへ!…となるように願っています(^^)
    デビュー戦前に飲んだのが昨日のことのように思いだされますよ、またこうやって話題にしてるとタジさんの心配をよそに勝利の美酒を浴びることができるでしょう!
    きさらぎ賞、ワクワクしながら応援しております!!


    話は変わりますがタジさんの仰っている発達障害…今日の東京新聞の夕刊で、東京の小金井市が発達障害の児童支援施設と普通児童の保育園を一つの建物内に作り児童同士の交流を図り、障害児童は症状改善や社会適応を、普通児童には偏見差別のない心を育む狙いをと記してありました。
    私の母親は教師で以前数年ほど障害児童に携わっていたので私もタジさんの記事は興味深く拝見してました。
    今回の取り組みは市町村レベルでは初めてとのこと、このような交流が草の根レベルでできれば偏見差別なく、いろんな方たちに障害児童のことが知ってもらえるチャンスなんですがね。
    スイマセン、せっかくのラストインパクトの応援コメントに(^^ゞ

    さきゆめ #- | URL | 編集
  • 2013/02/01 (Fri) 23:51
    多様な価値観と理解

    さきゆめさん、こんばんは!

    いやはや、全くもって、おっしゃるとおりでして、ラストインパクトのデビュー前に、さきゆめさんとリオ氏さんに「タジさん、明日は大丈夫大丈夫!」と言われて励みになったことが、本当に昨日のことのようです。
    あの時は心強く感じましてねえ、それでますますビールのペースが上がったわけなんですよ、ええ、ただの言い訳なんですが(爆)

    発達障害の取り組み、素晴らしいですね!
    でも、その取り組みは必然だったのではないかと思います。
    世の中が、こういうことを具体的に取り組まなければならなくなってきたのだと思います。まさしく今、そういう時期なんだと思います。
    ちなみに、子供達の創造力や心は無限大ですから、大人達が考えた障害の有無という線を飛び越えて、必ずや融和していくことでしょう。

    発達障害という言葉は、障害とは名がつくものの、私はその人の「個性」と捉えています。
    個性なら、みんな持ってますし、極端な話をすれば発達障害というものは、傾向や強弱の違いはあれ、みんな持っているものだと考えています。
    だから、発達障害とは、正常と異常を区別するための言葉ではなく、人それぞれの個性を理解し、尊重し、その人が持つ才覚が目覚めるようにしていく、道しるべのような言葉だと思っています。
    障害と名がつくと、みんな抵抗があって理解しようとしないのですが、これは子供達だけの問題ではなく、私達の社会全般に、そういうことでお悩みになっている大人は大勢いると思うのです。
    個性を理解し、尊重することがいかに大切であるか。そして、そういう環境が整っていないことが、いかに不幸であるかは論を待たないところであります。

    私は、幼児・児童教育の中での発達障害の取り組みを参考に、社会でも何かフォローできる体制を構築できないか考えています。
    せっかく子供にそういう環境を整備しておきながら、社会全般にそれを理解し、支援する環境がないというのでは、やはりいけないですよね。

    さきゆめさん、ブログでもメールでも何でもけっこうなので、これからも自由にご意見を寄せてくださいね!
    私一人では力に限りがありますので、もっと色々な声が必要なのです。

    タジ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。