スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キーマカレーと大宇宙☆

昨日はアトリエでキーマカレーとナンを作りました。
昨日はちょうど女の子が二人なので、女の子をリーダーに2チームに分かれて頑張りました。
私は少々お転婆なみこちゃんチームで頑張りましたが、みこちゃんは普段のお転婆とは打って変わって、うまくみんなをまとめあげていたので、とても感心しました。
玉ねぎを刻むと涙が止まらなくなりますから、まだ材料の準備の段階だと言うのに、「俺、やだ~!」と戦線離脱者が出てしまう中(笑)、リーダーを中心に残ったメンバーが集中して作業に取り組み、時間のロスもほとんど出さずに作りあげることができました。
ルーも丹念に作って、なかなかの出来栄えです!

ナンは生地を作るところから始めますので、生地を練るのが心地好いと感じる子もいれば、生地が手にくっつく感触が苦手な子もいて、作る以外にも、みんなの表情を見ることができて楽しかったです。
ナンって、パンみたいなものだから簡単だと思っていましたが、そこがいかにも素人の発想というべきか、混ぜるものって意外にあるんですよね。
ただ、家でも作れないものではないということも分かり、ナンはホットプレートで焼き上げることができますから、こりゃお手軽だな、と。

さて、肝心なお味の方はと言うと、子供達の前で言葉にはできませんでしたが、ビールが欲しくなりました!(笑)
みんなも一生懸命作った分だけ、美味しく食べていたようですし、おすそ分けに預かったママさん達にも好評だったようです。
中には、せっかく作ったものを家族に見せたいとの思いから、ナンなどを食べずに持って帰る子もいました。
偉いなあ。きっとご家族と一緒に食べたいんでしょうね。

さて、昨日はアトリエのお仲間「けいちゃん」が、またまた新聞のコンクールで受賞されたとのことでして、アトリエが始まる前と後で、先生達やママさん達と話に華が咲きました。
けいちゃんは、以前も「暗黒物質」をテーマにした作品で受賞したのですが、今回は南極に数多く眠っていると言われる隕石と、その隕石が漂う宇宙や惑星、太陽の活動などを調べ、まとめあげたと言うのですから、一同、けいちゃんの探究心の素晴らしさに改めて感動しました。この熱心さが、未来を明るくするのだと思うと、何だか嬉しくなっちゃいますよね!(笑)

さて、けいちゃんは親子で朝日新聞のインタビューを受けたのですが、いつもアトリエ活動に関わってくれるけいちゃんママが、普段の彼の興味や性格などを色々お話したにも関わらず、普段はお仕事で関わりも発言もあまりないけいちゃんパパが、昨年、NASAのキュリオシティが火星に到着するなど宇宙関連のニュースが相次いだことに触れ、「そういう流れの中で、興味を持ったのでしょう」と一言口を開いたことがそのまま記事に掲載され、ママさんの熱心な語りが一言も掲載されていなくてガッカリしたとの裏話を聞き、これまた一同大ウケ!(爆)
「おいしいところを、ご主人に持っていかれちゃったね~!」と、一応みんなから慰められてはいましたが、インタビューがご家族にとって楽しいひと時であったことは確かでしょうね!

ちなみに裏話には続きがありまして、一通りインタビューが終わった後に、今度はけいちゃんが記者の方に色々と逆質問したというのです。
勤務時間や記者の仕事の中身、そして仕事が終わって帰れば寝るだけとか、一流大学を卒業しても就職活動では何十社も落ちてしまった話など、社会人の切実な話にどうやら興味津々だったようです(笑)

とにかく、色々なことに関心を持ち、理解しようとするその気持ちや姿勢は大変素晴らしい!
けいちゃんから、私が勉強させてもらってますよ!(笑)
私もまだまだってことで、頑張らなくちゃ!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。