スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

惜しい競馬と理想的な競馬☆

毎度お馴染み(!?)、不定期のお仲間応援&レース回顧です。

中山1Rに出走したシルクのお仲間フーラビューティちゃんでしたが、一番枠で待たされたのが痛かったようですね。短距離戦で出遅れては、その時点で勝負ありなのですが、それでも最後によく差を詰めています。
まともなスタートを決めれば、当然勝負圏内に入ってくると思わせる競馬でしたから、次に期待したいと思います。

また阪神1Rでは、同じくシルクのお仲間ヒドゥンブレイド君が出走。
こちらは戦前に陣営が思い描いた、まさにその展開通りの理想的な競馬。
勝負どころで先行勢がペースを上げても、その直後を追走しているブレイド君&シュタルケ騎手のコンビは、慌てずに先行勢の直後を離されぬようにピッタリ追走。
直線に向いて満を持して先行勢の外へ持ち出すと、溜めていた脚を一気に繰り出して勝負を決めてしまいました。実に爽快なレースであり、ブレイド君陣営や出資者の皆さんにとっても、気持ちのいい勝利だったのではないでしょうか。
初勝利おめでとうございます!

ブレイド君の勝因は、シュタルケ騎手が陣営の注文通りの競馬をそのまましてくれたことと、スクミがなくなってきたように、ブレイド君自身の内面が強くなってきたこともあるのでしょう。
強くなったことで、鞍上からのサインに良い反応ができるようになったのではないかと、そのように思いました。

しかしシュタルケ騎手、なかなか柔らかい騎乗をしますよねえ。
さすがだな、と思いました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。