スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕掛けのワンテンポ☆

仕掛けでワンテンポ遅らせれば、もしくはワンテンポ早く動けば…なんて言葉を競馬ではよく見かけます。
今回も愛馬のレースで、このワンテンポについて考えさせられました。

中山2Rに出走した愛馬アウレオーラ。
まずまずのスタートを切ると、得意の二の足で先手を取りに行こうとしますが、内のタマモが出ムチをくれて予想外の先行争いを仕掛けてきました。
結局1コーナーを回る頃にはアウレオーラが番手に落ち着き、淡々とレースは流れます。
途中、いつものように集中力が切れそうになるのを、吉田騎手が励ましながら二番手をガッチリとキープし、3~4コーナーの勝負どころでじわりじわりと上がっていき、先頭のタマモにプレッシャーをかけます。
ただ、今日の競馬がいつもと違うのは、4コーナーで一気に仕掛けて先頭へ突き抜けるところを、終始馬なりで先頭と並走し、直線コースに向くギリギリまで、スパートのタイミングをずらしたことですね。
これは、吉田騎手が今まで早め早めに動いて敗れた教訓を活かした、まさに勝つための戦法だったと思うのですが、皮肉にもワンテンポ仕掛けをずらしたことで、後続が容易に先団まで押し上げてくるのを許すこととなり、直線でアウレオーラがスパートに入る頃には、脚色で勝る後続の追い上げ厳しく、早々に何番手で凌ぎ切れるのかという態勢になりました。
アウレオーラはバテてはいないのですが、溜めて切れる馬でもなければ、並んで勝負強い馬でもないので、こうなってしまうと本来の持ち味が活きないのでしょう。
今日も何とか三着で粘ってくれ~、という私の願いも届かず(笑)、最後の最後に後方から追い込んできた馬にも交わされ、四着に敗れました。

この馬の持ち味は、二の足の速さと持久力だと思います。
また、突かれて走る気を出す馬であると、以前そんなコメントを読んだ記憶もあるので、それらを上手く競馬に活かせるよう、また頑張って欲しいと思いました。

それからゴール入線後に、吉田騎手がアウレオーラの手綱をグッと抑えていたことが気になったのですが、あれが故障ではなく、ただ減速しているというだけの、私の杞憂であって欲しいと願っています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。