スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜明け前☆

地方の愛馬シルクマイハートが昨日の競馬で6着と敗れましたが、体重を大幅に回復させて出走した割にはよく頑張っていたと思います。

そういえば、今月のシルクの会報では、地方馬の近況も一まとめになっていましたが、マイハートの優勝の写真がありませんでしたね。
クラブとして、色々な改革が加速度的に進んでいるのはいいことだと評価したいですけれど、現役の中央馬と地方馬の扱いに差をつけるというのは、いかがなものなのでしょうか。
地方馬のみの出資者さんも当然いるでしょうし、毎月会費も払っている訳ですから、そこには配慮が欲しかったですね。

良くも悪くも物事が変革していく中で、一口馬主としての私は今「夜明け前」の心境です。
スポンサーサイト

コメント

  • 2013/04/24 (Wed) 01:40
    それはいけませんね

    タジさん、こんばんは☆
    シルクの会報、以前は号外は号外、地方は地方で別冊子でしたが一まとめになりましたね。
    号外は別のほうが個人的には気に入っていたのですが・・・
    マイハートの優勝の写真がないとはそれはいけませんね。

    シルクがどんどん社台化して、キャロット同様味気なくなるのがなんとも寂しい気がします★

    ぼんちゃん #- | URL | 編集
  • 2013/04/24 (Wed) 07:53
    やりたいことは分かるんですが

    ぼんちゃん、おはようございます!

    シルクの地方馬を楽しんでいるのは、会員内でも限られた人たちだと思いますし、メインは中央競馬の馬であることにはクラブも会員も違いはないので、ある程度簡素化するのは分かるんですけれど、今回は、やり過ぎという印象を受けましたね。
    私は怒ってはいませんが、シルクの地方馬に出資している人たちは、明らかに赤字になることを覚悟の上で取り組んでいるくらい、こだわりの強い人が多いと思いますので、クラブ地方ファンドは利益の出ない事業なのかもしれませんが、だからと言って写真の掲載もしませんとなると、じゃあ何のための地方出資馬なのかなあ、とは考えてしまいますね。

    ノーザン化はいいことかもしれませんが、過去(と言っても現役ですが)をあからさまに否定するような誤解は与えない方がいいですよね。

    タジ #- | URL | 編集
  • 2013/04/24 (Wed) 19:42
    本当ですね。

    タジさまこんばんは~。

    マイハートさんの写真の件は本当にがっかりですね。
    地方版がまとめられたというのも『えっ?』て感じでした。
    今ちょうどシルクが変わろうとしている時期で、
    それは良いことなのかもしれませんが、
    なんだかちょっと冷めてしまうような事柄も
    ちらほら見受けられるのは確かですね。
    非常に残念に思います。

    ところで…タジさん天栄は行かれないのですね。
    私も申込みはしつつまだ検討中です。

    今回はお会いできませんが
    いつか私が北海道まで駆けつけますので!笑
    その時を楽しみにしています♪。

    ミホコ #- | URL | 編集
  • 2013/04/24 (Wed) 21:58
    選択と集中の一環だとすれば残念

    ミホコさん、こんばんは!

    ラウンジの新設など、出資者の利便性や娯楽性を高める設備投資を積極的に行っていますし、今後もノーザン系の良質な募集馬の流入が見込まれますので、それは良いことだと思います。
    ただ、その陰で、何かが簡略化されてきているのも事実ですよね。
    中央版と地方版の会報統一も、経費節減としては理解できます。
    しかし、優勝写真をも省くとなったら、じゃあ一体、何のためにわざわざ募集を募って、赤字覚悟の維持費を払わせきたのかな、と思うんです。その、ささやかな光を大切にしないところに、優しさを感じないんですよね。

    出資を募った時の志を、会社だって貫くべきなんじゃないかと思うんです。

    例えば、従来のシルク地方馬は、バリバリに活躍してくれることよりも、より身近な競馬というものを出資者に提供することに、意義があったように思います。
    勝利の重みも、地方競馬の大変さも、出資してみると凄くよく分かりますし、シルクも出資者も採算を抜きに楽しんでもらうような、そういう気持ちに訴えるところが、今までのシルクの良さであったように思います。
    昔は駄目だった、なんて口にする方もいますが、いいところはちゃんとあったと思うんですよ。
    でも、良くも悪くも変わってしまいました。

    今回の件が誤植であればそれはそれで納得しますが、これがもし意図したものであれば、シルクが今後どんな姿になるのかハッキリと見えてくるようです。

    タジ #- | URL | 編集
  • 2013/04/24 (Wed) 22:06

    タジさん、こんばんは。
    マイハートというより地方の扱いが「?」ですよね。
    先日ラウンジのお話からも岩手やばんえいといった採算度外視の地方は淘汰し、行うとしても恐らく南関東…。
    仰るように地方のみの方もおり、また岩手への出資は違った意味で皆出資してると思うんですよね。
    現役馬、小額でもお金も発生してるんですから、差をつけるのはおかしいですし、きちんとサービス提供してほしいです。

    変わるのはいいことですし期待もしますが、良いところやらしさは残すべきですし、何より顧客が何を望むかを第1にと思ってしまいます。
    何が何でも売る、儲け営業の気持ちもわかりますし大事ですが、それがしつこいキャロのようにはなってほしくないのが現状です。。。
    後は阿部社長の持っている雰囲気に期待です(^^)

    さきゆめ #- | URL | 編集
  • 2013/04/24 (Wed) 23:04
    懸念が現実のものになる…?

    さきゆめさん、こんばんは!

    昨秋お会いした時にさきゆめさんもお話していましたが、懸念はいよいよ現実のものになりつつあるのかもしれませんね。
    地方馬に対する扱いの変遷は、まさしく従来のシルクと、現在のシルクの姿勢の違いを浮き彫りにするものです。

    阿部社長は気さくな方ですし、お話すると、現二歳馬にノーザン以外の多様性を持たせ、従来のシルクらしさを維持することに並々ならぬ意思を持っていました。
    阿部社長は元来、ユーモアがあり、柳のように曲がるしなやかさな人間性をお持ちなのだと感じましたが、豹変するような方には決して見受けられませんでした。
    では、何がシルクの方向性を変えているのかと言うと、この辺でそろそろ察しがつくのではないかと思いますので、その先は触れません。
    まあ、とにかくシルクは変わっていくでしょう。
    強くはなるでしょうが、優しくはならないでしょうし、そのように変わってきたから、地方馬の優勝も大勢の関心を集めないものだからと、簡単に省略できたのかもしれません。
    これが意図的なものだとすれば、当初地方で募集した時の志は、既に消失したことになりますが、さて、どんなものでしょうか。

    タジ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。