末脚不発も馬体が変わったプレノ☆

六波羅特別に出走した愛馬プレノタートでしたが、末脚不発で8着に敗れています。

スムーズなスタートから、例によってスッと後方へ下げて、脚を溜めます。
ただ、あまりに意識して後ろからというよりは、ある程度の位置で競馬をさせようという、武豊騎手の作戦がよくわかる競馬。
3コーナーから坂の下りで、一気に前がペースを上げますが、武騎手は平然とやり過ごして、4コーナーのカーブから徐々に進出して追い込み態勢に入りますが、前も止まらずジリジリと差を詰める程度。
上位争いにはとうとう加われませんでしたが、しかし、直線で外から被されてもしっかり伸びていたので、それは良かったと思っています。
体重も大幅増で、それが反応に微妙に影響しかもしれません。

しかし、あの馬体はなかなか良かったです。
力感が出ていて、成長を感じましたよ。
トライアルに挑む後輩達にいいところは見せられませんでしたが、この子もこれからが楽しみなんだと思いましたね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する