スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名牝の前に夢破れる☆

無敗の名牝トレヴ、強かったですね。
最後の直線で真っ先に抜け出すと、そのまま後続に影をも踏ませぬ完勝でした。

オルフェ君もキズナ君も、勝ちに行く競馬で頑張ったんですが、オルフェ君は2着、キズナ君は4着。

凱旋門賞で2着2回っていうのも、凄い実績なんですけれどもね。

よく頑張っている。
それはよく分かる。
でも、必ずしも結果に結びつくとは限らないんですよねえ。
人生は難しいなあ。
スポンサーサイト

コメント

  • 2013/10/06 (Sun) 23:39
    残念!

    こんにちは~

    凱旋門賞残念でした・・・
    斤量とか馬場とかあるとは思うのですが、やっぱり遠いですね・・

    しかし、今回の締めは深いです。

    コロリンパパ #- | URL | 編集
  • 2013/10/06 (Sun) 23:54
    遠い夢

    コロリンパパさん、こんばんは!

    日本馬の二頭、とっても頑張ったんですけれどもね。
    頑張ったのに、トレヴの背中が遠かったです(涙)

    でも、こういうのって人生に通じてますよね。
    報われないことの方が多くて当たり前だから、だからこそみんなもっともっと頑張って、苦労して、味わい深く生きていくのかなって思います。

    それにしてもこの凱旋門賞。
    日本の競走馬産業で比類なき力を持つノーザンとノースヒルズの、血統を含め全ての粋を結集した戦いだったのに、それでも勝てないだなんて、一体あとどれくらい苦労すれば我が国の競走馬は勝てるのでしょうかね。
    私たちが元気な内に、それを見られるのでしょうか。
    そして、大功を成すには天運のようなものも必要なのでしょうかね。
    そうとしか、言いようがありませんね。

    タジ #- | URL | 編集
  • 2013/10/07 (Mon) 23:38
    人生のように

    こんばんは!

    いつもブログ、楽しく拝見させていただいてます。

    昨夜は本当に悔しくて悔しくて
    なかなか現実を受け止められませんでした(笑)

    でも、味わった悔しさを忘れずに
    また次の一歩を踏み出す勇気や想いが
    一番大切なのかもしれませんね。
    タジさんの仰るとおり、
    すべて人生に通じているって思います。

    RDQ #qbIq4rIg | URL | 編集
  • 2013/10/08 (Tue) 06:38
    ようこそ!

    RDQさん、おはようございます!
    そして初めまして!ようこそおいでくださいました!

    RDQさんもブログをやってらっしゃるようなので、早速サラサラッと読ませていただきました。
    けっこう共通点があるんですよね。今後の交流を楽しみにしております!

    凱旋門賞は残念でしたね。
    ただ、馬の勝った負けたという話に止まらず、先人達の無念や次代に託す思い、そしてまた相応の経費と労力を顧みず、全力で挑んでいったオルフェ君やキズナ君の関係者の思いや苦労を考えた時、私としてはそこに何かを感じない訳にはいかないんです。
    多かれ少なかれ、皆さんの心にも、きっと似たようなものを感じたのではないでしょうか。

    自己投影して観戦していたので、胸がいっぱいになるレースでした。

    タジ #- | URL | 編集
  • 2013/10/08 (Tue) 23:38
    評価が低すぎましたね

    タジさん、こんばんは☆
    トレヴ、やっぱり強かったですよね。
    この馬、前走のメルヴェイユ賞、ケイアイファームの馬が出ていたので注目して見たいたのですが、ものすごい勝ち方でしたから。
    斤量を考えたら勝ってもおかしくない馬だと思ってました。
    残念ながら我が(笑)ワイルドココは、凱旋門賞の前に脚部不安で引退になってしまいましたが・・・★
    フランケルをお婿さんに迎えるとか・・・・
    その子がロードで募集されたら・・・感激してしまいます!

    日本の馬は、まだまだ近くて遠い凱旋門ですね。
    強い馬だけでなく、本当に勝ちたければいろいろ作戦をもっと立てないと厳しいかなと思います。
    前走は死んだ振りして、人気をかぶらないようにするとか、ペースメーカー役を凱旋門でもたてるとか・・・・
    3歳牝馬でも挑戦するとか。

    今回は、日本馬同士も、どうも陣営同士がギスギスしていた感じを受けましたよ。

    ぼんちゃん #- | URL | 編集
  • 2013/10/09 (Wed) 06:47
    ギスギスっていうのがいいですね!(笑)

    ぼんちゃん、おはようございます!

    ほ~、ケイアイファームの生産馬がヴェルメイユ賞に出ていたのですか?
    その子、ロードでぜひ募集して欲しいですね!
    いいじゃないですかー!
    夢がありますよ!
    と同時に、いくらになるのかな?という現実的な興味も沸くのですが(笑)

    勝ち馬は決して評価が低かった訳ではなくて、日本馬二頭が共に前哨戦を勝利していましたし、日本勢が戴冠に強い意欲を持って挑んできたことが明白だったからなのでしょうね。
    ただの競馬であれば、冷静に有力馬を分析するはずですから、それだけみんなにとって特別な思いがあるレースなんでしょう。
    日本人の多くは強いライバルがいるのは承知で、勝つか負けるかしか考えてなかったと思いますよ。
    それくらいの高揚感と期待で、多分、日本のG1とは全然違う目で凱旋門賞を見ていたんでしょう。
    オリンピックに似た雰囲気があったかもしれませんね。

    ただ、冷静に見れば、ぼんちゃんのおっしゃるところで落ち着くのだと思います。

    日本馬同士でギスギスしたかどうか、という点も、お互いに本気で狙っていたことの裏返しですし、真剣にこのレースに立ち向かっていったんだと思います。

    やはり、凱旋門賞は凄いレースなんですよね。

    タジ #- | URL | 編集
  • 2013/10/09 (Wed) 23:24
    違います

    タジさん、こんばんは☆
    ワイルドココはケイアイファームの生産馬ではなく、海外購入馬です。
    海外で走らせて、引退後は持ち込み牝馬としてケイアイに置くのでしょう。
    もーのすごく話題になってましたよ^^

    日本・日本で盛り上がるのはもちろんいいのですが、あまりにも競馬番組にしても低レベルで(毎度の国内のGⅠもですが)わっしょいわっしょいするだけではダメだと思ってます。
    冷静なレース分析や相手関係の情報ももっと出してもらいたいです。
    自分で調べろって言われればそれまでなんですけどね。
    今なら合田さんや栗山さんのブログで情報を知るのが関の山なので、どうもその人の私情が入り込んでしまうので、もっと海外の情報番組もあって、総合的に判断できるようにならないと・・と思います。

    あくまでも個人の感想なので、スルーでいいですよ。

    ぼんちゃん #- | URL | 編集
  • 2013/10/09 (Wed) 23:39
    スルーだなんてとんでもない!

    ぼんちゃん、こんばんは!

    あ、なるほど!
    ぼんちゃんのブログにも勘違いしてコメントしちゃいましたね!
    これは失礼しました。
    購入した馬でしたか!

    んじゃ、その子がロードの募集馬に加わるってことは現実味ありますね!
    それは楽しみでしょう!


    スルーだなんて、まさか。
    とことんこだわるぼんちゃんらしくて、むしろ良い話ではないですか。
    そんな貴重なご意見を、私がスルーする訳ないじゃないですか!(笑)
    私とは違う視点のモノの見方を教えてくださるのは、私にはとても有意義なのです。
    違うからダメじゃなくて、違って当たり前ですし、違いを知って理解するから良いのですよ♪

    ですからこれからもご意見、よろしく頼みますね!

    タジ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。