シルク北海道ツアー2013報告☆(和み編)

ワイワイガヤガヤと、賑やかにシルク北海道ツアーはスタートしました。

私が乗る1号車のバスは、周りに知り合いがたくさんいるという、まさに夢の布陣。
何だか、修学旅行を思い出してしまいましたね(笑)
これから会える馬の話などで盛り上がりながら、まずは昼食会場へ。

皆さんが相席になるよう、私はひとり別の席に座ることにしました。
というのも、一つのテーブルには必ずシルクorノーザンの社員さんが座るようになっているので、お仲間が大勢の私たちには、みんなで一緒に座るには少々不都合なのです。
とは言え、決まっていることだから仕方がありません。

私のテーブルには、若いノーザンの社員さん(?)が同席しました。
お若い上に、営業とは何の関係もなさそうな方とお見受けしたので、いくらお客相手とは言え、知らない人ばかりの中にポツンと座らされるのは、何だかかわいそうだなと思いましたね。

そんなことを思いながら海鮮丼をサラサラと平らげると、時間に余裕があるので、ノーザンホースパーク散策に出かけました。

修学旅行の高校生が、思い思いにはしゃいでいるのを微笑ましく眺めながら、あちこちを歩いて回りましたが、フサイチペガサスの黄金像のあたりで、ラム王子さん&お友達に合流。
ゆっくりお話しながら、一緒にポニーショーを見に行きました。
ポニーショーの会場が分からなかったので、私としては合流できて実にラッキーです!(笑)

このラム王子さんのお友達は、競馬に特別興味がある訳ではないものの、馬や動物、自然が大変お好きなようで、このお友達がラム王子さんとの旅のお話をしていると、ラム王子さんの顔がとっても和んでいるように見えるのです。
おっしゃるとおりの親友なのでしょう。素晴らしい。
なるほど。確かに「ずっ友」だな、と思いました!(笑)
二人の会話を聞いていると、私も自然と心が和みます。

話で盛り上がっている間に、ポニーショーの会場へ到着。
世界でも稀なショーらしいので、とってもワクワク!(笑)

ポニーのスーちゃん(だったかなあ…?)が、色々と難易度の高い障害をクリアしつつ、時にはちょっぴりズルをして笑いを誘ったりもして、とっても楽しませてもらいました。
家に連れて帰りたいと思った人は、たくさんいたことでしょう!(笑)

それに続いて、今度は普通のサラブレッドが登場。
今度はこの子が楽しませてくれるようですが、彼の名は「デルタブルース」。

…!?
なんと、菊花賞馬デルタブルース君が飛越してくれるというのです。
贅沢というのか何というのか、とにかく凄いです。

お馬さんのショーを存分に楽しんだ後は、バスで移動していよいよ募集馬の見学です!

移動の間、お隣りの席のミホコさんと色々お話しました。
ミホコさんは何から何まで面白いのですが(笑)、しかし、キラキラした純真なものを確かに持っているのであります。

ミホコさんはベッラレイアがお好きであり、その子に強さとかそういうものを必ずしも求めている訳ではなくて、むしろ一心に熱烈応援したいのですね。
いい馬に出資したいというのではなく、人気だから出資するというのではなく、「好きだから」出資する。
実に潔い。
こういう人にこそ優先出資してもらいたいものだと思いました。

そして、私のような「投資」と称してギラギラしている人間は、一歩下がって夢の実現を見てみたいものだ、と思いました。
私などは馬さえいれば、そこから何とか自分なりのいい馬を見つけられるので、そこには別にこだわらないのです。

一方で、リオ氏さんが盛んに何かしゃべっています。
ああ、「ハービンジャーさま」のことね!(笑)
本当に好きなんだなあ、リオ氏さん。
リオ氏さんも真っ直ぐなもんです!

いいなあ。
夢に賭けようとする気持ち、仲間として応援したいじゃありませんか。
負けるな!夢!


さて、そうこうしている内に、展示場へ到着。
募集馬の見学では皆さん思い思いに楽しんでおられましたね。

一頭一頭、丁寧に写真を撮る人。
素敵な瞬間をカメラに収めるために待ち構える人。
恐る恐る、馬を撫でてみる人。
カップルで楽しみながら、馬と戯れる人。
スタッフに色々と尋ねる人。

みんな楽しそう。
お仲間さん達も楽しそうだ。

そういう全体の光景を楽しみながら、私も一頭一頭、未来の名馬たちにご挨拶していきました(笑)

馬と人の、幸せな世界が広がっておりましたよ。
とっても満足!
ああ、今夜のビールはきっと美味しいに違いない!

…続く。
スポンサーサイト

コメント

  • 2013/10/11 (Fri) 19:07

    タジさま、こんばんは~。

    タジさんをはじめ、みなさんの応援のおかげで、
    無事にベッラレイアの12に出資確定いたしました☆。
    ほんとうに、ツアーではうるさくしてすみませんでした!。

    私、面白いですか?。
    おかしいなぁ、普段は『鬼』って言われてるんで(笑)
    全っ然、純真なんかとは正反対の、暗黒ですよ!(爆)。

    確かに、タジさんに最初に『すごいですね!』って言われましたねー。
    実は、なにがすごかったんだろうか…
    なににあんなにびっくりされたのだろうか…とずっと考えておりました。
    なるほど、そういう事だったんですね!
    一安心です(笑)。

    そして…前記事の『シルクのCIA』に爆笑です。
    的を得すぎてます!会社で読んでてコーヒー吹き出しそうになりましたよ(笑)。

    タジさんのレポートを読んでいたら、
    ツアーの2日間が楽しすぎて夢だったかのように思い出されて
    ちょっとさみしくなっています(笑)。

    ミホコ #- | URL | 編集
  • 2013/10/11 (Fri) 21:21
    凄さの理由

    ミホコさん、こんばんは!

    ベッラレイアの子、やりましたね!!
    ミホコさんの出資確定が、ツアー後の一番の喜びかもしれません!
    持つべき人が持ってこそ、なんですよ!きっと!

    ミホコさんはとっても面白いですよ。
    それも途方もなく。
    ディープな存在ですね。
    詳しくはお手紙にて。

    でも面白いって言っても、ギャグとかそういうことじゃないですよ!(笑)

    暗黒…。
    なるほど。
    ミホコさんなら、確かに「スターウォーズ」に登場しても全く違和感ないかも!!(笑)

    さて、冗談が過ぎましたね。

    私もまだまだ話し足りないこと、聞きたいことがたくさんあったので、心残りです。
    それでも、限られた時間の中で素晴らしい感動をミホコさんから頂戴いたしましたよ。
    これからの交流が、ますます楽しみになりましたね!

    タジ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する