スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとう、マイハート ☆

岩手競馬所属の愛馬シルクマイハートが、先日の水沢での競馬(8着)を最後に引退することになりました。

震災復興の願いを込めて出資したのですが、この子が引退しようとしている今、復興が期待したほど進んでいないことを、何だか寂しく思います。
そして、シルクの「ノーザン化以前」の象徴の一つであった地方競馬の所属馬も、シルクマイハートの引退をもって終焉を迎えることになりました。
震災後の混乱と苦悩の時代を一生懸命駆け抜けたシルクマイハートよ、お疲れ様でした。


願わくば、これからも人情味が風化しない世の中であって欲しいものです。
自分にも相手にも、大切なマイハートがあることを忘れずに、尊重しあえるといいですね。
スポンサーサイト

コメント

  • 2013/12/10 (Tue) 01:54
    寂しいですね

    こんにちは~

    マイハート引退ですね
    いろいろな意味で、ちょっと寂しい気がします。
    この後が乗馬であればもう少し競馬を続けてほしいなとも思いました。
    本当に一つの節目な気がします。

    シルク冠の馬には引き続き頑張ってほしいですね

  • 2013/12/10 (Tue) 08:37
    コツコツ頑張ることへの感動

    コロリンパパさん、おはようございます!

    シルクマイハートの引退はちょっと早いかな、とは思いますが、クラブや厩舎の思惑が一致してのことでしょうからね。
    現実の震災復興はなかなか進みませんが、ただ、そんな中でも希望を失わず頑張り続けることの大切さを、マイハートには教えてもらったような気がします。
    あとは、暗いことは考えたくないのですが、地方馬だからと、今後の余生で冷遇されないよう祈るばかりです。

    こういう地方馬ファンドの取り組みは、強さやお金を求める以外にも、純粋に馬や競馬を応援できる啓蒙活動の側面があって、よいシステムだったと思うのですけれどもね。
    ビジネスライクな募集やシステムはもちろんいいのですが、クラブも会員も、お互いに志は忘れないようにしなければいけませんよね。

    タジ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。