人生、臥薪嘗胆!!☆

ボランティアをしていると話すと、必ず聞かれることがあります。

どうして、ボランティアをやってるの?

(会社からの)業務命令?

転職目的?

資格をとるため?

…いずれも、それらしい理由には思えますが、私の場合は違います。
自分に必要だと思うからやっている、というところでしょうか。

両親がいないから、その分を人に尽くしているのですね、と言われたこともあります。
そんなこと、考えてもみなかったことですが、そうなのかな。
でも、その感傷に浸ってボランティアができるかと言えば、そんな甘いものではないですしね。

公共の理念を理解するには、やはりその最前線に自ら飛び込んでみることが大切だし、その経験が更に人様の役に立つ発想や行動力を磨くことに繋がると確信している、とでも言うべきなのかな…。
まだ、言葉に表現しきれない気持ちですね。
でも、悪い気分ではないですよ。むしろ清々しいです。

なにしろ、ボランティアを頑張っているから仕事がおろそかになるなんてことはないですからね。

今は緊張感を持って日々を生きているから何も分からないけれど、少しずつでも前進できればと思っています。

人生、臥薪嘗胆!!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する