将棋に学ぶ☆

ずいぶんと久しぶりに、将棋をしてきました。
多分小学生以来だから、何十年ぶり。


一番最初にボランティアを申し込んだ施設から、受け入れ体制が整ったとの連絡を受けたので、土曜日にボランティアに行ってきたのですが、そのボランティアの内容が「将棋」だったのです。

下手をすると、どう並べていいかさえ忘れていたのですが、お相手の方がちゃんとしてらっしゃったので(94才!)、助かりました。

一局目は自分でも集中していたらしく、接戦だったのですが、それ以降はさっぱり。
手を抜いた訳でもないのに、結局全敗してしまいました(笑)


高齢でも、こうして将棋を楽しめるのは素晴らしいことだと思いましたし、また一つ、勉強になりました。
と言うのも、将棋は物事を冷静に見極めながら進めていく勝負じゃないですか。
なので、集中力が切れたら駄目なんですよね。
よって、集中力が切れた自分が負けるのは当然。

そして普段の行いにも、気の抜けたところはないだろいかと、反省した訳です。

いかんいかん。

そういうことを、今回の将棋で教わったように思います。
簡単に負けすぎて、ボランティアになってなかったんじゃないかということも、反省材料ですね(汗)

土曜日は抜けるような青空の下、札幌では小学校の運動会が行われていましたね。
着実に夏へと近づいていく、季節の変化を感じながら、施設への往復も存分に楽しませていただきました。

このように楽しめるきっかけをいただき、皆様には感謝です!

さて、今日からまた一週間、張り切っていきますかー!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する