スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これを待っていた☆

ただ今、人間の個性と老いの関連性、そして対処の仕方などを、ボランティアを通じてちょっとずつ勉強しています。

先日のボランティアの後、尊敬するS副園長とお話できる機会がありましたので、色々と聞かせていただいたのですが、肝心なのは利用者さんの行動に制約を設けるよりも、出来る限りにおいて人間らしく、のびのび活動してもらうことが大切だ、ということ。
もちろん、全てに自由気ままということではないですし、そうもいかないのが現実ですが、職員であれ家族であれ、そういう努力や忍耐が必要なんだなと、その話から感じ取りました。

要は見守ることが大切なんですね。
ただの傍観者ではなくて、必要に応じてお手伝いできる用意もしっかりと。

こういう話を考えていると、「あれ?アトリエでの活動とどこか似ているような気がする!?」と思ったのですが、人と人との向き合い方は、それが何であれ、本質的には通じているのでしょうね。

この実感が降ってくるのを、私は待っていました。
そうなんじゃないのかなって、薄々感じていたけれど、実際に発見できて嬉しいです。
ここを足掛かりに、また色々学んでいこうと思います。
やっと入り口に立てたかな。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。