スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有形無形を問わず☆

形にこだわっていると、形の向こう側にあるものが見えなくなる。
無形のものにこだわっていると、社会の価値観とズレが生じる。

極端が決して駄目ではなくて、それを上手く活かせる環境を作る、もしくは作ってもらうかが大事ですよね。
一番いいのは、両方の意識を持つことですかね。

自分がハッピーなのは、自分とは違う個性で、自分の足りないところを補う隣人がいるからこそ。
ハッピーのはじまりは、感謝の心から、かな。
感謝の心のはじまりは、自分にも他人にも正直になること、かな。

損得勘定に明るい処世術って色々あるけれど、それはそもそも理論やそれを生かす知能が必要という以前に、人間性が伴っていないと正しく機能しないんじゃないかなって思うんですよね。
そう。処世術が駄目なのではなくて、そこに人としての良心がこもっているかどうかだと思うんです。

頭でっかちになってもいいけど、心の大きさも伴ってでっかくなれば、とってもとってもいいですよね。
清貧や至誠も素晴らしいけれど、濁れる世に汗してコツコツ生きるひたむきさや、みんなと泣き笑いを共有し、苦楽を共にできる人情も、とっても大切ですよね。

ああ、何て欲張りな私。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。