お世話が大きいと感謝も大きい☆

いつもお世話になっている、アイムさんから今月も「あいめ~る」が届きました。
おお、これってもう101回を数えるんですね。継続は力なり。

101回目と言うと、ついつい「101回目のプロポーズ」を思い出してしまうのですが、話が脱線しますので思い出すのはタイトルだけにしておきます。はい、失礼しました(苦笑)

実は私、この「あいめ~る」の愛読者でして、毎月届くのをとても楽しみにしています。
アイムさんが会社を構える札幌で暮らしていた時も楽しく読ませていただいていましたが、簡単にアイムさんと往き来できない地域で暮らすようになると、この便りの味わいが一層深くなったような気がするのです。
それは、メールや電話もいいけれど、こういう手紙もいいものだなあって思う瞬間でもあります。

毎月色んなことに取り組み、発信している姿が、見事に一枚に凝縮されていて、読んでいて楽しいし励まされます。
「へえ。そんなものもあるのか」とか、「うわ!それって斬新!」とか、「なるほどな~」としみじみ思うことなど、情報豊富なお手紙の内容。
こういうのを、読みやすく一枚に書くって凄いなと思いつつ、「よーし!私も頑張らなくちゃ」と思わずにはいられません。
知識をいただくと同時に、忙しくて擦りきれそうな心に元気もいただいております。


嬉しいことに、この「あいめ~る」と一緒にいつも一言添えてあるのですが、今回、「みず」さんから、私のブログの背景を白にすると読みやすいとのご指摘を受けたので、早速PC版だけは変更しておきました。
「みず」さん、どうもありがとうございます。
そして、ちゃんとブログを読んでくださっているのを、嬉しく思います。

ところで、「みず」さんの字は、けっこう柔らかくて味があるのですが、この柔らかみが何とも言えない安心感を与えてくれるんですよね。
字にも、人柄が出てるんでしょう。
だとすれば私なんて、まずいんだけどなぁ…(笑)

何かを気付かせてくれる存在が確かにある、と思うと、人は安心できますよね。
そう。それって自分には信頼できる人が確かにいる、ということだから。
そういう隣人がいてくれることに、感謝!
スポンサーサイト

コメント

  • 2015/03/27 (Fri) 12:20
    対応が早くてビックリ。

    タジ様
    大きなお世話だなぁと思いながら書いたのにすぐ体裁を
    変えていただきまして恐縮です。
    とっても目に優しいです。
    「あいめ~る」を楽しみにしてくださっているとは!
    どうもありがとうございます。

    みず #- | URL | 編集
  • 2015/03/27 (Fri) 22:44
    こちらこそ

    みずさん、こんばんは。
    待てよ、この場合「お楽しみさまです!」でしたっけ?(笑)
    ブログにまでコメントをいただき、誠にありがとうございます!

    いえいえ、私の対応なんて、アイムの皆さんの仕事ぶりに比べたら、そりゃもう眠くて眠くてっていうぐらいのもんです(笑)
    しかも、冗談ではなくて本当のことだから恐ろしい。

    私ときたら、ちえちえさんから嬉しいお便りをいただいたのに、お礼の手紙を書かねばと思いつつ、今日の昼休みにやっと切手を買いに行くレベルですから(汗)
    ちえちえさんには、この場を借りてお詫び申し上げます。
    あと、ベルグさんにもお詫び申し上げます。

    だからせめて、ブログくらいはちゃんとしないといけないなと思った訳です。

    あいめ~る、すっごく楽しいですよ!
    自分の知らないことを知る機会にもなりますし、アイムさんの活躍ぶりが伝わってきますもんね。
    例えば、あの「なんだかキャロット」なんて、一体どんな人参なんだろうって、一人で想像がどんどん膨らみますから、みんなでこの話ができたら、さぞや面白いんだろうなって思ってしまいます。

    世の中、辛いことや悲しいことが少なくないですけれど、でも、こんなに素晴らしいものもあるんだよって、これからもアイムさんには伝えて欲しいなと思います。
    私も皆さんを見習って、これからも励んでまいります!

    タジ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する