スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一生懸命頑張った結果に満足☆

昨年に続き、二度目の春の天皇賞に挑んだ愛馬ラストインパクト。

現役屈指の実力馬ゴールドシップ、同世代のダービー馬キズナ、G1無冠で脚の爆弾を抱えながらも長く活躍しているウインバリアシオン、新興勢力のアドマイヤデウスやサウンズオブアースなど、今年も多彩で脅威を感じるライバル達との競演になりました。

ラストインパクトは、ゴールドシップと同じくらいの、やや後れ気味のスタートから後方の内でレースを進めます。
この時は「ヤバい」としか思いませんでした(苦笑)。ゴールドシップやキズナと同じポジションでは、ノーチャンスと思っていましたからね。

慌て、動揺する小心な一口馬主タジを尻目に、川田騎手とラストインパクトは淡々と後方で脚を溜めています。
途中、ゴールドシップが前を目指して進出していきますが、ラストインパクトは動かざること山の如し。
距離ロスが生じないよう、川田騎手は最内ピッタリのコースを徹底しているように見えました。
しかし、どの馬や騎手も同じことを考えるもの。なかなかラストインパクトの前は空かず、ポジションは後方のまま。
そのような流れに多少の不安を感じてはいましたが、しかし、アドマイヤデウスら外枠の馬たちが、壁を作れずに馬群の外で引っ掛かり、四苦八苦しているのを見ていると、下手に動くのは危険だし、インコースの利害と心中するしかないのは明らかな状況でもありました。

勝負どころでも前は空かず、押し上げることもできず、最後の4コーナーを迎えます。
内が空くことをひたすら願っていましたが、見事に内がポッカリ、ラストインパクトの前に進路が現れました。
チャンス!!
その機を逃さず、一気に内から加速するラストインパクトと懸命に前を追い掛ける川田騎手。
前では先行抜け出しを図るカレンミロティックと、ゴールドシップが叩き合いを演じており、ラストインパクトもジワジワとこれに迫る勢い。
むう…どうなる!?一体どうなる!?
ゴールドシップが抜け出すと、もはやこれを捉えられるようには思えず、焦点が二、三着争いへと移りそうな展開に…と思ったのも束の間、外からフェイムゲームが豪快に追い込んできて、カレンミロティックも最後の最後までしぶとく抵抗し、ラストインパクトは前との差を詰めたものの4着でゴールしました。


ラストインパクトが最内を突いて追い込んでくる姿を見たのは過去に二度。
そのいずれも、伸びあぐねるような印象しかありませんでしたが、今回のラストインパクトは多少の窮屈さをものともせず、よく伸びてきました。
最内にこだわって、腹を括った川田騎手の見事な騎乗であり、川田騎手の勝負強さも堪能できました。
また、ラストインパクトも以前に比べ心身が充実しているのを感じました。

レース後に、天皇賞のパトロールビデオを見ていたのですが、最後の4コーナーでは各馬がスパートを意識してか、はたまたスタミナを消耗して遠心力で振られるのか、みんな外を回ってるんですよね。
内埒から離れちゃうんです。
だから、川田騎手はその瞬間を待っていたのかもしれないなあ、なんて思いました。
そう見ると、川田騎手はただの博打打ちではなくて、したたかな計算の上でラストインパクトを導いていたということになりますよね。凄い。でも、やはり度胸のいる騎乗ではあります。
この見事な騎乗をもってしても4着だった訳ですから、素直に相手を褒めるべきですし、中距離適性の高いラストインパクトが長距離戦の最高峰でここまで頑張ってくれたのですから、私としては大満足です。

仮にスタートが決まって全てがラストインパクトにとって上手く運んだとしても、私は3着のカレンミロティックとの「クビ差」を逆転できたかどうか、くらいにしか思っていませんし、そもそも逆転できたかどうかも分からないことに、全く未練も感じません。
少なくとも、どう乗ってもゴールドシップには敵わなかったのは確かですから。

春の天皇賞で見せ場を作ってくれたラストインパクトと川田騎手、そして素晴らしい状態でラストインパクトを送り出してくれた松田先生やスタッフの皆さん、そしてそして、距離不安は明らかなのに、五番人気にまでして応援してくれた皆様方に、深く深く御礼申し上げます。

素敵なゴールデンウィークの思い出、どうもありがとうございました!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。