スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

危機意識と自然の力☆

昨日、ご年配のお客さんと大雨について話をしておりました。

災害っていうのは、どうしようもなく人智を超えた力で襲ってくるわけですが、何にせよ、自分たちには無関係とは絶対に思ってはいけないなと、お話をしていて改めて感じました。

しかし今朝、起きてテレビを見ると衝撃的な映像が…
おいおい、一口馬主のお仲間Hさんは大丈夫なのかと、大変な状況に置かれているに違いないとは思いつつも、とりあえずメール。
夕方にメールが返ってきましたので一安心しましたが、この低気圧は今、北に向かっていますから、今度は北海道に住んでいる私が身構える番です。

ところで私が住んでいる静内でも、先日に堤防が決壊した地域がありました。
確かに沿岸部ではありましたし、高波による被害ではあったのですが、強い風雨があった訳でもなく、同じ静内にいながらピンと来ない方も少なくなかった出来事でもありました。
災害への我々の一般的な認識が、よく表れている実例と言えるでしょう。

ピンと来ないのが悪いと言いたいのではなくて、むしろそれは当たり前の話であり、非日常的なことに、それだけ私たちは不慣れだということなんですよね。
しかも、年齢に関係なく不慣れというのが、厄介。

危機意識や備え、そしてピンチへの即応力って、日頃から養っておきたいですね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。