スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一本気の名の下に☆

土曜日に、Oファーム(仮称…私の馬術部の同期)と、それこそ延期したままになっていたメイクデビュー優勝のお祝い&タイムリーな残念会(苦笑)をしました。

まあ、確かにしたのですが、飲み会をする前に、1+1=3の社長さん(以前書いた記事を参照してください)から、ちょっと付き合ってくれとの連絡を受け、Oファームと合流する前の時間帯だけ、雑談+アルコール(笑)。
社長さんは大工ですから、この一年を振り返りつつ、今後いかにコストを抑えて良い家を作るかを熱く語ってくれて、仕事の姿勢を改めて学びました。
人間、いくつになっても完成はないんだという、探究心や創意工夫の継続が大切なんだと思いましたね。
他には、仕事のことで情報交換を少々。

で、ぼちぼち時間なので、私はこれで…
と言いかけたら、「せっかくだからお前、その友達と一緒に飲もうじゃないか!」という話になり、Oにも「そういう流れになってしまったんだけど、どうだろ?」と聞いてみると、快く「いいね!」と返事をくれました。

という訳で、優勝祝いでも残念会でも何でもない、大工さんと牧場さんとサラリーマンの飲み会が始まりました(笑)
成り行きでそうなってしまったんですが、しかし、牧場と大工は修繕や新築等で決して無縁でもなく、また1+1=3の社長さんは競馬業界の人も知っているので、お互いに会っておくのは損ではないかなという、私なりのひらめきというか、考えはあったのですけれど。

私を挟んで初顔合わせですから、最初は私とOの高校時代の話から、どうして我々が再会したか、それからOがどうして家業を継ぐことになったかという話になり、Oの波瀾万丈な人生の話で、大いに盛り上がりました。
私も初めて聞く話ばかりだし、Oの一本気な生き方や仕事の姿勢に、これまた一本気な社長が反応したのは言うまでもありません。
Oは、とっても頑張ってるもんなー。それはもう十分、こちらに伝わってきました。

おかげで、予想以上に楽しい飲み会になりました。
まあ、これを機に何かあればお互いに連絡したり相談したり…と言いかけたら、Oが「そういうのは今後もお前が間を取り持ってくれないと!」と、肩をバシッと叩かれました。

いやはや、確かにそうだ。
きっかけを作ったのは私だから、今後も責任をもってご縁を繋いでいかないとね。
よし、みんなで景気が良くなるように、頑張っていきましょう!!



最後はOと二人でバーに行き、メイクデビュー勝ちの馬について色々話しました。
2走目で敗れたのですが、それでも素質があるところを見せていたので、これからの成長を含め、楽しみな存在には違いありません。

そして、土曜日の二歳未勝利で、全く人気のないOファーム生産馬が惜しくも4着に敗退した話になり、私がOの馬よりも遥かに人気薄の馬が3着に食い込んできたのをビックリしたと話すと、「あのさ、こっちの騎手もあっちの騎手も、どっちもどっちなんだけどさ(笑)。いやー、でもあれは悔しいわ。ウチの馬が何とか残れそうだったところを、むこう(3着馬)は片手で必死に追って、ムチをバンバン入れて差してきたじゃない。気迫が違ったよね。こっちは何とか残ると思ったんじゃない?乗り方が対照的だったもん。そりゃ負けるって。」と悔しさを滲ませておりました。

メジャーであろうが、マイナーであろうが、必死に挑む人間には敵わないということなんでしょう。
やっぱり人間、ハートが大事ですね。
特に勝負の世界は
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。