スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出資に対して思うこと

おはようございます。

愛馬への出資というのは、出資者それぞれに経済状況・価値観・方針も違うので、全てを同じように論じるのは難しいかもしれないのですが、私の個人的な考えでは少なくとも、出資した馬の可能性が何となく形として見えてくるのが二歳の時期で、本当にくっきり浮かび上がってくるのは三歳以降のように感じられます。
私の場合、まずクラシックを意識できる馬を中心に戦力を組み立てる(つもり?)ので、その傾向が強いのかもしれませんが。

おぼろげながらに可能性が見える(二歳の)時期というのは、走るのか走らないのか、どんな馬なのかがよく分からない(未デビューは特に)というのがほとんどで、デビュー戦からいきなり活躍しているのであればこの限りではありませんが、あまり稼ぎを期待できる時期ではないという認識です。
三歳以降は、無事であればまずみんなデビューを迎えてレースを使うはずですし、出資代金の何割を稼ぐかは分かりませんが、とにかくお金は稼いできますので、今後に向けての展望も見えてくる時期にあると思います。つまり、出資して良かったのか悪かったのか、かなり明確に出る時期ではないのかと。

出資馬の流れを少々簡単に書いたかもしれませんが(笑)、期待を込めて出資をして、その答えが返ってくるのには一年以上の歳月が必要であることが、競走馬全体の割合で言えば多いように思います。

支払いが先行する一口馬主の特徴(下手をすると払いっぱなし)をよく踏まえ、よく吟味して馬を選んでいくようにしたいものですよね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。