スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

螺旋状にシルクの陽が昇る☆

おはようございます。
本日、京都のメイクデビューに臨んだシルクのお仲間、トルサードちゃん。
中団より後ろを追走していましたが、直線で息の長い末脚を繰り出して優勝いたしました!
出資されている方々を代表して、長谷川枕山堂さんにお祝い申し上げたいと思います!!
優勝おめでとうございます!!
(v^-゚)

意欲の関西遠征で、一番いい形で結果を出せたのは大きいですね。
テレサでは馬の後ろにつけて…と今後を見据えた競馬をさせるような話が出ていましたが、吉田稔騎手は冷静かつ忠実に騎乗していました。
正直なところ、後ろの位置で伸び一息はよく見られること。増して、直線でもエンジンがなかなかかからないとなれば、短距離戦ではそこで勝負ありのはず。
ところが、この展開をトルサードちゃんは勝ってしまいました。
これが一体何を意味するのか?

タイムに特筆すべきところはありませんから、レース内容を凡庸と見られるかもしれませんし、相手の強さ?ということも考えてしまうところかもしれません。
しかしながら、トルサードちゃんはゴール寸前、最後の最後で勝負圏内に食い込んできたところを見ると、生粋のスプリンターとは言えない!?と考えられるのです。距離が延びて更に良さそうに見えました。
また、スプリンターではない子がこの距離を一発で決めたことに、何より大きな意味があると思うのです。
相応の仕上げで臨んだことも確かでしょうが、適性外で結果を出すこと自体、高い素質がなければ決してできない芸当でしょう。
これは、並大抵のことではないのですよ。

今日の一戦は、豊かな将来を感じさせるものでした。
長谷川枕山堂さん、今年は血統理論を実証する年になりそうですね!(今年早くも2勝!パチパチパチ~♪)

また、興味がある方は、長谷川枕山堂さんの個人ブログをご覧になることもお勧めします。
血統と投資全般で、ディープな話が綴られていますよ。
スポンサーサイト

コメント

  • 2012/02/05 (Sun) 13:06
    トルサードへの優勝お祝い記事ありがとうございます!

    タジさん、こんにちは。

    いつも、お仲間馬の応援記事、それもまた携帯ですか(笑)?
    ありがとうございます。タジさんの情熱は凄いですね。

    自分も久しぶりに、愛馬優勝&馬券(単勝・複勝)取れましたよ!

    日曜朝は、教会の礼拝で、生でレース見れなかったんですが、
    先ほど、録画を見て、プレノタートが500万下を勝った時の
    レースを思い出しました。

    道中は、飛んだり、イヤイヤしたり、まともにレースしてない
    のに、直線だけで、今日の時計のかかる京都のダートを差し
    切った所に、単なるダート馬ではないなと思いました。

    タイムは、1Rの未勝利戦より遅いですから、レースレベル的
    には?ですが、オルフェーヴルの様に、道中我慢させ、直線
    切れ味を出させる様な乗り方をしたのかもしれませんね。

    今年の3歳馬は、出資4頭中、2頭(ブルックリンとトルサード)
    が勝ち上がってくれ、残りのシンフォニーとマーチも堅実に掲
    示板確保してくれてますから、今年は当たり年ですね。(^^)

    血統理論で選んだ馬が勝ってくれると、自分としても嬉しいです
    ね。でも、馬は血統だけでなく、育成や、調教師さん、騎手の方
    そして馬自身の能力が大切ですので、この馬に関わってくれた
    方に感謝です。

    今日は、12レースのデイブレイクもありますので、こちらも、
    期待してます。そして、この流れを来週のクイーンカップの
    プレノタートが引き継いでくれれば楽しみですね。

    長谷川枕山堂 #- | URL | 編集
  • 2012/02/05 (Sun) 14:06
    見た目以上の価値!

    長谷川枕山堂さん、改めて優勝おめでとうございます!
    長谷川厩舎の三歳勢はハズレ無しですね!
    まだ勝ち上がっていない子達も、素質は1勝で終わるとは到底思えないですし、この子達が無事に古馬となった時は、いよいよ長谷川厩舎の黄金期の始まりと言えるでしょうね。
    一頭一頭厳選した子達が、どれもこれも好素質と言うのは、長谷川さんの目利きが素晴らしい故ですよ。
    その点については惜しみなく賛辞を送ります!

    人の力=厩舎というのも、見逃せないところだと思います。メジャーな厩舎、騎手が何でもいいということではなくて、馬のため、結果のため一丸で努力できるチームはやはり強いと思います。
    寄らば大樹の陰みたいな発想では、何の力にもならないでしょうし、やるかやられるかの競争の世界で、世間的な見方などは、どうでもよいと思うのです。
    そういう意味では、今日の勝ちタイムも実はどうでもよい話で(笑)、勝つことに非常に大きな意味があると思うのです。
    ご覧になってよくわかったと思うのですが、直線の半ばまでは掲示板で上々、と見えませんでしたか?
    でも勝ってしまったというところに、並と並ではない馬との差があると思うのです。
    これは、人についても同様に言えるのですが、厳しい状況で善戦したのと、厳しい状況を覆したのでは、まるで話が違うわけですよ。

    そして、クラシックですか?そりゃ景気がいい!(笑)いいじゃないですか!!
    確かにプレノ同様、気持ちで走るところがあるようですし、あの息の長い末脚を芝のマイルで見たくなりましたよねえ。
    競馬を覚えると、もっともっと良くなってきそうですしね。
    結果的に短距離馬だったというなら、それはそれで後からでも軌道修正できるでしょうし、もしクラシックへ向けて挑戦する意欲が陣営にあるならば、大いに期待しようではありませんか!

    でも、いずれにしろトルサードちゃんは、この先いい仕事をしてくれそうですね♪

    タジ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。