スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二極化の時代☆

我が国から個人所得の中間層が減少し、上層と下層に二極化されつつあるという議論が以前からされています。
「失われた10年」とかいう言葉も今では古くなってしまった印象ですが、そんな人々の記憶に関係なく、現在進行形で経済的な活力が失われ続けているような状況でありますから、当然のごとく先ほどの話の通りになるのではないかと私は思っています。
ただ、一方的に悲観しているのかと言われれば、私のことですから(笑)、そんな気持ちはサラサラなく、いかなる時も知恵と努力で道は開けるものと思っています。

ところで、複数の大学においては秋入学を導入する案を具体的に検討するような話がありますね。
何でも、最近は海外留学する日本の学生さんが減少しているとの話もあるとか。
今の学生さんが向学心が足りないのか、外へ向かう意欲がないのかという話もあるようですが、とにもかくにも秋入学を導入することで、有能な海外留学生の受け入れや国内の優秀な若者を育て上げ、国際競争力を高める狙いなのだそうですね。

しかし私は、今の学生をどうこう言う以前に、その子供達を養う家庭というものをこの人達は考えたりはしないのだろうか、と素朴な疑問を感じました。
決して楽ではない状況の中、一生懸命頑張っている家庭を想像できれば、向学心やら海外へ目が向く向かないの話だけでは終わらないと思うのですが…。

おじいちゃん、おばあちゃんが健康・経済両面でお元気ならば、子供や孫のために頑張ってくれるのかもしれませんが、しかしそれを当てにしているのが現状であるならば、それはかなり厳しいものでしょう。
所得の厳しい家庭では、上記の優良大学以外でも、進学自体が厳しく、その傾向も強まっていくのではないでしょうか。

また、とある地方自治体の長が小・中学生にも留年を取り入れるべきとの意見を述べたそうですが、これも微妙な話であります。
恐らくこの方は、ある特定の団体に対する挑戦的な意味合いで発言したのでしょうが、競争の原理の意味などよく分からないであろう義務教育を受けている子供達に、こういう形で優劣をつけるのは、あまりに行き過ぎた考えで軽率ではないのか、と思います。
また、暗に二極化を容認しているようにも感じ取れますし、こういう意見が表に出てきている以上、世の中の流れも自然にそうなっていく(二極化)のではないのか、と考えています。

先日の某重大裁判の判決につきましても、極刑の是非などが話題となりましたが、こんな不幸な出来事が二度と起こらないようにするには、私達がどうすればよいのかをもっと真剣に考えたいものですよね。
そもそも、この事件を生んだのは私達の社会の歪みにあるように思えるのです。
スポンサーサイト

コメント

  • 2012/02/23 (Thu) 06:41

    おはようございます
    留年の話しですか

    良し悪しはともかくそこまで学力が落ちているのが現状なんですよね
    裏を返せば教育や先生の質が落ちてしまっている

    教師ではなくサラリーマン公務員が多いということでしょうね
    金八先生とまでは行かないまでも教師びんびん物語位までは

    いって欲しいですね、古い!(笑)

    ダテスイキョウ #- | URL | 編集
  • 2012/02/23 (Thu) 07:29
    なるほど!

    ダテスイキョウさん、おはようございます!

    教師びんびん物語!!(笑)
    そんな懐かしいドラマが出てくるとは思いませんでしたね!

    金八先生も然りですが、人間味を持った先生が減っているというのもあるのでしょうかね。子供達を正しい方向へ導く責任感より、保身を考える方が増えたのでしょうか。
    でも、先生達に刺激を与えるなら、先生達に対してアクションを起こせばいいのになあ…と私は思います。
    義務教育の段階で留年の制度を導入するのは、将来性が豊かな子供達にどれほどの影響が出るものなのか、本当に想像できているのかなという疑問と、そもそも落第した子をしっかり(学校のみならず社会が)フォローできるとは思えないし、子供達のコミュニティを崩壊させて、勉強の出来が芳しくない子やその家庭が孤立しかねないのではないのか、と懸念するところであります。

    先生達の質の低下とよく言いますが、仮にそうだとすれば質が下がっているのは何も先生達ばかりではないだろうに、と私は思うのです。

    タジ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。