スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紙一重の世界を戦い抜く

福島県では、福島第一原発より20キロの圏内において、今日から家畜の殺処分を始めたとのニュースを見ました。
地域により放射能の濃度も違うでしょうし、順調には進まないでしょうが、これもやらなければならない仕事なんですね。
復興の道のりには、こういう現実もあるということを胸に刻みます。

ところで、この20キロ圏内では、畜産も盛んだったようです。
無論、馬産も立派な畜産に違いありませんし、そもそも同じ福島県には天栄ホースパークという競走馬の育成拠点がありますからね。このニュースに、無関心でいられる訳がありません。

震災の直撃は何とか免れた、我等がシルクホースクラブと天栄ホースパーク。
この震災で、無情にも消えていった多くの人、動物、会社のためにも、福島に拠点を置く企業として、地域復興の原動力となれるよう、競争の厳しい競馬界を戦い抜いて欲しいと思います!

私一人の貢献(出資など)では無力同然かもしれないけれど、シルクには素晴らしい会員さんがたくさんいます!
今回の震災で、特別な思いを持って出資に臨む方がきっと出てくると思ってます。
いや、そんなことを思わなくても、例年通り好みの馬を見つけて出資するだけで、もう十分な貢献と言えるでしょうね!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。