スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スパルタ効果はありましたが、危険ですので真似しないでください!☆

昨日は札幌ドーム6時間リレーマラソンを走りましたが、自分を追い詰めるほどの稽古が奏効し、今まで出走したマラソンの中では最も消耗せずに走り切りました。

膝の回復に専念するため、大会三日前から全くと言っていいほど走っていなかったのですが、やればできるもんです。

ただ、過去最高体重での出走には違いなかったので(汗)、今後は低血糖にならないようある程度食事しながら、ゆるやかに減量していこうと思います。
劇的なダイエット効果の反動で、先週はかなり苦しかったんですよ。食べる量は抑えても、稽古はビッシリやりましたからね。
一言、しんどかった。
年齢も年齢なので、いい加減アホなことをしないようにしなければならないですね!(笑)

それにしても、このリレーマラソン。
前回よりコースは走りやすくなったので良かったですが、参加チームが多過ぎて、たすきを渡そうにも毎回毎回自分のチームメイトを探すのに苦労します!(笑)
人が多過ぎて、何だか疲れた感じでしょうかね。

次走は未定(シルクの常套句!)ですが、札幌マラソンは定員に達したようなので、別のハーフマラソンを1~2戦走りたいと思っています。
これから8月にかけてみっちり稽古を積み、体のケアも十分におこなって、9月、10月に各一戦できれば理想的ですね。
とにかく、情熱の炎を絶やさないように頑張りたいと思います!

最後に、応援していただいた皆様、どうもありがとうございました!
あと、人間はシルクブルックリンのような巨体では絶対走れませんし、だからと言って無理な減量にも十分ご注意ください!
私が身を持って証明した通り、とても危険です!!
スポンサーサイト

コメント

  • 2012/07/16 (Mon) 18:49

    こんばんわぁ…φ(´ー`*)
    過酷なダイエットはよくないですけど・・・
    運動しながらちゃんと食事とれば問題ないんじゃないでしょうか。
    これからも健康に気をつけながら練習してくださいね。

    私もそろそろ運動しないとまずいかな・・・
    健康診断が10月か11月にあるので(;^ω^)
    ウェッジもダイエットしないとですし~頑張らないとって思ってます。

    あやこ #2eCz48es | URL | 編集
  • 2012/07/16 (Mon) 19:33
    急激な運動+減量は毒

    あやこさん、こんばんは!

    一週間で体重を減らせるだけ減らしてしまうと同時に、レースへ向けて急仕上げでも態勢を整えるのが目的だったので、こんな無茶をしたんですが、マイナス5キロの時点から、どう頑張っても停滞期の壁を破れなくなってしまいました。
    そればかりか、急な稽古が響いて膝を痛めたり、常にフラフラする状態が続き、無理なダイエットから得た利益より高い代償を払う結果となりました。
    考えようによっては、これで済んだからまだ良かったのかもしれませんが、危ないことをやっていたのは確かですね。

    正攻法は、やはりあやこさんがおっしゃる通り、無理に食事制限することなく、緩やかに運動量を増やす(継続的に)ことにあると思います。
    運動とは体を酷使することと必ずしもイコールではないですからね。
    運動量が増えれば、徐々に代謝もよくなりますし、体調も良くなります。
    すぐに効果は現れませんが、楽しく長く続けていくことが大事でして、知らず知らずに良くなると言えばいいでしょうか。

    話は戻りますが、急激な減量の最大の恐怖はリバウンドですので、ここからが私の勝負どころだと思って、また頑張りますよ!
    食べる量は、フラフラしないで済むに十分な量(腹八分~九分)にして、朝晩の運動をしっかりやろうと思います。
    これで日にちをかけて停滞期を突破できればシメたものです!(笑)

    タジ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。