スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

常識の上に君臨する者☆

今日はゆったり子育て講座を終えてから、競馬場に直行。
シルクのお仲間、フラムドグロワール君の出走する「いちょうS」に間に合い、レースを観戦しました。

好発を決めて、すぐさま二番手につけたフラム君。
後続を牽制しながら先行する競馬は、デビュー戦と全く同じ。フラム君に可愛がってもらう分、逃げ馬もスローペースに落として自分の競馬に持ち込みます。

直線に向くとフラム君の直後にいた馬達が追い出しにかかり、それを合図にフラム君もスパートを開始。
二番手が横一線となり、逃げ馬の必死の逃走を追いかけますが、並ばれたところから一際力強く伸びたのはフラム君。
長くいい脚を使って逃げ馬を競り落とすと、追ってきたサトノノブレスの末脚をも封じ込めてゴール。フラム君の持久力がモノを言った競馬でしたね。
そして、横山典弘騎手の自信に満ちた騎乗が光りました。

直線の長い東京競馬場で、こういう競馬ができるというのは、まさしく非凡な素質(持久力)のなせる業でしょう。
まあ、確かに枠に恵まれたというのはあるでしょう。上位は軒並み真ん中より内の枠にいた馬達ですからね。
ただ、その恵まれた枠を生かし、なおかつ勝利できたことが大きいです。賞金加算も喜ばしいことですが、瞬発力勝負になりがちな昨今の競馬において、そういう末脚自慢達を封じ込めてしまったことが、今後の大きな自信に繋がるのではないでしょうか。
そしてこの勝利で、もはや朝日杯をどうこう言う次元の馬ではないことがハッキリとしたでしょう。
ダイワメジャーとシルクプリマドンナの資質が見事に融合したフラムドグロワール君は、もはやシルクホースクラブを代表するという、陳腐で狭い表現から飛び出した存在と言えるのではないでしょうか。

そんな彼も、今日でまだ三戦目。体重も増えていて、まだまだ成長の余地を残しています。
にも関わらず、父ダイワメジャーの古馬になった時のような競馬センスと、父が本格化するまで苦手としていた左回りを、まるで苦にしていないところに、この子の底知れぬ強さを感じているところであります。
また、先行抜け出しは競馬の王道だから、こういう競馬をすればどんな馬でも勝てる、と思う方がいるかもしれませんが、並外れた持久力と精神力がなければ、そもそもこんな競馬は不可能であるということも、合わせてお伝えしたいと思います。

才能は非常識…フラム君のための言葉かもしれませんね。
ちなみに私の愛馬エリンジュームとレッドデセーオは共に今日出走して、共に10着。こちらは常識と想定の範囲内の結果でした(笑)
スポンサーサイト

コメント

  • 2012/10/22 (Mon) 00:27

    こんばんは、URAです。

    タジさん、フラムドグロワールへのご声援ありがとうございました。
    お蔭様で最大の敵だと思っていたサトノノブレスをクビ差退けての快勝。今後が本当に楽しみになりました。

    とにもかくにも、今後は馬が順調に成長してくれることを祈るばかりです。
    これからもよろしくお願いいたします。

    URA #qNXjQhIg | URL | 編集
  • 2012/10/22 (Mon) 07:53
    確信できたのでは?

    URAさん、おはようございます!
    フラム君の優勝、改めておめでとうございます!

    フラム君の息の長い末脚は大きな武器ですよね!
    すぐにエンジンがかかるタイプには見えないので、これから距離が延びて更に良さそうに思いました。

    これで、この子が並の強さではないことを確信できたのではないでしょうか。

    タジ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。